リフォーム事例 >  耐震リフォーム工事の様子:築60年の木造住宅

築60年の家を耐震リフォーム 工事の様子をご紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加
耐震リフォーム工事の様子:築60年の木造住宅

一級建築士
塩谷 敏雄
施工責任者の塩谷です。
耐震リフォームの大切な事は、「現状の把握と対策方法」です。つまり、適切な診断と適切な対策が重要です。もちろん、勘や経験だけでは解決できない、建築士としての技量があるからこそ、正確な判断を施すことができます。
100戸の建物があれば、100通りの対策方法があります。構造をまず把握し、建物の現在の状態と、建物が最大限保つことができる寿命を考慮しながら、対策を講じていかなくてはなりません。
私たちエコリフォームは、工務店時代の45年の経験を活かし、安心・安全をモットーに、明確な耐震工事の方法をご提案させて頂きます。

>耐震リフォームについて

事例「店舗も兼ねていた築60年のお宅が、全面住居になった耐震リフォーム」をもとに、工事の様子をご紹介いたします。

>事例について詳しくはこちら

■ハウスデータ
住居構造:木造住宅
店舗構造:鉄骨+木造の混構造
住居築年:築60年
店舗築年:築40年

天井の耐震工事

耐震工事前の天井

●鉄骨+木造の混構造住宅
こちらのお宅は、店舗併用住宅でした。
構造は、鉄骨+木造の混構造で建てられています。
店舗の部分は、築40年になりますが、広くしっかりと造られた建物でした。

解体してむき出しになった天井

天井の診断ポイント
解体してみますと、鉄骨のトラス梁がでてきました。(写真上部の赤い梁が鉄骨のトラス梁です) 鉄骨を使用し、しっかりと骨組みがされていましたが、全個所の柱や梁の補強が必要であると判断されました。

太い梁に入れ替え補強した状態

1.5倍の強度がある集成材の梁をいれます
耐震補強後の梁の状態です。
天然の木は、大節、割れなどの欠点があります。集成材は何枚もの木を積層することで、品質を均一にさせ、強度がとれ、通常の天然の木より、1.5倍の強度性能を保ってくれます。
建築基準法が性能規定化されるに従い、強度性能が表示できる集成材は信頼性の高い部材です。

完成した天井

ご家族が安心して暮らして頂くことができる居住空間の完成です!

壁の耐震工事

耐震工事前の壁

柱や梁の補強も建物の中では大変重要な部分ですが、壁も耐震性を高めるために、大きな役割をもっています。

設計の段階で、耐力壁の配置をつりあい良く設計するのが耐震住宅を造る秘訣です。 しかし、工事前の状態ですと、構造的な部分は壁で隠れてしまっているので確認することはできません。
解体をして実際に確認させていただいた上で、最善の対策をすることとなります。

完成した壁

こちらの写真は完成後の写真になります。
どのように壁が補強されていったのか、次の写真とご説明をご覧下さい。

解体してむき出しになった壁

壁の診断ポイント
壁を撤去してみると、外壁の下地である、モルタルが腐っていました。
さらに、内側の壁も腐ってしまっていることが確認され、全ての壁を補修することになりました。

耐震補強した壁

筋交をタスキ掛で入れ耐震補強します
壁を補強する一つの方法として、既存の壁に、筋交をタスキ掛で入れる方法があります。写真のように筋交をタスキ掛で入れていき、耐震補強をしていきます。

補強した耐力壁

全ての壁を耐力壁で補強
全ての壁の部分を、内部より構造用合板(耐力壁)で補強しました。
構造用合板は、丸太をカツラ剥きにした板を、数枚貼り合わせて造られた板です。合板は、製材の板と違って割れにくく、強度があり、収縮膨張が少なく、耐水性が高い部材です。

