TOP > リフォーム事例 > ワンフロアのリフォーム > 国産の自然素材でロフトを造り、子供部屋に

国産の自然素材でロフトを造り、子供部屋に

K様邸 ハウスデータ

築年数20年
構造鉄骨2階建て事務所兼住宅
内容2階の内装リフォーム、ロフトの増築
地域東京都江戸川区

K様は築20年になる鉄骨2階建ての建物を事務所兼住宅としてお使いです。

ご家族のプライベートスペースを確保するため、2階部分にロフトを増築し、併せて2階のお部屋をLDKにリフォームすることになりました。

国産の自然素材を使って、一年中ゆったり快適に過ごせる環境を整えます。

2F After

ロフト After

2階の半分が事務所、半分が居住スペースになっています。 今回はこの居住スペースを、広々としたLDKにリフォームします。

2階の屋根裏部分にロフトを増築し、洋室を2つ設けます。 大きい方のお部屋は2人のお子様のお部屋となるため、ゆるやかに2つに区切り、間に棚を造作します。

リフォームアドバイザー
塩谷 理枝

ロフトを増築すると言っても、収納スペースとしてではなく、ご家族皆様のプライベートルームを確保することが目的です。 お子様がまだ小さいため、ロフトのお部屋はオープンな間取りで、将来的には家具などで間仕切りができるよう設計しました。

夏場のロフトは暑くなりがちですが、Jパネルや断熱材を使って、夏涼しく、冬暖かく過ごせるお部屋にします。 また、和歌山より直接仕入れた国産材を自然塗料で仕上げて、身体にもやさしい環境になりますよ。

※Jパネルについては、国産木材のパネルとボードをご覧ください。

上棟の様子

ロフトを増築した際の上棟の様子をご紹介します。

上棟の始まり

建物の2階部分に木材を搬入して、柱を組み上げていきます。

和歌山県から運ばれてきた材木を搬入します。梁と柱はあらわしで仕上げるので、キズがつかないよう慎重に運び込みます。

準備が整い、これから柱を組み上げていきます。

職人さんがエイヤッ!と梁と柱を結合します。

あっという間に組み上がりました。

梁も柱もとても立派です。

屋根の下地までできあがりました。

上棟式

その後、上棟式を行いました。

厄除けの幣串(へいぐし)です。棟梁の手で、一番高い棟木に幣串を立てました。 上棟式の後は屋根裏に収めて保存されます。

四隅の柱に米と塩、酒をまいて、建物を清めます。

お客様にもご協力いただいて、米と塩、酒をまきました。

これで上棟式が無事に完了しました。ありがとうございました。

リフォーム完成の様子

ステキなロフトが増築されました

大きいお部屋は子供部屋

ロフトにある2つのお部屋のうち、大きいお部屋はお子様2人の子供部屋になります。 ロフトを増築する前は屋根裏でした。

お子様たちのお部屋は、大きな収納棚でゆるく仕切られています。 壁際にもパイン材で低めの収納棚を造作しました。

ロフトは天井がそれほど高くないため、既製品の収納が入らないことがありますが、造り付けの収納がこれだけあれば十分ですね。

Before

小さいお部屋は寝室に

小さい方のお部屋は、ご家族皆様の寝室として、またご夫婦のプライベートルームとして使われます。

木のぬくもりがいっぱいのお部屋で、ロフトといっても広々としていて普通のお部屋のように活用できます。

Before

外観もきれいに仕上がりました

外観のビフォーアフターを見比べると、2階部分にロフトが増築されているのがわかります。 元の外壁と合わせて吹き付けタイルで仕上げました。

Before

2階の内装もリフォームしました

リビングダイニングの床は無垢材です

2階に2つあったお部屋をつなげて、大きなリビングダイニングにリフォームしました。 山小屋風のロフトとは異なり、リビングダイニングは壁に白いクロスを貼って、明るくすっきりしたインテリアになっています。

ご家族が一番長い時間を過ごすお部屋なので、自然素材たっぷりで仕上げました。 床をパインの無垢フローリングにしたので、小さなお子様たちも床に直に座って遊んでいるそうです。

※詳しくは、無垢フローリング~パインをご覧ください。

Before

Before

キッチンはIHクッキングヒーターを採用

キッチンはサンウェーブ(現LIXIL)のシステムキッチン「Pitto」を選ばれました。

設備は安全に使えるIHクッキングヒーターを採用し、天ぷらなどの揚げ物が作りやすいと好評です。

Before

ロフトへの階段はオープンに

ロフトを増築するのに併せて、2階からロフトへの階段も新しく造り付けました。

オープンなストリップ階段なので、お部屋に開放感が感じられ、インテリアのアクセントにもなっています。

ちょっと一工夫で、さらにおしゃれに

こちらの建物は事務所兼住宅のため、2つの玄関が内階段でつながっている造りです。 住居の玄関を入ったところには飾り棚を設置して、小物を飾れるようにしました。 暖かな雰囲気でお客様をお迎えできますね。

また、トイレの手洗い場には無垢材のカウンターを造作し、奥様が選ばれた有田焼の器を洗面ボウルとして設置しました。 トイレのインテリアにも気を配って、素敵に仕上がりました。

取材担当
鳥越 亜紀子

リフォーム後、奥様より「真夏は冷房を入れていても暑くてしょうがなかったのが、リフォーム後は湿気がなくて、快適に過ごしています」とうれしいご感想をいただきました。

2人のお子様たちも、自然素材いっぱいの子供部屋で、とても気持ちが良さそうでした。 撮影に伺った際は、お子様たちが自慢のお部屋をすすんで掃除してくれたそうです。 お友達も大勢遊びに来てくれていると聞いて、私もうれしくなりました。

※なお、増築には法律上・構造上の制限があります。詳しくは下記のQ&Aをご参照ください。

2階建ての家を3階建てに増築できますか?

リフォーム事例ワンフロアのリフォーム

最新のリフォーム事例

減築で暮らしやすい家に 築60年のリフォーム

減築で暮らしやすい家に 築60年のリフォーム

【東京都江東区】ご家族の変化に合わせ、築60年のご実家の増築部分を減築し、スケルトンリフォームします。 減築と耐震補強で建物の寿命を延ばし、ご家族が安心して暮らせる快適なお住まいになりました。

7坪でもできた!広い土間のある暮らし

7坪でもできた!広い土間のある暮らし

【東京都大田区】地震が心配な木造3階建て住宅をスケルトンリフォームして、安心して暮らせる家に。 建坪7坪の狭小住宅ながら、広い玄関土間のあるシンプルモダンな空間が完成しました。

下町にたたずむ本格フレンチレストラン

下町にたたずむ本格フレンチレストラン

【東京都台東区】代表と長年親交のある長谷川幸太郎シェフが、地元にお店をオープンすることに。 佐竹商店街の店舗をリフォームし、気取らない雰囲気の小さな本格フレンチレストランが完成しました。

築90年でも大丈夫!小さな長屋のスケルトンリフォーム

築90年でも大丈夫!小さな長屋のスケルトンリフォーム

【東京都中央区】建坪「約7坪」という小さな長屋のスケルトンリフォームをご依頼いただきました。 古い家の再生を手がけてきたエコリフォームだからできた、築90年になる長屋のビフォーアフターです。

このエントリーをはてなブックマークに追加