TOP > リフォーム事例  > スケルトンリフォーム > 築30年の住宅をリフォーム。新築を超える姿に生まれ変わりました。

築30年の中古住宅をまるごとリフォーム!!

家族が安心して楽しく暮らしていける、愛着の持てる住まい

築30年の中古住宅をご購入され、スケルトンリフォームをされたお客様です。
新しくお住まいになるご家族の暮らしに合わせ、間取りは大きく変更され、無垢材をはじめとした自然素材を多く採用した快適なお住まいです。

新しい間取りに合わせ、耐震構造も大きく見直しを行い、既に30年経過していた建物の寿命を更に延ばします。
ご家族がこれから長く安心してお住まいになれる建物に生まれ変わりました。

担当責任者

一級建築士
塩谷敏雄

リフォームアドバイザー
塩谷理枝

こちらのお客様は、中古住宅としてこちらの築30年のお宅をお買い求めになりました。

拝見させて頂いた所、以前のオーナーの方が建築関係という事もあり、図面などのの書類もしっかりと保存され、上棟時の写真などもございました。 しっかりと造ってある事は私達にもよくわかりました。

ご主人様や奥様の、「家」に対する思い入れも良く聞かせて頂き、ご家族のための新しい住宅という事も大変理解する事ができました。

特に自然素材と耐震については、しっかりとご提案させて頂き、設計には充分時間をかけました。
私どもの自慢の作品にもなるリフォームです。有難うございました。

建物の強度を損なうことなく、新築のような住まいを手に入れる設計プラン

リフォーム前の間取り

リフォーム 後の間取り

リフォーム前は、和室2部屋、洋室1部屋、ダイニングキッチンとお部屋が間仕切りされていました。
水まわりのレイアウトも全て変更し、1階には、大空間のリビングダイニングを設けました。

大規模に間取り変更したこちらのリフォーム 計画は、新築を建築されるのと変わらない工事 といっても過言ではありません。
ご購入された築30年の住宅が、ご家族のライフスタイルに合わせた「こだわりの住まい」に変わりますよ。

■ 設計コンセプト

  • 建物の状況を把握し、寿命を延ばした上で、大切な家族を守る、シェルターとしての家づくり
  • ほっと落ち着ける、飽きのこない空間づくり
  • 自然素材をさりげなく使い、安全で心地よい住まい
  • 家族が楽しく集う、広く明るいリビングキッチン
  • 収納を充実させ、お部屋はすっきりとシンプルに
築30年のお住まいが、末永く安心して暮らしていただく住まいに!耐震補強の様子です。

耐震補強

バランスが大切

建物の一番大事な箇所は、「目に見えない部分」です。

まずは、建築士である塩谷による耐震診断を行い、その結果に基づき最善のプランをご提案しました。

耐震計画で大事なことは、「バランス」です。

固めるだけではなく、バランス良く「耐力壁」を設ける事で、「粘り」がでできます。

耐震補強 工事の様子

築30年のお住まいですから、補強が必要な箇所が多くありました。 心もとなかった梁と柱は、全て新しく入れ替えました。

梁と柱を新しく入れ替えました。

梁を補強するために、鉄骨を組み込みました。 写真中央の赤い鉄骨がその部分です。

柱と梁のつなぎ目には、金物で耐震補強を施しました。

耐震補強システム金物

コボット

家の中心に位置するこちらの柱。これを無くしてしまうと、家の強度が損なわれる為、撤去することが出来ません。

そこで、残したままでも柱がインテリアのアクセントになるように、クロスを張って化粧柱にし、残した二本の柱を繋いで耐力壁の役割を果たしてくれる「コボット」を設置しました。

