リフォーム事例 >  思い出の詰まった日本家屋を耐震リフォーム:完成の様子です

日本家屋の耐震リフォーム 完成の様子をご紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加
思い出の詰まった日本家屋を耐震リフォーム:完成の様子です
思い出の詰まった日本家屋のリフォーム
思い出の詰まった日本家屋を
耐震リフォーム
築46年の日本家屋リフォーム、完成です



お客様より

希望通りです!というより希望以上になりましたね!本当に気持ちがいいです。

現場では塩谷さん(現場監督・塩谷敏雄)が説明してくれるというのが安心感がありました。大工さんの本音を知りたいんですよ。

奥様(社長・塩谷理枝)が、優しく対応してくださったのも、良かったです。

>>リフォーム後のインタビューにご協力いただきました!

出来上がってみて改めて、素敵なリフォームをさせていただいたと感激してしまいました。

リフォームとは、全てを最新のピカピカに替えるだけではないのです、
こちらのお宅のように、残しておきたいところは大切に残して、今の雰囲気を壊さず、必要なところに必要な施工を施すというのも素晴らしいリフォーム工事です。

それでは、完成をご覧下さい。
ハウスデータ
築年数46年
住宅仕様2階建て木造住宅
広さ約60m2
内容・1階の耐震補強、水廻り交換、内装
・2階の内装
地域墨田区

>耐震リフォームについて

凛とした空気の漂う日本舞踊のお稽古場です
凛とした空気の漂う空間です。本物だけが持つ独特の味わいを感じることが出来ますね。
この、昔ながらの日本家屋の雰囲気を大切にしたリフォームとなりました。

天井は、今までのものを残し、床、壁の一部、建具、収納を新たにいたしました。

お客様より

建物の面影をそのまま残すリフォームを希望した理由は、自分が育った家ということもあります。
それに経年した木の味わいは、なかなか出せないので残せるものは残したいと思ったんです。

>>リフォーム後のインタビューにご協力いただきました!


●床板には伊勢神宮御用材の木曽ヒノキ
床板はお客さまの施主支給です。
ずっと大切に保管されていた「伊勢神宮御用材」の、木曽ヒノキです。

その呼ばれ方の通り、伊勢神宮で使われていた桧の材です。
もちろん、最高級のものが使われています。

更に、程良い経年により、味わい深い色合いになっているのが何とも言えない品の良さを醸し出しています。

このような貴重な材を使わせていただけるということは、私たちにとっても、ありがたいことでした。丁寧に磨き上げ、取り付けさせていただきました。

●元の床板はカウンターとして再利用
以前お使いだった床板も、とても立派なヒノキの板で、まだまだ使えるものでした。

こちらも、大工さんがカンナで丁寧に削って、収納のカウンターと中板として再度活躍してもらいます!

これもお客様のたってのご要望です。
家を大切にされたいというお気持ちに応えさせていただきました。

●新しい建具には、雰囲気に溶け込むような木材を採用
こちらのお稽古場は、リフォーム前も、大変、良質の材木を使っている空間でしたので、建具も、まだまだ使えるものはそのまま使いましたが、やはり、新しくしなければならない箇所もありました。

新しく入れた建具の採用したのは、「栓(せん)」という広葉樹の材です。
年輪模様が美しく、硬さも充分。
この和風の空間にしっくりと合います。

新しい材なので、前からあるものに比べますと白さが目立ちますが、経年すると美しい飴色になり、更に周りに溶け込んた雰囲気になることでしょう。

●和の空間にぴったりの押し入れ収納
窓際に使いやすい収納を設けました
お稽古場として、おしまいになる用具をお聞きした上で計画した、オリジナル収納です。

天板と中の棚板は、以前の床材を使わせていただきました。

テレビやDVDなどの機器類を収納のために、コンセントも内部に設けてすっきりと。



●収納の引き戸は縁の無い「太鼓襖」
引き戸の襖は、縁の無い「太鼓襖」を採用されました。

縁付きのものは、その縁が強調されますので、室内全体の調和を取りたい場合に、縁をなくして襖紙で包んでしまう張り方です。

縁がない分すっきりとした上品な印象です。

●ライティングレールでスポットライトが自由自在
お稽古場はライティングレールを採用。
天井・壁などに設置をし、お好きな場所へスポットライトを照射させる事が出来ます。

黄色がかったスポットライト、雰囲気ありますね。

●床下の土台も一新
見えるところだけ希望通りになったとしても、建物自体が耐震性に劣っていては、安全で安心な住宅にはなりません。

痛んでいる部分は、全て交換です。
床、床の下地組み、束は一旦全て撤去し新たに強固な下地を組みました。

【耐震工事の様子はこちら】

お客様より

この家にいると、本当に贅沢だなと感じることがあるんです。

自然なものに囲まれていますからね。窓枠も人工のものではなくて、天然の木ですからね。隠れ家みたいで気に入ってます。

>>リフォーム後のインタビューにご協力いただきました!

