リフォーム事例 >  部分リフォーム >  車庫のある木造3階建ての耐震補強

1階が駐車場になっている木造3階建ての耐震補強リフォーム

このエントリーをはてなブックマークに追加
車庫のある木造3階建ての耐震補強
一見、変わっていないように見えますが、しっかり補強されているのがポイント!
このページは、ピンチアウト&インで拡大縮小しながらご覧いただけます。 このページは、ピンチアウト&インで拡大縮小しながらご覧いただけます。

お客様より

お客様より 耐震工事も無事に終了し改めてホッとしておるところです。

不安の無い家に住める安堵感は何にも勝るものになりました。
正直この心理面の変化はお願いするときに想像して居りませんことで耐震施工を終えたことのみならず、信頼のおけるエコリフォーム様にお預け出来た結果で有ったと心から感謝して居ります。

引き続き、メンテナンスなどお世話になるかと思います。
今後とも末永くお付き合い頂きたく宜しくお願い申し上げます。

ハウスデータ
 ■築年数14年
 ■住宅仕様木造3階建て住宅
 ■広さ建坪 15坪
 ■内容
  • 1階駐車場の耐震補強
  • 耐震補強に伴う、現況復帰工事
  • 2階床下断熱
 ■地域東京都大田区

1階が駐車場のため、地震に対して心配を感じており、ご相談くださいました。

H様より実際にいただいたメールです

メール 我が家は、平成7年で建売で購入しました。
都内と言う事もあり、15坪の3F建て、必然的に、
1F部分が駐車場のピロティ構造です。
築年数で考えれれば耐震の心配は要らぬところですが、構造上どうしても気になっており、
工事をして頂ける業者を探しておりました。


実際に拝見させていただきに上がりました

千葉さん

■ 担当:リフォームアドバイザー 塩谷より お客様とタカラショールームへ

H様のお住まいは築14年の木造3階建て住宅。
まだ新しいお住まいですが、1階が駐車場になっているピロティ形式の建物の為、心配があるとのことで、お問い合わせをくださいました。

早速、私、塩谷理枝と、施工責任者の塩谷敏雄でお伺いいたしました。

H様邸のような、1階に車庫を構えた木造3階建てというスタイルは、建物が密集している都内ではとてもよく見かけるタイプの建物です。
土地の事情を考えると、ある程度仕方がないところもありますが、やはり心配な形ではあります。

H様邸もやはり、お客様が予想されていた通り、駐車場になっている1階部分に補強した方が良いと思われる点がいくつかありました。

H様邸の建物が抱えていた問題点は以下のようなものでした


駐車場ということで、道路に面した部分が大きな開口部となっています

チェック 駐車場ということで、道路に面した部分が大きな開口部となっており、補強を行うべき状態です。

一級建築士 塩谷敏雄 東京都内は土地が限られますので、駐車場がなかなか確保出来無い上、賃料もかなりかかってしまいます。

その為、ある程度仕方が無い所もあるのですが、建物を支える上で最も重要な1階に大きな空洞があり、その為に壁が少ない、更に木造3階建て、という状態というのはやはり心配です。

建物は、開口部になっている部分が必然的に弱点となる為、もし何かあった時、建物はその「弱点」に向かう形で崩れます。
そして道路に面した面=避難経路となる重要な箇所です。

間違ってもこの部分が崩れてしまうことが無いように、耐震補強を行う必要があります。


2階を支える重要な壁の設置が正しくありません

チェック 2階と3階を支えるための、重要な壁の設置が正しくありません。

大きめの車も入れられるようにするためにという苦肉の策だったのでしょうか、本来であれば上階と真っ直ぐ繋がっていなくてはならない1階駐車場の壁が少し外側にずらして設置されていました。

この形では、上階からかかる力が分散されてしまい、それを支えてくれるはずの1階にうまく伝わりません。
弱い部分に力が集中して、危険な状態となってしまう形です。


建物を支える上で重要な箇所にある柱の強度に不安があります。

チェック 建物を支える上で重要な箇所である柱の強度に不安があります。

この柱は、建物にかかる力が集中する重要な柱なのですが、天井の点検口から確認させていただいたところ、取りつけの方法も不十分でした。
また、この柱を支える為の基礎もありませんでした。
建物を支える為、もっと強固な状態にする必要があります。

