TOP > リフォーム事例  > 部分リフォーム > フローリングの和室 木のぬくもりに包まれた和の空間

ご夫婦のライフスタイルにあわせて

ご両親がお住まいだったお宅を、ご夫婦のライフスタイルにあわせてリフォームさせていただきました。
和のぬくもりを感じる個性豊かな洋室に仕上がりました。

品川区 N様 築15年 マンション

和室から木のぬくもりに包まれた洋室へのリフォーム事例をご紹介します。


リフォーム
アドバイザー
塩谷 理枝

品川区のこちらの事例は、以前、リフォームをさせて頂いたお客様の陶芸のお仲間ということで、ご紹介頂きました。
お二人で趣味を楽しまれる、ご夫婦です。
お話頂いたご要望を満たし、尚且つ私たちがお薦めの素材を一つ一つご提案させて頂き、ご納得頂きながら計画を進めさせて頂きました。
お打合せに何度もお時間を頂き、本当に有難うございました。

お施主様のご要望

  1. 和室を板の間に
  2. 明るい雰囲気に
  3. 身体に害のない自然素材を使いたい
  4. 収納はたっぷりとりたい

ご両親がお使いだった
あらたまった雰囲気の和室を
明るく軽快な和のスペースに!

床には、幅が広めの170mmで、厚さ 21mmの無垢(ムク)のパイン材を張りました。

オイル仕上げにすることで、肌ざわりの良さはもちろん、 調湿もしっかりしてくれます。

【リフォーム前】

●優しい光を通してくれる障子

今までは4枚の戸でリビングが仕切られていましたが、3枚のやさしい光を通してくれる障子に変えて、左側に壁を造り、 建具の引き込みのスペースを設けました。障子を引き込んでしまえば、リビングと開放的につながります。

【リフォーム前】

●内部撤去作業

少しもったいないのですが、もとの和室の内装を全て撤去し、新たに下地を組みなおしました。

天竜杉の無垢の引き戸

廊下への戸襖も、天竜杉の無垢(ムク)の引き戸に変えて、仕上げの塗装はあえてせず、オイルを塗って木目を存分に楽しんで頂きたいと思います。
時がたつほどに、味わいを増していくことでしょう。

【リフォーム前】

収納

【リフォーム前】

大きな収納は、お布団入れと、洋服入れになります。
下の空間は、ベットを入れた時に、足の方が納まるようにとの奥様のアイディアです。

木がふんだんに使われたお部屋なので、収納の建具は太鼓張りという、枠を付けない仕上げの襖で軽快な感じに、和紙はほんのり ピンク色を奥様にお選び頂きました。

壁紙は珪藻土クロスで仕上げています。
風合いの良さはもちろんのこと、調湿の機能を持つこのクロスは、快適な暮らしのお手伝いをしてくれます。


リフォーム
アドバイザー
塩谷 理枝

押入れ内部にもこだわりが...

衣類やお布団をしまっておいたら、「カビ」が生えてしまった!という経験はおありではないですか?
カビや湿気をよせつけない為に、内部は天竜杉を張りました。
見えなくなってしまう部分なので、節や赤身が多い板を使って、コストダウン!でも効果はとってもありますよ!

お台所のカウンターにも一工夫!

お施主様は趣味の陶芸作品をたくさんお持ちでした。

そこで、たっぷり収納できる食器棚をカウンターの下にあつらえました。

収納力とともにカウンターの巾も広がり、使い勝手がアップしました!

【リフォーム前】

●担当者より

お打合せ、工事中と、本当にたくさんのお心遣いを頂きました。

お気に入りの家具や陶芸に囲まれて、ここちよくお暮らしいただける事を願っております。

担当致しました、石田大工、エコリフォーム一同、深く感謝致します。

有難うございました。


このエントリーをはてなブックマークに追加