リフォーム事例 >  スケルトンリフォーム >  築30年の鉄骨住宅を安心して暮らしを楽しむ家にリフォーム

築30年、鉄骨住宅のリフォーム

このエントリーをはてなブックマークに追加
築30年の鉄骨住宅を安心して暮らしを楽しむ家にリフォーム
見づらい画像等は、指で拡大・縮小しながらご覧いただけます。

ハウスデータ
 ■築年数30年
 ■住宅仕様3階建て重量鉄骨造住宅
 ■広さ1階+2階+3階
約34坪(112㎡)
 ■ リフォーム
  内容
  • 1階・3階のスケルトンリフォーム
  • 2階の内装リフォーム
 ■地域新宿区
お客様との出会い ~ホームページよりお問い合わせいただきました~
数年前に、中古で購入された、築32年(昭和55年建築)の鉄骨住宅にお住まいのK様。 ホームページをご覧くださって、お問い合わせいただきました。

ご夫妻がこの度のリフォームをお考えになったきっかけは、水周り設備の老朽化と、断熱についてのお悩みでした。

特に、夏になると最上階の三階が猛烈に暑く、活用できていない!ということに困っていらっしゃいました。

そこから、お二人でお考えになり、今後も長く快適に住むために、断熱を含めた大掛かりなリフォームを行なってしまおう! という事で、私どもにお声がけくださったとのことです。ありがとうございます。

新築ではないお住まいを後からご購入されて入居される場合のデメリットとして、 最初に建築した時のオーナーさんではない為、後から入られる方にとっては、 住まい方のスタイルに合わない、という事があります。

今回のリフォームで、このお住まいをK様ご家族が最も暮らしやすいスタイルにリニューアルすることとなります!
お客様とご一緒に「最善」の形に近づけていった、リフォーム計画の過程をご紹介します
今回のように、大掛かりな改善をご希望のリフォームになりますと、 まだ形の無いものを計画しなければなりませんので、実際に工事が始まる前のプランニングには、 かなりの時間をかけます。

K様の現在の暮らしのスタイル、詳細なご希望、将来的にはどのような風にしたいとお考えになっているのか・・等々、 沢山のヒアリングをさせていただきながら、何度も図面をお出しして話し合いを重ね、少しづつ、 K様ご家族にとって最善の計画に近づけてゆきました。

その経過と、実際のリフォームの内容をご紹介いたします。
STEP1/お客様のご要望を細かくヒヤリング!
とにかく暑さに困っている3階の断熱環境を改善し、有効に使えるようにしたい!
お問い合わせをいただいてから数日後、実際にお伺いし、 建物を確認させていただきながら、お客様のご要望をヒアリングいたしました。

まずはこちらが最も大きなご要望でした。
この時点では、リフォームで断熱の状況が改善できたら、 3階はお子さんのお部屋したらどうか・・・とお考えでした。

そして、

建築当時の水周りの設備を見直し、便利で安心なものに

水周りに関してもお悩みでした。
お風呂は入居の際にリフォームされていて新しいのですが キッチンや洗面は建築時のままであり、トイレはリフォームされていたのに 水漏れなどがありお困りだったそうです。

この機に、老朽化した設備を取替え、今後水漏れなどが無いように、 配管も新しくしておきたい、とお考えでした。

間取りなどはまだ漠然としていながらも、これを機に大掛かりにリフォームしてしまいたいと考えている

ご相談いただいた時点では、まだK様も、イメージが漠然とされていましたが、その中でも、

お客様が不便に思われている箇所、こうなればいいなと思われている箇所を、 細かくヒアリング!

