リフォーム事例 >  築40年、7.5坪の空間を活かす、住宅再生リフォーム 【完成の様子】

7.5坪の木造住宅をスケルトンフォーム 完成の様子をご紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加
築40年、7.5坪の空間を活かす、住宅再生リフォーム 【完成の様子】
7.5坪の空間を活かす
住宅再生リフォーム
H様邸のリフォームが完成しました!

お客様より
地元で信頼できそうな業者さんを探していてエコリフォームさんに辿りつきました!

うちって東京の狭小の中でも小さい方だと思うんです。 でも3階建てにもできないし、2階建てで何とかしなければいけなかった。そういう、土地の事や家の狭さを、エコリフォームさんは覚悟してくれているのが良かった。

うちみたいな家があるというのを充分わかってくれて、この地域がどんなもんかというのも知っていてもらえたので頼みやすかったです。

>>リフォーム後のインタビューにご協力いただきました!

ハウスデータ
築年数40年
住宅仕様2階建て木造住宅
広さ1階+2階:約15坪(50m2)
内容1階・2階全体のフルスケルトンリフォーム
外部全面改修
地域江東区
図面 before→after

リフォーム前のお住まいは・・・
40年が経過したお住まいなので、 これからご両親が長くお住まいになるにあたり、 お二人のお嬢さん方には心配な事がたくさんありました。
  • 40年前の住まいは使いづらく、暗い
  • 段差と急勾配の階段が危ない
  • 収納が無く、室内が片付かないため、
    屋内事故が心配
  • 断熱材がおそらく入っていないので、
    夏の暑さと冬の寒さが辛いく
  • 家の強度も無くなっているだろうから、
    地震の時など心配

要望をクリアし「ご両親のための気遣い」を盛り込んだ、優しい住まいに生まれ変わりました!
1階+2階で15坪。でも狭苦しさを感じない、暮らしやすい空間です。




▲地震の心配も大きく改善!
地震の心配も大きく改善!スケルトンリフォームすることにより構造を
大きく見直したので、ずっと安心できるお住まいとなりました!!

>>工事の様子はこちらから

【リフォームアドバイザー・塩谷理枝】

間取りや計画については、ずい分多くの時間を割いていただいて、お客様とご相談しながら決めていきました。
図面だけでなく、スケッチや、ショールームで実物を見ていただくなどして、出来上がる空間を、少しでもリアルに感じて頂けるように、お打ち合わせを重ねました。

お家について、よく勉強をされていたお客様から、意見や要望もたくさん頂きました。
プランに取り入れさせて頂いた点もありますし、できなかったこともありますが、それでも、限られた空間を活かして、ご両親様にとって本当に居心地の良い住まいが出来上がったと思います。
それでは、1階の完成の様子からご覧ください!

(♪)極力間仕切りを作らないオープンな空間
生活動線もスムーズで、とっても暮らしやすい!


1階は、仕切りがほとんどありません。 そのため、オープンな印象となり、広さを感じさせてくれます。

■無駄のないスムーズな生活動線です
★玄関→ダイニング
★ダイニング→キッチン
★キッチン→水周り
★ダイニング→水周り

など、各ポイントへの移動がとてもスムーズです。

極力仕切りをしないオープンな空間にしていますし、 水周りの入り口を、キッチンの居間の境に近い箇所に設けているので、 キッチンからも居間からも通り抜けしやすいのです。

■仕切っていても空間のつながりが感じられる工夫
玄関部分と居間の境目のみ、引き戸を設けていますが、 透明のポリカーボネイトが入ったものなので、 仕切っていても、空間のつながりを感じる事ができて狭さを感じません。

引き戸なので、開き戸のように開けるとドアがスペースを取ることも無く、 いっぱいに開けると、仕切りが無いのと同じようになります。

ご家族が何人もいらっしゃるお住まいであれば、 仕切りが必要な場合もあるかもしれませんが、 こちらのお住まいは、H様のお父様とお母様がお二人でお暮らしになりますから、 あえて仕切りを設けませんでした。

