TOP > リフォーム事例  > スケルトンリフォーム > 建坪8坪の一戸建て、全面リフォーム ~ご夫婦お二人のお時間をゆったりと過ごしていただくために~

お子様が独立後、ご夫妻がセカンドライフを過ごす為の住まいにリフォーム!


リフォーム
アドバイザー
塩谷 理枝

お子様が独立されたのをきっかけに、今までお住まいだったマンションから、持ち家である、こちらの一戸建ての木造住宅に引っ越されることになり、1階・2階・外部と、全面リフォームのご依頼をいただきました。

木造2階建てのこちらのお宅は、建坪が8坪、述べ床面積は16坪(約53平米)と、前にお住まいだった4LDKのマンションよりも狭くなってしまいますが、その中でも、ご夫婦お二人の暮らしをゆっくりと快適に楽しんでいただけるように、プランニングいたしました。

30年ほど前の建物ということもあり、1階、2階ともに間取りが細かく仕切りがされていましたが、間仕切り壁を撤去し、広々した間取りにしたことで、明るくて開放感のあるお住まいに生まれ変わりました。

ハウスデータ

■ 築年数
築 28年(リフォーム当時)
■ 住宅仕様
2階建て 木造住宅
■ リフォーム内容
・1階 2階
全面のスケルトンリフォーム
■ 地域
東京都江東区

■ 今回のリフォームを経て、こんなお住まいになります! ■

ご夫婦お二人のお時間を
ゆったりと過ごしていただけるお住まいに

耐震

今回のリフォームで住まいの老朽化を改善し、耐震性を強化します。

間取り

お子様が成長され独立されたのをきっかけに、不要になった子供部屋をなくし、広々としたリビングを設けてより使い易く、ゆとりある間取りにします。

安全

ご夫婦お二人の将来の事も考えて生活導線にも配慮しながら、バリアフリー仕様にします。

断熱

冬が少し苦手な奥様の為に、冬暖かく、夏は涼しい住環境にします。

収納

お荷物の多いこちらのお宅、たっぷりとした収納スペースを設けます。

間取りのご紹介

リフォーム前の間取りです。

お子様も既に独立され、今後ご夫婦お二人でお住まいになるには部屋が小さく区切られたこの間取りでは 少しばかり使い勝手が悪いようです。

お部屋は和室が中心で、明るく洋風にされたい、というのもお二人のご希望でした。


以前は、1階にキッチンや居間のパブリックスペース、2階はプライベートスペース、という間取りでした。

今回の全面リフォームでは、建物を骨組みだけのスケルトン状態にする事で、水周り関係の間取りを変更することが可能です。

ゆったりと開放的で、明るい空間を実現する為にパブリックスペースであるリビングダイニングを2階に変更しました。

更に、最も大切な一戸建ての耐震性も確保し、インテリアには木の温もりも感じられるような住空間をデザインします。

●日当たりも良く!

K様邸は、お隣のお宅との隙間がほとんど無く、1階は日当たりがあまり良くありません。そこでリビングを2階にすることで、明るくて開放的な空間が実現します。

●デメリットも考えて計画する必要があります

2階をリビングにすることで、

・玄関に出る都度都度に、階段の上り
下りをする必要が出てくる
・買い物をした食材を持って2階に上がる機会が増える

といった点が出てきます。
ドアホンで対応できるようにしたり、階段の傾斜をなるべくゆるやかなものにする必要があるでしょう

リビングを2階にするメリットとは?

●耐震面で安心

極力、間仕切り壁の無い、ゆったり過ごせる開放的なリビングを、とお考えだったK様。加えて、8坪という限られた広さなので、広い空間にするためには2階をリビングにする方が耐震的に都合が良いという理由がありました。

今回の、K様邸のような大空間を1階に持ってくると、1階が2階よりも耐震強度が弱くなってしまうからです。
2階をリビングにしたのは、1階、2階のバランスを取りながら耐震性を高める為の対策でもあるという訳です。

■ 築30年でも今の家に負けない機能を持った建物にします

●耐震補強

こちらのお宅は、築28年。築年数が積み重なれば、建物の老朽化は避けられないものです。

痛んだ箇所をチェックし改善しながら、現在の一戸建て住宅の基準であるレベルまで、耐震性を持たせる為、梁や柱、土台の強度を高めました。

将来も安心して暮らしていただくには、このような耐震補強もしっかり行う必要があります。

●断熱も!

