リフォーム事例 >  <水まわりPICKUP>キッチン >  I型キッチンリフォーム

i型キッチンのリフォーム事例をご紹介します

このエントリーをはてなブックマークに追加
I型キッチンリフォーム

限られたスペースで最大限に
使い易さを確保したI型キッチン事例集
リフォームの際、キッチンは、毎日お使いになる奥様がお決めになることが多いですね、スタイルや色、素材など様々なものがありますので、皆さん悩まれるところです。

毎日、調理に使うものですので、道具としての機能ももちろん大切ですし、最近では、リビングやダイニングの中にキッチンを配することが多いのでインテリアとして考えた場合にも空間に溶け込むようにしたいとお考えになる方が増えています。

そんな中でもI型のスタイルは、とても多く採用されているスタイルです。今の日本ご家庭のキッチンの中で、一番多いスタイルでしょう。
I型のキッチンとは、シンクや調理台、コンロが1列になったスタイルのキッチンのことです。
壁付けでも、対面でも、独立型でも、キッチンが横一列であれば、スタイルはI型ということになります。

省スペースで済む上に、1列というシンプルなスタイルであるため収納も多く取りやすく、無駄スペースが生じません。

私どものお客様も、このI型のキッチンを選ばれる方が一番多いです。最も一般的なスタイルなので皆さんが使い慣れている形であるというのもあるかと思います。

限りあるスペースを有効活用したキッチンの配置を得意としております


サイズも様々!
サイズは、国内の一般的な既製品ですと、横幅2100~2700mm、奥行き600~650mmが一般的ですが、お住まいの広さ、形状により、適するサイズは違ってきます。
必ずしも大きいキッチンだから使いやすいとは、限りません、スペースとご家族に合わせてお決めいただけるといいかと思います。

コンパクトな住宅の場合、どうしてもキッチンに使えるスペースが限られますので、少し狭いサイズとなってしまう場合があるのです。(I型の最小サイズは1800mmというのもありますが、さすがに作業スペースが少し手狭になります)

対面式キッチンでカウンタースペースも有効活用!背面の造作戸棚も作業スペースの助けになります!

そんな場合には、色々な工夫をすることで作業スペースを確保することが出来ます。

例えば、ダイニングやリビングの側を向いて作業が出来るような対面型のキッチンにして、前にカウンターを造って、お料理やお鍋をちょっと置けるようにしたり、吊戸棚の下に、棚をつけたりします。昇降できるタイプなどもあり便利ですよ。

その中で、最大限使いやすさを確保できるように、手前に、作業の助けになるようなキッチンカウンターを設けたり、中途半端なスペースが生じないようにオリジナルで収納を造りつけるといった工夫も行っております。

また、キッチン本体とは別に、収納をご提案することもよくございます。キッチンに立って、振り返って使える背面収納などを設けることで、作業スペースの少なさを補えます。

どれも、実際に使う方にとって最も便利なキッチンになることを考えた配置になっておりますので、参考になさってみてください。

※ガスコンロ使用の場合の注意点

以前のキッチンは、ガスコンロを壁ギリギリで設置することができるようになっていましたが、安全上、近年のキッチンでは、コンロ、もしくはシンクと壁の間に15センチの隙間を開けなければならないという決まりができました。

その為、以前と同じサイズのI型キッチンにしたのに、何だか狭くなったような・・と感じてしまう場合がありますのでご注意を。

※IHクッキングヒーターの場合

IHクッキングヒーターは、天板が丈夫な強化ガラスで出来ています、その上、ガスのようにゴトクないので、キッチンの天板と同じようにフラットな面となります。
加熱作業をしていない時には、作業代としても十分に使うことが出来ます。パンやお菓子作りに必要な、コネの作業をIHの上でされる方もいらっしゃいますよ。

炎が出ないので、加熱をしているすぐそばにボールやざるなどを置いても大丈夫なのが嬉しいですね。

練馬区 U様邸のI型キッチン


一体感を重視し、リビングとの対面スタイルをご希望だったU様邸のI型キッチン、サイズは1950のものです。

デッドスペースが出来ないように横に収納棚(下半分はゴミ箱が置けるようになっております)を付けています。

右の収納は、上半分が食器等を置ける棚、
下はゴミ箱スペースとして計画しています。

キッチンカウンターを設けて、作業スペースの助けにしています。

 >>U様邸の詳しいリフォーム事例紹介をご覧になる方はこちらから!

中央区 A様邸のI型キッチン

キッチンリフォーム事例2

奥様が今まで使い慣れた、壁向きスタイルのI型キッチンです。
サイズは1950のタカラスタンダード製、横に、キッチン付属の収納を設け炊飯器などを置けるようにしています。

背面には造作で、カウンタータイプの収納と天井までの大きな収納を設け、キッチン周りがごちゃごちゃしません。

作業スペースが少し狭めではありますが、出来上がった料理などをカウンター上に置いていただけますので、限られたスペースでも便利に使用することができます。

 >>A様邸の詳しいリフォーム事例紹介をご覧になる方はこちらから!

板橋区 S様邸のI型キッチン

S様邸では、リフォームでキッチンを対面にされました。横幅は1950のキッチンです。
もともとのキッチンスペースの中で、壁付け→対面にされました。

こちらのキッチンで考えたのは奥行きでした。一般的な65のサイズだと奥行きが広く、背面に収納を設置してしまうと、左右の移動がしづらくなりそうでした。

そこで、奥行き60サイズで、背面収納の奥行きも調整がしやすい。サンウェーブさんのキッチンをお勧めいたしました。
更に、造作収納やカウンターを併用し、便利にお使いいただけるようにしました。

>>詳しくはこちらでご覧ください!

キッチン周りの小物や、料理の際は食器や出来上がったものを置いたりできるカウンターです。

背面収納も、奥行きが狭めのものを採用しました。造作収納も合わせてかなりの収納力ですよ。キッチンはサンウェーブ製。収納のための小技が効いてます。

 >>S様邸の詳しいリフォーム事例紹介をご覧になる方はこちらから!

江東区 S様邸のI型キッチン

キッチンリフォーム事例4

近年では、キッチンの背後に収納を設けるスタイルが多いのですが、S様邸では、右のような間取りになっておりますため、リフォームの際、左右に、天井まであるキッチン周り用スペースを新設しました。
向かって左の窪みは冷蔵庫スペース、お持ち冷蔵庫に合わせて、無駄スペースができないような幅になっています。


詳しいリフォーム事例紹介をご覧になる方はこちら!




フリーダイヤル0120-292-575

メール:info@eco-reform.com

営業時間 9:00~19:00(日曜・祝日定休)
お問い合わせフォーム 東京23区完全対応いたします

株式会社エコリフォーム 東京都江東区富岡1-22-29-2F/TEL 03-3641-4134/FAX 03-3641-4125

メディア掲載情報 フジテレビ「みんなのニュース」耐震特集
フジテレビ「みんなのニュース」耐震特集
テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」
テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」
BSジャパン「暮らしの学校」
BSジャパン「暮らしの学校」
新聞・雑誌・書籍でも紹介されました
新聞・雑誌・書籍

東京23区別のリフォーム事例はこちら>>足立区荒川区板橋区江戸川区大田区葛飾区北区江東区品川区渋谷区新宿区杉並区墨田区
世田谷区台東区千代田区中央区豊島区中野区練馬区文京区港区目黒区

facebooktwitterInstagramHouzz
© 2004 EcoReform inc. マンションリフォームはこちら