フリーダイヤル0120-292-575

リフォーム事例 >  スケルトンリフォーム >  築30年の家を耐震補強のリフォーム事例をご紹介します。

築30年、耐震補強と断熱リフォーム!こだわりが光る住まいへ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
築30年の家を耐震補強のリフォーム事例をご紹介します。
築30年の家を耐震補強&断熱!
お客様のこだわりが光る住まいです

築30年の木造住宅が、耐震面、居住性、こだわりを満たした住まいへ!

●耐震補強担当:一級建築士 塩谷敏雄
築30年の中古住宅をご購入されたお施主様です。経年して傷んでしまった住宅の性能を向上させ、全体の耐震補強を行い、建物をよみがえらせるリフォームのお手伝いをさせて頂きました。

断熱性・耐震補強、配管設備など、全ての素材にこだわり、住宅の仕様を活かしながら、設計提案・施工管理をさせて頂きました。一つ一つのエレメントには、お施主様のこだわりがあります。お施主様の多大なるご協力を頂けたからこそ、一緒に造り上げる事ができたことに、深く感謝致します。有難うございました。

>耐震補強の事例一覧はこちら

お客様より

自然素材を使っていて、かつ、いろいろ要望を聞いてくれそうな業者さんを、雑誌やインターネットで探していたんです。
ホームページでも、希望のものをやってくれそうだったんですが、実際、いろいろお話していただいて、あまり「是非契約してください!」という営業的なところがなく、気軽に話せたのが良かったです。
こちらの要望をいろいろ聞いていただいたので、満足しています。

>>リフォーム後のインタビューにご協力いただきました!

■使用した建材・素材
耐震補強:コボット・金物補強
断熱工法:セルローズファイバー
断熱ボード:ラフトンボード
塗料:桐油
床:国産材 栗

>コボットについて

>セルローズファイバーについて

>ラフトンボードについて

>桐油について

>無垢フローリングについて

耐震補強

●耐震補強担当:一級建築士 塩谷敏雄
築30年のこちらのお住まい。お客様がかなり下調べをされ(床下もご自身で確認なさったそうです!)、納得されてご購入されているだけあり、しっかりした建物でしたが、建てられた年代が旧耐震基準の頃のものでした。そこで、今の耐震基準と変わらない強度を持たせる為の補強を随所で行います。

また、2部屋の壁を抜いて一つの部屋にされたいというご要望もありましたので、そういった空間の変化に対応した耐震補強を行いました。
A(赤線):耐力壁で補強します / B(青丸):耐震補強金具で補強します

三次元耐震補強システム「コボット」

最近では、オープンな間取りの家が人気ですが、築30年くらいの建物になりますと、なかなかそういったお住まいはありません。M様も、今回の工事で、間仕切りされていた壁を撤去し、オープンな間取りに変更する事になりました。
しかし、耐震性を考えると、どうしても撤去できない壁がありました。そこで、あらゆる方向からの複合的な衝撃にたえられる、「コボット」で耐震補強をすることで実現させました。
▼撤去できなかった壁と外部の柱
木造住宅の補強は、本来の柔構造の良さを生かすことが大切です。柱の上下に取り付ける「コボット」は、全方向に粘って耐えて元に戻る腰の強さが特長です。

>コボットについて


ホールダウン金物

ホールダウン金物は、柱脚と横架材(建物の骨組で横に架け渡された構造材)を接合させる耐震補強金物です。地震の揺れで、構造材同士が抜けてしまうことを防ぎます。
築30年になるこちらの家が建設された頃は、この「抜け」への対策がまだ確立していない時期でした。今回補強することで現代の基準に近づいた物になります。
※図面の「B(青丸)」の箇所に設置しました。

通常ホールダウン金物を取り付ける場合には、柱や土台に穴あけ加工が必要です。しかし、リフォームの場合はこれらの施工に制約があります。
こちらで採用したホールダウン金物は、柱や土台への穴あけが不要な為、床合板の上から取り付けすることが可能な金物です。

基礎の補強

【Before】
【After】
築30年のこちらのお宅は布基礎仕様でした。
床下の湿気対策と耐震性を高める為に、厚さ10cmのコンクリートを打設しました。Afterの写真は床下点検口からみた補強した基礎の状態です。
コンクリートを打設したことで、床下収納としても使っていただく事ができるスペースになりました。お施主様はアウトドアがご趣味なのでキャンプ道具なども収納頂けます。

地球にやさしい 断熱材

●リフォームアドバイザー 塩谷理枝
築30年になるこちらのお住まい。建築されてかなりの年数が経過していますので、断熱性能も落ちてしまっていました。
今回、性能の高い断熱材を使うことで、新築を上回る性能を手に入れられました! 使用した素材、施工方法を詳しく解説させていただきます。

セルローズファイバー

天然の木質繊維
大きさが均一な無機繊維と比べて、セルローズファイバーは様々な繊維が絡み合っている為、この繊維の絡み合いで空気層を作ります。
また、一本一本の繊維の中にも自然の空気胞があり、この空気胞の存在がより、熱や音を伝えにくくしてくれ、吸放湿性で適度な湿度を保ってくれる断熱材です。