日本舞踊の教室に適した水廻りに一新

●生徒さんの更衣室と洗面室
お稽古場から続くこちらの小部屋は、リフォーム前は、水屋だったスペースです。
床を畳にしてお弟子さん達がお着替えをする更衣室となりました。
着替えやお荷物を入れていただけるよう、鏡の裏にはたっぷりの収納を設けました。

●床板を棚板に再利用
上でも触れていますが、K様邸で新規に作成させていただいた収納の棚板には、リフォーム前に床板として私用されていたヒノキが使われています。

大工が丁寧に加工して、取り付けました。


●洗面台はシンプルなデザインで
更衣室に隣接する洗面台です。

トステム製のものを採用しました。

シンプルなデザインなので、和の空間にも馴染みます。

●お風呂はシャワールームに変更
この場所は、リフォーム前はお風呂になっていました。

しかし、こちらのお宅は現在、K様のなさっている日本舞踊のお教室にお使いなので、お風呂はあまり有効に使われていませんでした。

この度のリフォームで、シャワールームに変更。
生徒さん達でも気軽にお使いいただけるようになりました。


●トイレも新しくなりました

●水まわりの床はコルクタイルを
水まわりの床には、弊社オススメ!水に強い自然素材の「コルクタイル」を採用しました。

ソフトな肌触りで、裸足で歩いてもヒヤッとしない優れものです。

●見えない部分もしっかりとリフォーム
こちらのお宅は、特に水周りの床下の「シロアリ被害」が深刻でした。 そのままにしておけば倒壊の危険すらありました。

痛んだ柱は全て取り替え新しく強固なものにしています。

そして、シロアリが嫌う「ヒバ油」で仕上げました。

お客様より

(リフォーム後に)震度3の地震があった時には、障子かカタカタ言うくらいで、あまり揺れを感じませんでした。
耐震補強の効果を実感しました!

>>リフォーム後のインタビューにご協力いただきました!

リフォーム前の雰囲気を大切にして、2階の内装を綺麗に
この2階の和室は、お客さまをお通しするお部屋としてお使いになられるご予定との事で、 内装のリフォームを行いました。
今までの落ち着いた雰囲気を大切にしながらも、新しいアレンジを加える事で、とても風流な和室となりました。

経年で汚れが目だった木部は、丁寧に灰汁洗いをし、汚れを落とさせていただきました。
黒ずんでしまっていても、プロの手で丁寧に洗浄すれば、こちらのように綺麗になるんです。

>和室のリフォームについて


●色違いの塗り壁
塗り壁は全て新しく塗り変えています。

お客さまのリクエストで、塗り壁のお色を面によって分けました。

上品で違和感の無いお色を選ばれているので、色が違ってもうるさくなく、かえって遊び心が見え隠れするお洒落な和室となりました。

●色違いの塗り壁
こちらの出窓には、新たに障子を設置いたしました。
一気に風流な印象です。

また、窓の下部分の壁のみ、塗り壁ではなく青い和紙の壁紙を張っています。

●広縁の窓を縮小して地震に強く
リフォーム前は、こちら側は壁いっぱいに窓がありました。
しかし、耐震という視点から見ると、壁量が足りていませんでした。
そこで、窓を縮小させていただくことになりました。

こちらの窓は縮小しても充分に大きさがあるので、部屋が暗くなる事はありません。

和風の横格子になっている手摺りを取り付けましたので、外から見てもスッキリと見えます。

窓は断熱性に優れたペアガラスに
窓は、家の断熱性を高める上で重要なポイントです。

K様邸は、今回のリフォームで、窓をペアガラスにされました。
ペアガラスは2枚のガラスを合わせた形のもので、格段に外気の影響を受け難くすることが出来ますし、結露対策にも有効です!
外観も和風にリフォーム
耐震のために、窓を小さくし壁面を増やしましたので、その部分の外観をオシャレにリフォームいたしました。

左側は、既存の玄関扉に合わせた白木の格子にいたします。
そして、中心部分は、千陶彩のタイル張りです。
千陶彩の石を積んだような印象に仕上がるタイルで、和風の雰囲気にぴったりです。

この壁がアクセントとなり、個性的でお洒落な外観となりました!
玄関照明は行灯風で、風情があります。






お客様より

希望通りです!というより希望以上になりましたね!本当に気持ちがいいです。

現場では塩谷さん(現場監督の塩谷敏雄)が説明してくれるというのが安心感がありました。大工さんの本音を知りたいんですよ。

奥様(社長の塩谷理枝)が、優しく対応してくださったのも、良かったです。

>>リフォーム後のインタビューにご協力いただきました!

エコリフォームより

何度かお話をさせていただいた時点で、『エコリフォームさんにお願いしたい』と仰っていただきました。

壊してみないとわからない部分もあり、解体をして明らかになった事もございました。
技術的な面では、正直大変なこともございました。

施工の方針を建築士の塩谷、大工の石田、コーディネーターの千葉で最良の対処方法を検討し、お客様に現場におこしいただき、ご説明をして工事を進めさせていただくということの繰り返しでした。
その都度、お施主様にはご足労いただきご協力をいただきました。

ご信頼いただき、大切なお宅をお任せいただき本当にありがとうございました。

日本舞踊の師範でいらっしゃるお施主様です、ほんとに素敵な方でご縁をいただけたことに心から感謝いたします。





フリーダイヤル0120-292-575

メール:info@eco-reform.com

営業時間 9:00~19:00(日曜・祝日定休)
お問い合わせフォーム 東京23区完全対応いたします

株式会社エコリフォーム 東京都江東区富岡1-22-29-2F/TEL 03-3641-4134/FAX 03-3641-4125

メディア掲載情報 フジテレビ「みんなのニュース」耐震特集
フジテレビ「みんなのニュース」耐震特集
テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」
テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」
BSジャパン「暮らしの学校」
BSジャパン「暮らしの学校」
新聞・雑誌・書籍でも紹介されました
新聞・雑誌・書籍

東京23区別のリフォーム事例はこちら>>足立区荒川区板橋区江戸川区大田区葛飾区北区江東区品川区渋谷区新宿区杉並区墨田区
世田谷区台東区千代田区中央区豊島区中野区練馬区文京区港区目黒区

facebooktwitterInstagramHouzz
© 2004 EcoReform inc. マンションリフォームはこちら