★キッチンとリビングの間にある間仕切りが無ければ、 奥様がお子様のご様子を確認できるのになぁと思っている

★収納スペースを使いやすくしたい

★洗面室は狭いと感じられており、特に、ご家族が出かける朝の時間が混雑してしまうのは改善したい

★和室は気に入っているので残したい

★ご主人様がお好きで、コレクションしている野球やゴルフのグッズや、 ビールグラスを飾れるような場所を設けてあげたい(奥様より♪)

といったお話を、初回のヒアリングの中でお伺いすることができました。

やはり、30年前に建築されたお住まいをご購入という形で入居されているということで、 現在のK様ご家族のライフスタイルに合わない所も多々おありのようです。

そこで、まずは、今後のご提案の材料にするために、現在の住まわれ方や 収納の使用状況などをよく拝見させていただき、その上で叩き台のような最初のご提案を 提出させていただくこととなりました。

K様は、初回の相談のタイミングでプラン契約をいただくことになりました。
弊社では、リフォームの本契約を結ばせていただく前段階の契約として、 詳細なプランを作成する為の「プランニング契約(予想されるリフォーム総工費の3%)」 をいただいております。
>>プランニング契約について詳しくはこちらで

私どもが得意としている、今回のK様邸のような大規模なリフォームとなりますと、 現在のお客様のお暮らしぶり、そしてご予算をうかがって、そのご家族にぴったりの お住まいをプランニングするためには、かなりの時間をかけることとなり、人も動きます。

そのお客様のために、100%のご提案をする為にも、プランニング契約は必要な過程と考えております。

プランニング契約の前にも、おおまかな概算は出させていただいており、 それを経ての契約となるお客様もいらっしゃいますが、 K様は、初回のご相談の後、かなり早い段階でプランニング契約をお願いします、 とのお話をいただきました。

プランニング契約も、決して少額とは言えない料金が発生することなので、 お客様としても決断がいるところであったかと思いますが、ご信頼をいただき、ありがとうございます。
STEP2/まずは「叩き台」となる図面をご覧いただきました
初回にお伺いしたご要望を元に、まずはたたき台となるリフォーム図面を作成。
お客様に見ていただき、ここから更にイメージを膨らませます。
1階のキッチンとリビングの仕切りを無くしたいとのご希望に合わせ、 キッチンのスタイルを変えた二種類のものをお持ちしました。
一つ目は対面キッチン、二つ目は、今までと同じ位置で壁付けになるキッチンです。

近年、人気なのはやはり対面スタイルのキッチンですが、費用は少し高くなります。

そこで、実際に図面を見ていただきながら費用の違いもご説明し、どちらで進めるか相談いたしました。 奥様は「やはり対面で!」とのことで、そちらで進めさせていただくことになりました♪

また、直に座って寛げる和室も気に入られており、残したいとのご希望でしたので、 オープンな空間の中でも、和のスペースを設ける計画としました。

狭いとお考えだった洗面室は、隣の洗濯機置き場との間仕切りを撤去し、 ゆったり使える設備に交換いたします。

2階は、気に入っているという現在の和室の雰囲気はそのまま残し、現在は使われていないミニキッチンを撤去。

また、収納ペースをもっと有効活用できるように、ウォークインクローゼットにいたします。


3階は、今回のリフォームで断熱環境を改善しますので、今後は有効活用できるようになります。

その上で改めて、ご家族の将来を考えた間取りに変更します。

K様の2人のお子さんは、現在はまだ小さくていらっしゃるので二階の南側の和室を2人でお使いですが、将来、個室が必要になった際は、3階を2つのとして使用できるスペースにする計画です。

STEP3/リフォーム完成間近のお宅を見学&自然素材の提案
自然素材の良さを実感いただき、K様邸でも採用が決定♪
弊社で行うリフォームでは、いつも自然の素材をご提案いたします。 小さなお子さんがいらっしゃるK様ご家族であれば尚更、自然素材はおすすめしたいものでした。

ご相談の初期の段階では、使用する素材については、まだ決定していませんでしたが、 K様とのプラン作成中に、ちょうど弊社が行っていた完成間近のリフォームで、自然素材を全体に採用された お宅がありましたので、そのお客様からのご厚意をいただき、完成直前の状態をK様ご家族にご見学いただきました。

リフォームを考え始めた当初は、自然素材を使うという事はお考えではなかったK様ですが、 実際に、自然素材の空間をご覧になって、無垢の床や、暖かみのある木の建具の良さを実感!

