TOP > リフォーム事例  > 部分リフォーム > 自然素材リフォームでアレルゲンを軽減

自然素材でアレルゲンを軽減

ぜんそく、アレルギー、シックハウスの症状。
気になる室内の有害物質を遮断する自然素材をご紹介します。

江東区M様 築2年 マンション

■ 気になるアレルゲン ―お施主様の要望はこちらです

●新築マンションを購入して2年。 室内の湿気が気になるんです。

インテリア
コーディネーター
薄井 歩

アレルギー対策の事例をご紹介します。

新築マンションをご購入され、住まわれて2年のM様からお電話にてお問い合わせを頂きました。
お問い合わせ時のご相談内容は、「室内の湿気が気になるので、壁にエコカラットを貼りたい」との事でした。

●畳もアレルギーの原因になる?
早速、マンションにお邪魔して、詳しくご要望をお聞きしました。
3LDKのマンションで、リビング・ダイニングの隣に、約6畳の和室のある間取りです。

こちらの和室は、2歳になるお嬢様のお部屋としてお使いなのですが、お嬢様が少し喘息気味で、このお部屋でお昼寝をすると、咳がひどくなるので、畳も良くないのかもしれないとお考えでした。

奥様もアレルギーをお持ちで、シックハウスの症状なのかもしれないと心配されていました。

【リフォーム前の和室】

ワンポイントアドバイス

畳がアレルゲンとなっているケースは意外と多いものです。

【エコ表】
直接肌に触れる部分、畳表のイグサは農産物です。
イグサの生産過程で、工業水や化学肥料、農薬が多く使われて作った畳表を利用するとシックハウスの症状が現れてしまう方もいらっしゃいます。
私たち、エコ リフォームでは、畳をご提案させて頂く場合は、国産材である「エコファーマー栽培 エコ表」の畳をおすすめしています。

■ エコファーマーとは・・・
持続性の高い農業生産方式、「土づくり・化学肥料・化学農薬の低減を一体的に行う生産方式」を導入する計画を立て、都道府県知事の認定を受けた農業者をいいます。

ここ数年、中国産のイグサを使用している畳表も少なくありません。
中国は環境汚染が社会問題となり、農産物を生育する水源・土壌も汚染され、深刻な事態になっています。

エコリフォームでは、国産畳をお客様にお勧めしています。
「エコ表」は、より安全性を納得して頂くために、「生産者の顔・産地が分かる証明書と、農林水産省受託実績のある農薬検査機関の検査結果書」を、一人一人のお客様にお渡ししています。
何が正しく何が間違いなのか、あやふやにされてしまう現代です。お客様が心から納得できる畳をお勧めしたいのです。

■ 湿気対策とアレルゲンを抑えるご提案

M様へのご提案

●和室の床を、無垢のフローリング(パイン材)に貼りかえる

無垢の床材は、室内の湿度を調節してくれます。触った感じが気持ちいいので、お子様のお部屋にもぴったりです。

●和室の壁の一面にエコカラットを貼る

ワンポイントアドバイス

湿気が気になるなどの理由でリフォームをする場合、リフォーム箇所をまとめた方が、効果を実感していただきやすくなります。

■ リフォーム工事のポイント

和室の床を無垢の床に貼りかえる

M様邸の畳は、薄畳で、コンクリートスラブまでの高さが、28mmほどでした。
マンションの防音規定である、LL-45をクリアし、且つ、隣のリビングの床と高さを揃えるため、LL-45の防音性能をクリアした、メーカー品のフローリング製品(13mm)の上に、15mmの厚みの無垢のフローリングを施工しました。

