リフォーム事例 >  スケルトンリフォーム >  築45年の住宅をリフォーム 新婚さんの新居に大変身!

築45年木造住宅が新婚さんの新居になったリフォーム

このエントリーをはてなブックマークに追加
築45年の住宅をリフォーム 新婚さんの新居に大変身!
築45年・眠っていた空間を蘇らせるリフォーム
新しいご夫婦と造った
さわやか住空間
築45年の眠っていた空間を蘇らせるリフォーム

お客様より

リフォームが始まる前の打合せでも、工事が始まった後でも、私たちがちょっとした疑問や不安に思うことがあった時、エコリフォームの方々は丁寧に真摯に話を聞いてくださり、わかりやすく説明をしてくださりました。

ほんとうに素晴らしいお家が出来上がりました(^0^)/
電気屋さん、ガス屋さんから、イイお部屋ですねとほめられたと、彼からも聞きました。
嬉しいですねぇ(*^-^*)エコリフォームの皆さんのおかげです。

今年の夏は、あっという間に過ぎてしまった感があります。引越しが終わり、部屋の中が落ち着いたら、是非ゆっくりと「自慢の我が家♪」へお越しくださいね。

>>リフォーム後のインタビューにご協力いただきました!

ハウスデータ
築年数45年
住宅仕様1階鉄骨+2階木造の混構造2階建て
広さ約60m2
内容・2階のスケルトンリフォーム
・水廻り交換
・耐震補強
地域江東区

>スケルトンリフォームについて

S様邸のリフォーム工事は、奥様がなかなか現場を見にいらっしゃることができませんでした。そこで、ブログを立てて現場の様子をお伝えしておりました。
工事中は非公開のブログとさせていただいておりましたが、この度、公開の許可をいただきました!S様、まことにありがとうございます。
>ブログはこちらから
お二人のためのリフォームプランができるまで
ホームページよりお問い合わせくださったS様のリフォーム事例をご紹介します。
結婚を控え、ご両親がお持ちで、現在は空き家となっているお住まいをご新居にリフォームされたいとのご要望です。
ホームページをよくご覧くださっていて、弊社の施工事例のイメージを気に入ってくださったとの事。嬉しいご縁でした。

築年は45年ほどで、大幅な補強とリフォームが必要だろうと予想できました。

●まずは現地拝見です
リフォームご希望の場所は、かつてS様のお父様が経営されていた会社の倉庫としてお使いだった建物の2階でした。
築45年ほどの鉄骨で組まれた空間の上に木造の平屋が載っている形です。

昔は、お父様の会社で働く従業員さんの住まいとして、1Kの個室が3つ並んでいた時代もあったのだとか。
その後は、部屋の仕切りを取り払い、S様ご家族がしばらくお住まいになっておられました。

しかし、ご家族が別の住居にお引越しされ、現在はあまり有効に使われていない勿体無い空間でした。
また、築年数も45年経っている為、耐震面でも大きな心配がありました。
幸せいっぱいの新婚のお二人のために、新しいご生活にふさわしい空間をご提案させていただきたいと心から思いました。

ハード面を担当する一級建築士と、ソフト面を担当するインテリアコーディネーターが一丸となって、お二人のお住まいのプランを計画させていただくことになりました。
リフォームプランの作成が始まりました

お客様のご要望は

【1】子供が生まれても使えるよう、LDKと和室・洋室を希望
【2】吹き抜けにして、光を最大限に取り入れたい。
【3】ロフトを造りたい。
【4】冬はすごく寒いので断熱をしたい。
【5】屋根の状態が悪いので葺き替えたい。
【6】地震が心配なので、安心できる住まいにしたい。
はじめのお打合せの時から、お2人は私たちのホームページを良く良く見てくださっていました。

インテリアのイメージをお聞きするために、リフォーム事例の写真をお見せしていると、「イメージは、エコリフォームさんのホームページに載っているような感じにして下さい!」と嬉しいお言葉。

お二人が絶対に実現させたかったのは「吹き抜け」と「ロフト」です。

もちろん、見た目だけではなく、建物の性能の面での心配もおありでした。
「寝ていると鼻が赤くなるほど寒い」ということで断熱をしっかり行い、耐震面での改善も、併せて行います。

