リフォーム事例 >  築45年の住宅をリフォーム 新婚さんの新居に大変身!【工事の様子】

築45年、新婚さんのためのリフォーム 工事の様子をご紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加
築45年の住宅をリフォーム 新婚さんの新居に大変身!【工事の様子】
築45年の家を、新婚さんの新居にリフォーム!
新しいご夫婦と造った
さわやか住空間
2ヶ月に渡った工事の様子をご紹介

着工前に必ず「着工会議」を行います
現場責任者の塩谷です。

着工前には、設備業者さんにも集まっていただき着工会議が行われ、現状の把握と今後の工事の進め方を検討します。

各業者が自分の受け持ちの箇所を確認し、現状を把握して適切な施工が出来るよう、準備に入ります。

特に経年した建物の場合、設備の老朽化は否めません。そのあたりのチェックがとても大切な作業となります。
S様邸のリフォーム工事は、奥様がなかなか現場を見にいらっしゃることができませんでした。そこで、ブログを立てて現場の様子をお伝えしておりました。
工事中は非公開のブログとさせていただいておりましたが、この度、公開の許可をいただきました!S様、まことにありがとうございます。
>ブログはこちらから



●6月1日~6日 解体です
いよいよ、解体です。

こちらの建物は、何度がリフォームを繰り返している為、室内の壁や天井をはがせば次から次へと壁や天井が現れます。

沢山のゴミがでてしまいますが、建て替えを行う際のゴミの量に比べれば、とってもエコロジーです。
そして、建てられた当時の大工さんによる、経験や勘で形成された骨組が出てきました。
堅実なしっかりした造りですが、老朽化だけはどうしようもなく、大掛かりな補強が必要なのがよくわかりました。

そして、梁が当然入っていなければならないところに入っていなかったため、急きょ協議し、設計に変更を入れる事になりました。

S様邸はマンションのような形状のリフォームですが、戸建の経験が活かされる難易度の高いリフォームになりそうです。



●6月7日 解体後の現場でお打ち合わせです
すっかり解体された状態を見て、お客様もビックリ!です!

スケルトンになった状態で、建物の状況を説明させて頂きました。
梁が入っているべき箇所に無かった事、その影響で、設計に変更が生じることをご説明し、実際に図面を確認していただきました。

お客様にも納得いただくことができました。ありがとうございました。



●6月7日 打ち合わせ後、ショールームへ
現場でのお打ち合わせ後は、ショールーム巡りです!
塩谷(理枝)と薄井が同行させて頂き、ショールームへご一緒頂きました。

窓サッシや玄関の引戸はトステムのショールームへ。キッチンはタカラスタンダードのショールームへ。まる1日お付き合い頂きました。

S様邸のような大規模なリフォームとなりますと、新築住宅と同じくらい、お決めいただかなくてはならない事があります。

お客様にはお時間をお取りいただきご負担をおかけすることとなりますが、できるだけ楽しめるように、私達も精一杯努力をさせていただきます。

お客様より

真夏のような暑い日の中、ほぼ丸1日がかりで素人の私たちに説明しながらのショールーム巡り ありがとうございました。
トステムさんの実験ROOMは、社会科見学しに来たみたいでワクワク♪♪タカラさんのホーローキッチンも改めて素晴らしい!と感激しました(^▽^) 家に設置される日が待ち遠しいです。
ショールームに行って、ぼんやりだったお家のイメージが、どんどん見えてきて、とっても嬉しくなりました。
まだまだ決めることはありますが、どうぞこれからもよろしくお願いします!

※工事中、開設していたブログにいただいたコメントです。ありがとうございます。

>>リフォーム後のインタビューにご協力いただきました!





すっからかんになった室内で、大工さんが木工事を行います

●6月7日~6月末 大工さんの木工事・前半

▼耐震補強工事
間取りを変更するためにどうしても抜かなくてはならない柱があり、今までその柱で受けていた荷重を、大きな梁と新たに施けた柱でしっかりと受けるように補強を施します。

※写真は、屋根から最も荷重がかかる大事な梁の掛け直し作業の様子です。

▼床の下地
床も下地から全てやり変えます。
床を強固なものにする事も大切ですが、一番肝心なのは、水平をきちんと取る事です。
これが全ての基本です。

▼床の断熱
外気の影響を受けにくく、冷暖房の効きが良い住まいになるように、断熱もしっかり行います。

床下への断熱は、冷気が床下から上がってくるのを防いでくれます。
こちらのお宅の場合には、1階が車庫になっています。その為、通常の住宅より冷気が上がってきやすい環境なので、床の断熱は特に重要です。