オープンな空間を実現しながら、耐震リフォームを行う際に活躍してくれる、便利で優秀なステンレス製の金物です。

リビングの中心にありながら、ちょっとユニークなインテリアとして、空間に馴染んでいます。

コボットの詳しい説明はこちら

見えない部分に

耐震補強金物

金物を適宜に応じて使用し、構造用合板で補いました。

木材の優れた特性を活用し、耐震強度を大幅にアップさせることができます。

耐震金物の詳しい説明はこちら

断熱材

ペットボトルの再生品

築30年ということで、断熱も今のお住まいに比べると足りない箇所がありました。

今回採用した新しい断熱材は、ペットボトルの再生品パーフェクトバリアです。

パーフェクトバリアは、人体に無害で発がん物質が一切なく、車のエンジンルームに使用されるほどの吸音性をもっています。

パーフェクトバリアの詳しい説明はこちら

床下の湿気対策

床下用換気扇

床下の湿気は、住まいを傷めるだけではなく、人の健康にも悪影響を及ぼしかねません。

効果的に自動運転で湿気を排出し、建物を保全するためには、床下換気扇がおすすめです。
電気代も1ヶ月約77円と、とても経済的です。

室内換気

ロスナイ

家族が集うリビングには、三菱電機の「ロスナイ換気」を設置しました。

ロスナイは、お部屋の空気を清浄し、結露やカビを仰制し、熱エネルギーのロスがありません。

三菱電機のサイトはこちら

家族が楽しく集う、広々と明るいリビングキッチン

リフォーム前のお部屋の様子

築30年のお住まいは、古めかしさが目立ちました。

お部屋の間仕切りをとりはらい、広々と明るいリビング・ダイニング・キッチンに!

リフォーム前は、続きの間の和室がある2部屋の間取りでした。全ての壁を撤去し、天井は吹き抜けの仕様にしました。
サッシも全て断熱サッシに交換し、新築を超える仕様です。

無垢フローリング(ナラ)
壁・天井 エコクロス
建具 無垢の建具(きわざシリーズ)

落ち着いた空間の中で、ゆったりとご家族でお時間を過ごしていただけるリビングです。

リビングの中に、自然にキッチンをとけ込ませ、奥様には、お食事の準備や後片付けの時にも、お給仕をしながらご家族との会話を楽しんでいただく事ができる空間を造りました。

オープンながらも、エリアを区切ったキッチン

リビングと一体感がありながら、視線をさえぎるキッチンスペース

最近はすっかり主流になった対面キッチンですが、築30年くらいのお住まいですと、 壁付けの場合はほとんどです。こちらのお住まいも、リフォーム前は壁付けのスタイルでした。

今回のリフォームで、リビングと対面のキッチンスペースとなりました。 奥様にとって毎日欠かせないお給仕の時間を、 ご家族との一体感を感じながら過ごしていただけるようになりました。

リフォーム前のお部屋の様子

開放感のあるキッチンは、ご家族とのコミュニケーションを楽しめる利点はありますが、お客様がいらした時には視線が気になるものですね。
そんな気になる手元を隠す為に、キッチン背面に小さな壁を造りました。

この小壁の上にはカウンターを設け、調理の補助スペースとして活用いただけるようにデザインされています。これで、少し洗い物がたまってしてもリビングからの視線をさえぎることができます。

システムキッチン TOTO スタイルF
キッチン収納 カウンタータイプの引き出し式キャビネット
コンロ IHクッキングヒーター
コルクタイル

既存の梁と柱を活かし、インテリアのアクセントに!

撤去できなかった柱は化粧を施し、既存の梁はそのまま活かしてお洒落に演出

リフォーム前のお部屋の様子

梁はインテリアのデザインに!

吹き抜けの空間にと計画していたスペースから、立派な梁がでできました。 木材は、経年で色が深い色に変わってきますので、こちらの築30年のお住まいの梁も、味わいのある色合いに変色していました。

そこで、お客様のアイディアで、この梁をリビングのアクセントに使われたいとのご意見を頂き、梁をむき出しにしたデザインに変更することになりました。

自然塗料で塗装処理をして、リビングのインテリアとして楽しんでいただく空間が完成しました。

撤去できなかった柱は化粧をしてお洒落に!

