リフォーム事例 >  築30年の住まいを「家族が集う家」 にリフォーム/完成の様子

家族が集う家のリフォーム 完成の様子をご紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加
築30年の住まいを「家族が集う家」 にリフォーム/完成の様子

O様邸完成の様子をこちらのページでご紹介いたします。

この先、この建物でお暮らしになるのは、O様ご夫妻。
そして、お近くにお住まいのお母様と、既に独立されている息子さんが、よく泊まりに来られるのだそうです。

という、現在のご家族のライフスタイル、O様のご希望、私どもの提案を盛り込んで このようなリフォーム計画を立ました。
そして、工事着工から3ヵ月後、計画通りに出来上がりました!

奥様の念願だった「家族が集えるお住まい」が実現♪
明るいリビングダイニングキッチンをメインとした、繋がりのある空間。
昔からの奥様の念願だった、「家族が集えるお住まい」が実現しました!

リフォーム前の様子と間取り図

以前のO様邸は、階段が家の真ん中に位置しており、食事をされるダイニングキッチンが奥側、テレビなどをご覧になる居間が手前にあって、別々のスペースになっていました。

この間取りが、奥様にとって「家族が集う場所であるリビングが、階段がある為に分断されてしまっている」という長年のお悩みでした。

家事をする立場から考えても、真ん中に階段があるというのは屋内を行き来しずらく、使い勝手の面でも、この階段はちょっと困りものであったようです。

リフォーム後は大きく変わりました!



完成後はこのような間取りです!上のリフォーム前の図面と比べてみてください。

お悩みの種であった階段を左端に移動することで、ご家族がゆったり団欒できるLDKスペースが実現することが出来だだけでなく、玄関や水周りのスペースも今までより使いやすく改善することができたのがお分かりいただけるかと思います。

奥には、以前からO様ご夫妻が用意したいとお考えであった、ご高齢のお母様の為のお部屋も確保いたしました。このお部屋は、トイレやお風呂から近く、階段の上り下りの必要も無い、体の負担がかからない配置になっています。
それでは、広々になったリビングダイニングキッチンから詳しくご紹介!
リフォーム前のダイニングキッチンは北側に位置しており、真ん中に階段があるためスペースもあまり広く取れず、お食事は北側で、普段過ごすのは南側にあった和室で、と、用途が別れてしまっていました。

この度、階段を移動したことで、ダイニングキッチン+リビングを南側の日当たりの良い位置に配置することが出来て、ゆったりしたスペースになりました。まさに「団欒」の為のスペースです。

和風だったインテリアは、無垢のフローリングを貼った、ナチュラルで明るい洋間に様変わりです。

★奥様待望の対面キッチンが実現

階段が移動したことで、奥様のご希望通りキッチンが中心になり、対面キッチンスタイルになりました。
▼下でキッチンの詳しい紹介を掲載していますので併せてご覧ください

★構造補強とプライバシーのために窓を縮小・・・でも明るい空間です!

今回のリフォームは、耐震補強が大きな目的の一つであった為、表に面した窓を少し狭めて、耐力壁を立てています。
>>O様邸の補強工事の様子はこちら

向かって左側の窓も、位置が高くなりタテ幅が細くなっています。
以前は、かなり大きな窓ではあったのですが、開けていると玄関を訪ねてきた人から丸見えになってしまうので、結局あまり開けるができなかったそうです。

そこで、リフォーム後は窓の位置を外からは見えない高い位置に変更しています。

構造的な安全、プライバシーの確保、どちらも、快適に過ごす為には必要な要素ですよね。
結果的に二箇所の窓を縮小してはいるのですが、ナチュラルで明るい自然素材の内装にしていますので、結果的に完成後の方が明るく見える空間に仕上がりました。

★女性は嬉しいニッチ(飾り棚)が空間のおしゃれなアクセントに♪

壁の厚みや、角の部分を利用して、ちょっとした小物が置けるニッチ(飾り棚)を3箇所、設けました。

写真のように、植物を飾っても素敵ですし、玄関に近いニッチには毎日使うカギなどを置いても便利ですよ。

ニッチは今までのリフォーム工事でもよく設置させていただいているのですが、毎回、女性のお客様に大好評です!

★ ムービー紹介 ★

O様邸で印象的な幅広のフローリングは、新潟産の「越後杉」です!

