リフォーム事例 >  三代で受け継ぐ築60年の家のリフォーム【完成の様子】

築60年、住宅再生リフォーム 完成の様子をご紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加
三代で受け継ぐ築60年の家のリフォーム【完成の様子】
三代で受け継ぐ築60年の木造住宅リフォーム、完成しました!
三代で受け継ぐ「築60年の家」
現代の暮らしに合わせたお住まいに再生!
完成の様子をご紹介いたします!
エコリフォームさんはインターネットで検索し、社長さんやスタッフが女性であることから、 細かい気配りが期待できると思いました。
特に工事中は進捗状況など丁寧にご連絡いただき、安心してお任せすることができました。

また難工事のため、別のリフォーム会社さんが躊躇した築60年の家は、 エコリフォームさんのおかげで、耐震性に優れた素晴らしい家に生まれ変わりました。
内装から外観まで新築以上に仕上げていただいて、家族一同大喜びで感謝しています。
リフォーム前の間取りは...
まずはリフォーム前の様子・図面をご覧ください 2階の4部屋が下宿仕様になっており、1階もスペースが細かく 区切られていて現代の暮らしには合わない間取りでした。

家自体もあちこちに傷みが見受けられ、危険性があります。

将来、ご夫婦が年齢を重ねられたときには1階のみで生活ができるように設計しています。

こちらの建物にお住まいになるご予定なのは、Y様ご夫妻と、お勤めに出ていらっしゃるお嬢様です。

奥様は、ご自分のお母様の介護のご経験がおありです。
そのときのご経験を踏まえ、もし将来、こちらの家で介護が必要になったとしても、その時になって大きく手を 入れなくても良いようにしたい、とのお考えです。

Y様ご家族の現在と将来の事を考え合わせた上で、快適な居住空間となるように ご計画をさせていただきました。

介護は、まだまだ先の話ではありますが、今のうちに将来に備えておいて、 安心してこれからのご生活を送られたいという、Y様ご夫婦のお気持ちに 添えるよう、特に一階に関しては、細かいご提案をさせていただきました。

素材も安全性やお手入れのしやすさはもちろん、落ち着いた風合いも大切に考え、 自然素材をお勧めし、採用されています。

見えない内部の部分も大きく改善!
安心の住まいになりました。

そして、もう一つ大切な事として、耐震性や断熱などのハードな部分の改善です。 新築とまったく同じとはいかないまでも、限りなく新築の建物の性能に近いお住まいとなりました。

すっかり綺麗になった外観からご覧ください!
新築のような外観になりました!
リフォーム前に比べると、様変わりです!
サイディング仕上げのピカピカな外壁になりました。

こちらのお宅、当初は、既存の外壁を利用しつつ、補強と塗りなおしをする予定でした。

しかし、解体したところ予想以上の傷みが進んでいた為、お客様の同意を得て、 外壁は全て新しいものにすることになりました。

新築のような外壁は、強度も充分ですよ。

基礎のたかさを上げています
家の下部分にご注目ください! リフォーム前には無かった「基礎」が、完成の写真ではあるのがおわかりになりますでしょうか。

こちらのお家は、度重なる前面道路の舗装工事や隣地のマンション建設などの影響で、 基礎の高さより隣地や道路の高さが高くなってしまっていました。

その為、大雨の際に水が浸入してしまう事もあり、お客様の大きなお悩みの一つでした。 今回、基礎を補強し、高さを上げましたので、もうその心配もありません。
では、いよいよお邪魔いたします!
落ち着いた雰囲気の、ゆったりと広い玄関
リフォーム前に比べて、ずっとゆったりと広くなりました!