●エコリフォームからご提案したプランです

▼リフォーム前の図面をご覧ください
こちらの建物は、もともと、1Kが3世帯ある社員寮として造られました。
社員寮として使われなくなってからは、3世帯をつなげるようにリフォームをしてありました。

しかし、既にかなり老朽化してしまっており、今後長く暮らしていくに当っては使い勝手の面でも、無理があるようです。
【♪】天井を吹き抜けにして開放感のある空間へ
【♪】小屋根の空間を上手に使って収納を確保
【♪】料理中でも家族と会話が弾む対面キッチン
【♪】ほどよく仕切られ、家族の気配が感じられる間取り
【♪】時が経つほどに味わいが増す、自然素材を使った内装
【♪】内部をスケルトンにして現状を把握した上で、適切な補強を
【♪】サッシや断熱材で気密性を高め、冬暖かく夏涼しい住まいに
【♪】身体に負担のかからない素材の、住む人にやさしいインテリアを

●プラン内容

【1】お二人のご要望を活かした間取りができあがりました

▼オープンな空間とプライベートな空間が分かれています
みんなで過ごすオープンな空間と、各自が過ごすプライベートな空間をゴチャゴチャに配置すると、日常の動線が複雑で非常に暮らしにくい家になってしまいます。

こちらのお住まいは、手前はオープンな空間、奥はプライベートな空間と程よくゾーンを分けた間取りを計画しました。

▼リビングと和室は南側に。窓も大きくして明るさ抜群。
リビングと和室は、一番日当たりの良い特等席の南側に配しました。

そして、南側の窓は、従来のものよりサイズを高く広げますので、お部屋の奥まで光が届き、昼間は電気を付けなくても十分に明るい室内となります。

当初、和室は奥に、とのお考えもおありでしたが、将来お子さんが産まれた時には、お昼寝やおむつ買えなど、きっと大活躍してくれる和室となると考え、日当たりの良い場所をおすすめ致しました。

奥には対面キッチン。奥様が家事をなさりながらも、ご家族に目を配り楽しく会話をすることができます。

>和室のリフォームについて


▼開放的な吹き抜けと、収納たっぷりのロフト
何と言っても特徴的なのは、開放的な吹き抜けの天井です。

広さ約60m2のワンフロアーの空間という点では、マンションと似ていますが、この吹き抜けによる広がり感はマンションでは絶対に手に入れられないものです。

和室と、奥の洋室の天井にはロフト収納!
季節のもので、しばらくしまっておきたいものなど、たっぷりといろいろなものを入れておくことができます。

味わいのある色合いの梁は、建築当初のものです。
とても立派な梁です。まだまだ使えますし、磨いて綺麗にすればインテリアとしてお部屋のアクセントになると考え、あえて見せる仕上げにする事としました。

▼各部屋にもたっぷり収納を
使い易い収納のポイントは、ものを使う場所に収納することです。

それぞれの収納の内部の仕様も、入れるものをお聞きした上で、ハンガーパイプの高さや配置を計画しました。
また、ご自分達で棚などを設置なさるとのことでしたので、あまり作りこみ過ぎないようにしています。

たまにしか使わないものは、ロフトに収納されますので、60平米という広さの中でも、たっぷりと収納を確保することができます。



【2】断熱計画
・・・とは、お客様の弁。築年数が経っている家は、断熱が充分でない場合が多く、寒さで悩む方が多いのです。
この際です。しっかり断熱して、夏も冬も快適な住まいにいたします!

▼断熱材で建物の性能を上げる
私たちは常に、「永く快適に暮らしていただくための住空間」を造る事を考えています。そのためには、内装のお化粧直しをするだけではなく、家自体の性能を上げるという事が不可欠です。

S様邸は、建物の性能の大きな要因である、気密・断熱性能を上げるために 断熱材の施工の見直しが必要です。
建物をスケルトンにした後、2階の外部に面する壁と、 2階の床、天井に断熱材を施工します。
このことにより、家の断熱性能が格段に高まり、外気の影響を受けにくくなります。
その為、夏の冷房、冬の暖房の効率が良くなります。
もちろん、ランニングコストの軽減にもつながります。
■壁の断熱
壁の断熱に使う断熱材は、ペットボトルのリサイクル品「パーフェクトバリア」。高性能で、エコロジーです。
■床の断熱
床下にも断熱材を敷き詰めることで、下から上がってくる寒さを防ぎます。
S様邸の場合、1階部分は倉庫になっていますので、床の断熱はより重要です。
■屋根の断熱
屋根への断熱は、特に夏場の暑さ対策に大きな効果を発揮します。