O様邸で採用した、ダイナミックな木目が印象的な幅広のフローリングは、新潟産の越後杉です。

O様はご主人が、弓道をされているのですが、道場で使われている床材の印象に近いということで、大変気に入られたのが、こちらの越後杉でした。

このように木目がはっきりした材は好みが分かれるところですが、木の温かみや、自然のものならではの良さというのは、より強く感じることができるように思います。

O様邸も、都心にあるお家でありながら、大自然に癒されているような雰囲気となりました。

こちらのリビングダイニングは、夜の印象もまた素敵なんです!

昼間は、おひさまの光がいっぱいに入って明るく開放的な印象のリビングですが、日が暮れてからの夜の表情もまた素敵なんです。

O様邸では、天井から煌々と照らす照明器具と、くつろぐ為の照明をわけています。

くつろぐ時は、ライティングレールから吊り下げる、優しい光のペンダント照明をメインに、埋め込みのダウンライトや、壁面に取り付けた関節照明で、柔らかく空間を照らしてくれます。

この光の中では、越後杉の木目もより味わい深く見えますね。

★柔らかい明かりで安らぐ♪ご主人のリラックススペース

夜のゆったりした照明を最も楽しめるのは、ご主人かもしれません。

階段下のこのスペースは、ご主人が、愛用のマッサージチェアを置く予定なんです。

リラックススペースにしたい!とのご希望を受けて、階段下の一番奥に、温かみのあるオレンジ色の間接照明を埋め込みました。

上からの明かりを落として、こちらの照明のみでマッサージを使ったら、かなりリラックスできそうですね。

この階段下の照明は、格子の間からリビング側にも漏れて、味わい深い光となってくれます。

こちらのような「低い位置から照らすオレンジの照明」が心を癒す理由は?

夕方から夜にかけては下から照らす事によって 癒しの効果があるといわれています。

なぜならば、人は日の出とともに起きて、日が沈むと寝るという 生活を続けてきました。

低い位置の、そしてオレンジ色の光は 夕日を連想させるので、日が落ちた夜は低い場所に照明をおくと良いとされているのです。
奥様の希望が叶ったキッチンスペース!

リフォーム前のキッチンは、北側の端に位置しており、ご家族が居間に行ってしまうと、キッチンに立つ奥様が孤立してしまっていました。

その為、奥様は「キッチンはなるべく真ん中に配置し、リビングと繋がりのあるスペースにしたい」という強いご希望をお持ちでした。

この度のリフォームでは奥様の希望がついに叶い、リビングと向かい合う対面キッチンとなりました!
炊事をされながらも、ご家族との団欒ができ、配膳や片付けも随分ラクラクになりました。

★ ムービー紹介 ★

★タカラスタンダードのホーローキッチン

私達エコリフォームがいつも是非にとお客様におすすめしております、タカラスタンダードさんのホーローキッチンをO様邸でも採用いたしました。ホーローはお掃除がラクラク!右写真のように汚れが飛んでしまってもサッと拭くだけで綺麗になります。

キッチン周りの壁面も、このホーローを使ったパネルを貼っておりますので、調理の際に水や油がはねても安心です。

★キッチン周りなので、床には水濡れに強い自然素材のコルクタイルを採用しました

キッチン周りは、水濡れしやすい箇所ですから、床には無垢フローリングではなく、コルクタイルを張っています。

コルクは水濡れに強く、お掃除もササッとで出来ますので、水周りの床には最適なんですよ。

★調理スペースの便利なニッチ収納

奥の壁の厚みを利用して、ニッチ収納もご用意しました。

調味料、キッチン周りで使う器具、キッチンペーパー、ふきんなど、 調理の際に手に取りたいものをあれこれと置けば、非常に便利にお使いいただけるのではないでしょうか。

背面には造りつけの収納と、以前からお使いのキッチン収納が設置できるスペースを設けました。

無垢パイン(松)の集成材を使って造作したキッチンカウンターです。二段になっており、上は、キッチンで出来た物を配膳する為のスペース、下には、テーブル周りのこまごましたものを置けるように考えられております。
移動した階段は、インテリアとしてもとっても素敵に仕上がりました。

★ ムービー紹介 ★

★ 抜けない柱を利用した和モダン格子

階段とリビングを仕切るこの部分、端の太い部分は、構造上抜いてはいけない柱なんです。
この柱を上手く目立たなくするために、木の格子を造作しました。壁を立ててしまうよりも、階段とリビングに繋がりを感じますし、インテリアとしても格好いいアクセントになりました。

★ 味わいのある素材を使う

リビングの越後杉に合わせて、階段の段板には杉の集成材、滑り止めの部分にはチーク材を使い、味わいのある印象に仕上げました。

★ リビングと階段がオープンになっていても寒さはありません!