セルローズファイバーは、
1.音の遮断性能 2.高い断熱効果 3.高い吸放湿性結露を防止
と、地球にやさしい、優れた断熱材です。

>セルローズファイバーについて

<セルローズファイバー施工の様子>

(1)壁・天井に専用シートを貼っていきます

(2)専用シートに小穴をあけて、セルローズファイバーを吹き込んでいきます

(3)角面の吹き込みが終了したら、小穴を専用シートでふさいで仕上げます

ラフトンボード

日本の気候風土にあった素朴な断熱ボード
ラフトンボードは、杉やヒノキなどの、そのままでも充分断熱効果のある板に、パルプ積層断熱材を挟み込んだ、ムク板の断熱ボードです。
表面が杉やヒノキ材なので、仕上げを整えればそのまま内装材としても使う事ができます。
パルプ積層断熱材は、紙の原料にリサイクルすることができ、地球環境に優しい素材です。
こちらのお宅は、ラフトンボードの上に、栗の無垢材を張り仕上げています。

>ラフトンボードについて

空間を見渡せる シンプルなLDK

【リフォーム ポイント】間仕切りを撤去しオープンスペースに
築30年のこちらのお住まい。以前は、1階の居室は、キッチンと居間の2部屋に間仕切りされていましたが、今回、壁を撤去し、オープンなリビングダイニングスペースとなりました!
床は栗の無垢材を張り、天井と壁は国産の合板を張りました。自然塗料の桐油をお施主様自らが塗られて仕上げたこちらの空間は、自然素材の風合いがとても居心地のいい、落ち着ける空間です。

>桐油について

>無垢フローリングについて

【Before】
【After】

キッチン もシンプルに

【Before】
【After】
リビングと同じスペースに取り付けられるキッチンは、インテリア性の高いものをと、お施主様のご希望で、ヨーロッパのデザインを取り入れた、コンパクトキッチン「レミア」を採用しました。

レミアは、オプションパーツを組み合わせていくフレームタイプですので自分スタイルのキッチンを作る事ができます。

キッチンパネルは、国産材合板の上にステンレスを張って仕上げました水まわりのお掃除も簡単です。

機能的で明るく くつろげる水まわり空間へ

【リフォーム ポイント】空間に広がり感を生ませました
以前は、浴室・トイレ・洗面所はそれぞれ個室でしたが、今回のリフォームで大変身!

新しい水周りスペースは、ホテルのレストルームを思わせるような一つの空間となりました。建具をうまく使い、引戸をオープンに開ければ1つの空間へ、引戸を閉めれば個室にと、フレキシブルに使って頂くことができるようになりました!

プライベートの時にはオープンな広々とした空間で使用し、お客様がおみえの時には、個室へと、その時々で様々に空間を変身させる事ができます。
築30年のお住まいでも、こんなおしゃれな水周りを実現できるんですね。

●ストレスのない動線
リビング横の引戸を開けると、水廻りの空間へとつながります。
玄関ホールからもアクセスできるので、宅内どこに居てもストレスのない動線設計です。
【Before】
【After】
●浴室内からみた水廻り空間
浴室・洗面所・トイレは、個室として使って頂けるスペースに設計されていますが、引戸建具をオープンすることで、3つの水廻りが一つの空間へと広がり、開放感のある、とても使いやすい動線設計です。

開放感を感じさせてくれるのは、なんと言っても浴室のガラスドアです。

日本板ガラスの防犯ガラスを取付け、安全性も考慮しながら、こだわりのお洒落な水廻り空間の完成です。

浴室

浴室ドアはガラスの開き戸を取付け、間仕切り部分にはガラスがはめ込まれています。採光がとれ、とても明るいスペースに仕上がりました。
こだわりのシャワーバーを取付け、一日の疲れをゆったりと過ごして頂くことができる、こだわりの設備が光る浴室です。
【Before】
【After】

洗面所とトイレ

●洗面所
カウンタータイプの洗面化粧台を取付けました。
右側の壁を利用して、小物を収納していただける棚を造り付けし、鏡の扉をつける事で、コンパクトながらも機能性のある収納棚になりました。

●トイレ
洗面所の引戸を開けると、トイレにつながります。限られたスペースの中でも、広がりが感じられますね。
【Before】
【Before】
【After】

玄関ホールと洗濯機置き場

【Before】
【After】
●洗濯機置き場
階段下の空きスペースに、洗濯置き場を作りました。こちらのスペースには、ななめドラム式の洗濯機が置かれます。
隣接しているトイレに小窓を取付け、水道蛇口に手が届くように工夫しました。寸法も洗濯機とぴったりあわせ設計されています。

開口をフルオープンできるサッシ

●開放感いっぱいの全開口サッシ
サッシは、トステム社製の「オープンウィン」を採用しました。
オープンウィンは、開口スペースいっぱいに窓を開ける事ができるので、開放感が想像以上に広がるサッシです。
【Before】
【After】
【After】

