リフォーム事例 >  スケルトンリフォーム >  ご夫婦お二人で始める 安心快適な新生活

ご夫婦お二人の安心快適なリフォーム

このエントリーをはてなブックマークに追加
ご夫婦お二人で始める 安心快適な新生活

ご夫婦お二人で始める 安心快適な新生活 東京都文京区・N様邸

リフォーム前は千葉県にお住まいだったN様。
ご両親から譲り受けた文京区のお家をリフォームして、東京でご夫婦の新生活を始めたいとご相談いただきました。

ご夫婦お二人が、安心快適に暮らせる家を目指して、リフォーム計画のスタートです。

ハウスデータ

東京都文京区・N様邸 リフォーム前
築年数42年
床面積1階47m2・2階40m2
構造木造2階建て住宅
内容1階・2階のフルスケルトンリフォーム
地域東京都文京区
東京大学 本郷キャンパスの「赤門」

文京区 エリア情報

N様邸は下町の魅力あふれる谷根千(谷中・根津・千駄木)からほど近い、閑静な住宅街にあります。
「文京」の名の通り、東京大学、お茶の水女子大学をはじめとした教育機関が多い文京区。順天堂大学病院や東京医科歯科大学病院など大きな病院も近く、安心して暮らせる街です。

現地調査・ご要望のヒアリング

現地調査

まずは現地調査です。
現在の建物の状態は、プラン作成にも大きく関わってきます。敷地の形状や周囲の道路も、リフォームをする際の制約になることがあるため、しっかり調査させていただきます。

リフォームを予定されている文京区のお宅は、築40年の建物ですが、大事に住まわれていた様子が感じられます。
周囲を調査した結果、敷地に特殊な傾斜があることがわかりました。

以前は洋裁店を営まれていたということで、道路のある南側に面した玄関スペースが通常より広いのが特徴です。
また、玄関までの階段が急なうえ、室内にも段差がありました。
現地調査
お部屋の明るさや収納の量を確認しました。

現地調査
塀までの距離や柱の太さを測ってチェック。

ご要望のヒアリング

作成したプランをご覧いただきながら、N様ご夫婦のご要望を詳しくうかがいました。
ご夫婦それぞれのご要望を実現できるように手直しして、プラン完成に近づけていきます。
N様ご夫婦のご要望

1安心して暮らせる家

  • 段差をなくしてバリアフリー化したい。
  • 玄関の他に、もう一つの避難経路として勝手口を設けたい。
  • キッチンはコンパクトで動きやすいものがいい。
  • 階段はゆるやかにする。
  • もちろん耐震もしっかりと。
安心して暮らせる家

2家族がそれぞれ快適に過ごせる家

  • 窓の配置を工夫して、風通しをよくしたい。
  • 食後などはご夫婦別々に過ごすことも多いので、それぞれの部屋がほしい。
  • 息子さんご家族や娘さんご家族が帰省したとき、泊まれるようにしたい。
家族がそれぞれ快適に過ごせる家

3南向きスペースの有効活用

  • 一番明るい南側に、家族が集まるリビングダイニングを設けたい。
  • リビングに階段からの光を取り込みたい。
  • 窓の位置は変えずに部屋の明るさを保ち、収納は窓がない方向に配置したい。
  • 広い玄関スペースを有効に活用したい。
南向きスペースの有効活用

リフォームプラン決定

リフォームプラン 1F
お庭の緑が映える広々とした空間で、ゆったりとお過ごしいただけます。

キッチン
キッチンは位置を変え、お庭を眺めながら料理ができる対面式に。IHクッキングヒーターで安全性もアップしました。
水まわり
水まわりは北側に集めて配置。施錠したまま通風できる勝手口から、キッチンへ風が抜けていきます。
リビング・ダイニング
お庭に面したリビング・ダイニングには、高い窓から自然の光がさんさんと入ります。床にはカバ桜の無垢フローリングを採用。
階段
今まで急だった階段はゆるやかに。中ほどに設けた窓から光と風を取り込みます。
玄関
玄関の位置を変えることで、道路から玄関までの上りがゆるやかに。間仕切りがないので、明るさと広がりを感じられます。
書斎
玄関だった明るいスペースは書斎に大変身!日差しが降り注ぐ窓に向かってカウンターを造りつけます。
リフォームプラン1F・お庭の緑が映える広々とした空間で、ゆったりとお過ごしいただけます。
1F BEFORE図面 リフォーム前の1階はこのようになっていました。

洋室と和室の間に仕切りがあり、南からの光が部屋の奥まで届きにくくなっています。
キッチンもやや暗く、北側にあるお風呂は寒かったとのこと。
1階リビングの使用イメージ