構造上、撤去することの出来ない柱がありましたが、そちらには化粧を施し、インテリアのアクセントにしました。

柱と柱の間の建物の強度を保っていた壁は、耐震金物コボット で補強することで、デザインを損なわないようにしています。

建物を守る為に防水性を高めた外部 と 「燃えない木」のベランダ

建物を守るためには、水と上手につきあう事が大切

築30年が経過していたため、だいぶ傷んでいた防水コーティングを、綺麗にやり直す事になりました。

リフォーム前の外観とベランダ

外壁には、燃えない木

外壁は塗装仕上げです。ベランダには、アクセントに「燃えない木」を張りました。

この燃えない木は、「ウイルウォール」という製品で、日本初「裏当てなし+木材単体」仕様。準防火構造・防火構造・準耐火構造45分・準耐火構造60分の国土交通省認定を受けている商品です。

燃えない木の詳しい説明はこちら

エコロジーな防水「リボールマイティー」

建物を守るためには、「水」と上手に付き合うことが大切です。

屋根のチェックも大切ですが、お部屋の上にあるバルコニーにも既存の防水を撤去して、「リボールマイティー」という、FRP防水を施しました。

リボールマイティーは、エコロジーの面からも、性能的にも、最高水準の防水技術です。

ご家族のプライベートルーム

主寝室

主寝室にはロフトを!

ロフトのある主寝室

主寝室は、できるだけスペースを最小限に設けさせて頂きました。
但し、収納力を高める為に、主寝室の天井部分にロフトを造りました。

リフォーム前も洋室だったこちらのお部屋ですが、築30年のお住まいは、洋室も少し古めかしさが目立ちました。

そこで、床を無垢材に張替え、壁を真っ白なエコクロスで仕上げる事で、 明るく開放感のあるスペースに生まれ変わりました。

奥には納戸がありましたが、無垢の建具に取替え、クローゼットに変身です。

リフォーム前

無垢フローリング(カバ桜)
壁・天井 エコクロス
建具 無垢の建具(きわざシリーズ)

お子様の洋室

2階の子供部屋-1

2階の子供部屋-2

2階はお子様のプライベート空間です。2部屋とも同様の間取りにしました

お部屋の空間は、シンプルなデザインにし、既存の柱を利用して、たっぷりと収納いただけるクローゼットを造り付けしました。

お子様は成長されていく過程でどんどん荷物が増えていってしまうものです。 共有部分の廊下にも収納スペースを設けさせて頂きました。

アイディア小窓

リビングの吹き抜けに隣接する、2階の子供部屋に小さな窓を造りました。 この小窓を開けていただくと、1階のリビングが見えます。

1階のリビングには、蓄熱暖房器が設置されています。
蓄熱暖房器は、割安な電気を利用して、暖房器本体の蓄熱体に熱を蓄え、昼間に放熱してくれるシステムになっています。
蓄熱暖房器は、24時間心地よい暖かさで過ごすことができる、経済的で、体にやさしい暖房器です。

1階にある蓄熱暖房器の暖かい空気が、2階のこの小窓から循環して入ってくることで、子供部屋も冬は暖かく過ごせることでしょう!
機能性も兼ね備えた便利なアイディア小窓ですね。

子供部屋には小窓を。小窓を開けるとリビングが覗けます。

リビングの吹き抜けと隣接している子供部屋

子供部屋からリビングが見えます

2階の廊下部分

共有の収納

リフォーム前

快適に暮らしていただくために、たっぷりの造り付け収納スペースを!

暮らしをシンプルに

暮らしをシンプルにしていただけるように、隠す収納を基本にし、 造り付けの収納をたっぷり設けました。

それぞれの収納は、用途にあわせて寸法を計り、オリジナルで作らせていただいたものです。

すっきりと収納できるお部屋は、落ち着けて、ゆったりと時間を過ごしていただくことができますね。

リビングのクローゼット

奥様の身の回りのものを収納していただくために、リビングに一間のクローゼットを設けました。

リフォーム前

主寝室

主寝室の天井裏には、ロフトを設けました。 普段お使いにならないものや、衣類など、たっぷりと収納していただけるスペースが確保できました。

ロフトにつながる階段

2階洋間

2階の洋間二部屋にも、既存の柱を活かして、クローゼットを設けました。 このクローゼットがあれば、家具は必要ありませんね。

2階の洋間(2部屋)

小物収納

2階とリビングに小物を収納する棚を設置しました。

床下収納

キッチンには断熱タイプの床下収納庫を取り付けました。

階段下収納

階段下スペースも有効利用します。

水まわりにもアイディアがいっぱい!

