リフォーム事例 >  木造住宅を耐震!/築50年の家が耐震性に優れた二世帯住宅へ【工事の様子】

築50年、耐震性に優れた二世帯住宅リフォーム 工事の様子をご紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加
木造住宅を耐震!/築50年の家が耐震性に優れた二世帯住宅へ【工事の様子】
木造の二世帯住宅リフォーム/耐震工事の様子です
三世代が笑顔で暮らす
快適二世帯住宅
S様邸リフォーム工事の様子です

1階が車庫、2階が住居の建物を二世帯住宅に!リフォーム工事の様子を詳しくご紹介いたします。

エコリフォームより

S様邸は、築50年の木造住宅です。
今までも大切に手を入れられながらお住まいになっていたので、外観からは大きな問題は見受けられませんでしたが、昭和30年代の建物であり、ピロティ形式(壁のない階をもった建物のこと)の仕様のお宅ですから、建物の構造を大きく改善する必要がありました。

ただ、見た目を綺麗にするだけではなく、完成してしまったら見えなくなってしまう部分に、特に力を入れるという工事となりました。

更に、外回りは敷地にめいいっぱいに建っており、隣地へは配管ひとつでも出す訳にはいきませんので、そういった点でも、必要以上に気を使いました。

簡単なリフォームではありませんでしたが、とてもやりがいのある仕事でした。


▼ていねいな解体作業が行われます

●スケルトンリフォームですから、柱や梁を残して解体です
S様邸は、柱や梁を残して一度すべて解体してしまう「スケルトンリフォーム」となります。
内装や建具、水周り機器などは全て撤去して、骨組みだけの状態になりました。

●下町ならではの「塔屋」の解体。
昔ながらの住宅密集地には、限られた中でスペースを有効活用するため、屋根の上にバルコニーを造り、そこへ続く階段室として「塔屋」が乗っている家が多くあります。

S様邸の屋根にも塔屋がありましたが、鉄製のため重量があり耐震的に良い状態ではないこと、老朽化が進み危険だったことから、撤去することとなりました。

かなりの重量があるため、最新の注意を払って少しずつカットしながら丁寧に撤去します。

●基礎の新設&補強のため、1階駐車場の床も解体します
S様邸は1階のほとんどが駐車場でした。
ベタ基礎のコンクリートは、建築された時代を考えると無筋基礎(鉄筋が入っていない基礎)のおそれがあり、その上に2階の荷重を受ける基礎を新しく施工するには不安がありました。

耐震性を考慮して基礎を新設することとし、既存のコンクリートを撤去したところ、やはり鉄筋は入っていませんでした。
厚さ15センチほどの基礎は、専門の業者に解体を依頼し、3日かけて解体しました。
【!】解体してみてわかった問題点
▼築年数の長い戸建て住宅は「壊さないとわからない問題点」があるものです
事前の現地調査や、お客様からお聞きするお話で、ある程度の予測はいたしますが、実際に解体してみなければわからない問題点も多々あります。
ご契約前の段階で、お客様の家をあちこち壊して確認するわけにはいかないので、仕方のないところです。

戸建て住宅、特に築年数の長い木造住宅になればなるほど、それは顕著になってきます。

そこで明らかになった問題点をどのように解決して、安心・安全な耐震性に優れた家にするのか、建築士の私、塩谷と担当大工で最善の対策を考えます。この部分が、実はとても大切なプロセスなのです。

お客様にも、工事中の現場で現状をご覧いただき、ご納得の上で工事を進めております。

S様邸の場合は・・・

◆材木の使用料と耐震設計の問題
昭和30年当時の建築としては問題ない施工方法だったとしても、現在の木造住宅のやり方とは随分違います。
まず、材料の大きさと使用量が、今の基準で考えると極端に不足していました。

耐震設計も、現在とは比べ物にならないくらいに脆弱でした。
その状態から現在の基準に乗っ取った安心な木造住宅に近づけるべく、補強の方法を検討しました。

◆「土管」のままだった配管の問題。
水道の配管なども、解体してみないとわからないものの1つです。
S様邸では「土管(どかん)」という昔の排水方法のままでした。
全て撤去し、新しい配水管にすることになりました。

更に、電気、ガスの配線も昔のままで、現代の生活に対応できるものではありませんでした。
特に電気量は、昔と今では比べ物にならないくらい変わっているので、取り替えないと危険です。
こちらも全て新しくすることになりました。


1階部分の工事の様子です


1階部分は柱のない「ピロティ形式」でした
S様は以前、運送屋さんを経営しており、1階はトラックの駐車場でした。

木造住宅の場合は、最下階となる1階の耐震計画が重要となります。
こちらのお宅のような柱のない空間は「ピロティ」と呼ばれており、駐車場としては便利ですが、地震への対策という面では万全とは言えません。