リビング内に階段があるお宅でよく聞く「困りごと」は、オープンな為に、冬に寒くなってしまうということなんです。

でもO様邸は、この度のリフォームでしっかりと住まい全体を断熱していますので、リビング内階段でも問題なく、冬も暖かく過ごせます!

★ 位置が変わっただけでなく、傾斜もかなりゆるやかになり安全になりました。


階段自体が占める面積も以前よりゆったりと取る事ができ、傾斜はゆるやか、踏面(上り下りの際に足を置く面)も広めに取られ、上り下りがしやすくなっています。

勿論、手すりも設置されています!

玄関は、ゆったりスタイリッシュ!

★ ムービー紹介 ★

玄関も、大きく生まれ変わりました。
リフォーム前、玄関と近接していたトイレの位置を移動したので、その分玄関スペースに奥行きが取れるようになったのです。 その奥行きを生かして、大容量のクローゼットを設置いたしました!

内装にはリビングと同じく、無垢のフローリングや、無垢の建具を使って、ナチュラルな雰囲気です。家に帰って玄関扉を開けた時に「ほっ」とでき、疲れを癒してくれます。

玄関は大きな動作を行う箇所ですから、手すりも設置されました。
収納スペースは二箇所。入って左手には普段使いの履物を仕舞う棚、奥に、季節の履物や玄関周りのものがゆったりと仕舞えるクローゼットスペースが設けられました。

★奥のクローゼットは大容量!

奥の引き戸の向こうは、広々としたクロークになっています。

横幅は120センチ。奥行きは65センチ(うち棚板25センチ)あって、写真のように人が中に入って物を出し入れしやすいゆったりサイズです。

夏のミュールや冬にブーツといった季節の履物はもちろん、コートやストック品、家の中で使うお掃除用具等々、様々なものがこちらに収納可能です。

★土間には毎日の靴の出し入れがしやすいオープン収納を

入ってすぐ左手にある、普段使いの履物を仕舞う収納。 こちら、出し入れのしやすさを重視し、あえてオープンなスタイルにされました。

玄関周りは雑多なものを置いたりする為、オープンではない収納が主流ですが、 O様邸では奥に広い収納を設けましたので、こちらには必要最小限のものを仕舞って スッキリとオープンにお使いできます。

逆側には、スリッパフォルダーも取り付けられています。収納にくっついて設置すれば 別にスリッパフォルダーを用意しなくても良いので、玄関がより広く使えますよね。

★コートもかけられます

こちら、折りたたみタイプのフックです。
こちらを使って、毎日着る上着やコートなどを掛けておけばとても便利です。慌しい朝の時間の短縮にもなりますよね。

★玄関クローゼットは、照明にも注目なんです!


こちらの玄関クローゼットは、照明がちょっとおしゃれなんです。
天井から照らす通常の照明ではなく、壁面にリボンのように設置している間接照明です。

この照明、クローゼット内の照明という役割だけでなく、点灯したまま引き戸を閉めると上の写真のように、 玄関側もゆるく照らしてくれるようになっているのがポイント!

ここは、玄関とクロークの間の壁の上に少し隙間を開け、あえてこのような演出をしました。

夜の遅い時間など、玄関であまり煌々とした光を使いたくない時に、この照明をとても有効に使っていただけるのではないかと思います。
1階奥の静かなスペースには、お母様がゆったり過ごせるお部屋を
お母様がいらっしゃった際に泊まっていただくためのお部屋を1階に設けました。
大きな窓の外のお庭が眺められる、落ち着いた個室です。

また、このお部屋からはトイレが近く、身体の負担が無いのもポイントです。
無駄スペースが無くなり使いやすくなった洗面脱衣室
洗面脱衣室では、脱衣、歯磨き、洗顔、洗濯と、沢山のことが行われるスペースなのですが、リフォーム前の洗面脱衣室は、形状が細長かったため、導線があまり良くなく、無駄なスペースも生じてしまっていました。

スペースの形状を変え、洗面台や洗濯機置き場も効率よく使える配置にすることで、以前よりもずっと使いやすいスペースとなりました。

★幅がゆったりし、床は水に強いコルクに


リフォーム前に比べると、幅が広がったのがおわかりいただけますでしょうか。以前よりもとてもゆったりと使えるようになりました。

床は、水に濡れても痛みにくい自然素材のコルクタイルです。更にソフトな足ざわりで、洗面台には最適。おすすめですよ。

★洗面台もタカラ!