チェック もう一つの柱も補強する必要があります。

真ん中の柱ほど、力が集中している訳ではありませんが、点検したところ、やはり補強の必要性が見受けられました。


駐車場の上はご家族のお住まいなのでうが、断熱材が入っておらず床下からの冷気が心配です。

チェック 耐震の他、断熱性能の改善もした方が良いようです

駐車場天井の点検口より、構造の点検をさせていただいたところ、駐車場の天井(つまり上階居住部分の床下)に、断熱材が入っていないことが確認できました。

この上は、ご家族の居室となりますので、床下には断熱材を入れた方が快適性がグンと上がります。

そこで、以下のような耐震補強計画を立てました!





更に...
天井には断熱材を

一級建築士 塩谷敏雄 ■ 耐震診断ができない建物でしたが、慎重な判断のもと、責任を持って計画を立てました。

こちらのお住まいは木造3階建てですが、販売された会社さんが構造計算書を用意してくれていなかったとのことでした。

木造3階建てのお住まいは、構造計算書が無ければ、資料不足となる為に耐震診断を行う事が難しく、H様のお住まいの補強は、わたくし塩谷が、隅々までチェックした上での判断で計画を立てました。

この後実際に工事に入り、壁や天井を剥がしますので、そこで内部の状態を拝見させていただき、更に改善するべき箇所が見つかれば、状況に応じて対処をいたします。

耐震診断をすることができませんから、お客様にご不安が生じる事が無いように詳細な資料でよくご説明し、ご契約となりました。

実際の工事の様子です


工事の様子

木造3階建てのH様邸の耐震補強が、いよいよ着工となりました!
今回の工事は、1階の駐車場部分を中心に行います。

駐車場の壁や天井の外装を丁寧に解体いたします。


解体しないと見えなかった内部を点検し、そこで見つかった問題点を改善します。



駐車場ということで、道路に面した部分が大きな開口部となっています

チェック 筋交い金物の不足

「筋交い」とは、柱と梁、桁を斜めに結ぶ構造材のことで、この筋交いがあることで、そこが耐力壁となり、地震や強風などで受けるダメージから家を守ります。

しかし、壁と天井を剥がして確認したところ、その筋交いをしっかり固定する為の金物が不足していた箇所がありました。
改めて、筋交い用の耐震金物である「筋交いプレート」を取り付け固定しました。


駐車場ということで、道路に面した部分が大きな開口部となっています

チェック 金物(羽子板ボルト)の接合が甘い

写真は、梁と桁の継ぎ目をを固定する為の金物「羽子板ボルト」ですが、壁と天井を剥がして確認したところ、設置はしてあるのですが接合が甘い状態でした。

これでは、建物に負荷がかかった際には簡単に外れてしまいますので、しっかりと固定いたしました。


駐車場ということで、道路に面した部分が大きな開口部となっています

チェック 金物(アンカーボルト)の接合が甘い

アンカーボルトとは、建物と基礎をしっかりと固定する為の耐震金物で、これがしっかりはまっていないと、地震などの力がかかった際、建物が基礎から抜けてしまう恐れがあります。

壁を剥がして確認したところ、ボルト自体は設置されていましたが、接合が甘い箇所が見られましたので、全てきちんと固定を行いました。


駐車場ということで、道路に面した部分が大きな開口部となっています

チェック 2階ベランダからの水漏れによる木部の腐り

この部分は、ちょうど上がベランダであることもあり、水漏れが発生しており、構造材の一部が腐ってしまっていました。

痛んでしまっていた箇所は全て取り去り、新しい材と交換いたしました。


2階を支える壁の補強



駐車場ということで、道路に面した部分が大きな開口部となっています

図面左側、上階とうまく繋がっていない部分の壁面です。
この形状ですと、上階からかかる力が、うまく伝わらず、不安な状態です。

木造3階建てということで、上からかかる力が大きいにもかかわらず、この形になっていては何かあった時に支えきれません。

そこで、新しい耐力壁を基礎から作る事で上階をしっかり支えることができる壁となります。

その際、駐車場の空間が少し狭くなり、大型の普通車を入れるのが難しくなりますが、3階建ての建物を支える為には、やはりこの補強は必要です。

お客様ご自身、現在お車をお持ちで無いため、狭くなるのはかまわないとのお話ですし軽自動車であれば入る広さは確保されます。


基礎配筋

今回の補強で上階を十分支えられるような強固な壁を立てます。
まずは基礎から。13mmの鉄筋を設置し、それを囲むように基礎の形枠を作ります。
鉄筋が正しくしっかりと入っていないと、脆い基礎になってしまうので、ここはとても大事なポイントです。

基礎コンクリ

コンクリが流し込まれ、基礎が出来上がりました!