そうすることで、広さを感じることが出来て、動線もスムーズになりました。

実際にお母様とお父様がお住まいになってからも、 1つだけある仕切りは来客があったときくらいしか閉めることは無く、 基本的にオープンにしてお使いだそうです。

■キッチンとリビングの間も仕切りを設けず、格子を設けることでゆるやかに仕切る
繋がった空間になったキッチンとリビングですが、 構造上、抜いてはいけない柱があります。
その柱を目立たなくすること、そして、二つのスペースをほどよく仕切るために、格子を設けました。

和室のリビングとの相性もピッタリで、素敵な雰囲気を演出してくれていますね。

■廊下を作らない
玄関から居間の間には廊下を作る間取りのお住まいも多いかと思います。

廊下も、ご家族が何人もいらっしゃるお住まいであれば、 そういった空間が必要になるかもしれませんが、 基本的にお父様とお母様がお使いになる住まいであれば必要ありません。

スムーズな動線や、空間の広がりを優先することにいたしました。

■出窓を作って視覚的に広さを確保
1階居間の大きな窓は出窓スタイルにしました。

出窓にしたことでお部屋の広さが変わる訳ではありませんが、 視覚的に空間を広く感じることができます。

出窓にする事によって窓の部分がカウンターになったので ちょっとしたものを置くのにも便利です。

※H様邸はお家の全面に少しスペースの余裕がありましたので出窓が実現しました。 お隣と敷地いっぱいで接している場合は、窓が少し出っ張るため、実現できない可能性があります。

■水周りスペースとの間にも、あえて仕切りは設けていません
計画時、仕切りを設けるか設けないか、でお客様も迷われた部分ですが、 最終的に仕切りは設けず、お客様の方でカーテンを設置されることになりました。

この選択が大正解だったとのこと。

お二人の暮らしですから、普段はあまり仕切らないのだそうです。 カーテンにしておくと、完全には仕切られることなく、空気も通り、更にお掃除もしやすい!とのことで、とても良いそうですよ。

【Point!】オープンな空間は、断熱が効いているからこそ実現したものです!

お母様より
家がとっても暖かいですよ。
外が寒くても家に入ると暖かいです。家全体が。
冬も1階の暖房をつければ2階まで暖かくなります。
リフォーム前のH様邸は、40年前のお住まいであったこともあり、 断熱材は全く入っておらず、窓も断熱性能が無いものでした。

断熱ができていない建物の場合、外気の影響を大きく受けてしまうので 全体的に夏は暑く、冬は寒くなります。

そのため、暖房冷房を効かせる時は、「部屋単位」にしている、という方が多いのでは無いでしょうか。

6畳のお部屋であれば、そのお部屋を閉め切って暖房や冷房をかけて、その部屋だけは快適気温にするという方法です。 断熱が効いていない状態で、仕切りを開けて暖房や冷房をしても、なかなか効かず、効率が悪いのです。

そのため、ある程度年数の経過したお住まいでの生活経験がある方は、 廊下に出たら寒い!とか、お風呂が寒い!といったことが日常であるという覚えがあるのではないでしょうか?

家全体にしっかりと断熱をすることで、外気の影響を受けない住まいとなり 暖房や冷房の効率も飛躍的にアップ、オープンなお住まいにしていても、 ローコストで全体的に暖房や冷房が効く空間になったという訳です。

(♪)限られた空間をすっきり使うための配置計画

■収納は、用途に合わせて効率的に配置し、すっきりした空間に!
現在お持ちの物をどこに収納したいのか、あらかじめよくヒアリングし、必要な場所に必要な収納を配置いたしました。
また、収納したい物を測り、物に合わせたサイズで造作していますので、無駄なスペースができません。

■持ち込みの家具や設備はどこに置くのか、サイズはどのくらいか。
あらかじめ計画して、ぴったりの空間を空けておきます。
実際にお暮らしになった時に、お持ちの家具をどこにどのように配置するかということを、事前によく計画した上で、設計計画を立てています。

