TOP > リフォーム事例  > 部分リフォーム > 無垢の床にこだわったLOHASなリフォーム

すでにリフォーム済の中古住宅を、無垢の床材にこだわって再リフォームします。
東久留米市 O様邸・築20年 戸建住宅

無垢の床にこだわった事例をご紹介します。
中古住宅をご購入されたこちらのお客様。中古住宅は既に綺麗にリフォームされていましたが、『無垢(ムク)の床』にされたいと、生活のスタイルに合わせてこだわりのリフォームをさせて頂く事になりました。
リビングを広げ、収納スペースを充実させたリフォームです。

>無垢フローリングについて

■ハウスデータ
地域:東京都
仕様:木造住宅
築年数:20年
内容:1階間取り変更、無垢(ムク)の床に全面張替え、1階部分天井・壁クロス張替え、オリジナルクローゼット・デザイン棚の造作、建具新設、照明設備変更
【Before】
【Before】
【After】

リフォーム
アドバイザー
塩谷 理枝
こちらのお客様は、ご夫婦共々物造りが大変お好きな方々です。生活スタイルにも大変こだわられていて、そのままでも充分住まわれてもいい中古住宅を、リフォーム されたいとご相談頂きました。
1Fのキッチンと和室の間仕切りをスケルトンでオープンな間取りにされたいとのご要望でしたが、構造上撤去することができませんでした。が、逆に撤去できない壁を活かし、飾り棚をつけるなど、生活を楽しんで頂ける様、工夫を凝らしたリフォーム事例です。

施工責任者
一級建築士
塩谷 敏雄
既にリフォーム 済みだった中古住宅でしたが、無垢(ムク)の床にこだわられていたこちらのお客様、全面無垢の床に貼替えさせていただく事となりました。
無垢の床にすることで、間取りはできるだけ一体感が感じられるよう工夫さしあげたかったので、耐震性も考慮しながら構造を十分確認し、撤去できる壁とできない壁を吟味し、コーディネーターと連携をとり、施工させて頂きました。

リビングとダイニングキッチン

▼間仕切りを撤去し、オープンなリビングに!
リフォーム前は和室だったお部屋を洋室にリフォームし、キッチンと一体感のある間取りに変更しました。
窓の障子はそのまま活かし、和のイメージを残したリビングに変身です。
【Before】
【Before】
【After】
▼和室だった部屋も、無垢のカバ材を貼り洋室に!
リフォーム 前は和室だったため、襖で間仕切りされていたこちらの住宅。
両脇の壁は耐震性を考え撤去するのをお薦めせず、あえて両脇の壁は残し、襖が入っていた壁を天井まで撤去しオープンな間取りが演出できるようご提案させて頂きました。 天井を撤去し、キッチンとリビングの天井がフラットになることで、一体感のある間取りが演出できます。
【Before】
【After】

▲ニッチな飾り棚を作り、キッチンと一体感のあるリビングに!
壁には、オープンなイメージが演出できるよう、ニッチの棚を造りました。
陶芸品を作られているこちらのお宅の奥様。ニッチの棚に陶芸品を飾って頂き、インテリアの演出をさらに高めていただける事でしょう。
床は、無垢(ムク)材にこだわり、カバ桜を採用しました。仕上げは自然塗料で仕上げています。
カバ桜の木は、硬いフシも少なく上質な床材です。自然素材の中ではとても手入れがしやすい素材です。

>ニッチについて

>自然塗料について

▲リビングの大きな窓から差し込む陽で明るいキッチンに!
もともと和室だったこちらのお部屋。窓の障子はそのまま活かしデザインしました。
障子から差し込む優しい外からの灯りが、無垢のカバ材の床をやさしく照らしてくれます。和室にしか使われなかった障子も、無垢材にはとても似合います。
和室を洋室にされたい方には、無垢材の床はお薦めの床材です。

オリジナルの造作棚

▼押入れだった場所にクローゼットを新設しました
押入れだった収納スペースを、隣接している洗面所の間取りを広いスペースにさせるため、間取りを変更しました。
大工さんがリビングに新しくクローゼットと飾り棚を造り付けしました。
リフォーム前は左側壁面が押入れでした。建具を撤去し壁を設けて、リビングをできるだけシンプルにみせるデザインにし、もともとあった収納スペースは、廊下側から使えるようにしています。
【Before】
【After】