新規の柱&筋交い

新しい柱と筋交いで、耐力壁を形成します。

シロアリガード!

構造材の下部分が少し濃い色になっているのは、シロアリを防ぐ為の塗装がしてあるからです。

新規梁

新しい耐力壁と接合して、駐車場の入り口の開口部を支える為の、集成材の強固な梁も設置されました。

梁と新しい耐力壁をしっかり結合

新しい梁と新しい壁はしっかりと結合され、建物を支えます。

構造用合板

柱と筋交いを覆うように張られた構造用合板です。釘を決められたピッチで正しく打ち込みながら設置する事で、壁の耐力を更にアップすることができます。下半分の色が濃いのは、シロアリをガードする塗装を行っているからです。

金物で接合 防水シート

もちろん、梁と耐力壁は、専用の耐震金物で固定されています。
そして、万が一雨が入ったりする事が無いよう、防水シートも張られます。

新しいサイディング

防水シートの上から、化粧材であるサイディングが張られます。もともとある壁と違和感が無いよう、よく似たものを選びました。更にこれから、同じ色合いの塗料で塗って仕上げです。


駐車場のための開口部となっている面を補強する



開口部
開口部

塩谷さん 木造3階建の建物を支えるためには、やはり、建物の前面に大きすぎる開口部というのは無い方が良いので、 当初、この開口部を壁にすることをご提案いたしました。

ただ、お客様ご自身、将来、このお住まいをどのようにされるかまだ明確ではないとのことでした。
1階も居住部分に改築して、お客様後家族がずっと長くお住まいになるという選択肢と、中古として売ると言う選択肢もおありで、もし、中古として売る事になった場合、駐車場は塞いでいないほうが良いだろう、というお考えです。

そこで、こちらの開口部は、あえて塞がない状態のまま、建物を支えられるようにする補強をいたします。
強固な梁を設置し、左右の補強した柱としっかりと結合し、開口部を支えます。

更に、仕口ダンパーも設置する事になりました。
仕口ダンパーは、梁と柱の交点に取り付けるもので、地震の揺れを軽減、増幅を防ぐ「制震」の効果をもたらしてくれます。
揺れが軽減されるので、この部分に壁があるという状態に近い強度を持たせることが可能です。

設置する位置が、建物の前面という大変重要な箇所ですから、30センチタイプの大きなものを取り付けいたします。

建物を支える重要な柱を補強する

駐車場ということで、道路に面した部分が大きな開口部となっています

駐車場の開口部右側にある鉄柱は、建物を支える重要な箇所です。
ここは、上階を支える為に、とても大きな力がかかっています。

しかし、柱自体が細めに作られている上、この柱を支える基礎も無いのは、少し心配です。
そこで、この柱に今よりもずっと強度を持たせ、状態を改善するために、しっかりと補強いたします。


基礎の下準備

まず、この柱を足元で支える為の基礎から形成します。
型枠の中に設置した大きな金物は、この上に設置する予定の新規柱を固定する為のものです。

基礎完成

コンクリを流し込み、型枠を外します。
基礎が出来上がりました。

新しい柱を左右に設置

細い柱のままでは心配なので、左右に新規の柱を2本立てて、既存の柱1本、新規の柱2本、合計三本の柱をかませる形で、1本の太い柱にするのです。

接続部分に金物を取り付け

こちらは上部の梁との接続部分です。金物でしっかりと固定します。

構造用合板

更に構造用合板を四方に設置し、強度を上げます。
図解のように3本をしっかりと結合させました。

梁と固定

開口部に新しく設置した梁としっかりと結合させます。強固な柱と梁が、建物を支えます。

防水シート

水の浸入を防ぐ為の防水シートです。

サイディング

最後はサイディングで仕上げます。

駐車場の顔後部を補強する

仕口ダンパー設置

仕口ダンパー こちらの開口部には、木造3階建の建物をしっかりと支える為の梁を設置します。
左右には、同じく補強の為の柱も取り付きますので、しっかりと結合いたします。