ガラス格子の玄関が光を通し、明るい玄関です。 収納は、ブーツもたっぷり入るように、天井までの大きなものを造りつけられました。
無垢の木を使って造られた、素敵な収納です。

玄関引戸側の壁面と玄関収納の間には、少し広めの隙間を設けました。
こちらは、いずれ「車椅子」を使う事になった時に、この隙間に収める事ができるようにしておきたい というお客様のご要望です。

玄関タイルには、空間が締まるように濃い目の色をチョイスしました。明るいけれど落ち着きのある玄関となりました。

手すりもついて、安心です。
少し奥に引っ込めた事で玄関まわりにゆとりが出来ました
リフォーム前は、道路からすぐに玄関という形でしたが、今回の工事で玄関を少し引っ込めました。
玄関まわりにゆとりが生まれ、また凹凸ができたことで外観もポイントができて引き締まりました。

防犯機能もばっちりの玄関引戸です
引戸は使い勝手が良いですが、お客様は昔ながらの引戸のイメージがあり、 防犯性能を心配されていました。

ショールームで実物をご覧いただき、今の引戸は防犯面でも高性能であるという事で安心され、 こちらの引戸に決定されました。
鍵はダブルロックですし、万が一ガラスを破られた時にも、外から手を入れて鍵を開けられないように、 セキュリティサムターン仕様になっています。

玄関に光を取り込めるようにとご家族全員一致でお決めになったこちらのデザイン。
明るい玄関になって、大満足だそうです!
リビングに光を通す「格子」
玄関とリビングの間は壁ではなく、光を透す格子にしました。
玄関から入る光をリビングに届け、人の気配もわかります。

格子の間にある透明なガラスのようなものは、樹脂でできた「ポリカーボネイト」です。
割れて飛び散ったりしないので安全です。
花粉症対策に!
玄関の近くに大きなグローゼットを
お客様は花粉症があるため、上着を部屋に持って行きたくないとお考えでした。
そこで、玄関から上がってすぐの場所に、クローゼットを設けました。

クローゼットの反対側には、洗濯機置き場を設けました。

お客様を通すこともある廊下ですので、クローゼット、洗濯機置き場が人目につかないように、引き違いの扉を付けました。
暮らしの変化に対応できるように考えられた空間です
お邪魔して最初の扉を開けると、リビングと、お隣の洋室が一続きになったオープンな空間です。

二つの部屋の間には段差が全くありませんし、引戸もいっぱいまで開けることができますので、 一つの大きなリビングのようにお使いいただけます。
しばらくはリビングと一体の空間として、将来は寝室として使われる洋室

1階は、暮らしの変化に合わせて柔軟に対応できる空間となっています。

まずは、しばらくの間、2部屋の間の引戸をオープンにした状態で、広いリビングとしてお使いになり、 2階を寝室としてお使いになられます。

でも将来、お年を召してから2階と1階を行ったり来たりすることは足に負担がかかります。

ですから、ご夫妻が年齢を重ねられた時には、引戸を閉じて仕切り、 洋室の方を寝室として使い、ご夫妻の生活の全てを1階でまかなえるようになっています。
寝室となるお部屋から、トイレ・洗面・お風呂への動線がとてもスムーズです。
見づらい画像等は、指で拡大・縮小しながらご覧いただけます。
こちらの、寝室になる予定の洋室からは、トイレ・洗面・お風呂への動線もスムーズ!

もし介助が必要になっても、シンプルで短い動線なら、介助する方もされる方もお互いに楽な動作で済みます。

全面バリアフリーの床になっていますから、お風呂やトイレへ入る時、つまづいてケガを・・というような心配もありません。
トイレの入り口を2つ設けました
Y様邸の1階トイレは、入り口を2箇所設けました。

本来でしたら、廊下側からの入り口のみでもかまわないところですが、 1階洋室が将来的に寝室になるということに配慮した工夫です。

扉も、寝室側は「引戸」を採用し、開け閉めがラクなように配慮しています。

壁には、階段下であることを利用した収納スペースを設けました。
「階段下も有効に使いたい」 という奥様のご希望を反映したものです。

もちろん、手すりも設置して安全に。
お風呂は広くゆったりと
お風呂は広さをゆったり取りました。

足を延ばして入れるお風呂は一日の疲れをほぐしてくれます。 爽やかなライムグリーンのお風呂、癒し効果もありそうです。

もちろん、お風呂にも手すりを設置いたしました。
今はまだ、手すりは必要ないのですが、将来改めて取り付けるとなると、ちょっと大変です。
邪魔になる訳ではないので、今回設置をいたしました。