今回の計画では、1階の中心部分に耐力壁を配置し、その耐力壁を強固な基礎で受ける事としました。

▼1階の基礎工事

●基礎工事の目的は、信頼できる基礎にすること
基礎は、建物を支え、地震の揺れを最初に受け止める大事な部分です。上の部分で耐震をしても、土台の部分の耐震がしっかりしていないと、家は破損してしまいます。

1階の基礎工事の目的は「信頼できる基礎」にすることです。

コンクリートの土間はおそらく無筋基礎(鉄筋が入っていない基礎)と予想されたため、コンクリートを撤去して新たに地盤から改良、配筋をして、新築並みの耐力を持たせます。
また、今まで建物を支えてきた両端部の基礎も、手前に新しく増打ちして更に強固なものとします。

●既存の基礎の撤去
既存の基礎は一見しっかりしたコンクリートのようでしたが、解体してみて無筋基礎ということがわかりました。
下にはくずレンガが敷いてあり、割栗石など入っていない土間でした。

新しい基礎が立ち上がる底辺部まできちんと撤去して、ここに新しい基礎を造ります。

●割栗石と防湿フィルムの敷きこみ
解体した土間に、割栗石を転圧(重量や振動によって固めること)しながら敷きこみます。

割栗石とは、基礎や土間コンクリートの下に敷きこむ、12~15cmほどの砕石のことです。
割栗石を敷くことで頑丈な基礎が出来上がります。

割栗石の上に、建物の床下からの水蒸気が室内に入るのを防ぐ「防湿シート」を敷きこみます。

●鉄筋
異形鉄筋D-13(鉄筋が13mmの太さのもの)を200mmの間隔で並べ、立ち上がりも300mm。
現在の主流の基礎と同等の筋力を持たせます。

上から丁寧にコンクリートを流し込み、新しいベタ基礎が出来上がりました。

●完成です
ベタ基礎が固まったら、次は立ち上がり部分の型枠を設置します。
型枠の中には、鉄筋と結束したアンカーボルトが取り付けられています。

コンクリを流し込み、固まったら完成です!
見るからに耐震性の高そうな、頑丈なものが出来上がりました。

S様邸の基礎工事は、弊社の親会社である「塩谷住宅建築」が、木造住宅の新築工事でいつもお世話になっている「アルファ基興」さんのべテラン社長さんが、自ら施工してくれました。

信頼のおける職人さんはありがたいものです!

▼1階の木工事

●表から見えなくなるからこそ、重点的に施工します
駐車場としてお使いだった、柱の無いガランとした1階部分に住居部分を新設します。
「国産材」の真新しい柱や梁、土台が設置されます。ここだけ新築工事のようですね!

完成時にはほとんど目にはふれない部分となってしまう躯体の工事ですが、見えなくなるからこそ、重点的に施工いたします。

●耐力壁をバランスよく配置
地震に強い家になるように、的確な耐震計画に基づきバランスよく配置された「耐力壁」は、斜めの筋交いが取り付けられます。

写真は既存の壁に斜めの筋交いを入れて、更に耐力を持たせたところです。

●適切な耐震金物の取り付け
土台と柱、梁と柱などの接合部分には、地震による引っ張りの力に耐えるための「耐震金物」を取り付けます。

●断熱材で気密性・防音性アップ
昔ながらの木造住宅は、断熱効果はほとんど無いといって良い状態の場合がとても多いのです。
S様邸も例外ではなく、大きなご希望の一つが、冬の寒さを何とかしたい!という事でした。

今回、床、天井、壁に丁寧に断熱材を施工し、気密性アップ!冬の寒さ、そして夏の暑さも解消です。

こちらで採用した断熱材は、断熱性能に優れるだけではなく、防音性能にも優れています。
S様邸は二世帯住宅ですから、それぞれの世帯の生活音によるストレスも軽減されます。

●信頼のおける国産材を使用しています
S様邸は、国産材にこだわった木造住宅となります!

材料は、新築工事でいつもお世話になっている、和歌山の「山長商店」さんから構造材を仕入れさせてもらいました。
土台はヒノキ、柱は紀州産の杉、間柱、筋交いも国産材を使用します。

信頼のおける材料を、信頼のおける大工さんに刻んでもらい、補強をかけていきます。

■耐久性のある良材です。強度、等級が目でわかるように刻印されています。
Eは木材の強度を示す数値です。ヒノキの全国の強度標準は70~90ですから、150はかなり強いということです。
SDは木材に含まれる水分のパーセンテージです。乾燥が不十分ですと、後々狂いが出てくる事があります。こちらの材は15%と安心な数値です。

なぜ国産材が良いのでしょう?
国産材は、品質の高さはもちろんのこと、出所がはっきりしているから安心というのも大きなおすすめポイントです。

海外の材は特に中国産が多く、製品になるまでの過程がはっきりしていません。
木材は、実際に出荷するまでに長い間乾燥をさせなければならないのですが、海外の材ですと、そういった過程をしっかり踏まえているのかはっきりわからないのが現状なのです。

私たちは、お客様の家の一番大切な構造部分に、過程がわからないものを使用することはありません。安心して暮らしていただくために、質が高く、出所のはっきりした材を使用いたします。