▼窓サッシの交換
建物で熱の出入りが一番多い場所、実はそれが窓なのです。
この窓の断熱性能を上げることで、外気からの影響を少なくし 冷暖房の効率を上げることが出来ます。
新しいサッシは、アングルが樹脂になったタイプで、 ガラスはペアガラス(複層ガラス)のものですので、結露も低減します。

アングルとは、サッシと窓枠を止めている部分で、これまでのサッシはこちらがアルミでしたが、 新しいサッシは樹脂でできています。

樹脂の熱伝導率はアルミの約1/1000、結露による窓枠などの内装材の腐蝕を防ぐので、住宅の長寿命化にも貢献します。

左の断面図のように、ガラスが2枚セットされたサッシです。
室内と室外の間に空気層ができるため、断熱の効果が高くなり、 室内の温度が、室外の影響を受けにくくなります。

■S様邸では、トステム製「デュオPG」を採用しました。
デュオPGは3mmのガラス+12mmの空気層+3mmのガラスという構造のため、より断熱性が高くなります。



【3】耐震計画
S様邸では、大幅な間取りの変更をご提案致しました。

間取りが変わる事により、当然、壁や柱の撤去や移動が発生します。その事により、家の強度が落ちてしまう事が無いように、また、前以上に強度が上がるように、構造の計画は綿密に行います。

木造の場合、建てた大工さんにより、梁掛けの方法などは様々です。
更に、S様邸は、建築されたのが昔な事もあり、最初の図面が残っていませんでした。その為、解体をしてみないと、把握しきれない事も実際にはございます。

解体し、構造が明らかになった状態で、一級建築士と大工が現状を把握し、充分に検討の上で計画を行います。

もちろん、常に現状はお客様とのお打ち合わせで報告し、不透明な所が無いよう、工事を進めさせていただきます。



【4】自然素材いっぱいのお住まいに
そして、私たちがS様に、是非使って頂きたかったのが、自然素材です。

S様のお父様は木工のお仕事をなさっていて、木のプロでいらっしゃいます。
ですから、是非、木の温もりや天然素材の良さを、いつも感じていただける様な 住まいにさせて頂きたいと思い、無垢のフローリングやコルクタイルをご提案をさせて頂きました。

>無垢フローリングについて

>コルクタイルについて

いよいよリフォームが始まります
お客様のご要望を盛り込み、弊社なりにお二人の幸せをお手伝いしたいという願いで提出したこちらのリフォームプラン、とても気に入っていただくことができました。
そしていよいよ、ご契約の運びとなりました。ありがとうございます。

S様専用のブログを立ち上げました
お客様は、まめに現場に来てくださいましたが、それでもお仕事の都合などでいらっしゃることができない時でも、現在の様子を少しでもリアルに感じていただけるように、また、安心してリフォーム期間中をお過ごしいただける様にと、お客様とエコリフォームだけがアクセスできるパスワード制のブログを立てました。

着工しましたら、こちらで、毎日の現場の様子をお伝えしてまいります。

完成後、ブログ公開の許可をいただきました。S様、ありがとうございます。
>ブログはこちらから








フリーダイヤル0120-292-575

メール:info@eco-reform.com

営業時間 9:00~20:00(日曜・祝日定休)
お問い合わせフォーム 東京23区完全対応いたします

株式会社エコリフォーム 東京都江東区富岡1-22-29-2F/TEL 03-3641-4134/FAX 03-3641-4125

メディア掲載情報 フジテレビ「みんなのニュース」耐震特集
フジテレビ「みんなのニュース」耐震特集
テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」
テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」
BSジャパン「暮らしの学校」
BSジャパン「暮らしの学校」
新聞・雑誌・書籍でも紹介されました
新聞・雑誌・書籍

東京23区別のリフォーム事例はこちら>>足立区荒川区板橋区江戸川区大田区葛飾区北区江東区品川区渋谷区新宿区杉並区墨田区
世田谷区台東区千代田区中央区豊島区中野区練馬区文京区港区目黒区

facebooktwitterInstagramHouzz
© 2004 EcoReform inc. マンションリフォームはこちら