TOP > リフォーム事例  > 部分リフォーム > 水まわりスッキリ。快適になった重量鉄骨住宅。

収納を充実させ、シンプルで快適な暮らしを!
墨田区 K様邸・築25年 戸建住宅


リフォーム
アドバイザー
塩谷 理枝
以前に施工させて頂いた重量鉄骨住宅の同じ建物内に、二世帯でお暮らしのご家族より、「うちもリビングをリフォームしたい」とご相談頂き、実現した事例です。私たちの仕事ぶりを見てのご相談、本当にうれしい限りです。有難うございました。

精一杯アイディアをだして、収納力抜群のリフォーム提案をさせて頂きました。収納を充実させ、シンプルで快適な暮らしをご提案致しました。
お母様にも、「明るくステキになった!」と言って頂きました。ありがとうございます。

>以前の事例「築30年重量鉄骨住宅をリフォーム」はこちらから

■ハウスデータ
規模:リビングと水まわり
地域:墨田区

リフォーム内容

■床材
無垢のフローリング材を使用しました。
■壁と天井
塗り壁風のエコクロスを採用しました。とても上質な仕上がりとなっています。
■水周りの床材
水に強く、弾力性、耐久性に優れた「コルクタイル」を使用しました。
■収納
全ての収納スペースはオリジナルで造作させて頂きました。
■建具(ドア、扉)
オリジナルで造作させて頂きました。
■塗料
リボス社製の自然塗料を使用しています。

現場監督
塩谷 敏雄
現場での細かい納まりや、お客様のご要望を伺い、現場をまとめあげてくれる、エコ リフォームの強い味方です。

リビングダイニングキッチン

●キッチン
以前のキッチンに比べ、キッチン本体を引き出し式にしたり、家電収納や大型の食器棚を組み合わせることで、収納力が驚くほどアップしました。

●玄関収納
オリジナルで造作した天井までの玄関収納です。お気に入りの靴も、たっぷり収納して頂けます。

▲システムキッチン
L字型キッチンから、クリナップのI型キッチンに変更しました。広々としたキッチンスペースが確保でき、お料理も効率よく楽しくなりますね!

▲キッチン収納
玄関入り口のパーティション代わりにもなっている、キッチン収納です。奥のスペースにはたくさんの食器が十分収納でき、手前は電子レンジや炊飯器などを置いていただくスペースです。

▲リビング
玄関からみたリビングです。床には無垢のフローリング材を貼り、壁はシンプルで白に近いものをお選び頂き、清潔感のある、明るいお部屋になりました。

オリジナル家具(サイドボード)

●洗面所
リフォーム前は、洗面台がリビング側に設置されていたのですが、脱衣所と隣接していた押入れのスペースを半分あけて、脱衣所のスペースを広げました。これで洗面台と、洗濯機置き場、お風呂場の水回りをひとまとめすることができます。水回りがとても使いやすくなりましたね!

●浴室
大きな浴槽を交換しました。給湯器が浴室内部にあるバランス釜でしたが、今回のリフォームで、追い炊き付きの給湯器に交換して、とても広くなりました。
また以前は、かわいいピンクのタイルを貼った壁でしたが、今回のリフォームでは、タイル目地のお掃除の大変さを解消するために、バスパネルを採用しました。
●トイレの扉
無垢のドアです。ダイアモンド型の小さな窓が可愛いですね!
●洗面所の収納
無垢材で造作した収納棚です。リボス社製の自然塗料を塗って仕上げています。これだけたっぷりした収納スペースがあれば、バスタオルやハンドタオルなども十分収納して頂く事ができますね!

リフォーム事例部分リフォーム

最新のリフォーム事例

コンパクトで居心地の良い7坪の家

コンパクトで居心地の良い7坪の家

なんと、【7坪】。1階と2階合わせても11坪に満たないお住まいをフルスケルトンリフォームしました。 思い出の詰まった家が、親子2人が居心地よく暮らせる快適空間に大変身する様子をご紹介します。

築52年・今の趣を活かして、安心で心地よい住まいへ

築52年・今の趣を活かして、安心で心地よい住まいへ

「今の住まいはとても気に入っているけれど、地震が心配なのと、夏の暑さ・冬の寒さが気になる」と言うS様。 今の建物の趣を残したまま、地震に強く安心で、一年中ずっと心地よい家を実現することになりました。

リフォームで暮らしやすく快適に!シニア世代の3階建て住宅

リフォームで暮らしやすく快適に!シニア世代の3階建て住宅

生活スタイルの変化に合わせて、築30年の木造3階建て住宅をフルスケルトンリフォーム。 耐震、断熱、バリアフリーも考慮した、ご夫婦2人でずっと快適に暮らせるお住まいの完成です。

築95年の長屋を「もう一つの我が家」にリフォーム

築95年の長屋を「もう一つの我が家」にリフォーム

なんと築95年になる長屋のリフォームです。1階をスケルトンに、2階を内装リフォームして、セカンドハウスを実現! いずれは終の棲家になる「もう一つの我が家」が完成するまでをご紹介します。

このエントリーをはてなブックマークに追加