開けるとフルオープンに

こだわりの外構

外構央には、 お施主様がお探しになった、防風・防砂・防塵・防雪柵では国内NO.1のパンチングメタルが取り付けられています。
圧迫感もなく、閉鎖感が取り除かれる、景観もよいフェンスです。
【Before】
【After】
【After】

水道設備システム さや管ヘッダー方式

●メンテナンスが容易な配管設備
水道管は普通、硬質塩化ビニル管や塩ビライニング鋼管が使われています。でも、水道管は年月が経つと配管の交換が必要です。
築30年のこちらのお住まいも、今回の工事を機に、配管を見直すことになりました。

そこで、水道管のメンテナンスを容易にできるよう、床下点検口に「さや管ヘッダ」を取り付けました。
「さや管ヘッダー方式」は、ポリエチレン製のやや硬めの管を引き回し、その中にホースのような柔らかい管を通します。
これらの管を分岐金具から、角栓ジョイントまで繋げます。繋ぎ目がないから管の途中で漏水せず安心です。


さや管は管が柔らかいので、配管の交換が必要な時には、床下点検口にある分岐金具からホースを引き抜き交換することができるので、メンテナンスが容易にできます。

電気設備システム アース付きコンセント

●電磁波対策
電磁波の対策にと、コンセントには全てアースを取り付けました。アースを正しく取る事で、電磁波は妨げる事ができます。
「アース」とは、地中深く埋め込んだ銅板と電気器具とを電線で接続し、電気を逃がす通路のことです。

●漏電などの危険防止にもなります
漏電している器具に触れると、電気はその人の体を通り大地に流れていきます。これが「感電」ですが、アースを取り付けることによって、万一漏電した場合にも人体に電気が流れるのを防ぐことができます。

●こだわりのプレート
左写真は、お施主様がお選び下さったコンセントプレートです。
シンプルなデザインのこのプレートは、自然素材の無垢材にとても似合っています。シンプルに仕上げた居住空間のアクセントになったこだわりのエレメントです。

M様邸その後・・・二期工事&DIY

●工事を二期に分けて計画され、思い通りの家を手に入れられました
M様邸では、上記の工事のあと、二期工事も承りました。
最初の工事ではおおがかりな耐震補強を含めた1階部分の改修でした。二期工事では、2階部分と屋根、外観の工事を行いました。
二度のご用命、まことにありがとうございました。

M様は、ローンを考慮に入れ、事前にご自身でしっかりと二回に分けた改築計画を立てられていました。

工事を一期・二期と分けるときのポイントは、あらかじめきちんと計画を立てて行うことです。
改築工事は、屋根の架け替えのように単体でできる工事と、ほかの場所と絡みがでてくる工事があります。
前もってきちんと相談のうえ、工事の順番や内容をお決めになることをおすすめいたします。
2階部分


屋根


外観
●工事後は、ご自分でプロ顔負けのDIYを
M様はご自分でも家に手をいれていきたいとのご要望でしたので、二期工事は仕上げの余地を残したまま、お引き渡しをさせていただきました。

しばらく経って拝見させていただいたときの写真では、見事に外部を整えていらっしゃいますね!
外部のほか、2階のコルクタイルもご自分で綺麗に施工され、「天井もこれからやります」とおっしゃるM様。
まさにスーパーDIYです。

取材担当
鳥越亜紀子
リフォーム前の築30年のお住まいは、少し古さを感じてしまう空間でしたが、見事に蘇りました!

一つ一つの建材にとてもこだわりをもたれ、見えない部分の建材も地球環境のことを考えた、リサイクル可能な素材がふんだんに使用されています。シンプルながらも、細かな設備にもこだわり、コンセントや水栓・照明・建具の取っ手など、センスあふれる商品ばかりでした。

築30年が経過していたことで、心配されていた強度も、耐震補強でしっかり改善されましたので、家の中にいてもどっしりと安心感を感じます。

お施主様の意識の高さに感謝させていただくと共に、エコリフォーム ならではの施工をさせて頂くことができました事、本当に有難く思いました。たくさんのご協力を頂きましたお施主様に御礼を申し上げます。有難うございました。
フリーダイヤル0120-292-575

メール:info@eco-reform.com

営業時間 9:00~19:00(日曜・祝日定休)
お問い合わせフォーム 東京23区完全対応いたします

株式会社エコリフォーム 東京都江東区富岡1-22-29-2F/TEL 03-3641-4134/FAX 03-3641-4125

メディア掲載情報 フジテレビ「みんなのニュース」耐震特集
フジテレビ「みんなのニュース」耐震特集
テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」
テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」
BSジャパン「暮らしの学校」
BSジャパン「暮らしの学校」
新聞・雑誌・書籍でも紹介されました
新聞・雑誌・書籍

東京23区別のリフォーム事例はこちら>>足立区荒川区板橋区江戸川区大田区葛飾区北区江東区品川区渋谷区新宿区杉並区墨田区
世田谷区台東区千代田区中央区豊島区中野区練馬区文京区港区目黒区

facebooktwitterInstagramHouzz
© 2004 EcoReform inc. マンションリフォームはこちら