新しい洗面台、こちらもタカラスタンダードさんのホーロー製品を採用しました。汚れがちな洗面ボウルも、ホーローならお掃除ラクラクです。
洗面台周りの細かいものをスッキリ仕舞えるスライドポケットも付いてます。
温かく、通風も良くなったお風呂。
お風呂も、20年使用してきたものから、新しいユニットに交換です。
新しいお風呂には、断熱性能に優れたタカラスタンダードさんのお風呂を設置。

同時に、今までは無かった窓も設置して、風通しも良くなりました。
トイレの位置は大きく変わり、水周りが1つにまとまりました。

リフォーム前のトイレは、他の水周りスペースから離れた箇所にありましたが、今回、1箇所にまとめ、行き来しやすく、お掃除もしやすくなりました。

また、以前はトイレが玄関側にあった為に、玄関スペースが少し変わった形になってしまっていたのですが、この度の移設で、玄関も大きく改善することができ、こちらも大きなメリットになりました。
1階に続き、2階の完成の様子も紹介いたします!
1階に続き、2階の完成の様子も拝見させていただきます!
導線が良くなり、床や壁の素材はオール自然素材!ナチュラルなインテリアイメージの空間です!

2階リフォーム前の間取り

リフォーム前の2階フロアです。やはり真ん中に階段があった関係で、導線が遮られていました。
3つのスペースの行き来をするのには、大回りをしなければならずお掃除の際はちょっと大変でした。

また、踊り場が小さく、大型家具の出し入れも できなかったそうです。

2階リフォーム後の間取り

大きな間取りの変更はないものの、階段の位置が真ん中から角に移ることで、3つのお部屋の行き来がスムーズになってお掃除の効率アップ!
更に、踊り場スペースにゆとりが出来、長年のお悩みだった2階の大型家具の出し入れも可能になりました。
寝室は、ナチュラルな快適素材に囲まれた洋室に

リフォーム前に比べて、とても明るくナチュラルな印象になった主寝室です。

床には1階と同じく、幅広の越後杉無垢フローリングを張り、天然オイルで仕上げました。
自然の木目の温かい風合いは、心を落ち着けてくれますし、木には調湿の作用もありますので、お部屋の空気を快適に保ちます。

更に!壁にも、調湿、撥水の機能を持たせた和紙の壁紙クロス「玉紙」を使用し、調湿性が更にUPです。
寝室としては、最適の環境になりました。

>>無垢材の良さについて詳しくはこちら
>>玉紙について詳しくはこちら


無垢の調湿作用を求める方にはオイル仕上げが断然オススメ!

無垢のような天然の木が持つ調湿の性能を、充分に発揮してもらいたい場合、仕上げには天然のオイルを使わなくてはなりません。

★無垢の「仕上げ」とは?

無垢の木材を使った場合、後から木が反ったり割れたりするのを防ぐために、表面を塗装で仕上げる必要があり、その方法には大きく分けて、オイル仕上げとウレタン仕上げの二種類があります。

表面に撥水性を持たせるには、ウレタン塗装仕上げの方が良いのですが、 ウレタンだと木の表面がコーティングされてしまうため、調湿しにくくなってしまうのです。
木は、フローリングとして加工された後でも、梅雨や夏の季節は湿気を内部に吸い込み、逆に冬の乾燥している季節は湿気を吐き出してくれるという性能を持ちます。