更に、仕口ダンパーも設置する事になりました。
仕口ダンパーは、梁と柱の交点に取り付けるもので、地震の揺れを軽減、増幅を防ぐ「制震」の効果をもたらしてくれます。


補強した柱

開口部左側の壁、右側の柱を補強しましたので、その壁と柱を繋いで強固な支えにするための梁を、開口部上部に設置しました。

耐朽性に優れたレッドウッドの集成材です

新しく設置した梁は、レッドウッド(セコイア)の集成材で、耐朽性の高い、優秀な材木です。

柱と接合

補強をした柱にしっかり接合しました。

柱と接合

逆側、新しく造った耐力壁の柱とも接合しました。しっかりと接合した柱、梁で支えることで、開口部の強度を高めます。

金物で固定

接合部には、簡単に外れてしまわないように、接合金物を設置。

防水シート

雨水といった水分が構造に侵入してしまうと、シロアリの発生を招きますので、仕上げの前には必ず防水シートを張ります。

サイディング

その上から化粧のサイディングを張りました。

もとのサイディングとの継ぎ目が出来るだけわからないように張ります。

継ぎ目の部分の模様に違和感が出ないように丁寧に施工されています。
この後、塗装をして完成です。

仕口ダンパーの設置

仕口ダンパー設置

地震の揺れを軽減する「制震」効果をもたらす仕口ダンパーです


仕口ダンパー 仕口ダンパーは、梁と柱の交点に取り付けるもので、地震の揺れを軽減、増幅を防ぐ「制震」の効果をもたらしてくれます。

仕口ダンパーを設置する事で揺れが軽減されるので、この部分に壁があるという状態に近い強度を持たせることが可能なのです。

>>制震について詳しくはこちらで
>>仕口ダンパーについて詳しくはこちらで


仕口ダンパー

ここに隙間が開いていますが、これは仕口ダンパー用のものです。この位置は、梁と柱の交点になる「仕口」と言う箇所です。仕口ダンパーは、その名前の通りこの「仕口」に設置することで効力を発揮します。

仕口ダンパーの取り付け

仕口ダンパーが設置されました!

仕口ダンパー

地震の揺れを抑える、「制震」の効果があるこの装置を設置することで、この場所に壁があるのと同じような強度を持たせることができるのです。

梁と柱

こちらの黒い装置も、仕口ダンパーの仲間です。こちらも、梁と柱の交点に設置されました。

梁と柱

合計4つの仕口ダンパーが設置されました。


断熱材の施行



仕口ダンパー設置

断熱


断熱 駐車場の上は、上階の居室となっています。

通常の木造3階建てや2階建てですと、上階の床には断熱材が入っていない事もありますが、こちらのお住まいの場合、1階は駐車場=外、なので、その上階の床下(つまり駐車場天井)に断熱材が無いと、特に冬の寒い時期に、床下から外の冷気が上がってきてしまいます。

今回の工事で、補強をするために天井を剥がしましたので、断熱材も入れることができました。採用したのは、ペットボトルの再生で作られた、高性能の断熱材「パーフェクトバリア」です。

パーフェクトバリアは人体に害がなく、ペットボトルの再生ということでエコロジーです。
また、経年しても優れた断熱性能を長く保ってくれる優秀な断熱材です。大量生産の安価な断熱材の場合、経年して湿気を多く含むと、断熱性能が落ちてゆくのですが、このパーフェクトバリアは、湿気を含みづらい材質なので、長持ちするという訳です。



塗装仕上げ&左官仕上げ



サイディングを張りました

サイディングを張りましたが、このままでは色が違ってしまい目立ちますので...

塗装仕上げ

もとの壁に近い色で、塗装を行いました。
この色は、元の壁に似せて、特注で作成しているんです!白というのは難しい色で、「暖色系の白」「寒色系」の白でまったく印象が違いますし、微妙な調合の違いで、色合いがまったく変わってしまいます。
ここまで似た色を作成できるのは、プロの塗装屋さんの腕ですね。

完成!

