TOP > リフォーム事例  > ワンフロアのリフォーム > こだわりのキッチンとリビングリフォーム

中古住宅をトータルリフォーム!内装・外装ともに素材にこだわった、居心地のいい住まいです。
川崎市 B様邸・築20年 戸建住宅

ご家族の新しい生活のために・・・
経年した建物の耐久性・機能性を高め、インテリアのイメージもお客様のお好みに合わせ、ご家族の新しい生活のためにトータルでリフォームのご提案をさせて頂きました。

インテリア
コーディネーター
塩谷 理枝
こちらのお宅は、大幅な間取りの変更はございませんでしたが、リビングを中心にインテリアを奥様のお好みのクラシカルなイメージにご提案させて頂きました。
狭く暗かったキッチンも使い勝手を考えて、奥様からのご意見を頂戴しながら見違えるように素敵な空間になりました。
こちらのお施主様は、今までマンションでお暮らしでした。マンションに比べますと経年した木造住宅は寒さがとても心配です。断熱材、サッシ、無垢のフローリングなど、寒さを軽減するためのご提案もさせて頂きました。
お打合せや工事中、優しいお心遣いをたくさん頂戴しました。本当に感謝致しております。有難うございました。
■エコ素材
床:無垢フローリング ケンパス材
壁:オレフィンのエコクロス
天井:オレフィンのエコクロス
塗料:自然塗料のリボス
階段:コルクタイル
外装:屋根断熱塗装

>無垢フローリングについて

>エコクロスについて

>リボスについて

>コルクタイルについて

リビングダイニング

【リフォーム ポイント1】キッチンを完全に独立させます

リフォーム前は、リビングからキッチンがのぞけるよう小窓がついていましたが、 完全にキッチンを独立されたいとのご希望です。
キッチンを独立させながらも、奥様が行き来する移動距離をできるだけ短くし便利な動線を確立できるように、キッチンとリビングダイニングの開口は真ん中にレイアウトしました。引戸を閉めれば独立したキッチンになるので、音や匂いも気にせずお料理の腕をふるって頂けます。
【Before】
【After】
【リフォーム ポイント2】高断熱窓ガラスと、電動シャッター

●高断熱窓ガラス
リビングの窓ガラスには、高断熱窓ガラスのスペーシアを採用しました。スペーシアは、すばやく冷暖房ができ、断熱性能が優れていますので、室内の温度を長持ちさせてくれます。ガラス表面の温度も下がりにくいので、結露防止にもなります。

●電動シャッター
防犯のため、窓には電動シャッターが取り付けられています。
【Before】
【After】
【リフォーム ポイント3】キッチンに明かりを届けます

左側の建具は、特殊なレールを使い取り付けた引戸です。右側は親子ドアを取り付け開放感を感じられるようにコーディネートしました。
それぞれの建具にはステンドグラスを採用することで、リビングの明かりがキッチンまで届くのと同時に、独立しながらも人の雰囲気が感じられます。キッチンとリビング間は行き来が多いので、物を運んだりする時は、引戸の建具は便利ですね。
【Before】
【After】

独立させたキッチン

【リフォーム ポイント1】キッチンを完全に独立させました

こちらがキッチンスペースになります。キッチンでのお給仕は、ずっと立ち仕事になります。コンパクトにスペースをまとめることも、奥様の負担を考えると大切なことですね。コンパクトながらも機能性充分なスペースが完成しました。
【Before】
【After】
【リフォーム ポイント2】豊富な収納力のシステムキッチン

お掃除が簡単な、人工大理石のシステムキッチンです。
IHクッキングヒーターは、空気を汚さず、調理も高出力ですばやく行えます。家電品や食器類などを収納いただくカップボードも取付け、機能的で安全なキッチンスペースです。

>IHクッキングヒーターについて

【Before】
【After】

プライベートルーム

【リフォーム ポイント】お洒落なインテリアは建具で演出

こちらは、2階のプライベートルームです。
お部屋を行き来する扉は引戸(写真中央)にしました。両脇はクローゼットになります。やさしいイメージを演出する為に、白をベースに建具をデザインし取り付けさせて頂きました。建具を交換するだけで、随分お部屋のインテリアもイメージが変わりますね。
【Before】
【Before】
【After】

エクステリア

【リフォーム ポイント】スタンプコンクリート

スタンプコンクリートとは、コンクリートやモルタルが柔らかいうちに着色と成型を行う工法です。
未だ日本ではそれほどポピュラーな工法ではありませんが、アメリカでは様々なメーカーが競う一大市場となっており、ディズニーランドもこの工法が使われています。
スタンプコンクリートは、新設時と比べて5年後、10年後のコンディションの差が小さいという特長があり、耐久性に優れた工法です。

