TOP > リフォーム事例  > ワンフロアのリフォーム > 耐震リフォームでご夫婦が安心して暮らせる空間の事例

耐震性を考慮しながら壁を撤去した、耐震強度を高めるデザイン性のあるリフォームです。
江東区 M様邸・築20年 ご自宅ビルの一部

■ハウスデータ
規模:賃貸部分の一室
地域:江東区
素材:床 無垢フローリング(樺)、壁・天井 エコクロス(洋間)・珪藻土(和室)、洗面・トイレ コルクタイル仕上げ、収納・テーブル オリジナルで造り付け

リフォーム
アドバイザー
塩谷 理枝
こちらのお客様は、今回のリフォームで、以前お暮らしの居住スペースより新しいお住まいが狭くなってしまいます。
限られたスペースで、ご夫婦がいかに機能的に、安心してお暮らし頂けるかを考え、空間をご提案した事例のご紹介です。

建物の構造に考慮した耐震リフォームでもあります。間仕切りの壁を撤去する事で、建物が弱くなってしまう事のないよう構造を十分考慮し、むしろ、耐震強度が増すようなプランを実現しております。

日照があまり望めない立地でしたので、室内のインテリアは出来るだけ明るくしました。
更に、居室によって温度差が生じないよう、断熱材を十分に補充。温度のバリアフリー化を行っています。

>耐震リフォームのプランはこちら

リフォーム内容


賃貸として設計された間取りを、間仕切りのない開放的な空間に!
耐震リフォームでもありますので、強度を上げるための施工も行っています。

キッチンとたっぷりの収納

【Before】
【After】
●キッチンスペース
キッチンは、コンパクトながら収納を十分に設け、オープンにする事でいつもご夫婦がお互いの存在を感じることができる空間にしました。
奥様のお好みの、キャベツグリーンのキッチンセットも、とてもかわいらしい雰囲気を創ってくれています。

●オリジナルテーブル
どうしても構造的に取り外せない柱を、化粧丸柱に取替え、オリジナルの丸テーブルを造り付けすることで、インテリアのフォーカルポイントにしました。

●たっぷりのキッチン収納
キッチン収納も、システムキッチンとお揃いの、キャベツグリーンで揃えました。たっぷりとした収納スペースは、たくさんの調味料や食器をしまって頂くことができるので助かりますね!
キッチン収納の奥の部分にも、大きな物も収納頂けるようにと、収納スペースを設けました。

リビングダイニングキッチン

【Before】
【After】
オープンなスペースを実現するために、壁を撤去しました。
耐震強度を保つために、特殊な金物「コボット」を壁の代わりに設置しています。

耐震リフォームについて


▲構造の確認作業
間取りの変更を行う為、床・壁・天井を全て撤去し、構造体の確認作業を行いました。現況の構造状態を把握し、耐震性が損なわれないように、念入りに一級建築士と計画をしていきます。

▲梁を鉄骨に交換
オープンな間取りに変更されるこちらのお宅は、間仕切り壁を撤去します。耐震性と強度を考慮し、梁を強固な鉄骨に入れ替えることになりました(赤い部分が鉄骨部)。

▲天井の下地施工
柱や梁を補強し交換した為、天井は全て下地から施工し直しました。リフォームが完成してしまうと、隠れてしまう構造部分は建物の寿命には非常に重要な箇所です。構造を十分把握した職人さんが、補強作業をすすめていきます。

▲断熱材
床・壁・天井、全てに断熱材を入れました。冬は暖かく・夏は涼しく過ごして頂く事ができる空間になります。

耐震リフォームに使用した「コボット」

コボットは、4隅にセットし、たすきがけにステンロッドで結ぶという形で設置するものです。
この特殊金物のコボットは、 木造軸組の耐力壁において、建築基準法の性能評価テストで、壁倍率「2.4」という高いデータを得て、「国土交通省」で大臣認定されています。