▼壁と天井の断熱
壁と天井には、パーフェクトバリアという、ペットボトルの再生断熱材をたっぷり施工しました(写真の白いものです)。
こちらのお宅では、天井が吹き抜けになりますので、屋根の断熱も、大変重要です。屋根の葺き替えをする際に注意を払うことはもちろんですが、室内側からの断熱材の施工も欠かせません。

玄関を含め全ての窓サッシも、ペアガラスの断熱性能の高いものに交換させて頂きました。
これは、建物の気密性、断熱性を高める上で、大変効果的です。

▼断熱効果がある窓サッシの施工
建物で熱の出入りが一番多い場所、実はそれが窓なのです。
この窓の断熱性能を上げることで、外気からの影響を少なくし冷暖房の効率を上げることが出来ます。

S様邸も、玄関を含め全ての窓サッシを交換いたしました。新しいサッシは、ペアガラス(複層ガラス)の断熱性能の高いものです。
こちらのサッシは、建物の気密性、断熱性を高める上で、大変効果的です。もちろん、結露も低減しますよ!

▼水道・ガスの配管や電線を新しく
電気配線や水道も、昔のままですと新しくしなければならない場合もあります。
特に電気配線は必須と言えます。現代は、昔よりも家電製品の数も桁違いに増えていますし、線も劣化しますので、古いままだと大変危険なのです。

S様邸も、水道管、ガス管、電気線と宅内は全て新しくすることになりました。それぞれ業者さんが入り、配管、配線を行います。

▼ユニットバスの施工
ユニットバスの施工業者も、リフォーム全体の工程の中では早いうちに行います。
浴槽は、大きいので、部屋を区切ってしまってからでは、入らなくなってしまうのです。

お客様より

大工さん、水道屋さん、ガス屋さん、電気屋さん・・・本当にたくさんの方たちの力を集結して、私たちのお家が出来上がっていくんですね。
なんだか、既に胸がいっぱい・・・(涙)
エコリフォームの皆さんのご協力、本当に感謝しています。

※工事中、開設していたブログにいただいたコメントです。ありがとうございます。

>>リフォーム後のインタビューにご協力いただきました!




●何度も現場へ来ていただいて、お打ち合わせをしました
工事中は、何度も現場までご足労頂きました。ご主人様はほぼ毎日お越しくださいました!
工事の進捗の確認から、どこにコンセントを持ってくるか、照明はどうするか?といった、電気配線のお打合せや、先日ショールームで選んできたキッチンなどの仕様の確認、床材やクロスの色、和室の畳の縁の色や襖紙、収納の内部の仕様など、細かいことまでひとつひとつ、直接ご確認していただきながら決めていきました。

お仕事、結婚式のご準備とお忙しい中、本当にありがとうございました!



●7月頭~7月中旬 大工さんの木工事・後半

▼システムキッチンの施工
システムキッチンが取り付きました。対面キッチンの全貌も、見えてきましたね。

エコリフォーム社では、商品を熟知したメーカー指定の取付業者に施工を依頼します。
今回も綺麗な仕上がりとなりました。

▼建具の造作
熟練の大工さんが、丁寧に室内建具(ドアや引戸)を取り付けたり、収納を作ったりします。

構造部分も、もちろん重要ですが、暮らしはじめるといつも目に見える仕上げ部分の作業も、細心の注意を払いながら行います。



●7月18日 室内塗装はDIYに挑戦!

▼木材の仕上げ塗装をお二人で
S様は、DIYにも挑戦されました!

無垢の木は、塗装をしないと木が反ったりし易くなり、汚れやキズも付きやくなってしまいます。その為、仕上げには塗装を行う必要があります。

S様は、大工工事が終わり、クロス工事の始まる前のタイミングで、室内木部の塗装をご自分でされることになりました。

無垢の木でお作りした、窓枠や完成したときに見えてくる木部に刷毛で天然素材100%のオイルを塗り、ヤスリを掛けて、もう一度オイルを塗ります。そして、蜜蝋のワックスをかけて、完成です。
シルクタッチと呼ばれる、すべすべの肌触りになります。

蒸し暑い真夏の夜に、お2人でがんばって下さいました。

使用した塗料は、ドイツ、リボス社の「アルドボス」というオイルと「グレイボ」という蜜蝋ワックスです。床に塗装したのと同じものです。

お客様より

週末の塗装の際は、夜に現場まで来ていただきありがとうございましたm(u u)m
おかげさまで、(まだ全て完了!ではないのですが・・・)イイ色のすべすべ窓枠に仕上げることができました(^▽^)♪自分たちで大汗を流しながら作業した経験は、とってもいい思い出です。

オイルもワックスも、とても扱いやすかったですし、自然素材で安心◎して使うことができました。今後の定期的なお手入れにも、是非リボスを使用したいと思います(^-^)v

※工事中、開設していたブログにいただいたコメントです。ありがとうございます。

>>リフォーム後のインタビューにご協力いただきました!