>スタンプコンクリートについて

【Before】
【After】

▲スタンプコンクリートの駐車場

▲スペインタイル

こだわりの リフォーム 箇所

オール電化 エコキュート

写真左側が貯湯タンク、右側が空気熱交換機です。この2つの装置でお湯を沸かします。
空気熱交換機で大気の熱を取り込み、貯湯タンクの中の水を温めお湯にしてくれる装置が、エコキュートです。

従来の燃焼式給湯機と比べ、約30%の省エネ効果があります。
空気の熱でお湯か沸くエコキュートは、環境にも、お財布にもやさしい給湯機です。

>エコキュートについて

高級感のある 玄関ホール

全室の床は、無垢のケンパス材に張替えています。
濃い色目の床材が引き立つようにクロスは白を選び、建具は自然塗料のリボスで、床のケンパス材の色目にあわせ仕上げました。高級感の感じられる玄関ホールの完成です。
【Before】
【After】
【After】

お洒落を演出する飾り棚(ニッチ)

玄関から廊下への突き当たりに、壁の厚みを利用して飾り棚を造りました。
お客様の目線が自然にニッチに向けられ、やさしい心遣いができますね。
飾り棚の中にダウンライトをつけて、より一層ニッチをひきたてます。

>ニッチについて

洗面化粧台

洗面化粧台は、YAMAHA社製を採用しました。
オープンスペースにある洗面化粧台は、空間に溶け込むようにインテリア性の高い商品を選びました。
使いやすい引き出しタイプの洗面台は収納力抜群です。
【Before】
【After】
【After】

足元にやさしいコルクタイル

階段には、足元に温かく負担がすくないコルクタイルを張りました。
コルクタイルは、既存の階段の上に張る事ができます。

>コルクタイルについて

【Before】
【Before】
【After】
【After】

水廻りには エコカラット

エコカラットは、湿度をコントロールしてくれ、ニオイや有害化学物質を吸い取り室内環境を快適に保ってくれる壁材です。
呼吸する壁「エコカラット」は、仕上がりも美しく、シックハウス対策に優れています。

>エコカラットについて

【Before】
【After】
【After】

お施主様からのコメント

リフォームを考える時まず悩むのはどの会社に依頼するかですよね。金額も大切ですが会社の提案姿勢が希望しているリフォームにあっているか、そしてなにより信頼できる良心的な会社であるかです。
エコリォーム さんはその条件にぴったりでした。社長の塩谷さんは主婦でもあるので相談し易いですし、ハード面は一級建築士であるご主人さまが見てくださる、限られた予算の中でよくここまでできたと思っています。

リビングの断熱効果は抜群で、肌寒い日でも締め切っただけで人の体温で温まるようです。ただ、古い住宅なので住み始めると手を入れなかった部分の不具合が発生する等あって、今後もエコリフォームさんと共に家を育てていきたいと思っています。末永く宜しくお願いします。

取材担当
鳥越亜紀子
ご主人様のために、お子様のためにと、奥様が素材やデザインにこだわってリフォームのご計画をされていたのがとても印象に残っています。細かいところまでご家族の事を考えてリフォームされたのだと感じる事ができる、温かな居心地のいい住空間でした。有難うございました。

リフォーム事例ワンフロアのリフォーム

最新のリフォーム事例

コンパクトで居心地の良い7坪の家

コンパクトで居心地の良い7坪の家

なんと、【7坪】。1階と2階合わせても11坪に満たないお住まいをフルスケルトンリフォームしました。 思い出の詰まった家が、親子2人が居心地よく暮らせる快適空間に大変身する様子をご紹介します。

築52年・今の趣を活かして、安心で心地よい住まいへ

築52年・今の趣を活かして、安心で心地よい住まいへ

「今の住まいはとても気に入っているけれど、地震が心配なのと、夏の暑さ・冬の寒さが気になる」と言うS様。 今の建物の趣を残したまま、地震に強く安心で、一年中ずっと心地よい家を実現することになりました。

リフォームで暮らしやすく快適に!シニア世代の3階建て住宅

リフォームで暮らしやすく快適に!シニア世代の3階建て住宅

生活スタイルの変化に合わせて、築30年の木造3階建て住宅をフルスケルトンリフォーム。 耐震、断熱、バリアフリーも考慮した、ご夫婦2人でずっと快適に暮らせるお住まいの完成です。

築95年の長屋を「もう一つの我が家」にリフォーム

築95年の長屋を「もう一つの我が家」にリフォーム

なんと築95年になる長屋のリフォームです。1階をスケルトンに、2階を内装リフォームして、セカンドハウスを実現! いずれは終の棲家になる「もう一つの我が家」が完成するまでをご紹介します。

このエントリーをはてなブックマークに追加