リフォームプラン 2F
寝室として、第2のリビングとして、フレキシブルに使えます。

和室
モダンな内装の和室には、北側と西側に窓を設けました。寝室としても書斎としても使える落ち着いたお部屋です。
納戸・トイレ
3畳分の広さがある納戸には、季節物などを収納してスッキリと。2階のトイレは寝室から近いので夜も安心です。
洋室
大きな収納のある洋室には光と風がたっぷり届きます。普段は扉を開けて開放的に。お休みになる時は扉を閉め、寝室として使えます。
第2のリビング
階段の吹き抜けにつながる、明るく開放的な空間です。
第2のリビングとしてくつろいだり、家事をしたり。息子さん・娘さんご家族を迎えるお部屋にもなる、多目的スペースです。
リフォームプラン2F・寝室として、第2のリビングとして、フレキシブルに使えます。
2F BEFORE図面 2階の間取りはこのようになっていました。

ベランダに通じる明るいスペースが階段室になっており、少しもったいない感じです。
和室の窓からはあまり採光が期待できないため、こちらも暗い印象でした。
2階リビングの使用イメージ

住宅模型でよりわかりやすく

N様邸は大規模なスケルトンリフォームでしたので、完成の姿をイメージしやすいよう、住宅模型を製作することになりました。

一部の外壁を除いて真っ白な住宅模型です。敷地に高低差があることもわかりやすいですね。N様にもわかりやすいと好評でした。
住宅模型
住宅模型
住宅模型
住宅模型

※住宅模型は住宅白模型屋テコさんに製作していただいたものです。 住宅白模型屋テコ


耐震・断熱プラン

耐震補強計画

リフォーム前の評点は約0.26。「一応倒壊しない」とされる評点1.0を大きく下回っていました。
窓や扉などの開口部は、壁と異なり、地震に耐える力がほとんどありません。特に建物の南側は窓が大きく取られていたこともあり、弱い状態でした。

そこで外壁に耐震金具の取り付けなどの補強を行い、1・2階あわせて20本以上の柱を追加する工事計画で、評点1.8を達成。
「倒壊しない」とされる評点1.5を上回り、地震に強い家に生まれ変わります!
1階 耐震工事図面
2階 耐震工事図面
地震に強い家に生まれ変わります!
N様ご夫婦のご要望に合わせてご提案したプランですが、このプランを実現するには数々の柱の撤去、梁の補強が必要でした。

実際に工事をしてみると、想定したプランと現場の状況が異なることもあります。梁を架け替える際も、現場で大工と相談しながら、無理がなく十分な補強となるように施工しました。

これまで数々のリフォームを手がけてきた経験があるからこそ、現場の状況に合わせて臨機応変な対応ができると自負しています。

施工責任者/一級建築士 塩谷敏雄

施工責任者/一級建築士 塩谷敏雄

屋根の葺き替え

屋根瓦を下ろし、軽量なアスファルトシングルに吹き替えます。屋根を軽くすることで揺れに強くなり、耐震性能が向上します。
また、二重屋根構造にして、屋根の内部に空気の通り道を設けます。夏の太陽に熱せられた空気や湿気が抜けていくことで、遮熱・断熱効果が高まるのです。

リフォーム後も安心してお暮らしいただけるよう、あわせて屋根下地の点検と補修も行います。

アスファルトシングルについて
二重屋根構造

断熱計画

天井・壁にはパーフェクトバリアを採用。

ペットボトルから再生されたエコな断熱材で、長期に渡って高い断熱性を発揮します。

パーフェクトバリアについて
パーフェクトバリア
1階床下の冷気はフクフォームecoでシャットアウト。

こちらも古紙などから再生されたエコな床用断熱材。
長持ちするうえ、CO2削減にも貢献します。

フクフォームecoについて
フクフォームeco
玄関ドア・窓サッシはペアガラス(複層ガラス)に交換します。

ペアガラスは断熱効果が高いため冷暖房効率が良くなるほか、結露対策にもなります。

ペアガラスについて
ペアガラス(複層ガラス)
リフォームプラン決定となりました
この後、いくつかの小さな変更を経て、リフォームプラン決定となりました。
N様ご夫婦も、お決めいただくことがたくさんあり、お時間がかかったことと思います。
ありがとうございました!