無垢のフローリングやコルクタイルを我が家のリフォームでも是非!と自然素材の採用を決定されました♪
K様ご夫妻も、図面や自然素材をご覧いただいたことで更にイメージが広がり、
詳細な変更やご希望を出してくださいました!
1階はやはり、せっかくスケルトンにするので、和室にこだわらず全て洋室として、 広い空間にした方が良い。
当初は畳が捨てがたいと考えていたが、実際に無垢フローリングの床を見て、 これなら、直接座ってくつろげると思ったので。 無垢フローリングはカバ桜が気に入った。

キッチンカウンターの下にはゴミ箱を置く場所があると便利。
また、電話の親機を、キッチンカウンターの端っこに置こうと思うので、LANジャックが必要。

広くなる洗面室に、室内干しができるような設備が欲しい。また、収納を有効に使えるようにしたい。
3階を将来、お子さんの部屋にしたいと考えていたが、ご夫妻でよく話あった結果、 3階だとご両親の目が届かなくなってしまうように思う。そこで・・・

【現在】2階の和室を、それぞれお子さんお二人のお部屋、 ご夫妻のお部屋として使用
【将来】お子さんが成長して個室が必要になって来たら、 2階の和室2部屋をお子さんがそれぞれ個室にするようにして、ご両親は3階に移る


という計画に変更したい。なので、3階はずっとワンフロアで使用する。

3階は、しばらくは家族みんなのホビールームにするので、出来るだけ広々した空間にしたい。 仕切りが全く無くても良いくらい。

2階のウォークインクローゼットには、お子さんがお布団、他にもいろいろな物を、 自分できちんと仕舞えるようにしたいので、小さなお子さんでも出し入れがしやすいような形にしたい。

2階の踊り場に本棚があると良いと思う。
より詳細にするため、家具のサイズも細かく採寸!
ご要望について相談させていただきながら、よりK様のご生活に合わせたものに近づけるために、 今まで使用している家具、リフォーム後に新しい収納スペースに収めたい物の サイズを計測させていただきました。

※実際にこんなものを測りました
冷蔵庫/電子レンジ/テーブル/お子さんの学習机/食器棚/炊飯器/トースター/ ご両親の衣装ケース/現在お持ちの飾り棚/電子ピアノ
具体的になってきたところで、正式なリフォームプランの作成に入ります!
叩き台の図面提出や素材をご覧になることで、お客様のイメージや希望も固まってきました。
※実際には、更にもう一段階進めた図面も提出しておりますが、 こちらでは省略しています

ここでやっと、正式に詳細なリフォームのプランニングを作成することとなります。
図面だけでなく、完成のイメージや使用する設備を具体的にご提案し、 ご予算と照らし合わせて、詳細を練ってゆきます。
そしてK様邸のリフォームプランが完成しました!
1F自然素材を使った明るいLDKとなり、ご家族団欒が楽しめる空間に!水周り設備も改善され、使いやすさもアップです。
見づらい画像等は、指で拡大・縮小しながらご覧いただけます。
1階は、リフォーム前、キッチンと居間が仕切られていましたが、 新しい空間は、対面キッチンを備えた広くて明るいLDK!

リフォーム後も、床に座ってくつろぎたいとお考えだったK様は、 新しいLDKにも和スペースを造るかどうか迷われていました。

そんな中、無垢のフローリングを実際に見ていただいたところ、これなら床に座ってくつろげそう、 とのことで、せっかくだから全面を無垢で、とお決めになりました。

全面が無垢の明るい、広がりのある空間となることでしょう。
床だけではなく、壁は自然素材の壁紙オガファーザー、建具も天然木の桐を使います。
2FK様が気に入られている和室の良さを活かしながら自然素材で更に良い雰囲気に&収納力アップ
見づらい画像等は、指で拡大・縮小しながらご覧いただけます。
2階は将来、二人のお子さんがそれぞれ個室として使用する予定となりました。
そうなった時には、どちらのお部屋も十分な収納スペースが取れるように、 従来の収納スペースのアレンジ、床の間を収納にする、廊下にも収納を設けます。