木造住宅のプロとして長くやってきた経験から、いつも信頼のある材にこだわりたいと考えています。

▼水道工事
水道管は、解体してみないとどのような状況になっているか、判断することができません。

S様邸を解体すると、水道管が昔ながらの土管のままだったことがわかりました。
かなり経年しており、水漏れも発生しておりましたので、新しい管に交換することになりました。

写真でもおわかりいただけるように、水道工事をするとなると、かなり大がかりになります。
ご近隣様には改めてご挨拶させていただき、工事を行いました。

こちらは、追加工事となり料金が発生しましたが、このような場合は必ずお客様にも現場をご確認いただき、対策についてご相談させていただきます。
築年数の経った家の場合はよくあるケースです。

2階部分の工事の様子です

●2階もしっかり耐震補強
見えなくなる部分をしっかりと補強することは、1階と同じです。

昭和30年代に建築された木造住宅のS様邸は、当時としては問題の無い家だったと思われますが、現代の新しい耐震基準から見ると、耐震設計も材料も心もとないものでした。

現在の耐震基準に合った、安心できる木造住宅になるように、大幅に補強をかけてゆきます。

建物の耐震強度を高める上で大事な筋交いは、既存のものを使用せず、新しい耐震計画にのっとり全て新たに取り付けています。

●2階もしっかり耐震補強
見えなくなる部分をしっかりと補強することは、1階と同じです。

昭和30年代に建築された木造住宅のS様邸は、当時としては問題の無い家だったと思われますが、現代の新しい耐震基準から見ると、耐震設計も材料も心もとないものでした。

現在の耐震基準に合った、安心できる木造住宅になるように、大幅に補強をかけてゆきます。

建物の耐震強度を高める上で大事な筋交いは、既存のものを使用せず、新しい耐震計画にのっとり全て新たに取り付けています。

●二世帯住宅ならではの配管工事
こちらのお宅は二世帯住宅なので、全ての設備が倍になります。
2階からの上下水道の配管や空調設備の配管計画も、しっかり計算して設計し、工事を行います。

せっかくスケルトンリフォームするのですから、外から見てズルズルと配管が露出するのはみっともないものですよね。
きちんとパイプスペースを取り、エアコンの冷媒管やドレン管、排水の設備配管なども納めました。

●断熱工事
夏の暑さ対策には、2階の屋根の断熱は不可欠です。
しっかり断熱材を敷き詰めます。
外壁の工事の様子です
建物の美観を高め、これからの経年に耐えるようにするため、外壁の工事も行いました。

S様邸は、隣家と接していない面はモルタル塗装でしたが、隣家とギリギリに接している2方向は、昔ながらのセメント防火板のまま。上からの塗装をすることはできません。

そのため、それぞれ別の方法で補強を行いました。

●モルタル面の壁面工事
隣家と接していない面のモルタルは、既に相当経年していました。
工事中、下地の施工の為に少し手を加えただけで、ポロポロと剥がれてきてしまうほどでした。

モルタル塗装の面は、下地に「ラスカットパネル」を施工します。
「ラスカットパネル」は、木造住宅でよく使用されるモルタル下地材で、耐震に優れている上に火災にも強く、更に防水性も高く、雨水の侵入を防ぎます。
お客様ご家族がこれからも安心して暮らしていただけるよう、しっかりとした仕上がりになりました。

剥がれてきてしまった塗装も、全て手作業で丁寧に剥がした上で、施工いたしました。

●セメント防火板の壁面工事
隣家と接しているセメント防火板仕上げの面は、変形シリコンを目地という目地に全て注入し、優れた耐久性と防水性を持つ外装仕上げ材「セラミクリーン」で仕上げを行いました。

モルタル仕上げこそできませんが、耐震強度はこれまでよりずっと上がりました!


築50年の木造住宅を耐震性に優れた二世帯住宅へ!S様邸、ついに完成です!!


フリーダイヤル0120-292-575

メール:info@eco-reform.com

営業時間 9:00~19:00(日曜・祝日定休)
お問い合わせフォーム 東京23区完全対応いたします

株式会社エコリフォーム 東京都江東区富岡1-22-29-2F/TEL 03-3641-4134/FAX 03-3641-4125

メディア掲載情報 フジテレビ「みんなのニュース」耐震特集
フジテレビ「みんなのニュース」耐震特集
テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」
テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」
BSジャパン「暮らしの学校」
BSジャパン「暮らしの学校」
新聞・雑誌・書籍でも紹介されました
新聞・雑誌・書籍

東京23区別のリフォーム事例はこちら>>足立区荒川区板橋区江戸川区大田区葛飾区北区江東区品川区渋谷区新宿区杉並区墨田区
世田谷区台東区千代田区中央区豊島区中野区練馬区文京区港区目黒区

facebooktwitterInstagramHouzz
© 2004 EcoReform inc. マンションリフォームはこちら