一戸建てのこちらのお住まいには、断熱材が入っていませんでした。断熱材が無いと、外気が建物の中に入りやすくなり、夏は暑く、冬の寒い家となってしまいます。

今回、スケルトンの全面リフォームにより、床、壁、天井に断熱をしっかり入れ、外気温の影響を受けづらいお住まいになりました。

■ 使用した自然素材は

●無垢フローリング(カバ桜)

1階、2階とも床に使用したのは、明るい色合いが軽快な印象に仕上がるカバ桜の無垢フローリングです。
K様は、お掃除が楽な方が良いとのことで、UV塗装のものを選ばれました。

●自然塗料・リボスオイル

梁のカラー塗装、収納棚や階段の笠木といった木部の仕上げワックスには、ドイツ生まれの自然塗料「リボス」を使用しました。 100%天然素材のリボスオイルは、有害物質の発生や嫌なニオイが無く、安心ですよ。

■完成の様子■オープンな2階リビングダイニング

●吹き抜けの明るいLDKが実現!

2階に2部屋あった和室を一つの空間にし、広々と造られたリビングダイニングキッチンです。

大きな窓には、外からの陽の光がまぶしいぐらいに差し込みます。
独立されたお子様達が遊びにいらした時も、楽しく団らんをしていただける、とても開放感のある空間へとリフォームされました。

●吹き抜けで、更に広がり感を演出!

大空間というだけでなく、天井を吹き抜けにすることで、一層広がり感のある、気持ちのいい空間に仕上がりました。

吹き抜けのポイントその1
断熱環境も改善!

吹き抜けにすると屋根からの熱を受けやすくなるため、天井の断熱環境の改善が必要となります。
今回の全面リフォームにより、性能の高い断熱材が隙間無く入りました。

吹き抜けのポイントその2
シーリングファンで快適に空気が循環します

吹き抜けの天井にしたので、特に冬の寒い時期、上に暖かい空気が溜まりやすくなってしまいます。そんな時、シーリングファンを回すことで、空気を程よくかき混ぜてくれます。
夏の暑い時期も、シーリングファンを使うことで空気の循環が生まれ、涼しさを感じることができます。

●アクセントカラーでより映える空間に!

キッチンや建具、梁はコントラストカラーであるこげ茶で統一しました。 白い壁と無垢のフローリングの優しい色合いに濃い色のこげ茶色が映え、コントラストを楽しんでいただけます。

特に印象的なのはこの「見せ梁」です。
もともとの構造材である丸太梁を隠さず、あえて「表し」のスタイルにして、アクセントカラーになるこげ茶色の自然塗料(リボスカルデット)で塗装いたしました。

建築時の立派な梁です。痛みも無く、今後もまだまだ建物を支えてもらうこちらの梁、塗装によってインテリアの一部としても活躍してくれることになりました。

●ベランダがあったスペースもLDKの一部に!

リフォーム以前は、一角にベランダが設けられていました。K様がこれからお住まいになるにあたり、使用されないとのことでしたので、リビングと統合し、より広い空間にすることができました。

【撤去できない柱は上手く残しました】

耐震性を考えると、ベランダの柱は、撤去しては危険なため、残しましたが、その中で違和感が無いようにクロスで仕上げています。

●シーンによって使い分けられる照明

照明器具は、極力シンプルな物を選びました。

全体を照らすような大きな照明器具は使わず、スポットで光の効果をシーンに合わせて楽しんでいただけるよう、プランしました。

ライティングの使い方によって、白い壁にいろいろな表情が表れます。

●スタイリッシュな対面キッチン

一戸建ての全面リフォームで2階に移動したキッチンは、オープンな対面スタイルです。
近年のキッチンは性能が上がり、強力な換気扇、水音が響きにくいシンクを備えています。気になりがちなお料理中の「音」や「匂い」もリビングまで流れにくくなっています。

【奥様の選ばれたキッチンが、空間全体のアクセントカラーのきっかけに】

奥様が選ばれた、INAX製のエスプレッソブラウンカラーのキッチン。
この濃い茶の色を、空間のアクセントカラーにすることで、明るく軽快な中に落ち着きを演出してくれます。

キッチンの奥に同じ色の建具を使用したクローゼットが見えます。こちら、計画当初は白の建具にする予定でしたが、キッチンが決まった時点で、イメージを合わせる為に、変更いたしました。こちらは、奥様のアイディアです。

キッチン上を通る梁も、同じ色で合わせ、より一層アクセントの効いた素敵な空間となりました。

●IHクッキングヒーターで安全な暮らしを

IHクッキングヒーターは「火」を使わない為、小さなお子様や高齢者様には安全な設備機器です。
こちらのお宅も将来の事を考え、キッチンにはIHクッキングヒーターを採用しました。

直火でなくて、「炒め物は大丈夫?」と心配される方も多くいらっしゃいますが、IHクッキングヒーターは、熱効率もよく、省エネながら高火力なので、美味しく炒め物も出来上がります。