特にキッチン周りの場合は、食器棚や冷蔵庫、ゴミ箱など、様々な家具や設備を設置することになりますので、この計画がとても重要です。

計画の時点で、どの位置にどういったものを置こうとお考えなのか、よくヒアリングさせていただき、 「食器棚はここ」「冷蔵庫はここ」と、設置場所を決めておきます。

キッチン以外でも、テレビのサイズはどのくらいか、置き場所はどこにするか、 居間の座卓のサイズはどのくらいなのか?など、よくヒアリングした上で、 家具がある状態を想定して、全体的な計画を立てているのです。

こうして無駄なスペースを作ることなく、限られた空間を最大限に有効活用できるのです。

(♪)コンパクトだけど使い勝手抜群水周りスペースです
お風呂・トイレ・洗面室・洗濯機置き場を一箇所にまとめましたので、効率よく使えます。

スペースを広く使えるように、リビングとの境にはあえて建具の仕切りを設けず、お客様ご自身で、カーテンをしていただき仕切るようにいたしました。

沢山のご家族でお暮らしになる家の場合ですと、仕切りにはやはり建具が必要になるかと思いますし、水周りを一つにまとめるといったスタイルではない方が良い場合もありますので、H様邸とは全く違う水周りの計画になったかもしれません。

こちらはご夫妻お二人でお暮らしになるお住まいだったからこそ、このようなスタイルで落ち着いたと言えるでしょう。
お暮らしになる方の生活パターンに合わせて計画を行うというのはとっても大事なポイントです。

■水周りのアイディア収納
こちら、限られた空間でも効率よく使えるようにと、アイディアをひねった収納なんです。
向かって左側に洗面台を設けましたので、上半分は洗面台側から使えるようにしているんです。

洗面台からは、タオルや歯磨き等の在庫のストックを置くことができますし、 正面側には、ちょっとした着替えのストックなどを便利に収納することが出来ます。

上にも棚をお造りしました。
コンパクトな水周りスペースでも、抜群の収納力のおかげで、あれこれ置いて片付かなくなることもなく、スッキリ使うことが出来ます。

■洗面台、収納棚は少し小さめだけど、お二人にとってはベストサイズ!
こちらの洗面台は、幅50cmと、コンパクトなサイズです。隣にお作りした収納も、幅は40cmありません。どちらも、聞いただけだと、小さくて、使いにくいんじゃないの??と思ってしまうサイズですよね。

お客様も仰っていましたが、例えばショールームに洗面台を見に行くと、展示してあるのは、一般的な幅75cmサイズや幅90cmです。だから、幅50cmサイズは、とても小さく感じてしまうかもしれませんが、実際に、設置してみると、ご両親様お二人が、歯を磨いたり顔を洗ったりするのに、全く充分なサイズで、お客様も大満足でした。

横の、幅が30cmちょっとの棚も、これがあることで、洗面空間がとっても使いやすくなりました。
普段使いのタオルや細々したものを、取り出しやすく収納できます。下半分は、手前から、横半分は洗面台の方から、お使い頂ける様にしたのも、便利になってよかったです。このような工夫も、オーダーだからこそ、できることですね。

面積が限られたところを、使いやすく活用するには、必ずしも一般的なサイズ・仕様のもの、ということではなくて、お住まいになる方のライフスタイルにあったものを選ぶことで、より良くなります。