つまりそれが「調湿」なのですが、表面がコーティングで覆われてしまうと、その機能が損なわれてしまうという訳なのです。

天然のオイルだと、木の反りを防いでくれながらも表面がコーティングされませんので、調湿性能を重視される方、木の触り心地を楽しみたい方には、オススメです。

ただ、撥水性という点ではウレタンに劣りますので、その方の暮らし方やお部屋の用途によって、仕上げを選ばれると良いのではないかと思います。

O様邸では、せっかくの越後杉の良さを存分に生かすために、オイル仕上げといたしました。特に寝室では、その優れた機能を発揮し快適にお過ごしいただけることと思います。

★オリジナルテレビボード!ベッドに転がってテレビや映画鑑賞♪

こちらには、幅と奥行きがスペースぴったりのテレビボードを造作しました。
一日の終わり、ベッドに寝転がってテレビを見るリラックスタイム、羨ましいですね。

レコードセットもこちらに置かれるということで、高さはお持ちのLPレコードのサイズに合わせてあります。

★窓の外のベランダへの出入りがしやすくなりました

こちらの寝室は、洗濯物やお布団を干す為のベランダへの出入り口でもあります。

リフォーム前は、お部屋とベランダの間に大きな段差(またぎ)がありましたが、リフォーム後は、段差をかなり小さくすることができました。

★とっても便利な「ホスクリーン」を設置

ホスクリーンとは、写真のように物干しを引っ掛ける事ができる器具のことで、乾ききらなかった時や室内干しをしたい時にとても便利なアイテムです。

O様邸では、ベランダに出る窓の近くに設置し、便利に使えるようにいたしました。

※ホスクリーンは、戸建ての場合は天井の下地がある箇所に取り付ける必要があります。洗濯物は重量がある為、支えがある場所に取り付けないと抜けてしまうのです。
その為、どこにでも付けられる訳ではありません。設置希望の際はご注意を!
収納充実!出入りもラクになったご主人様の書斎

ご主人は読書をされたり、書き物をされる書斎です。

この書斎、以前は、寝室からしか入室できませんでしたが、この度のリフォームで階段が移動できた為、踊り場側にも出入り口を設ける事ができました。

お掃除をする時や、物を運び入れる時など、随分とラクになりましたよ。

内装は他のお部屋と同じく、床には越後杉、壁には和紙、無垢の建具を使用し、ほっとする雰囲気に仕上がりました。

★収納を造り付けることでウォークインクローゼットとしての機能も付加


以前は、収納スペースが無いお部屋でした。

リフォーム後は天井まであって幅も広い本棚は勿論、洋服をかけられる収納もたっぷりと設け、書斎だけではなくウォークインクローゼットとしての機能も持つスペースとなりました。

★床にあわせて杉材で造作したオリジナルデスク!

こちらのデスクは、国産杉材のJパネルで造作したものです。

Jパネルは、木を育てる上で必要な「間伐」で出た木材を貼り合わせて造作したパネルで、非常に丈夫で品質も確かな事から、私達は10年以上前から使っています。家具の造作にも適しており、O様邸ではこちらのデスクや、階段の段板に使用しました。

>>Jパネルについて詳しくはこちら

ダイナミックな木目は床の越後杉とピッタリ合っていて、とっても素敵ですし、床と同じくオイル塗装仕上げなので、机の上に手を置いた時の感触がとても気持ち良く、毎日快適にお使いいただけそうですよ。
ゆとりが出来た2階踊り場とトイレ

階段を移動したことで、2階の踊り場も以前よりゆったり取ることができるようになりました。
以前は、大型の家具を搬入するのには、狭いスペースの中で180度回転させて搬入しなければならず、とても大変で、物によっては入らないものもあったそうですが、今後は出し入れがしやすくなると思います。

トイレも少しスペースを広げ、手すりも設置できて使いやすくなりました!
息子さんのお部屋

以前からお子さん方のお部屋として使われていたこちらのお部屋。
既にお子さん方は独立されてはいますが、帰省された時の為に快適に使えるようにと、 綺麗にされました。


こちらは、主寝室とはちょっとイメージを変えて、床をコルクタイルにしました。
コルクは、水濡れに強いために水周りによく使われますが、足触りがソフトで柔らかいので居室に使ってもとても快適な素材なんです。
収納もリニューアル。
左側にはクローゼット丈の長いコートやスラックスなどもかけられるようになっており、 右側は押入れ仕様になっています。
最後に外部の様子を!
この度のリフォームでは、耐震補強のために外壁にも大きく手を入れましたので、 必然的に、化粧である塗装をやり直しすることになりました。
全体的にワントーン明るくなり、清潔な印象になりました!