窓は「できる限り広く」というお客様のリクエストです。
明るくて広ーいお風呂、羨ましいですね!
快適に過ごせる工夫が光るリビング
梁を見せることで天井を高くし、広がり感を!
天井には、縦横に梁(はり)が通っています。これは飾りの梁ではなく、家を支えている本当の梁です。

なぜこのような、梁をみせる仕上げにしたかと言いますと、 かっこいいというのはもちろんありますが、それ以上に天井の高さが十分に取れない、という理由がありました。

床から、次の階の床までの高さを「階高(かいだか)」といいます。

通常であれば、1階の天井の高さを2m40cmくらい確保し、1階の天井と2階の床の間には、 配線や配管を通したりする、「懐(ふところ)」と呼ばれる空間をいくらか取ることになるのですが、 こちらのお宅では、そのようにすると1階の天井の高さがとても低くなってしまいそうでした。
基礎の補強をしたことで、1階の床の高さが上がってしまったこともあります。

階高は、リフォームでは変えることは出来ませんから、こちらのように、工夫をいたしました。
普通ですと、見えている梁の下の所に天井がきますが、梁をみせる天井の工夫で、天井の高さが十分に確保できました!
リビングの窓はあえて小さめに...でも、玄関の光を利用して明るさを確保!
見づらい画像等は、指で拡大・縮小しながらご覧いただけます。
道路に面した側の壁は、道を通る人の目が気になりますので、窓は小さめにしています。
防犯面にも考慮し、窓には縦面格子タイプのものを採用しました。

道路側の窓が小さい分、玄関側の壁を格子にして、玄関の光を取り入れます。
これだけで、とっても明るくなります。
リビング&玄関の格子は、以前、私共でリフォームさせていただいたF様邸 (★事例はこちら)とお揃いです!

Y様には、リフォーム前に、F様のご厚意で(ありがとうございます!) 自宅を見学いただいたのですが、その際に、F様邸に取り付けていた格子を大変気に入られ 「我が家にも是非」とのことで採用したものなのです♪
断熱性能防音性能に優れたペアガラスの窓
ペアガラスタイプの窓を取り付けています。
断熱の面でも優秀な窓なのですが、防音の性能も大幅アップします!

以前は、窓を閉めていても歩く人の話し声が聞こえたそうですが、 リフォーム後は外の音が聞こえなくなりました、と奥様より嬉しいご感想をいただきました。
程よく区切られたキッチン空間
キッチンにいろいろと置いてあるものを リビングから見えてしまわないようにしたいとのご希望でした。
そこで、壁を背にした対面型のキッチンスペースをご提案しました。

程よい感じに独立しているので、キッチンの側からはご家族の様子に目を配り、会話もできますし、、 リビング側からはキッチンの物が見えることはありません。
お手入れ簡単!タカラのホーローキッチンです
私たちがいつもおすすめしているタカラスタンダード社のホーローキッチンを採用しています。
お掃除ラクラクで、丈夫なので長持ち!

こちらのキッチンはIHクッキングヒーターですが、IHはまだ使った事が無いという方も多く、 ちゃんと使いこなせるか心配という方も沢山いらっしゃるかと思います。

そんな時、弊社では、東京電力様がやっていらっしゃるクッキング教室の手配をし、 実際にお使いいただいてから、IHにするか、ガスにするか、決め手いただくようにしております。

Y様もクッキング教室に参加いただいたところ、思ったよりも使いやすく、高性能でしたとの事で、 IHの採用を決定いたしました。
自然素材を多く使用した、やさしい空間です
間取りの工夫のみならず、たくさんの自然素材に囲まれた、快適なお住まいです。

住む人の体に優しく、調湿効果も期待できる自然の素材を贅沢に使ったお住まいは、 実際に身を置いてみると、ケミカルな内装材を使ったお住まいに比べて居心地が全く違います。