リフォーム工事:解体・基礎工事・補強工事

家に残されていた物をきれいに片づけていただき、いよいよN様邸スケルトンリフォームの工事が始まります!
まずは、建物を解体して基礎を造りなおし、補強工事を行います。

解体

解体
工事のために撤去する玄関前の木。建築士の塩谷がお清めをして、伐採しました。
解体
解体工事が始まりました。大工が丁寧に解体していきます。
解体
1階にはしっかりした太い梁がかかっていました。
解体
2階は光がたっぷりの明るいスペースです。
解体
2階の階段を上がったところ。きれいに組まれた屋根裏と柱、梁が見えています。

屋根裏に幣串を発見

幣串
解体して現れたのが「幣串(へいぐし)」。棟上式の後に家内安全を祈念して屋根裏に納められるものです。
40年以上もこの家を守ってきてくれたんですね。

基礎工事

基礎工事
土の上に、湿気を遮るための防湿シートを敷き詰め、鉄筋を並べていきます。
基礎工事
並べた鉄筋を一定間隔でつなぎ、配筋が完了です。
基礎工事
配筋の上に、ポンプで生コンを流し込みます。
基礎工事
流し込んだ生コンをならして、基礎が綺麗に仕上がりました。

シロアリ被害が見つかりました

シロアリ被害
お風呂の壁や玄関の柱、土台の一部などにシロアリ被害が見つかりました。
シロアリ被害のあった部分は強度がほとんど無いので、交換または補強する必要があります。玄関部分は柱の入れ替えを行い、新築同様の状態に。
体に害のない薬液でしっかり防蟻処理も行いましたので、ご安心ください。
シロアリ被害
シロアリ被害

補強工事

補強工事
柱を抜く部分に梁をかけ、別の柱で支えられるように補強します。
補強工事
梁と柱をしっかりつなぐのが「レンコン金物」。リフォーム専用の金物です。
補強工事
かなり丈夫になってきましたよ。

柱や梁が「あらわし」となります

木造住宅で、柱や梁が見える状態で仕上げることを「あらわし」と言います。

N様邸でも柱や梁があらわしとなるため、補強の柱と梁の配置計画には特に気を配りました。
あらわしの柱や梁
補強工事
1階には、地震の横揺れに強い「火打ち金物」を設置。
補強工事
1階床は置き床工法。冷気が上がらないよう、断熱材を貼ってあります。
補強工事
基礎と断熱材の間を風が通るので、湿気がたまりません。
補強工事
2階の床下地も劣化していたので、交換して新しくしました。

リフォーム工事:屋根・外壁・ベランダ

屋根や外壁など、建物外側の工事の様子をご紹介します。

屋根工事

屋根工事
リフォーム前はセメント瓦でした。こちらは降ろしていきます。
屋根工事
既存の防水紙も撤去して、新しい防水紙を貼りなおします。
屋根工事
防水紙の上に空気層を作り、下地材を貼っていきます。
屋根工事
アスファルトシングルの屋根材を貼って仕上げます。
屋根工事
屋根の上についているのが棟換気口。空気の通り道になります。

外壁工事

外壁工事
補強した箇所の外壁はこんな感じ。ほとんど新築のようです。
外壁工事
お隣と近い方の外壁には下塗り材を塗ります。狭い場所で慎重に作業します。
外壁工事
外壁が仕上がりました。一部を淡い黄色にしてアクセントにしています。
外壁工事
こちらの面は塗り壁に。すごくいい雰囲気になりました。
外壁工事
雨どいは金属製なので、劣化して割れることはありません。

ベランダ工事

ベランダ工事
かなり劣化していたベランダにも補強を加え、透湿・防水シートを貼ります。
ベランダ工事
ベランダを上から見たところ。床の下地も新しくして、防水加工します。
ベランダ工事
ベランダ壁面です。透湿・防水シートの上に耐水性の下地を貼っています。
ベランダ工事
下地ができたら、外壁と同じ塗料で塗装します。
ベランダ工事
壁の上には笠木(かさぎ)を設置。N様邸にぴったり合わせて造りました。

リフォーム工事:断熱・内装工事

室内の断熱工事の様子と、仕上げに向けた内装工事のご紹介です。
内部ができてくると、完成形が見えてきて楽しみですね。

断熱工事

断熱工事
壁の間に断熱材(パーフェクトバリア)を貼っていきます。
断熱工事
断熱材をしっかり貼ってから、構造用合板で壁を閉じました。
断熱工事
天井にも断熱材を貼っていきます。
断熱工事
1階の天井に断熱材が入りました。ふかふかの布団みたいですね。
断熱工事
2階の壁・天井もしっかり断熱。部屋全体が断熱材でくるまれているイメージです。

