リフォーム事例 >  築35年の木造住宅をリフォーム!【工事の様子】

築35年、ご夫婦と赤ちゃんのためのリフォーム 工事の様子をご紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加
築35年の木造住宅をリフォーム!【工事の様子】
築35年の木造のお住まいを
お若いご夫婦&赤ちゃんにピッタリの
軽快な空間へ
H様邸リフォーム工事の様子をご紹介します!

35年の家。寿命を延ばして暮らしやすくするための、リフォーム工事の様子です!
耐震を含んだリフォーム工事をお望みのお客様です。

耐震工事は大掛かりになってしまうとお考えの方が多いと思います。 しかし、お客様の都合が1人1人違うように、建物も1つ1つ違います。 お客様の都合を良く考えて、計画して行うことが大切です。

こちらの建物はお客様が的確に情報を集め、お考えになってご購入された建物であった為、 スケルトンリフォームはしないまでも、ポイントを抑えた補強で効果を上げることが可能でした。 今回のリフォームで、見えない箇所の点検を行い、的確な箇所に補強をかけます。

耐震とあともう一つの大きな目的は、築35年が経過しているため少し暗さが目立つ内装を自然素材を使って一新します。 お客様とコーディネーターが二人三脚で考慮した、明るい空間となります。

お客様が安心して住まうことができるように誠一杯頑張ります。

▼解体と構造のチェックが行われます

◎いよいよ解体!
1階部分は大きくリフォームしますので、床を解体し、既存の内装は撤去します。
暮し始めてしまうとなかなか見ることができない家の裏側です。

床は、今回のリフォームで下地から新しくやり直すことになります。

◎傷みのチェック【シロアリ被害発見】
解体した時点で、床下をくまなくチェック!

洗面室とキッチンとの間の根太、そして洗面室とお風呂の間の根太に、シロアリ被害が見つかりました。

水周りは湿気がありますので、どうしてもシロアリ被害が起こりやすい箇所です。
今回、見つかって良かったです。傷んだ箇所は取り除き、新しいものに交換いたします。

また、和室の押入れの床下にもシロアリの食害が見つかりました。
押入れは、裏側が洗面室になっているため、こちらまで食害が広がっていたのだと思われます。 こちらも、状態を改善いたします。

<このような機会に、必ずシロアリを点検しましょう!>
水周りは、傷みが起こりやすい箇所です。

水の侵入に気がつかないまま木が腐ってしまうと、そこにシロアリがやってきて、家の大切な構造部分に侵食し、木材がスカスカになるほどの食害を起こします。
雨漏りがあって木が腐ってしまっている場合も、同じようなシロアリの食害を引き起こします。

家の強度を著しく低下させる、とっても怖いシロアリ!
H様はリフォームに合わせて点検を行いましたが、リフォームされなくとも、心配な場合は信頼の置ける業者さんと点検をされることをオススメいたします。

◎配管工事
下地の状態のうちに、配管工事も行ってしまいます。

写真はガス配管の様子。
床の下地工事の前に配管をしておいて、床や壁が出来上がってきたら、位置の調整やコックをつけていくのです。

▼構造補強
H様が購入されたこちらのお住まいは、腕の良い大工さんが自宅として建築されたお住まいであり、 メンテナンスもこまめに行われていたため、とても状態の良い建物でした。

もっと新しい、でも安価である住宅などと比べたら、 こちらのお住まいの方がずっと安心なくらいです。

しかし、建築されたのは35年前。その頃の耐震基準は、今ほど充実していませんでした (今で言う「旧耐震基準」ということになります)。

そこをお客様も心配されており、できる箇所は補強して欲しいとのご希望でした。

◎勝手口を壁にして耐力壁に&耐震金物の設置
こちら、階段の横には、お勝手口がありました。
前にお住まいだったのは大工さんだったので、こちらから工具の出し入れなどをされたのかもしれません。

ただ、すぐ近くにも玄関の大きな窓があり、 できればここは壁の方が安心であるため、今回の工事で耐力壁にさせていただくことになりました。

新しく造った壁は、105角の柱が入った丈夫な壁です。
筋交いも通常の1.5倍の45×90mmの筋交いを入れさせて頂きました。

もちろん、しっかり耐震金物で補強させていただいております。

◎構造用合板
構造用合板は、合板のうち、構造耐力上主要な部分に用いる目的で作られたものです。
壁や床の下地材として施工いたします。

構造用合板をを貼ると耐力壁や耐力床を作ることができるので、建物の耐震性が大幅にアップいたします。 H様邸では今回、クロスの張替えを行いましたので、下地として構造用合板を貼り、強度を高めます。

シロアリ被害の改善
解体して見つかった、シロアリの被害の解消です。
傷んでいた部分は綺麗に取り除き、新しいものになりました。 もうシロアリが来ないよう、防蟻処理もバッチリです。

◎床の土台を新しく
傷みの進んでいた土台を交換し、新しくいたします。
シロアリの被害が見られた箇所も、全て改善です。

木造の住宅は床からの冷気受けやすいのですが、 35年前のお住まいは断熱材がまだ入っていませんでした。
今回の工事で断熱材もしっかり入れます。

足元がしっかりすると何だか安心しますね。

◎2階の補強
2階にも構造用合板を張りました。

ただ、厚みのある構造用合板を貼ると、窓に付いている枠や、床と壁を繋ぐ巾木よりも、壁の方が出張ってきてしまいます。

そこで、枠・巾木と壁のバランスがおかしくならないよう、もう一つ新しい枠を設けて調整しました。

▼ベランダの防水 ~雨漏りを防ぐ~
H様邸には、2階に日当たり抜群で広~い、羨ましいようなベランダがあります。 しかし、建築当時からのものなので、防水層の劣化が目立ちました。