●ゆるやかに明るく架けなおされ、安全になった階段

以前は、勾配が急で、暗かった階段でしたが、スケルトンの全面リフォームによって、ゆるやかな階段に掛けかえられました。

2階をリビングダイニングキッチンにしたことで、階段の上り下りをする機会が増えます。ゆるやかな階段にすることは必要不可欠でした。

位置は、1階の玄関から、リビングの2階につながっています。

玄関から直結なので行き来もラクラクですし、来客があった際も、そのまま2階のリビングにお通しいただけます。

既存の窓に加え、もう一つ新しく窓を新設し、明るくオープンなイメージに仕上がっています。 ゆるやかになっただけではなく、かなり明るい階段となりました。

リビングとの間には、あえて壁を造らず、2階の大空間の一部として広がりを感じることができます。

■完成の様子■プライベートな空間になった1階

新しくなったK様邸は1階をプライベートスペースとして、寝室やお風呂、洗面脱衣室、トイレを設けました。

●1階でもプライバシーがしっかり確保できる寝室

壁や建具は白、フローリングはカバ桜の優しい色合いの落ち着いた寝室です。
リフォーム前は和室でしたが、随分印象が変わりました!

こちらの寝室、1階の道路に面した側となりますので、プライバシーを守るために、窓を上下に分け、ちょうど人の目が来る箇所に目隠しを設けました。

窓の大きさが小さくなってしまいますが、その中でも陽の光と風が充分に入るよう、工夫しています。下の細い窓も通風ができます。

●収納もたっぷりです!

たっぷり収納できるクローゼットです。
お手持ちのタンスを収納いただけるように設計しています。
上部には、パイプハンガーを取り付けお洋服を吊り下げていただくことができます。

巣立ったお子様達の思い出の品々や、キャンプの道具、衣類などを多くお持ちのK様。
大型の収納があれば、極力お部屋に物や家具が出ないで済みます。

●空いてるスペースを有効に

おやすみになる際には、足元の上の空間は必要ない空いているスペースになりますので、そこを有効活用!
この出っ張り、お隣の洗面室から使う収納のスペースなのです。
(写真左壁面の凹凸部分が収納スペースとして使われています。)

●玄関ホールも広々と感じられる空間に

玄関ホールも、お客様をゆったりとお迎えできるスペースにしながらも、 有効的にご利用いただけるスペースになっています

壁一面天井いっぱいまで造り付けした収納は、玄関収納としてだけではなく、衣類も収納していただける大型クローゼットになっています。

この大収納が、一戸建ての玄関ホールに広がりを与えてくれています。

玄関扉は、シンプルでモダンなデザインをお選びになられました。

●床断熱

一戸建ての1階は、床下からの冷気の影響を受けやすくなります。
以前は断熱が入っていませんでした。
そのままで1階を寝室にしてしまうと、特に冬、寒いお部屋になってしまいます。

1階の床には、全面リフォームにより新しい床断熱材を全面に敷き、暖かくお過ごしいただけるようになりました。

●水まわりは機能的でコンパクトに!

全面リフォームにより、浴室・トイレ・洗面室は、1階にまとめさせて頂きました。限られたスペースながらも、それぞれの水まわりのスペースにはこだわりがあります。

【収納充実の洗面室】
【雨の日も洗濯物が干せる「ホスクリーン」を天井に設置】

浴室と隣接している洗面室は、壁面にタオルや洗面セットなどを収納いただける、便利な小棚を造り付けしました。

また、雨の日には室内に洗濯物を干していただけるようにと、天井には「ホスクリーン」を取り付けさせて頂きました。

ホスクリーンは利用しないときは取り外すことができ、手軽に取り付けすることができるので、主婦の方々には大変人気の商品です。

【明るい色合いの浴室と
 広くなり明るくなったトイレ】

トイレは、階段下になるスペースを利用し、以前より広く使えるようになっています。
階段を降りてすぐの所の配置しており、2階から行き来しやすくなっています。

●バリアフリー

1階は、水周りや寝室、玄関ホールと、空間が仕切られていますが、段差無しのバリアフリーとなりました。

バリアフリー

ありがとうございました!

リフォーム計画中、プランニングのお打ち合わせには、いつも弊社事務所にご夫婦お二人でご来社下さっていました。お忙しい中お時間を下さり、有難うございました。

とても仲の良いご夫婦で、愛情いっぱいにお育てになられたお子様達のご様子を伺いながら、とても暖かみのある住空間を思い浮かべておりました。

そんなご夫婦の思いがたくさん詰まった今回の一戸建てのご住居の全面リフォーム、想像どおりのとても温かい住空間となったと思います。

これからの人生をご夫婦お二人で、楽しく幸せに暮らして頂けたら嬉しく思います。
この度はたくさんのご協力を頂きまして、本当に有難うございました。感謝申し上げます。

江東区で行った他の事例はこちら
株式会社エコリフォーム
このエントリーをはてなブックマークに追加