1F内装工事

1F内装工事
床は無垢のカバ桜です。夏場は無垢材が膨張するので、間に紙を挟んでいます。
1F内装工事
あらわしになる柱を綺麗に磨いているところです。
1F内装工事
キッチンのカウンターを造っていきます。
1F内装工事
キッチンの背面収納まで完成しました。
1F内装工事
階段下の収納も造っていきます。右側は格子になる部分です。
1F内装工事
玄関の収納と、書斎スペースのカウンターもできました。

書斎のカウンターには蜜蝋ワックスを

書斎のカウンターはパインの集成材で造りました。

オイルを染み込ませてしっとりとさせた後、蜜蝋ワックスを塗ります。
オイルもワックスも自然な素材のため天然木との相性がよく、何より手触りがツルツルになるのです。
ワックスを塗ると汚れがつきにくい効果もありますよ。

2F内装工事

2F内装工事
2階洋室にある、あらわしの梁。お部屋に馴染むように塗装します。
2F内装工事
第2のリビングもできてきました。収納とお仏壇のスペースです。
2F内装工事
畳が入る前の和室の様子。窓から柔らかな光が射しこみます。
2F内装工事
クロスを貼る準備中。石膏ボードの表面を平らにならしていきます。
2F内装工事
クロスもきれいに貼れました。こちらは天然素材のクロス、オガファーザーです。
2F内装工事
床にはオイルを塗って完成。とっても綺麗な木目です。

階段に巾木をつけます

階段部分につける巾木(はばき)。14段ある踏み板の左右に、1枚1枚ぴったりにして収めます。
それほど目につくところではありませんが、細かな細工が必要な箇所です。
階段の巾木

リフォーム中のご対応

ショールームへご一緒したり、工事の進捗をご確認いただいたり、追加で決めることがあったり。リフォーム工事中は、N様ご家族に何度もご足労いただき、ありがとうございました!
ご対応時の様子を少しだけご紹介いたします。

コーディネーターが同行してショールームへ

ショールーム
ユニットバスを決めるためTOTOへ。ミニチュアサンプルで色を選べます。
ショールーム
「エアインシャワー」を体感。使い心地そのままで35%節水とは驚きですね。
ショールーム
キッチンを選ぶためLIXILへ。キッチン収納も格段に使いやすくなりますよ。
ショールーム
収納の高さを実際に見てチェック中。
ショールーム
IHの機能やシンクの大きさなどもご確認いただきました。

お打ち合わせの様子

お打ち合わせの様子
建築士の塩谷が解体後の建物の状態をご説明しています。
お打ち合わせの様子
こちらは補強の様子をご説明しているところ。
お打ち合わせの様子
見えなくなる前に、中の様子をしっかりご確認いただきます。
お打ち合わせの様子
外壁やタイルの色なども決めていただきました。
お打ち合わせの様子
内装もできてきたところで、収納をご確認いただいています。
お打ち合わせの様子
電気もついて完成間近です!

お客様ブログも活用

工事の経過やお打ち合わせの様子は、N様専用のお客様ブログ(パスワード制)でご報告しています。

解体前の様子をご紹介した記事には、海外在住の息子さんからも
「小さい頃からの思い出が沢山詰まった家ですので、本当に胸が一杯になっています」
とコメントをいただきました。海外からも見守っていただけるとは心強いですね。

N様も、ちょっとした疑問や感想などをお気軽にコメントくださって、大いに活用されていました。ご活用いただき、どうもありがとうございます。
お客様ブログ


プランニングから長期間の工事を経て、N様邸のリフォームが完成しました!
いよいよお引渡しとなります。
【完成の様子はこちらから】


フリーダイヤル0120-292-575

メール:info@eco-reform.com

営業時間 9:00~20:00(日曜・祝日定休)
お問い合わせフォーム 東京23区完全対応いたします

株式会社エコリフォーム 東京都江東区富岡1-22-29-2F/TEL 03-3641-4134/FAX 03-3641-4125

メディア掲載情報 フジテレビ「みんなのニュース」耐震特集
フジテレビ「みんなのニュース」耐震特集
テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」
テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」
BSジャパン「暮らしの学校」
BSジャパン「暮らしの学校」
新聞・雑誌・書籍でも紹介されました
新聞・雑誌・書籍

東京23区別のリフォーム事例はこちら>>足立区荒川区板橋区江戸川区大田区葛飾区北区江東区品川区渋谷区新宿区杉並区墨田区
世田谷区台東区千代田区中央区豊島区中野区練馬区文京区港区目黒区

facebooktwitterInstagramHouzz
© 2004 EcoReform inc. マンションリフォームはこちら