フローリングには自然素材の無垢、壁紙にも自然素材のオガファーザー、新しい畳には国産のエコ畳と、 暮らす人に優しい素材を多く使います。
3F特に外気の影響を受ける三階なので、断熱材の見直しを行い、家族で暮らしを楽しめる空間に!
見づらい画像等は、指で拡大・縮小しながらご覧いただけます。
「洗濯物を干す以外は、ほとんど行きませんでした」と、 奥様が仰るほどに、夏は暑く、冬は寒いお部屋だった為、 今まで有効に使用されていなかった三階です。

特に外気の影響を受ける三階なので、断熱材の見直しを行い、 快適に過ごせる空間にいたします。

新しくなる空間は、大きな収納を備えた広いホビールーム!
音楽を聴かれたり、ご主人のコレクションを飾ったり、ご家族でジグソーパズルをされたり、 様々な用途で楽しく使用できます。

将来、お子様が個室を持たれることになった際には、 こちらはご夫妻のお部屋となるご予定です。
Point!性能の高い断熱材を使い、過ごしやすい家に!
■3階(最上階)の断熱環境を大きく改善

リフォーム前、K様は「暑い時期は三階にはいられない程です」とおっしゃっており、 そのために、3階は有効活用がされていない、勿体無いスペースでした。

最上階の3階は、上からの日光の熱の影響を最も大きく受けてしまう上、 そこまで暑いという事は、断熱材が入っていないことが考えられました。

そこで、3階には天井に断熱材「セルロースファイバー」、そして壁の下地ボードに「バウビオ」、 窓も、既存の窓の内側にインプラス(内窓)を設置し、断熱性を大きく改善、 年間を通して快適にお過ごしいただけるお部屋にいたします。

■1階も床を改善!

1階は、地下から上がってくる冷気の影響を大きく受けてしまいます。
今回、1階はスケルトンにしますので、内部も改善することができます。 そこで、1階の床にも「セルローズファイバー」を施工することになりました。

セルローズファイバーとは...
断熱性能、特に3階の暑さにお悩みだったK様。
そのお悩みを改善するために使用する断熱材として「セルローズファイバー」をご提案!

綿のようにフワフワした天然の木質繊維の断熱材で、天然素材のため、 人体に害が無く、フワフワした綿を、みっしりと隙間無く「吹き込む」形で施工しますので、 断熱性と防音性も、従来の断熱材を上回る性能を発揮します。
バウビオとは...
Baubio(バウビオ)は、壁の下地として使用する断熱ボードです。 このバウビオ、「ゾノライト」を主成分とした建材で、このゾノライトには「熱を伝えにくくする」 「湿度を調整してくれる」 という性質を持っています。

優れた調湿作用によって室内の温度変化を制御する効果があります。 湿気を外に放出してくれるので、壁の中に湿気がたまりません。
Point!自然素材を多く使った住む人に優しい家
天然木の優しさ・無垢のカバ桜フローリング
天然木の板で作られた無垢のフローリング。 木のある風合いとほんのり暖かい優しい手触りに癒されるのは勿論、 蓄熱性や調湿性といった優れた機能も併せ持つ、人気の床材です。

K様は、明るい色合いが魅力の樺桜フローリングをお選びになりました。 1階のリビングと3階全体の床、2階のホール、和室のアクセントに採用します。
水周りの床や廊下にはコルクタイル
コルク樫を砕き、焼き固めて生成されるコルク。
ワインの栓でお馴染みな通り、水気に大変強いという特性を持つ自然素材。 タイル状に焼き固められたものが住宅の床材として人気です。

コルクは空気を含んでいるので、適度な柔らかさとほんのりとした暖かさ、 夏にはサラリとした気持ちの良い感触を楽しむことが出来ます。

水濡れに強い特性を活かし、K様邸では、キッチンや洗面室、トイレに採用。 また、汚れやすい1階の廊下に採用いたします。
調湿性能を持つ自然素材クロス・オガファーザー
再生紙に木のチップを混ぜて漉き生成した自然素材のクロス。 木を混ぜ合わせていることから、調湿性能に優れます。

