リフォーム事例 >  築30年の鉄骨住宅リフォーム ~完成の様子~

築30年の鉄骨住宅リフォーム 完成の様子をご紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加
築30年の鉄骨住宅リフォーム ~完成の様子~
見づらい画像等は、指で拡大・縮小しながらご覧いただけます。
K様邸のリフォームが完成しました!
築30年が経過した、3階建て軽量鉄骨住宅。K様ご夫妻&二人のお子様のライフスタイルに合わせた、オーダーメイドなお住まいへ!
ハウスデータ
 ■築年数30年
 ■住宅仕様3階建て重量鉄骨造住宅
 ■広さ1階+2階+3階
約34坪(112㎡)
 ■ リフォーム
  内容
  • 1階・3階のスケルトンリフォーム
  • 2階の内装リフォーム
 ■地域新宿区
1階の様子からご紹介させていただきます!
1F自然素材を使った明るいLDKとなり、ご家族団欒が楽しめる空間に!水周り設備も改善され、使いやすさもアップです。
見づらい画像等は、指で拡大・縮小しながらご覧いただけます。
リフォーム前は、お食事をされるキッチンダイニングと居間が仕切られていましたが、 新しい空間では広々した対面キッチンのLDKに。

K様邸は、鉄骨のお住まいであり、構造上、壁を抜くことができる環境であったため、 実現した大空間です。
更に洗面脱衣室、トイレの水周り周辺も使い勝手が良くなりました。

内装は自然素材のものを使っていり、空気もとっても爽やかです!
広々13畳!ゆったりと家族団らんができるリビングダイニング&対面キッチン

リフォーム前は、ダイニングキッチンと、居間が分かれていました。
一昔前であれば、家事をする場と、家族団らんの場所は分けるという、 このような間取りが一般的でしたが、近年のライフスタイルでは、 キッチンも団欒の場の一部になったオープンなLDKが主流になってきています。

K様も、奥様が以前から、キッチンで作業をていると、居間のお子様の様子がわからないので、 仕切りが無くなれば良いなとお考えになっていました。
今回のリフォームで、思い描いていたオープンな空間が実現です!

ご家族の会話が弾む対面キッチン&多目的なキッチンカウンター
そして、スペース有効活用のオリジナル収納!
間仕切りを無くすのに合わせて、壁向きだったキッチンも対面スタイルになりました。

K様は当初、対面キッチンは計画されていませんでしたが、 小さなお子様がお二人いらっしゃるご家庭であることから、 是非にと対面スタイルをご提案させていただきました。

ただ、キッチンの位置を変える場合、水道の配管も大きな変更をする必要があります。

キッチン本体の価格も対面の方が少し高く、工事の手間も、 対面の方がかかってきますので、図面と費用の比較もよくご覧いただいた上で、 対面キッチンに決定されました。
上から吊って使用する形の「吊戸収納」の無い対面キッチンとしました。 よりオープンにスッキリ使用できます。
その分、背面の窓の上下に十分な収納スペースを設けています。

おしゃれなペンダントライトがキッチンを照らし、 とっても明るくオープンで、使いやすいキッチンとなっています。
新しいキッチンは、弊社のリフォームではお馴染み、タカラスタンダードさんのホーローキッチンです。

ホーローは、鉄の表面にガラス質の皮膜を800℃以上に加熱焼き付けて作られるもので、 耐久性はピカ一であり、しつこい汚れもサッとお掃除すればすぐに綺麗になります。

よくある、面材を表面に貼り付けるタイプのキッチンではないので、 経年で面材がはがれてしまうということもありません。

時代に左右されない、堅実なデザインというのも、タカラさんのキッチンの魅力です。
かなり広めに、壁に接する箇所までのゆったりした広さがあるキッチンカウンター。

天然木の集成材で造作されており、自然素材オイル「リボス」で、深めのブラウンに塗装を行って仕上げました。
カウンターの角は、服がひっかかったりしないように丸みを造っています。

こちら、お急ぎの朝の時間は、こちらでご主人、お子さんがササッと朝食を取ることができる他、 パソコンデスクも兼ねています。

パソコンは、向かって右側に置かれるため、コンセントやモジュラージャック、コード通すための穴も完備しています
リフォームで旧キッチンと和室の間の間仕切りをなくしましたが そのことで、和室の収納が1箇所無くなることになりました。

それを補いつつ、スペースを有効活用できるように、 キッチンカウンターに合わせる形で天井いっぱいの高さまでの収納を造りつけしました。
幅が90cm、奥行きが35cmと大容量です。