床の耐震工事

耐震工事前の床

床の診断ポイント
店舗の部分の床は、寄木細工を使用したムク材で仕上げてありました。
お施主様も、「できれば再利用したい」と、ご相談を頂きましたが、老朽化が激しく、全て新しく貼り替えることになりました。

コンクリートと土の床

●床の解体の様子
床を解体してみると、床下はコンクリートと土になっていました。
店舗部分(写真奥)はタイルのみを残し、その他の部分は全て撤去しました。写真手前の様子は、以前掘りごたつで使用していた部分です。

補強した床と断熱材

床の耐震工事ポイント
床は、構造的にも重要な部分です。床には、ヒバ材の大引をひき、その間に「スタイロフォーム(厚さ30mm)」の断熱材を入れました。リフォーム前は断熱材が入っていなかったので、寒さを感じる住宅でしたが、これで暖かさがよみがえります。

完成した床

●暖かさを感じる床
完成後お施主様から、「足元がとっても暖かくなりました」と、嬉しいお言葉を頂きました。リフォーム前は少し寒さを感じるお部屋でしが、とても暖かさを感じる住宅になりました。

基礎 (土台)の耐震工事

腐っていた土台

基礎(土台)の診断ポイント
築70年の土台は、ほとんどの個所が「シロアリ」により腐っていました。
腐ってしまった土台を全て、交換することになりました。

補強した土台

基礎(土台)の耐震工事ポイント
腐ってしまった土台を全て、ヒバの土台に交換します。
まず、「プラ束」という腐らない束(写真の赤丸→の先に見える黒い部分です)で補強後、ヒバの大引(土台と水平に渡された部材)と、ヒバの土台をいれました。これで床も充分な補強がされました。

屋根の耐震工事

雨漏りしていた屋根

●耐震工事前の屋根
屋根もかなり傷んでいました。内部にもかなり雨が入っていた状態でした。

補修した屋根

屋根の補修ポイント
まず、屋根を板金にて加工を施し、下地の補強を行います。12mmの構造用合板を全面に貼り、24kg/m2の「アスファルトルーフィング(アスファルトを使用した防水シート)」を敷き補修しました。

外壁

耐震工事前の外壁

外壁の診断ポイント
築40年の店舗部分と、接続された戦前の家、築70年の住居部分では、構造的にもかなりの違いがありました。
それぞれの個所に、適切な外壁工事をする必要があり、細かく診断されていきました。

補修した外壁

外壁の耐震工事のポイント
築60年の住居側の外壁は、損傷がかなり激しく、「ラスカットパネル」という外壁材で補強をしました。

外観完成

外壁の耐震工事のポイント2
外部には、あまり荷重をかけられない為、板金工事で「サイディング」を貼り仕上げることになりました。「サイディング」は、軽量で、雨にも強い部材です。

>サイディングについて

事例「店舗も兼ねていた築60年のお宅が、全面住居になった耐震リフォーム」をもとに、工事の様子をご紹介しました。

>事例について詳しくはこちら



フリーダイヤル0120-292-575

メール:info@eco-reform.com

営業時間 9:00~19:00(日曜・祝日定休)
お問い合わせフォーム 東京23区完全対応いたします

株式会社エコリフォーム 東京都江東区富岡1-22-29-2F/TEL 03-3641-4134/FAX 03-3641-4125

メディア掲載情報 フジテレビ「みんなのニュース」耐震特集
フジテレビ「みんなのニュース」耐震特集
テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」
テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」
BSジャパン「暮らしの学校」
BSジャパン「暮らしの学校」
新聞・雑誌・書籍でも紹介されました
新聞・雑誌・書籍

東京23区別のリフォーム事例はこちら>>足立区荒川区板橋区江戸川区大田区葛飾区北区江東区品川区渋谷区新宿区杉並区墨田区
世田谷区台東区千代田区中央区豊島区中野区練馬区文京区港区目黒区

facebooktwitterInstagramHouzz
© 2004 EcoReform inc. マンションリフォームはこちら