【リフォーム前】

【リフォーム後】

メーカー品の上に無垢のフローリングを貼ったところです。リビングから段差なく繋げることができました。


●LL-45のフローリングはアウトレット品です

LL-45のフローリングは、色や柄は見えなくなってしまいますので、価格の抑えられるアウトレット品をおすすめしました。

価格はメーカーの定価の 1/3ほどでした。

●有害物質の発散を制御するバスコシェラック

シックハウスのような症状もみられたので、こちらのフローリングには施工前に「バスコシェラック」という自然塗料を塗りました。

ホルムアルデヒド・有害化学物質を発散する材料に塗ると、発散を抑制します。

「バスコシェラック」は、ラックカイガラという益虫(人に利益をもたらしてくれる虫のこと)から採取される分泌物から作られる天然樹脂を、食用のアルコール用材に溶かして塗料化したもので、人体に無害です。

薄いはちみつのような色がつき、美しい光沢が出るので、バイオリンなどの楽器の仕上げにも使用されているそうです。


バスコシェラック

LL-45のフローリングに、バスコシェラックを塗ったところ。
つやっとしています。
●無垢のパイン材を貼る

バスコシェラックで、LL-45のフローリングからの有害化学物質の発散を抑えたら、その上に、肌触りの良いパイン材の無垢フローリングを貼っていきます。

パイン材は無塗装のものを使い、自然塗料 「リボスの蜜蝋ワックス」で仕上げます。

●リボス蜜蝋ワックス グレイボ

自然素材の蜜蝋ワックスは木の呼吸を妨げないワックスですので、その調湿性能を十分に発揮してくれます!


リボス蜜蝋ワックス グレイボ

和室の壁一面にエコカラットを貼る

●優れた湿度調整機能のエコカラット

エコカラットはセラミックの特徴である多孔性質を利用し、梅雨時のジメジメや冬の結露を抑制するとともに、過度の乾燥も抑えます。

M様がお選びになったのは、「エコカラット シンプル フラット」です。

靴箱などの湿気とりにも役立ちますので、エコカラットの端材はM様にお渡しして、活用いただけるようにしました。

» エコカラットの詳細はこちら

■ 完成後の様子をご覧ください

まだ新しいマンションの一室ですので、他の壁のクロスは既存のままとし、和室のしつらえも残しています。
和の雰囲気にもすっとなじむようなタイプのエコカラットをお選びいただき、違和感のない雰囲気に仕上がりました。

【リフォーム前】


インテリア
コーディネーター
薄井 歩

工事をさせて頂いてから、一ヶ月後。お客様から嬉しいご連絡を頂きました。
これまでアレルギーで体調を崩されていましたが、アレルギーが治まったとのお知らせです。
こちらの事例でご紹介させていただいた様々な建材や工夫が、相乗効果として現れたんだと、何よりも嬉しいお知らせでした。
本当に、有難うございました。

リフォーム事例部分リフォーム

最新のリフォーム事例

築95年の長屋を「もう一つの我が家」にリフォーム

築95年の長屋を「もう一つの我が家」にリフォーム

なんと築95年になる長屋のリフォームです。1階をスケルトンに、2階を内装リフォームして、セカンドハウスを実現! いずれは終の棲家になる「もう一つの我が家」が完成するまでをご紹介します。

光と風が通り抜ける、自然派二世帯住宅

光と風が通り抜ける、自然派二世帯住宅

基礎や構造から見直して地震に強く、高齢のお母様も暮らしやすいバリアフリーのお家へ。 都内の住宅密集地の中でも、自然の風や光が感じられる快適で安全なお住まいが完成しました。

集中的な耐震・断熱で、ちょうどいいサイズのリフォーム

集中的な耐震・断熱で、ちょうどいいサイズのリフォーム

築50年の木造住宅を、ご両親がこれからもずっと安心して暮らせる住まいに。 予算内で「快適と安心」を手に入れるため、ワンフロアをスケルトンリフォームして、集中的に耐震・断熱施工しました。

住まいもお店も、まるごと安心快適な築60年の家

住まいもお店も、まるごと安心快適な築60年の家

台東区の築60年になる店舗付き住宅を耐震リフォームして安心に。 お店にも住居にも自然素材をふんだんに使い、ずっと快適にお暮らしいただける店舗付き住宅になります。

このエントリーをはてなブックマークに追加