カウンター下の部分にも棚を設けました。
こちら、お子様の本や、学校から配られる資料をファイルにまとめて出し入れがしやすいようにしたい、 とのご要望に合わせて収まるようにお造りしたものです。

隅々まで、デッドスペース無しです!
カウンターの奥まった箇所に設置したこちらのガラス棚は ご主人様がコレクションしている、ベルギービールグラスを飾る為のものです。

実はこちら、リフォーム工事中に、この窪みを上手く利用できないかと、ご提案させていただいたものなんです。
奥様のご希望の一つに、 「主人がいろいろ集めているものを飾るところを設けてあげたい」 というものがあり、それが実現しました♪
こちら、カウンターの高さと同じ高さの棚の部分に、 電話を設置されるご予定です。

その為、コンセントとコードを通す為の穴を設けています。

電話の周りはコードでゴチャゴチャしがちですが、そのコード類もスッキリと収まります。
住んで快適、自然素材に囲まれたお住まい!

新しいLDKの床に採用したのは、無垢の樺桜フローリングです。

K様との商談中、無垢フローリングを採用したお部屋などをご覧いただき、 その良さに実際に触れていただいて、決定したものです。

こちらのリビング、当初の計画では、大きなLDKにしつつも、 リビング和室のような形で畳の部分を設けるというお話でしたが、無垢フローリングがとっても気に入ったK様。
無垢フローリングならば畳のように直に座っても快適なので、 せっかくだから全面フローリングにしちゃいましょう!ということになりました。 無垢フローリングは、湿度を調整してくれる機能があります。
室内の湿度が高いときには湿気を吸い、乾燥しているときには湿気を吐き、 快適な湿度を保ってくれるのです。
更に、蓄熱性能も持ち合わせていますので 特に冬の寒い時期は、暖房が効きやすくなりますよ。

無垢フローリングは1階だけでなく2階、3階でも採用しています。
キッチン、洗面室、トイレの床に採用したのはコルクタイル。
こちらも樫の木から造られた自然素材です。

触り心地は大変快適で、裸足でもヒヤッっとしません。

そして、無垢との大きな違いは、水濡れに強いということです。
コルクといえば、ワインの栓に使われているくらいですものね。

弊社が行うリフォームの水周りでは特によく使用する素材です。
床だけではなく、壁にも自然素材を使用しています。
K様邸ではこのリフォームを機に、3階建てのお住まいのほどんと全面を 自然素材のクロスであるオガファーザーにされました。

ドイツから来たオガファーザーは、再生紙に木のチップを混ぜたもので、 ヨーロッパでは広く使われているエコロジーな内装クロスです。
木のチップが混ぜ込んであることで、無垢と同じく天然木の調湿性を発揮してくれるという優れもの。

無垢やコルクといった自然素材と合わせて施工すると効果大です!
お部屋を仕切る建具や、造作した収納やカウンターに使用しているのも、天然の木材です。
とても使いやすくなった水周りです!
リフォーム前は、お風呂の脱衣場(兼、洗濯機置き場)のスペースとと、 洗面台のあるスペースが仕切られており、それぞれが狭いので、使い勝手の悪さを感じていらっしゃったそうです。

特に洗面台は、朝のご出勤&お子さんの登校の時間に皆さんがお使いになるので 混み混みになってしまって・・・とお悩みでした。

今回のリフォームで間仕切りの壁を撤去し、一つのスペースにすることで、使い勝手が良くなりました!

それぞれの設備も新しくなっています。 間仕切りをなくしたことで、洗面台も以前よりも随分と幅の広いものにすることができました!
出入り口を、LDK側と廊下側の二箇所に設け、廊下側からグルッと回らなくても出入りできるようになっています。
双方の入り口の建具は、引き戸タイプにいたしました。

ドアですと、扉の開閉スペースを取ってしまいますが、 引き戸はその点、省スペースです。開け閉めに力のいらない、桐の建具です。
リフォーム前、脱衣室と洗面室には写真のような大きな段差がありました。

下に配管を通していた為、段差が生じていたのですが、今回のリフォームでは、配管も見直しを行い、 段差が生じないようにひき直しをしましたので、フラットな床にすることができました。

こちらの洗面脱衣室と繋がるキッチンや廊下との間も、段差無しです。
床には、水濡れに強くソフトな足触りの自然素材、コルクタイルを。
洗面脱衣室には最適な床材です。
洗面室には 「ホスクリーン」を設置しました。ちょっとしたお洗濯物を干すのにとっても便利です。
写真のように、ホスクリーンはお手軽に取り外しが出来ます。
床には、階段下のスペースを有効活用することで、 広くなったトイレです。