また、よく比べていただくと、窓周りが随分スッキリしたのがおわかりになるかと思います。

以前は各窓に雨戸の戸袋が付いていました。今回のリフォームでシャッタータイプ雨戸にした他、断熱と防犯性の高い窓を採用して、2階側面の小さい窓の雨戸を省いたので、とてもすっきりしたんです。


エコリフォームさんは不思議な会社です。 まるで家族の家を作るように、お客の家を作ってくれます。

リフォームの間、大変だったけど楽しかった。家が出来上がって、ほっとしたと同時に、もう千葉さんや塩谷さんと会えなくなるんだと思うとすごく寂しい気持ちになったのを覚えています。それは、我が家の家族みんなの感想です。

いい家を有難うございました。これからも、家族みんなで大事に使っていきます。お近くに来ることがありましたら、ぜひお寄り下さい。お待ちしています。

【ありがとうございました!/リフォームアドバイザー 塩谷理枝より】

私が申すのもなんですが、とても素敵で心地よい空間が完成いたしました。

ご夫妻には、お打ち合わせのお時間をたくさんいただきました。 そして、奥様には、リフォームの事だけではなく、たくさんのお話しを伺いました。 ご夫婦の事、子育て中のこと、お姑さんへのお心遣いなど、どれも勉強になることばかりでした。 そして、なによりこちらのご家族とお話しをしていると楽しくて、元気になったことを思い出します。

お打合せから工事中と、いつも私どもへお心遣いをいただきありがとうございました。

今回の大規模なリフォームは、ご家族の今のご生活、そして将来をお客様自信が十分に お考えになった上でのご計画だったように思います。 色々な場面で、見習わせていただきたいことがたくさんございました。

私どもをご信頼いただき、大きなリフォームをお任せくださったことに心から感謝いたします。
これからも末永くよろしくお願いいたします、また、元気をいただきにお邪魔させてください!

【ありがとうございました!/インテリアコーディネーター 千葉容子より】

O様からお問合せを頂き、初めてお会いしてから、完成までは約1年の お付き合いを頂き、お家のご要望やご家族の事など 沢山お話をさせて頂きました。

リフォーム中は、私共がご提供してる仮住いに 一時お引越しされ、事務所から近くということもあり、 毎日のようにお会いしたりお電話させて頂いたような 気がします。終わってしまって少し寂しい気持ちです。

とっても仲の良いご家族で、お互いを思いやりながら 家を造っていくとこんなにも温かい空間になるのだな~ と感じました。

リフォーム後にお邪魔すると季節ごとに飾る小物が 変わっていたり、自然素材をメリットデメリットを よくご理解頂いて、丁寧に手を入れながら楽しく 暮している様子を拝見してとても嬉しくなります。

O様ご家族が快適に楽しく過ごせる空間作りのお手伝い をさせていただきました事に心から感謝致します。 今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

【ありがとうございました!/施工責任者 塩谷敏雄より】

O様邸のリフォームでは、屋根のエコリフォーム式の遮熱仕様や、床断熱として使用したバウビオ(O様が採用された床材の杉ととても相性が良い素材なのです!)、昼夜それぞれの空間の使い方を考えた照明計画など、私どもとしても様々な試みを行なわせていただき、とても印象深い工事となりました。

O様は、とても仲の良いご家族で、打ち合わせでお会いすると、いつも明るい「気」をいただけたような気がしております。 そんな明るいO様ご一家がいつまでも、健やかに暮らしていただければと思います。

今後も何かありましたらいつでもお申し付けください。この度はありがとうございました。




荒川区で行った他の事例




フリーダイヤル0120-292-575

メール:info@eco-reform.com

営業時間 9:00~19:00(日曜・祝日定休)
お問い合わせフォーム 東京23区完全対応いたします

株式会社エコリフォーム 東京都江東区富岡1-22-29-2F/TEL 03-3641-4134/FAX 03-3641-4125

メディア掲載情報 フジテレビ「みんなのニュース」耐震特集
フジテレビ「みんなのニュース」耐震特集
テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」
テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」
BSジャパン「暮らしの学校」
BSジャパン「暮らしの学校」
新聞・雑誌・書籍でも紹介されました
新聞・雑誌・書籍

東京23区別のリフォーム事例はこちら>>足立区荒川区板橋区江戸川区大田区葛飾区北区江東区品川区渋谷区新宿区杉並区墨田区
世田谷区台東区千代田区中央区豊島区中野区練馬区文京区港区目黒区

facebooktwitterInstagramHouzz
© 2004 EcoReform inc. マンションリフォームはこちら