■お風呂の浴槽は、以前使っていた浴槽に、極力近いものを
お客様が特にこだわったものの一つが、お風呂です。

リフォーム前は、昔のお風呂によくあった、四角いものをお使いでしたので、 できるだけ近いスタイルにしたいとのご希望でした。

最近は、浅めで広いお風呂というスタイルが主流になりつつありますが、 H様のお母様は、そういったお風呂は慣れなくてちょっと怖い、とお考えだったとのこと。

そこで、ご家族でショールームに足を運ばれ、実際に入ってみたりしながら、 慎重にお選びになったのがこちらのお風呂です。

昔のお風呂ほど四角くはありませんが、最近の浅いお風呂より深く、コンパクトサイズ。 手すりも付いて安心です。

限られたスペースですが、トイレは出来る限りゆったりと
毎日使うトイレの使いやすさって、とても重要です。

いくらスペースが限られるお住まいだからといって、トイレのスペースまで削っては体に負担がかかってしまいます。 住まいとしては良い事ではありません。

実際に住む人の事を考え、ゆったりとスペースを取るべきところは、充分なスペースを確保する、というのは大切なポイント。

H様邸のトイレも、広めにスペースを取り、手すりも取り付けいたしました。

(♪)ご両親が安心してお暮らしするためのバリアフリーな住まい

段差のないバリアフリーの床
リフォーム前は、お部屋の境に段差がありました。
日本の家によくある「段差」は、空間の格を現すという意味もあり、 伝統的な側面もありますので必ずしも悪い物ではありません。

しかし、ご両親がこれから安心して暮らすためには、段差はなるべく無いほうがベターです。 今回のリフォームで、床はバリアフリー化することとなりました。

何箇所か引き戸を設けた箇所も、天井から吊るタイプの戸であるため、 レールも無く、完全にフラットな床です。


手すりの設置
玄関・階段・水周りと大きな動作を必要とする箇所には、手すりを設置しました。



傾斜緩やか、安全な階段
リフォーム前より段数が増え、ゆったり上り下りできるようになった階段です。

限られたスペースのお住まいの場合、例えば、階段のスペースを削って螺旋階段にすることで、居室のスペースを広げてしまうことがあります。

確かに螺旋階段は省スペースにはなりますが、ご両親が毎日登り降りをすることを考えると、暮らしに適したスタイルとは言えないでしょう。

そういった部分は削らないで、いかに効率的な空間を設計できるかというのが、狭小住宅の大事なところです。

H様邸では、ゆったりした段差の階段を、スペースもあまり取らないよう、角に配置しています。

また、ご両親お二人が暮らされるお住まいということで、家の中に廊下を作らなかった分、階段スペースをゆったり取れたというのも、良かったところです。

空気のバリアフリー




上記の、「オープンな空間」の項で解説していますが、
家全体を断熱することで、家の中全体で暖めたり、冷房で快適温度にすることが可能となりました。
これは、エアコンのランニングコストを節約できるだけでなく、
最も怖い屋内事故である「ヒートショック」の予防にもなるのです。

■断熱性能を長く保ち、体に害のないパーフェクトバリアを使用
H様邸で使用した断熱材「パーフェクトバリア」。
一般的な断熱材は湿気を含むと性能が低下してしまうのですが、パーフェクトバリアは湿気を吸い込まず、乾きやすいため、長く、優れた断熱性能を保ってくれます。

湿気を含まない為、経年による「へたり」(湿気を含むと、断熱材はへたってきてしまい、下に落っこちてきてしまいます。そうなると断熱材の意味は全く無くなってしまうのです)が無いというのも大きな特徴です。

接着剤、代替フロンなどの有害物質を一切使っておらず、健康被害といった心配がありません。

(♪)ご両親の好みのインテリア「和風モダン」



■今まで暮らしてきた家の雰囲気を大切にすることも、リフォームの大切なポイントです!
最近ではリビングダイニングを、洋室にするというスタイルが主流ですが、 H様邸は、ご両親の好みを反映してあえて和室にしました。
ご両親の居間までのお暮らし向きが和室中心であり、 和室により慣れていらっしゃったからです。

足腰の負担を考えると、洋室でテーブルにするというのもあるかもしれませんが、 今までのスタイルを変えることなく、新しい住まいにもすんなりと暮らせるようにするというのも、 リフォームの大切な要素です。

もし、座卓に座るのが負担になってきた場合は、その時点で、テーブル+椅子にすればよいのです。 そのお部屋が和室でも、おかしな事はありません。

畳と、キッチンと居間の仕切りの格子との相性がピッタリでかっこ良いですね!