合わせて、リフォーム前にトラブルがあったという水道の配管も新しくいたしました。

こちらのトイレは、1年ほど前にリフォームされている為、 トイレ本体はまだ新しいので、また再利用させていただき、 床を水濡れに強いコルクに張替えをいたしました。

スペースが広がったことでタオル掛けも設置することが出来ました。
リフォーム前は開き戸だったトイレの出入り口ですが、 廊下と干渉してしまっていましたので、今回、引き戸にいたしました。
明るい印象になった玄関&廊下
廊下をリビングと同じく無垢の床、オガファーザーの壁に張替え、 玄関ドアを交換しました。
床や壁を張り替えるだけで、随分明るい玄関に様変わりです!

玄関は、基本的に既存のものを再利用しながら、建築時のままだったため安全上の事で心配があった玄関ドアを交換しました。
まだ小さなお子さんの手が届くように鍵の位置が少し低めなものをお選びになりました。

また、今までの開き方向だとお子さんが手を挟んでしまうことが何度かあったとのことで、方向を逆側に変更しています。
廊下に入ってすぐの壁面に、折りたたみ可能なデザイン性のあるフックを設けました。
普段使いするようなコートなどはこちらにお手軽に引っ掛けておけます。
2階・完成の様子です!
2FK様が気に入られている和室の良さを活かしながら自然素材で更に良い雰囲気に&収納力アップ
見づらい画像等は、指で拡大・縮小しながらご覧いただけます。
2階は、和室が二つ+廊下という間取りは変更していませんが、 あちこちにアレンジを加えることで、暮らしやすさ、使いやすさを大幅アップしました。 不要な水周りの設備を撤去し、その分収納が増量していますね。

2階はお子さんがお使いになるフロアでもありますので、既存の収納スペースは、 お子様が使いやすいように改良したり、勉強机を置くスペースのみ畳ではなく 無垢のフローリングを張るといったアレンジを加えています。

2階も、使用している素材はもちろん自然素材です。
収納がいっぱい!の階段廊下

K様邸の2階廊下は、廊下と言ってもかなりゆったりした広さがあり、 リフォーム前はミニキッチンが置かれていました。 以前のオーナーさんが二世帯仕様にされていたのかもしれません。

しかしK様のライフスタイルだと、2階のミニキッチンは不要なものであり 全く使用されていませんでした。

今回、そのミニキッチンを撤去し、その代わり、窓の下の高さにあわせる形で、 ご主人様の蔵書を収納するための本棚を造り付けました。
かなりの大容量ですよ。

また、リフォーム前に奥に設置されていたセントラルヒーティングも、 K様がお使いになることが全くない為、撤去し、そのスペースにも天井いっぱいまでの収納を造り付けしています。

床は、1階と同じ樺桜のフローリングを張っています。

アレンジを効かせた和室 お子さんのお部屋

二つの和室はそのままですが、K様の暮らしに合わせたアレンジを行いました。

まずこちら、現在、二人のお子さんのお部屋としてお使いの6畳和室です。

こちらのお部屋にはリフォーム前も収納スペースでしたが、 今回、内部の大幅なアレンジを行っています。

以前は収納に手前にワンクッション置くように空スペースが設けられていましたが、 その部分も収納の一部にし、奥行きのあるウォークインクローゼットにしてしまいます。

奥には、棚をお作りします。
普段あまり使わないものを、ダンボールに入れたまま 収納頂くと便利です。

上部は、ハンガーパイプを取り付け、お洋服を掛けて収納頂けるようにしました。
お子さんがご自分で服をかけたりできるように、通常より低めに設置しています。

手前の仕切りを造らないスペースを広めに設けました。
こちらには、お子さんの普段使いのお洋服を仕舞う収納ケース、そして毎日使うお布団を収納されます。

スペースを100%有効に使うため、そしてお子さんが出入りしやすくするため、 収納の扉は設けず、ロールスクリーンで開閉するようにしました。

男の子のお部屋ということで、爽やかなグリーンをお選びになりました。

K様は和室の雰囲気を気に入っていらっしゃっていますので、 2階の二つの和室はそのまま活かすことになりました。

ただ、和室だとお子さんの学習机を置いていると、椅子を動かす度に畳を傷めてしまいますので、 机を置く位置に無垢のフローリングを張り、「板畳スペース」としました。
無垢材は、1階や2階廊下と同じく樺桜を採用しています。

実際に机&椅子を置いてみると、ピッタリです!