>コボットについて

浴室・洗面・トイレ

●浴室
賃貸だったこちらの住宅は、3点セットのユニットバスでした。
リフォーム後は地震に強くする耐震リフォームにおすすめ、タカラスタンダードさんのシステムバスに。
色合いは優しい若草色の浴槽とバスパネルを選ばれました。
足もまっすぐに伸ばせる浴槽は、時間を忘れるぐらいに、ゆったりと入浴して頂く事ができます。
一日の疲れを明るく清潔な浴室でくつろいで頂けます。
【Before】
【After】
●洗面所
床には、自然素材のコルクタイルを貼りました。コルクタイルは肌触りもよく、耐水性・断熱性に優れています。入浴後裸足で歩いて頂いても安全で、お掃除も簡単です。
●トイレ
トイレの床も、コルクタイルを採用しました。シンプルで落ち着いたイメージに仕上げています。

玄関

【Before】
【After】
【After】
タイル張りに仕上げ、ホールには、樺桜の無垢フローリングを貼りました。
玄関ドアも交換し、リフォーム前は少し暗かった玄関スペースも、明るく仕上がりました

ムクの建具

●ウッドワンの建具
ウッドワン社製のムクの建具を採用しました。表面は自然塗料で仕上げ、木の持つ温かな風合いを残しました。
時が経っていくと、色にも深みが増し、よりムク材の味が出てきます。

>自然素材・天然木の建具について


玄関収納

造り付け収納の建具

リビングの開き戸

珪藻土の塗り壁

和室の壁は、珪藻土の塗り壁で仕上げました。
材料は、一度固化しても再利用できる、日本初のリターナブルパウダーです。リターナブルパウダーは、調湿性に優れた高機能な珪藻土です。

>珪藻土について

珪藻土塗り壁の作業の様子です。
通常は、コテの跡を残す「パターン塗り」が多い素材ですが、あえてこちらのお宅はコテ跡を残さずフラットな仕上げにしました。職人さんの腕がものをいいます。

便利なアイテム

●大型テレビを壁掛けに
45インチの液晶テレビを壁掛けにして、シアターのような雰囲気を演出したいとのご要望を頂きました。
液晶テレビの重さに耐えられるように、壁に補強を施し、テレビの裏側にコンセントを設置しました。

●干し姫様
雨が降った日などに便利な、洗濯物を干して頂くことができる、干し姫様を窓際に取り付けました。
使用しない時は、写真のようにすっきりと収納することができるので、とても便利なアイテムです。
>リボスについて

●高さの変更できる照明器具
リビングのアクセントになってる、化粧丸柱に取り付けられた、オリジナルテーブルの照明です。
奥様が「書き物をされたい」とのご要望から、手元も十分に明かりがとれるようにと、取ってを引くとコードが伸び縮みできる照明を取り付けました。
●桐とヒノキの押入れ
リビングと隣接している和室の押入れです。
押入れも材にこだわり、上段には桐材を、下段にはヒノキ材を使い仕上げました。
これで、 湿気がこもりやすい押入れも、大切な衣類やお布団を安心して収納頂けます。
和室の壁は塗り壁で仕上げています。

リフォーム事例ワンフロアのリフォーム

最新のリフォーム事例

コンパクトで居心地の良い7坪の家

コンパクトで居心地の良い7坪の家

なんと、【7坪】。1階と2階合わせても11坪に満たないお住まいをフルスケルトンリフォームしました。 思い出の詰まった家が、親子2人が居心地よく暮らせる快適空間に大変身する様子をご紹介します。

築52年・今の趣を活かして、安心で心地よい住まいへ

築52年・今の趣を活かして、安心で心地よい住まいへ

「今の住まいはとても気に入っているけれど、地震が心配なのと、夏の暑さ・冬の寒さが気になる」と言うS様。 今の建物の趣を残したまま、地震に強く安心で、一年中ずっと心地よい家を実現することになりました。

リフォームで暮らしやすく快適に!シニア世代の3階建て住宅

リフォームで暮らしやすく快適に!シニア世代の3階建て住宅

生活スタイルの変化に合わせて、築30年の木造3階建て住宅をフルスケルトンリフォーム。 耐震、断熱、バリアフリーも考慮した、ご夫婦2人でずっと快適に暮らせるお住まいの完成です。

築95年の長屋を「もう一つの我が家」にリフォーム

築95年の長屋を「もう一つの我が家」にリフォーム

なんと築95年になる長屋のリフォームです。1階をスケルトンに、2階を内装リフォームして、セカンドハウスを実現! いずれは終の棲家になる「もう一つの我が家」が完成するまでをご紹介します。

このエントリーをはてなブックマークに追加