(♪)落ち着いた印象の玄関


落ち着いた色合いの、格子の入った引き戸と、暖かい色合いのタイルで 和風の落ち着いた雰囲気に仕上がった玄関です。

■玄関収納は、リフォーム前の収納棚をアレンジして再利用
玄関の収納部分は、リフォーム前も棚だった箇所です。

こちらは外壁と一体になった収納であったため、撤去することができなかったのですが、 玄関の収納としてアレンジし、また使用することが出来ました。

全くそのまま使うのではなく、以前は無かったガチャ柱(棚の高さ調整が自由にできるようになります)を設置して使いやすくしたり、汚れた表面をヤスリで磨き、改めて自然塗料で塗装し直したりと、綺麗にリフォームされていますよ。

お父様も「残せる箇所があって良かった!」と、お喜びです♪

■スペースを取らない、引き戸タイプの玄関


玄関周りのスペースを有効活用できる引き戸の玄関です。

開き戸にすると開閉スペースが必要になりますが、引き戸ならその必要もありません。 H様邸のような都心のお住まいで、玄関ポーチのスペースをあまり広く取れない場合、引き戸はかなり有効です。

最近の引き戸は軽く開閉できますので、力もいりません。

開き戸の場合は、荷物の出し入れをする時や、空気の入れ替えをしたい時など、開けっぱなしにしておきたい場合に少し不便です。 引き戸なら、少しだけ開けておいたり、全開にしておいたり自由自在。

コストは引き戸の方が少し高くなってしまいますが、特にスペースが限られている場合は引き戸をおすすめしております。

■使い方いろいろ、便利なニッチ(飾り棚)
「玄関に傘をひっかけたりできるニッチがあればいいな」 というご希望があり、玄関の壁面に、二つの可愛いニッチを設けました。

お客様がお考えのように、傘をかけるのにちょうど便利で良いですし、 季節の小物を飾っても素敵ですよ。
自転車の鍵なんかを置いておくのにも便利ですね!

(♪)H様邸で使った建具はすべて「引き戸」です。


1階、2階とも、仕切りとなる建具は全て引き戸を採用いたしました。
開き戸の方がかなりコストは安く住むのですが、扉を開く為のスペースを考慮しなければなりません。

スペースを使うことなく開閉できる引き戸は、スペースの限られたお住まいでは おすすめのスタイルです。

昔の家は、洋室には印象を合わせるという目的もあったのでしょう、開き戸を使うことが多かったのですが、 最近はデザインがバリエーション豊かになり、 モダンな印象の引き戸も沢山あります。洋室に使っても違和感の無い仕上がりになりますよ。

(♪)快適な住み心地を実現する自然素材
お母様のご実家では、廊下に桧(ヒノキ)の無垢板が張ってあったそうで、新しい住まいもそういった感じにしたいな、というのがご希望の一つでした。
天然の無垢は調湿性に優れ、住まいの快適性を高めてくれます。H様邸でも、洋間や玄関、階段に無垢を使い、ご両親も大満足の気持ちの良い空間を実現いたしました。

★無垢フローリング(ラバーウッド)
板の間になっている部分に採用したのは、合板で作られたものではなく 天然木無垢のフローリングです。
夏はサラッと気持ちよく、冬は蓄熱してくれるのでほんのり暖かい無垢は 快適な住まい心地を実現してくれます。


★国産エコ畳
畳は天然のい草で作られますが、気になるのは産地です。
安価で出回っている畳は、輸入のい草で作られているものが多いのですが 農薬がかなり多く使われており、人によってはシックハウスの原因になることもあります。

エコ畳は、国産(九州産)の、減農薬栽培のい草で作られた住む人に優しい畳です。 安心して寛ぐことができますよ。


★天然木を使ったノンスリップ階段
階段も、天然木の集成材を使っており、優しい足ざわりです。
段差が緩やかな上に、すべり止めの溝が入ったノンスリップタイプの段板なので、 体の負担も大きく軽減されました。

(♪)お母様の趣味のミシン部屋も確保できました


極力無駄なスペースを作らず、オープンな空間にしたので、 お母様が昔から趣味にしていらっしゃるミシンの専用スペースを、 階段下になる場所を利用することで確保することができました。

居間からの仕切りも設けていないので、 気軽に行き来が出来て、スペース自体も明るく感じるそうで、 お母様とっても嬉しくお使いだそうです!
2階の様子もご覧ください!