もう一方の和室も現状を活かしつつアレンジ!

もう一方の和室は、ご両親のお部屋です。

こちらも、和室のスタイルは活かしながら、 K様ご家族に合わせた形にアレンジしています。

こちらのお部屋、以前は床の間がありました。

床の間も和室特有のものなので勿体無くはありましたが、 収納スペースを広げることを優先いたしました。

右側には、バッグを沢山お持ちの奥様がお使いできるスペースとして、 中棚の付いた天井までの収納を設けました。

左側はクローゼットとして使えるように、上にハンガーパイプを設けた仕切りの無いスペースとしています。

こちらも空間を有効活用するために、扉は設けず、ロールスクリーンで開け閉めができるようになっています。

数年後、二人のお子さんに個室が必要になってきた場合には、 こちらもお子さんのお部屋になります。

その際に、こちらのお部屋にも机が置けるように、もう一方のお部屋と同じような 板畳スペースを設けました。

3階・完成の様子です!
3F特に外気の影響を受ける三階なので、断熱材の見直しを行い、家族で暮らしを楽しめる空間に!
見づらい画像等は、指で拡大・縮小しながらご覧いただけます。
3階は、最も大きく変わったと言って良いでしょう!

以前の3階は、6畳の和室と、3畳ほどの洋間がありましたが、夏の暑さが猛烈すぎて、 なかなか有効活用ができていなかったのです。
その為、K様の大きなご希望の一つが「3階の断熱環境を見直して有効活用できるようにしたい」 ということでした。

断熱を良くすることはもちろんのこと、その上で、どういった空間にしたいのか、 お打ち合わせを重ね、当面はご家族のホビースペースとして使用することになりました。

ご主人が趣味のゴルフのパター練習を楽しまれたり、奥様がピアノを楽しまれたり、 お子さんが工作をされたりと楽しくお使いいただけます♪

そして、二人のお子さんが成長され、それぞれの個室が必要になった際には、 現在2階にあるご両親の和室をお子さんに譲られ、 ご両親がこちらの3階に上がられる、という計画です。

尚、ワンフロアにはしていますが、階段と直結してしまうと、冬の時期に寒いので 階段の昇降口になる所には間仕切りのドアを設置しています。
オープンなワンフロアです!

ベランダがあるため、1階と2階に比べると狭い3階ですが、 リフォーム前にあった間仕切りを無くしたことで、開放感のある広い空間に。

色々とフリーにお使いいただけるようになり、完成後は3階で過ごす時間が増えたそうです!

夏の暑さ解消!断熱+調湿で1年通して過ごしやすいお部屋に

今回のリフォームで、3階は特に断熱環境にポイントを置いた対策を行いました。 性能の高い断熱材を使用するのはもちろん、湿度を調整できる空間にするということにも重点を置きました。

夏の暑い時期は、湿気も高くなりがちです。
人の体は、湿気が高いと、より暑さを感じ、湿度が適度に保たれていると 気温が高くても以外と涼しさを感じます。
逆に冬の寒い時期は、空気が乾燥しているとより寒さを強く感じてしまいます。

湿気をコントロールするという事は、断熱と深い関係があるということなんです。

天井には・・・セルロースファイバー

木質繊維を不燃処理して作られた、綿のようにフワフワな断熱材です。
高い断熱性がありますので、天井の太陽熱をシャットアウトしてくれます。

>>セルローズファイバーについて詳しくはこちら

壁の下地には・・・バウビオ

このユニークな名前のボードは、住宅内装材の下地ボードとして使用する素材です。
ゼオライトという天然の鉱物が含まれており、優れた断熱性と調湿性を発揮します。

>>バウビオについて詳しくはこちら

壁の仕上げには・・・オガファーザー

上記のバウビオを下地に使った場合、上から塩ビのような通気性の無いクロスを使うと バウビオ特有の性能を発揮してくれなくなってしまいます。
このオガファーザー、紙と木のチップで造られた自然素材クロスなので、通気性があり、 更にオガファーザー自体にも調湿性があるので一石二鳥です。

>>オガファーザーについて詳しくはこちら

床には・・・無垢フローリング

床に使用したのは1階2階と同じ、明るい色合いの樺桜フローリングです。
先にご紹介したとおり、天然木の板である無垢は、天然の素材ならではの調湿性に優れます。
つまり、夏の暑くて湿気の多い時期は、多すぎる湿気を吸収し、冬の乾燥している時期には、 吸収していた湿気を放出してくれるのです。

>>オガファーザーについて詳しくはこちら

窓には・・・インプラス(内窓)を

窓も、暑さ、寒さの影響を多く受けます。
そこで、今回のリフォームでは、内側にもう一つ窓を設置! これだけでも、断熱性は大きく上がりますよ。

K様は、他の自然素材に合わせて、ナチュラルなお色の枠を選ばれました。相性ピッタリです!