押入れをクローゼットに

収納力抜群のクローゼット
▼洗面所を広げ造り付けした棚
リフォーム 前は、クッションフロアーの床でしたが、無垢のカバ材に貼替え右壁面には収納棚を増設しました。こちらの収納棚は、お客様のお手持ちの持ち物にあわせて採寸し、大工さんが造り付けした棚です。
入浴に必要なバスタオルやタオル類などを収納頂く事もできるので、脱衣所のスペースとしても有効利用できますね。
【Before】
【After】

洗面所を広げ造り付けした棚
【After】

床は無垢のカバ材仕上げ
▼間仕切りを撤去し飾り棚に!
キッチンと洋室にしたリビングが一体感になるよう、壁面にニッチの飾り棚を造りました。和室側の大きな窓一面から明かりがキッチンまで届き、明るいリビング・ダイニングキッチンになりました。
【Before】
【After】

間仕切りを撤去し飾り棚に
【After】

お洒落な小物を飾れます
▼傘も収納できる、たっぷりの玄関収納に交換
玄関収納もたっぷりと収納頂ける下駄箱に交換しました。
【Before】
【After】

2階のお部屋は、全室、無垢のカバ材に張替え

▼2階のお部屋も全て無垢(ムク)材を張りました
2階はプライベートスペースとして使われます。
2階も全室無垢のカバ桜に貼替えています。カバ桜の床材は、明るい色目なので、貼り替えるだけでお部屋の雰囲気が随分変わりました。
無垢の床材は何よりも肌触りが心地よく、ごろごろ寝っころがりたくなりますね。
【Before】
【After】
▼窓際のカウンターにも無垢材を張りました
窓際のカウンターも無垢のカウンターに貼替えました。限られたスペースのこちらのお部屋も、無垢のカバ桜の床材で、圧迫感がなくなりました。
【Before】
【After】
【After】
▼お子様のお部屋も自然素材の無垢材に
こちらは、子供部屋として使われる予定のお部屋です。お子様の為には、無垢の床材は最適です。小さなお子様は、直に床に座ることか多いので、無垢の床で過ごして頂くことは、身体にも安全で、安心です。
【Before】
【After】

取材担当
鳥越 亜紀子
取材担当者からのコメント
全室床を無垢のカバ桜で仕上げられたこちらのお宅にお邪魔してすぐ足元の感触が全く違うことに気づきました。
合板の床材は、夏には汗で少しベタベタする感触が残り、冬は冷たい床になってしまいます。
無垢の床材は、夏は涼しく足元もすべすべした感触で、なによりも冬は暖かく過ごして頂く事ができます。無垢の床材は、自然素材なので、お手入れに少し手間がかかりますが、身体にはやさしく、安心で安全な素材です。
なんだか、居心地がいいこちらの住宅は、無垢材に囲まれているからなのかもしれません。このカバ桜の床材も時が経て色目が少しづつ濃くなってくるので、お部屋の雰囲気も日に日に変わられていくことでしょう!今度お邪魔させて頂く時に拝見するのが楽しみです。

リフォーム事例部分リフォーム

最新のリフォーム事例

コンパクトで居心地の良い7坪の家

コンパクトで居心地の良い7坪の家

なんと、【7坪】。1階と2階合わせても11坪に満たないお住まいをフルスケルトンリフォームしました。 思い出の詰まった家が、親子2人が居心地よく暮らせる快適空間に大変身する様子をご紹介します。

築52年・今の趣を活かして、安心で心地よい住まいへ

築52年・今の趣を活かして、安心で心地よい住まいへ

「今の住まいはとても気に入っているけれど、地震が心配なのと、夏の暑さ・冬の寒さが気になる」と言うS様。 今の建物の趣を残したまま、地震に強く安心で、一年中ずっと心地よい家を実現することになりました。

リフォームで暮らしやすく快適に!シニア世代の3階建て住宅

リフォームで暮らしやすく快適に!シニア世代の3階建て住宅

生活スタイルの変化に合わせて、築30年の木造3階建て住宅をフルスケルトンリフォーム。 耐震、断熱、バリアフリーも考慮した、ご夫婦2人でずっと快適に暮らせるお住まいの完成です。

築95年の長屋を「もう一つの我が家」にリフォーム

築95年の長屋を「もう一つの我が家」にリフォーム

なんと築95年になる長屋のリフォームです。1階をスケルトンに、2階を内装リフォームして、セカンドハウスを実現! いずれは終の棲家になる「もう一つの我が家」が完成するまでをご紹介します。

このエントリーをはてなブックマークに追加