1階は、キッチンやお風呂などの水周りがあること、また、将来は介護をする空間になることを踏まえて、 水に強い自然素材である「コルクタイル」を床に採用しています。

コルクは水に強いだけではなく、夏はサラッと、冬はほんのり暖かい肌触りで、裸足で歩くと本当に気持ちが良い床材です。

引戸、ドアの建具や、造作収納、キッチンカウンターには、無垢の木材を使用しました。
階段を登ります
バリアフリーな階段です

リフォーム前は、昔ながらのお家特有の、勾配のある階段でした。

工事後の階段は、傾斜がとってもゆるやか!
手すりもついて、安心安全な階段になりました。

無垢の集成材を使った階段、手すりも無垢の木です。
無垢特有のほんのり暖かい肌触りで、足や手にも優しい造りです。
階段下も有効活用します!
以前は、1階の居室が階段の下になっていたので、この写真のように、 部屋が圧迫されるような感じになっていました。

今回の工事で、階段の位置が全く違う場所に移動しましたので、 1階の居室を圧迫することはなくなりました。

リフォーム後の階段下には、トイレの中から使える収納になるように設計しました。 スペースは無駄にはしません!
階段の「上」も有効に活用します!~ホスクリーンの取り付け~
階段の「上」のスペースも有効に使ってしまいます!
写真の、棒の先に輪が付いた器具は「ホスクリーン」と言います。

このホスクリーン、室内に洗濯物を干す時にとっても便利な優れものなのです。
写真のようにハンガーを引っ掛けたり、二つの輪に竿を通して洗濯物を干すこともできます。 (ホスクリンは大抵2つ1組で取り付けます。)

洗濯物を干すとかなりの重量がかかりますので、ホスクリンを取り付ける場所は、 梁が通っている箇所など、ある程度強度がある箇所でなければいけません。

スケルトンンリフォームをする場合、骨組みだけ残して解体してしまいますので、 全部新しくするのに合わせて、弊社ではこちらのホスクリーンをよく取り付けさせていただいております。

階段上の空いたスペースにホスクリーンを付けるのは、奥様のアイディアです。とっても使いやすそうですね!
2階にお邪魔します!
2階は、ご家族それぞれのプライベートスペースです
リフォーム前は、下宿として使っていた4つの小さな和室が並んでいました。 雨漏りがあり、屋根も床も痛んでいました。

今回のリフォームで、全く別物の空間に生まれ変わりました!
将来的に年齢を重ねられた時には1階で全ての生活をされるご予定のY様ですが、 しばらくは2階も、ご家族それぞれの寝室・プライベートスペースとして使われます。

明るいお部屋にしたい、とのご要望でしたので、無垢の中でも明るい色合いが人気の 「カバ桜」の 無垢のフローリングを床に採用しました。
そして、沢山のお持ち物がしまえるように、収納スペースをたっぷりと造りました。
無垢の木に囲まれた空間は、心地よい安らぎをもたらしてくれます。
3部屋とも無垢フローリング2面に窓がある、明るいお部屋です
2階は、プライベートスペースです。
ご家族それぞれの個室を設けました。
明るい空間となるように、ナチュラルなカラーの樺桜の無垢フローリングを採用しました。

一つ一つのお部屋は、それほど広くはありませんが、3部屋とも2面に窓を設け、明るく通気性も良い、 気持ちの良いおお部屋になりました。

収納も充実した、それぞれのご家族が落ち着けるプライベート空間です。
収納を充実させました!
「洋室1」はお嬢様のお部屋です。
沢山のお洋服をお持ちで、収納は沢山欲しいとのご要望でしたので、こちらのお部屋には特に収納をたっぷりと設けました。
階段の上の部分も部屋側から使える収納に利用!お雛様など大きな物を収納なさるご予定です。

「洋室2」はご主人様のお部屋です。
書籍をたくさんお持ちのご主人様のお部屋は、書棚をたっぷり設けました。

「洋室3」は奥様のお部屋。
こちらにはお持ちのタンスを置かれるかもしれないとの事でしたので、収納は造り付けせず、自由にお使いできるように計画しました。
2階にも洗面とトイレを
2階にも、トイレと洗面を設けました。