(♪)2階も、各スペースの行き来がとってもスムーズです


2階も、各スペースの行き来がとってもスムーズです。
2階は、ご両親様の寝室、お父様の書斎、収納専門の納戸を配しました。1階と同じく和風モダンな印象にまとまった、落ち着いた空間です。
2階に上がって、寝室、納戸の両方にすんなり入ってゆくことができるのもポイントです。

(♪)日当たりのよい寝室です
2階で最も日当たりの良いこちらのスペースを、ご両親の寝室である和室としました。

H様邸では、リフォーム前のものをほとんど残すことが出来ませんでしたが、 できるだけ似せた雰囲気で仕上げ、ご両親が落ち着ける空間となっています。
襖も、最近は模様の無いものをお選びになる方が多いのですが、 リフォーム前のものに似せた模様の入った物を、お嬢さんがお選びになっています。

このスタイルがご両親も落ち着けるのでは?という優しいお心遣いですね。

このように、長く住んだ家に雰囲気を、完全に新しく変えてしまわないというのも、リフォームでは大切なポイントの一つではないでしょうか。

■収納が充実!
二間の襖収納の他、階段の上になる空間を利用した収納も設置いたしました。

お布団や、季節の洋服などを、スッキリと収納できます。

(♪)お父様の書斎
寝室と続き部屋になっているこちらのスペースは、お父様が書斎としてお使いになります。
机を置いたりなさるとのことで、洋室としました。

(♪)とっても便利。収納のための納戸部屋
こちらの細長いお部屋は、収納のために設けた納戸部屋です。

リフォーム前は、収納があまり充実しておらず、家のあちらこちらに 家財道具を置かなければならなかった為、なかなか片付かないというのが お悩みだったH様。
1部屋収納スペースを設けたことで、随分スッキリすることでしょう。

後ほど、お客様のほうでハンガーラック等を自由に設置されたいとのことだったので 棚はどはあえて設置いたしませんでした。


■通風のための小窓
納戸なので、空気が篭ってしまいがちですが、 こちらには通常の窓の他、通風の為の小窓を設けました。

開けていただければ空気が通り、湿気から来るカビなどを防ぐことが出来ます。

■洋室との境は吊りタイプの引き戸で、空間に広がりが感じられます
お隣の、お父様の書斎となる洋室と、納戸の境となる部分の仕切り引き戸は、上から吊るタイプにいたしました。

そうすることで、下にレールを設けなくてもよいので、床に繋がり感が出て、 視覚的に広さを感じることができます。

お父様、納戸に物を置いたりもするそうなので、ご自分のお部屋から取りに行くのがとってもラクですね。

(♪)ベランダを新しく設置!
新しく、ベランダを設置いたしました。

リフォーム前はベランダが無く、こちらの窓の外に干していたそうですが 沢山の洗濯物がある場合、少し不便であったかと思います。

新しくなったお住まいでは、日当たりの良いべランダで、 気持ちよく洗濯物を干すことができますね。
外観も大きく変わりました!
リフォーム前のH様邸は、増築した部分が建物に負担をかけてしまっていました。

そのため、外壁にも大きなクラックが入り、そのクラックによる雨漏りも発生してしまっておりました。

また、長年風雨にさらされたことで、外壁全体の汚れも目立っておりました。

今回のリフォームにあたり、痛みの激しかった外部は全て新しくなり、新築のような外観に生まれ変わりました。

■すっきりとしたサイディングの外壁
リフォーム前のH様邸は、増築下部分が建物に負担をかけてしまっており、 大きなクラックが入り、雨漏りも発生してしまっておりました。