毎日使う水まわりは、すっきりと清潔に!

トイレやお風呂、洗面室といった水まわりも、すっきりと清潔に使えるよう工夫しました。

トイレ

窓のないトイレには、天井部分にガラスブロックを埋め込み、玄関ホールからの光を取り入れられるように工夫しました。

リフォーム前

浴室

浴室にはユニットバス「TOTOバスピア」を採用しました。

リフォーム前

洗面脱衣室

脱いだ衣類や入浴時のタオルなど、 そのまま洗濯できる便利なレイアウトです。

リフォーム前

玄関ホールと階段

玄関

充実した収納を持つ玄関スペース

明るくモダンな玄関スペースになりました。

リフォーム前

階段

階段は中央に配置

階段は全体の間取りの中央に設置し、お二人いらっしゃるお子様の子供部屋もすっきりと区切る事ができました。

少し前の家は、今の家ほど階段もゆるやかではありませんでした。こちらも築30年のお住まいですので、リフォーム前は少し勾配の急な階段でしたが、 新しくお住まいになるにあたり、ご家族皆様が安全に昇り降りしていただけるよう、 緩やかにかけ直しました。

リフォーム前

オール電化で、安心・安全な暮らしを!

オール電化 仕様

こちらのお宅は、ガスを一切使用しない、「オール電化」仕様にしました。オール電化は、家中のエネルギーを全て電気でまかなうライフスタイルです。

ご家族の安全はもちろんのこと、地球環境にも配慮した仕様です。高機能なオール電化生活は、暮らしを快適にしてくれます。

エコキュート

IHクッキングヒーター

取材担当
鳥越亜紀子

取材担当者からのコメント

築30年のお住まいが新築同様になった、こちらのリフォーム。 リフォーム 前に取材に伺った時とは、見違える住環境に変身していました。

一つ一つの素材を拝見していく度に、お施主様のこだわりや、住空間に対する思いがうかがえます。
一歩足を踏み入れると、自然素材いっぱいの空間がなんだか居心地がよく、気持ちを落ち着かせてくれました。

家族みんなが楽しく団らんされる大空間のリビングは、壮大ながらも、温かな空間です。
長期間の工事にご協力下さいましたお施主様に感謝させて頂くこと共にお礼を申し上げます。 有難うございました。

リフォーム事例スケルトンリフォーム

最新のリフォーム事例

コンパクトで居心地の良い7坪の家

コンパクトで居心地の良い7坪の家

なんと、【7坪】。1階と2階合わせても11坪に満たないお住まいをフルスケルトンリフォームしました。 思い出の詰まった家が、親子2人が居心地よく暮らせる快適空間に大変身する様子をご紹介します。

築52年・今の趣を活かして、安心で心地よい住まいへ

築52年・今の趣を活かして、安心で心地よい住まいへ

「今の住まいはとても気に入っているけれど、地震が心配なのと、夏の暑さ・冬の寒さが気になる」と言うS様。 今の建物の趣を残したまま、地震に強く安心で、一年中ずっと心地よい家を実現することになりました。

リフォームで暮らしやすく快適に!シニア世代の3階建て住宅

リフォームで暮らしやすく快適に!シニア世代の3階建て住宅

生活スタイルの変化に合わせて、築30年の木造3階建て住宅をフルスケルトンリフォーム。 耐震、断熱、バリアフリーも考慮した、ご夫婦2人でずっと快適に暮らせるお住まいの完成です。

築95年の長屋を「もう一つの我が家」にリフォーム

築95年の長屋を「もう一つの我が家」にリフォーム

なんと築95年になる長屋のリフォームです。1階をスケルトンに、2階を内装リフォームして、セカンドハウスを実現! いずれは終の棲家になる「もう一つの我が家」が完成するまでをご紹介します。

このエントリーをはてなブックマークに追加