2階はしばらくご家族それぞれの寝室としてお使いになるので、2階にトイレと洗面があると、とっても便利です!
ベランダの新設
リフォーム前は小さなバルコニーだった箇所に、ベランダを新設しました。
アルミを使った軽量で丈夫なベランダですので、重量で家に負担をかけることもなく安心です。

日当たりが最高なので、洗濯物がよく乾きそうです!
大変お世話になりました。
エコリフォームさんにお頼みして3ヶ月半、こんなに素晴らしい家にして頂き、感謝、感謝です。
社長さんのお人柄は勿論、社員の方々も皆さん、とても親切に対応して下さり、心から安心してお任せできました。
今日、いよいよ楽しい引っ越しです。ありがとうございました。
初めてご連絡をいただいてから、ずっと暖かいご家族のお人柄に触れさせていただき 嬉しく思っております。
お心遣いもたくさんいただきありがとうございました。

そして、お打ち合わせに何度も足をお運びいただき、本当に感謝いたします。
慣れない建築の内容の打合せは、ご負担だったことと思います。

正直に申しまして、技術的には難しい工事でした。
工事中、現場で予想外のことが発覚してしまった時にも、ご報告、ご相談させていただき ながら、私たちが考える最善のご提案を心がけました。

そんなときでも、私共のご提案をいつも快く受けとめてくださり 「お任せします」と仰っていただいたことは、何より嬉しく、また何より責任の重さを 感じました。
この方達のために、絶対に良い空間をお造りしなくてはと思いながら、計画を進めさせていただきました。

本当にありがとうございました、これからも何卒よろしくお願い致します。

後日談 省エネの 助成金を申請し、費用の一部が助成されました!
国土交通省が行った【既存住宅・建築物省エネ改修緊急促進事業】で助成金を受ける事が出来ました
Y様邸のリフォームでは、国土交通省が行った【平成20年度既存住宅・建築物省エネ改修緊急促進事業】という事業に、 応募を致しました。
>>国土交通省ホームページ内の記事はこちら

こちらの制度は、平成22年に始まった【住宅エコポイント】の元になったような制度で、 住宅を決められた省エネ基準を満たすようにリフォームをした場合に、費用の一部が助成されるというものでした。

【住宅エコポイント】と比べると条件が厳しく、そして制度も整っていない中で手探りの申請作業は、 根比べのようで、大変な面も伴いました。

あまり知られていない募集でしたので、申請をされた方も少なかったようですが、 申請を出しては戻されの煩雑な手続きに、途中で諦めた会社さんも多かったようです。

その様な中で、私たちは、何とか助成を受ける事が出来ました。
Y様邸のリフォーム工事が終わっってから、申請が完了し、実際に助成金の交付が行われるまで半年以上かかるという、大変な長丁場でしたが、窓サッシの改修に対して、無事に助成が下りました。
Y様もお喜びです!





フリーダイヤル0120-292-575

メール:info@eco-reform.com

営業時間 9:00~20:00(日曜・祝日定休)
お問い合わせフォーム 東京23区完全対応いたします

株式会社エコリフォーム 東京都江東区富岡1-22-29-2F/TEL 03-3641-4134/FAX 03-3641-4125

メディア掲載情報 フジテレビ「みんなのニュース」耐震特集
フジテレビ「みんなのニュース」耐震特集
テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」
テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」
BSジャパン「暮らしの学校」
BSジャパン「暮らしの学校」
新聞・雑誌・書籍でも紹介されました
新聞・雑誌・書籍

東京23区別のリフォーム事例はこちら>>足立区荒川区板橋区江戸川区大田区葛飾区北区江東区品川区渋谷区新宿区杉並区墨田区
世田谷区台東区千代田区中央区豊島区中野区練馬区文京区港区目黒区

facebooktwitterInstagramHouzz
© 2004 EcoReform inc. マンションリフォームはこちら