また、長年風雨にさらされたことで、汚れも目立っておりました。

今回のリフォームにあたり、痛みの激しかった外部は全て新しくなり、新築のような外観に生まれ変わりました。

■耐久性に優れた軽量の屋根
リフォーム前、屋根は瓦の屋根でした。

伝統的な瓦の屋根は、夏の直射日光や雨風から建物の頭を守ってくれる優秀な建材ですが、 かなり重量があり、地震の揺れの際は、建物に負荷をかける原因になります。

タンスなども同じですが、上の方に重いものを入れると、倒れやすくなってしまいますよね。 それと同じです。
新しい屋根は、耐久性に優れ、軽量のガルバリウム鋼板を採用。
断熱といった面では瓦に劣りますが、断熱材「パーフェクトバリア」をしっかり入れていますので 夏場の、天井から来る熱の影響が室内に及ぶことはありません。

増築を行っていることにより、もとからあった所と増築の境になる箇所が、ゆるく曲がっている屋根ですが、 その段に合わせて、丁寧に施工されています。
赤茶色の屋根は、クリーム色の壁と相性ピッタリですね。

■モダンな印象の玄関引き戸
新しい玄関引き戸は、モダンな印象の黒い格子のデザインです。


お嬢さん方が取り組まれた「ご両親のための住まい」のリフォームが完成いたしました! H様、ありがとうございます。
生まれ変わったお住まいで、ご両親が末永く快適にお暮しいただければ何よりの幸いです。

ありがとうございました!
【リフォームアドバイザー・塩谷理枝より】

実際に、お住まいになった後で伺うと、「とっても住みやすいのよ」とお母様に仰っていただけます。

地震の後に伺ったときには、リフォームしておいたから、揺れの時も家の中にいて、落ち着いていられたと仰って下さり、 夏に伺えば、クーラーの設定温度が低くてOKなことをお話下さり、 冬の寒いときに伺えば、いかにこれまでと比べて、リフォーム後の住まいが暖かいかをお伝えくださります。

そんな嬉しそうなお声をいただくと、私達は、本当にやりがいを感じます。
これからも、末永く、お付き合い頂けましたら嬉しく思います。どうぞ、よろしくお願い致します。

【一級建築士・塩谷敏雄より】

40年が経過しており、痛みも進んでいた建物でしたから、かなりの技術を必要としました。
しかし、技術力だけではお客様の満足は得られません。

担当のコーディネーターとお客様が二人三脚でひとつひとつ丁寧に打合せを行い、柔軟に対応してくれました。
そのおかげで、私達の強みである、ソフト面とハード面がバランスよく揃ったリフォームとなったと思います。

大掛かりな工事が2つ同時進行ですから、お客様にとっても大変な期間だったことと思います。
アクシデントも多々あり、そのたびにご心配をお掛けしました。

お引渡しの際に、「本当にありがとうございました!」とお客様より、貴重なお酒を頂戴しました。
たいへん美味しいお酒で、お客様の心遣いが身に沁みました。

建築屋として感激するのは、この瞬間です。本当に良かったと心から思いました。 H様、いつまでも健やかに楽しくお暮らし下さい。本当にありがとうございました
 


フリーダイヤル0120-292-575

メール:info@eco-reform.com

営業時間 9:00~19:00(日曜・祝日定休)
お問い合わせフォーム 東京23区完全対応いたします

株式会社エコリフォーム 東京都江東区富岡1-22-29-2F/TEL 03-3641-4134/FAX 03-3641-4125

メディア掲載情報 フジテレビ「みんなのニュース」耐震特集
フジテレビ「みんなのニュース」耐震特集
テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」
テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」
BSジャパン「暮らしの学校」
BSジャパン「暮らしの学校」
新聞・雑誌・書籍でも紹介されました
新聞・雑誌・書籍

東京23区別のリフォーム事例はこちら>>足立区荒川区板橋区江戸川区大田区葛飾区北区江東区品川区渋谷区新宿区杉並区墨田区
世田谷区台東区千代田区中央区豊島区中野区練馬区文京区港区目黒区

facebooktwitterInstagramHouzz
© 2004 EcoReform inc. マンションリフォームはこちら