もしこちらが傷み、雨漏りが起こってしまうと、建物の強度を損ねてしまう事態に繋がってしまいます。

そこで、写真のようにベランダに水圧をかけ、防水チェックを行いました。
すると、このベランダの下になる和室の天井に、雨漏りが・・・。

今回は点検として圧力をかけていますので、このように漏ってきてしまいましたが、 まだ、通常の雨では漏らない程度の傷みに留まっています。しかし、このまま放置すれば悪化し、深刻な雨漏りに繋がってしまうでしょう。

そこで、この機会に改めて防水処理を行うことになりました。

新しい防水コーティングをする前に、まずはヒビが入っている箇所やデコボコしてしまっている箇所を丁寧にならします。

防水コーティングの作業中です。写真の白いものは「ガラス繊維」。強度や弾力性を持たせる為に必要なものです。

完成です。綺麗に防水のコーティングが出来上がりました。
防水工事の後にちょうど雨が降りましたが、この通り!ばっちり水をはじいてくれています!

▼お客様ともこまめに打ち合わせを
定期的に現場で現在状況の報告と確認を行いました。
このように、家の裏側を見る機会は、今後なかなか無い事です。

実際にどのような状態になっていたのか?どのように改善を行ったのか?を、担当のコーディネータである千葉と施工責任者の塩谷で、しっかりとご説明させていただきました。

お客様も真剣です!

▼住む人にやさしい住まいにするための内装工事
赤ちゃんがもうすぐお生まれになるH様ご夫妻!

今回のリフォームではやはり何よりも「住む人に優しい住まい」にしようという事で、 自然素材を使った内装を多く採用いたしました。

【床】無垢フローリングの施工
1階部分の床に無垢フローリングを採用します。
無垢は調湿をするという特性、肌触りの良さ、そして何より自然のものなので人体に害のある化学物質を含まない、安全で優秀な床材です。

無垢の板は自然物である為、収縮を繰り返すという特性があります。

冬は乾燥のため縮み、梅雨や夏の湿気の多い時期は膨張します。 そのため、写真のように板と板の間に紙を挟んで少しだけ隙間を作りながら貼るのです。 そうしないと、湿気の多い時期になると、膨張し、最悪の場合、床が反ってしまいます。

明るい色合いのカバ桜、綺麗に張れました!

【壁・天井】傷みの進んでいたじゅらく壁の撤去&自然素材壁紙の施工
2階の、ご家族の寝室になる和室です。
素敵なお部屋なのですが、以前はほとんど使われておらず、物置となっていたお部屋だったようで、 ホコリと、壁面にはカビが目立ちました。

このお部屋の壁は、30年くらい前の住宅ではよく見られた、ザラザラした「じゅらく壁」でした。 このように傷んでしまったじゅらく壁は、下地まで綺麗に削り落とす必要があります。

普通のクロスとは剥がし方が違ってきますので、左官職人さんにお願いをいたしました。 専用の剥離液をしみこませた器具で、丁寧に剥がしていきます。
カビがあった部分も綺麗に剥がされました。

新しくクロスが張られました。
寝室でありこちらのお部屋に採用したのは、珪藻土クロス。 自然素材の塗り壁である珪藻土を利用したクロスです。

◎味わいのある建築当時の内装も、クリーニングで復活!
天然木の木目が魅力的な和室の天井は、かっこいいのでそのまま残される事となりました。

ただ、経年で汚れてしまい少し黒ずんでいました。こういった汚れはプロの手によるアク洗いでビックリするくらいに綺麗になります!

建築当時のような明るい色合いに戻りました。

【建具】天然木を使った建具を建具職人さんが造ります
建具を交換する箇所は、新しく天然木シナの建具を採用しました。 シナは、木目があまり主張せずどんな空間に溶け込むので、建具におすすめの材なんです。

工事中、同じ現場で建具を造ってしまうと、場所を取りすぎてしまい、工期の遅れを招きます。
そのため、弊社の作業場で、建具の職人さんが丁寧に造作を行い、ピッタリサイズに出来上がりました!

【塗装】塗装が必要な箇所は身体にやさしい自然の塗料
床の無垢フローリングは、水濡れを防ぐ為にウレタンコーティングのものを選ばれましたが、建具や木のカウンターといった、コーティングされていない木の部分には、100%天然素材オイルの塗料を塗って仕上げました。

塗料では世界から高い評価を得ているドイツ・リボス社の製品を使用しています。

▼H様邸のリフォーム 完成しました!

 


フリーダイヤル0120-292-575

メール:info@eco-reform.com

営業時間 9:00~19:00(日曜・祝日定休)
お問い合わせフォーム 東京23区完全対応いたします

株式会社エコリフォーム 東京都江東区富岡1-22-29-2F/TEL 03-3641-4134/FAX 03-3641-4125

メディア掲載情報 フジテレビ「みんなのニュース」耐震特集
フジテレビ「みんなのニュース」耐震特集
テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」
テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」
BSジャパン「暮らしの学校」
BSジャパン「暮らしの学校」
新聞・雑誌・書籍でも紹介されました
新聞・雑誌・書籍

東京23区別のリフォーム事例はこちら>>足立区荒川区板橋区江戸川区大田区葛飾区北区江東区品川区渋谷区新宿区杉並区墨田区
世田谷区台東区千代田区中央区豊島区中野区練馬区文京区港区目黒区

facebooktwitterInstagramHouzz
© 2004 EcoReform inc. マンションリフォームはこちら