>>内窓について詳しくはこちら

桐で出来た壁一面の収納

こちら側の壁面は全て収納となっています。

使用している建具、収納内部に使用している木材は「桐」。
桐は木の中でも特に調湿性能、防虫性が高いため、昔からタンスによく使用されています。 収納に最も適した材と言えるでしょう。

桐は大変軽量なため、開け閉めがとってもラクであることも大きなメリットです。

向かって左側の部分は、リフォーム前には小さな流しとトイレがありましたが、 K様ご家族は3階の水周りは全く使用していませんでした。
今回のリフォームで撤去し、その部分に収納を追加されました。

こちらは、建具ではなくロールスクリーンで開け閉めできるようにしました。 頻繁に出し入れするものをこちらに収納されます。

ご主人のコレクションを飾れちゃいます!
ゴルフが大好きなご主人様は様々なデザインのゴルフボールを所有しておられ、 専用の陳列ケースに入れて保管されています。

そのコレクションをおしゃれに飾れるように、こちらの壁面には、ピクチャーレールを設置しました。 木製のゴルフボールケースなので、無垢の床を使ったこのお部屋の雰囲気ピッタリですね。
階段との境には間仕切りをし、ミニスペースを設けました。

3階はワンフロアですが、階段昇降口との境も無くしてしまうと 冬の時期に寒いので、間仕切りのドアを設置しています。

この小さな階段スペースもおしゃれに演出。 壁に、お部屋と同じピクチャーレールをご用意しました。

こちらには外国のゴルフスコア用エンピツをこんな風に可愛くディスプレイしたものを 飾られました。

これらは、リフォーム中の現地打ち合わせの際に「実はこれ、ずっと飾らずに保管してあったんです」 とご主人様が見せてくださり、それならば、と飾る場所をご提案させていただきました。

防水コーティングばっちりのベランダ

3階は、居室部分が他の階より少し狭く、その分広いベランダがあります。

経年のため、水はけが悪くなってきていたので、防水コーティングを行い 雨漏りなどが起こらないような対策をしています。

K様のライフスタイルに合わせて生まれ変わったお住まいとなりました。K様、この度は、ありがとうございました。
K様より最初のお問い合わせをいただいてから、完成まで半年以上、 長く時間をかけたリフォームとなりました。

3階建てのお住まいのほぼ全面に手を加えましたので、 仮住まいのためのお引越しがあったり、決定していただかなければならないことも多くあったりと、 K様ご家族も大変であったことと思います。

最終的に、ご満足いただけるお住まいが完成したのは、まさにK様ご夫妻との二人三脚の賜物です! まことに、ありがとうございました。

また、K様邸では工事中にテレビ取材が入るという機会があり、 ご夫妻より快く取材のご協力をいただいたことも、貴重な出来事となりました。深く感謝申し上げます。

完成後、何度かお邪魔させていただいておりますが、 以前は、なかなか有効活用できていなかった3階で、ご家族皆様が とっても快適に過ごしていらっしゃって、嬉しく思います。

これからも、お住まいのことで何かございましたら、いつでもお声がけいただければ幸いです。 まことにありがとうございました。

インタビューにご協力いただきました


フリーダイヤル0120-292-575

メール:info@eco-reform.com

営業時間 9:00~19:00(日曜・祝日定休)
お問い合わせフォーム 東京23区完全対応いたします

株式会社エコリフォーム 東京都江東区富岡1-22-29-2F/TEL 03-3641-4134/FAX 03-3641-4125

メディア掲載情報 フジテレビ「みんなのニュース」耐震特集
フジテレビ「みんなのニュース」耐震特集
テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」
テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」
BSジャパン「暮らしの学校」
BSジャパン「暮らしの学校」
新聞・雑誌・書籍でも紹介されました
新聞・雑誌・書籍

東京23区別のリフォーム事例はこちら>>足立区荒川区板橋区江戸川区大田区葛飾区北区江東区品川区渋谷区新宿区杉並区墨田区
世田谷区台東区千代田区中央区豊島区中野区練馬区文京区港区目黒区

facebooktwitterInstagramHouzz
© 2004 EcoReform inc. マンションリフォームはこちら