後付けというのがわからないくらいに、自然で綺麗な仕上がりです!

天井も綺麗に塗装

断熱材を入れた天井も、仕上げの合板が張られ、元の色と同じ色で塗装されました。

基礎部分の左官仕上げ

新しく出来た基礎も、そのままでは不恰好なので、左官職人さんが表面を綺麗に仕上げました。


完成です!



仕口ダンパー設置

塩谷さん 10日の工期を経て、H様邸の耐震補強工事が完成いたしました。

工事前に比べて、駐車場の部分が、上階をどっしり支えてくれている印象になったのが見て取れます。

木造3階建てのお住まいということで、耐震診断ができないお住まいの為、通常のお住まいのように「構造評点(耐震診断で明らかになる建物の耐力を数値で表したものです)」は出せませんが、体感で、揺れの違いを実感いただけると思います。

駐車場で、居住部分ではない箇所の補強とはいえ、何かとご迷惑をおかけしたかと思いますが、お客様からは「耐震補強をして本当に良かった」というお言葉をいただきました。
この度は、ありがとうございました。


お客様より

お客様より 耐震工事も無事に終了し改めてホッとしておるところです。

不安の無い家に住める安堵感は何にも勝るものになりました。
正直この心理面の変化はお願いするときに想像して居りませんことで耐震施工を終えたことのみならず、信頼のおけるエコリフォーム様にお預け出来た結果で有ったと心から感謝して居ります。

引き続き、メンテナンスなどお世話になるかと思います。
今後とも末永くお付き合い頂きたく宜しくお願い申し上げます。


一級建築士 塩谷敏雄 【施工責任者/一級建築士・塩谷敏雄より】

この度は、ありがとうございました。
安心で安全な生活の為に私たちが出来る事を精一杯行いました。
木造3階建てということで診断を行わずに耐震補強、ということになりましたが、信頼して任せていただき、現在考えられることを全て行ったつもりです。

耐震工事はリフォームと違い、「工事を行ったという事を、後から見てわからなくする」ことがポイントだと思います。

住まいの安全性を上げる為に必要な工事ではあっても、後から補強の後が目立ちすぎると見た目としてはあまり良く無いことになってしまうからです。
確実な補強を行うと共に、外装の仕上げにもかなりこだわり、最終的に、良い形で仕上がったと思います。

ご信頼くださり、大切なお住まいを私どもにお任せいただき感謝いたします。
どうかこれから安心して暮らして行ける事を切に願っています。ありがとうございました。

木造の耐震補強に関してはこちらも合わせてご覧ください


こちらの他にも、東京23区内で行った耐震補強の事例を掲載しております。合わせてご覧ください。

ビルトインガレージのある3階建

ポイントを抑えて耐震&断熱

昭和30年代の木造住宅補強

1階が車庫の木造3階建て住宅

築35年の木造住宅を耐震補強

築60年の木造社屋を耐震補強

1階が駐車場の住宅を耐震補強

築50年の木造住宅耐震補強

シェルターを造る耐震補強

フリーダイヤル0120-292-575

メール:info@eco-reform.com

営業時間 9:00~19:00(日曜・祝日定休)
お問い合わせフォーム 東京23区完全対応いたします

株式会社エコリフォーム 東京都江東区富岡1-22-29-2F/TEL 03-3641-4134/FAX 03-3641-4125

メディア掲載情報 フジテレビ「みんなのニュース」耐震特集
フジテレビ「みんなのニュース」耐震特集
テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」
テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」
BSジャパン「暮らしの学校」
BSジャパン「暮らしの学校」
新聞・雑誌・書籍でも紹介されました
新聞・雑誌・書籍

東京23区別のリフォーム事例はこちら>>足立区荒川区板橋区江戸川区大田区葛飾区北区江東区品川区渋谷区新宿区杉並区墨田区
世田谷区台東区千代田区中央区豊島区中野区練馬区文京区港区目黒区

facebooktwitterInstagramHouzz
© 2004 EcoReform inc. マンションリフォームはこちら