●7月21日~8月初旬 仕上げ工事

▼クロス工事、タイル工事が入ります
いよいよ、仕上げの時期です!
お客様がご自分で選んだクロスやタイルが入って、実際の住まいにどんどんイメージが近づいていきます。

今までの「工事現場」の雰囲気が、クロスが貼られる事で一気に「お部屋」に変身します。
お施主様にとっては、リフォームの過程でもっともわくわくする時期かもしれませんね。

▼水道屋さんと電気屋さんの器具付け
お客様リクエストの、天井のシーリングファン。
電気屋さんが組み立てて取り付けています。
取り付けの位置や高さも、お客様が実際に見てくださり指示をいただきました。

この時期、トイレや洗面化粧台なども取り付けられます。

▼アクセントパネル施工
お客様リクエストのアクセントパネルの施工です。
お二人が、とあるレストランで「これ素敵!」と感激されたという、 レンガ調のアクセントパネルをリビングに取り入れます。

オシャレなカフェのような雰囲気になり、お客様も感激!されたようです。

お客様より

すごいですねー! タイルの壁 とってもステキです(*^^*)♪

こんなに優しいナチュラルな印象に仕上がって、嬉しいです(^▽^)
部屋に入った真正面ですし、インパクト大!間違いないですね↑↑
私たちの希望を叶えてくださり、ありがとうございました。

※工事中、開設していたブログにいただいたコメントです。ありがとうございます。

>>リフォーム後のインタビューにご協力いただきました!




●8月8日 ついに完成!お引渡しです
2ヶ月以上に渡るリフォーム工事でしたが、ついに完成です!クリーニングと、完成写真撮影を済ませ、お引渡しです。
ご家族皆さんでお越し下さり、賑やかなお引渡しとなりました。
とっても幸せそうなお二人。この度は、大切な新居のリフォームをお任せいただき、まことにありがとうございました。どうぞ、末永くお幸せに!

お客様より

ほんとうに素晴らしいお家が出来上がりました(^0^)/
電気屋さん、ガス屋さんから、イイお部屋ですねとほめられたと、彼からも聞きました。
嬉しいですねぇ(*^-^*)エコリフォームの皆さんのおかげです。

今年の夏は、あっという間に過ぎてしまった感があります。引越しが終わり、部屋の中が落ち着いたら、是非ゆっくりと「自慢の我が家♪」へお越しくださいね。

※工事中、開設していたブログにいただいたコメントです。ありがとうございます。

>>リフォーム後のインタビューにご協力いただきました!







S様邸のリフォーム工事は、奥様がなかなか現場を見にいらっしゃることができませんでした。そこで、ブログを立てて現場の様子をお伝えしておりました。
工事中は非公開のブログとさせていただいておりましたが、この度、公開の許可をいただきました!S様、まことにありがとうございます。
>ブログはこちらから


フリーダイヤル0120-292-575

メール:info@eco-reform.com

営業時間 9:00~19:00(日曜・祝日定休)
お問い合わせフォーム 東京23区完全対応いたします

株式会社エコリフォーム 東京都江東区富岡1-22-29-2F/TEL 03-3641-4134/FAX 03-3641-4125

メディア掲載情報 フジテレビ「みんなのニュース」耐震特集
フジテレビ「みんなのニュース」耐震特集
テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」
テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」
BSジャパン「暮らしの学校」
BSジャパン「暮らしの学校」
新聞・雑誌・書籍でも紹介されました
新聞・雑誌・書籍

東京23区別のリフォーム事例はこちら>>足立区荒川区板橋区江戸川区大田区葛飾区北区江東区品川区渋谷区新宿区杉並区墨田区
世田谷区台東区千代田区中央区豊島区中野区練馬区文京区港区目黒区

facebooktwitterInstagramHouzz
© 2004 EcoReform inc. マンションリフォームはこちら