TOP > リフォーム事例  > 部分リフォーム > 小さなお子様のためにバリアフリーリフォームの事例

【リフォーム施工例】
リビングと隣接する洋間の段差をなくして、バリアフリー仕様にリフォームです。お子様ものびのびお部屋で遊べますね。
中野区 S様邸・戸建住宅
小さなお子様にも、ゆくゆく年をとってからも、便利でやさしいバリアフリー事例のご紹介です。 小さなお子様がいらっしゃるこちらの中野区のお宅は、リビングと隣接する洋間を段差をなくすバリアフリー仕様にすることになりました。これでお子様ものびのびお部屋で遊べますね。

>中野区のほかの事例はこちら

間取り図

●家電スペースの充実
以前は、キッチン図面上部の左側には、物置が造られていました。このスペースに食器棚を造作し流し台をリビングに対面にすることで、キッチンのスペースが広がり、家電を収納するスペースが十分にとれるようにします。

リビング

【Before】
【After】
●バリアフリー化
床材はムク材を使用し、段差を全てなくしました。こちらの事例、段差をなくすことで、1階の間取りが随分オープンになったように感じます。小さなお子様が走り回ってもこれで大丈夫。ゆくゆく年をとっても安心して安全な生活を送るとができます。
【Before】
【After】

キッチン

【Before】
【After】
●対面式セミオープンカウンターキッチン
キッチンからダイニングがよく見えるようにとの希望から、対面式のセミオープンカウンターキッチンを採用しました。リビングよりキッチンが少し立ち上がっているので、奥様もお料理をしながら、お子様達に目を配ることが可能になりました。
【Before】
【After】
【Before】
【After】
●洋室に造作収納・造作扉を
以前は床の間があった場所に、上部造作天袋と造作収納を造りました。造作の扉も設置しました。
【Before】
【After】

▲造作収納
【Before】
【After】

▲造作扉

リビングとシステムキッチン

水まわり

浴室にはバリアフリー使用の手摺がとりつけられました。
【Before】
【After】
シャワー仕様になった洗面台にリフレッシュです。
【Before】
【After】


このエントリーをはてなブックマークに追加