K様は、壁の下地ボードで先にご紹介した「バウビオ」を使用します。 バウビオは調湿性が高いということが大きな特徴のひとつなので、 その上に使用する仕上げの内装材も調湿性のあるものでなければなりません。 そこで、こちらのオガファーザーを採用いたしました。
建具や収納の内装材に「桐」を使用
天然木である桐で作られた建具は、重さが軽いため、開閉に力がいりません。

また桐は、優れた調湿性と防虫性能を持つことから、昔からタンスに使用されています。 その特性を活かして、K様邸では「クローゼット」の内部材にも桐を使用いたします。
更にこの機に外部もリフォーム!
建物にとって水は大敵。雨漏りが発生すると、 鉄骨のお住まいでも構造がサビてしまうことがあり、ひいては建物の劣化に繋がります。

K様邸を拝見させていただいたところ、屋上と3階ベランダの防水コーティングに 経年による劣化が見られました。 今回のリフォーム工事で、再びコーティングを行い、水漏れを防ぎます。



1階の窓には、防犯の為の面格子を設置いたします。

プランを元に細部を調整を行い、正式なご契約となりました
施主支給された物について、ご相談いただきました。

施主支給とは、リフォームなどので使用する資材を お客様ご自身で手配していただくことを言います。

弊社では、工期の調整の都合、そして、その後のメンテナンスのことを考え、 キッチンやお風呂といった大きなエレメンツの施主支給はお断りしておりますが、 工期にあまり大きく影響しない小さなパーツであれば、お受けしております。

K様も、奥様がインターネットでお探しになったものをいくつか施主支給 されたいとのことで、ご相談をいただき、以下のものを施主支給されるこことなりました。

○キッチンのビルトインのガスコンロ
○ドアホン
○火災報知機
○照明器具
キッチンの詳細なスタイルを最終決定!
対面キッチンにすることはプランの時点で決まりましたが、 対面キッチンでも、上に吊り戸を付けるスタイルと付けないスタイルがあり、 セットで付ける背面収納も、お客様のお好みでカスタマイズが可能です。
また、換気のためのレンジフードもいくつかの種類があります。

ショールームにて実際に見ていただき、キッチンは吊り戸を付けない、 よりオープンなスタイルに決定、収納やレンジフードのスタイルも決まりました。

そして、お問い合わせから約3日月後、正式にご契約となりました。ありがとうございます!
着工の準備
いよいよ計画が現実的に動き出します!
スケジュールに沿って各方面への手配を行い、 必要な場合は、各職人に事前の現場確認を依頼します。
また、工事を行うということで、道路を各職人の車両が出入りしたり、 音が出たりいたします。
ご迷惑をおかけしてしまうことは避けられませんので、 K様邸のご近隣の皆様へ、お知らせの紙と粗品を持って1軒1軒ご挨拶に伺います。

皆様「お互い様です」と快くご対応いただき感謝いたします。


全体をリフォームすることになるので、工事期間の2ヶ月の間、 K様ご一家はお近くのマンションへの仮住まいをされることになりました。


いよいよリフォーム工事が始まります!
この度のリフォームは、見た目を改善するだけではなく、普段は見えない内部、 断熱の状態や配管も見直し、今後も長く、お子さんのご成長と共に安心して 暮らしていただけるための工事となります。

次ページにて、内部の工事の様子まで詳しくお伝えしています。是非ご覧ください。



新宿区で行った他の事例
フリーダイヤル0120-292-575

メール:info@eco-reform.com

営業時間 9:00~19:00(日曜・祝日定休)
お問い合わせフォーム 東京23区完全対応いたします

株式会社エコリフォーム 東京都江東区富岡1-22-29-2F/TEL 03-3641-4134/FAX 03-3641-4125

メディア掲載情報 フジテレビ「みんなのニュース」耐震特集
フジテレビ「みんなのニュース」耐震特集
テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」
テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」
BSジャパン「暮らしの学校」
BSジャパン「暮らしの学校」
新聞・雑誌・書籍でも紹介されました
新聞・雑誌・書籍

東京23区別のリフォーム事例はこちら>>足立区荒川区板橋区江戸川区大田区葛飾区北区江東区品川区渋谷区新宿区杉並区墨田区
世田谷区台東区千代田区中央区豊島区中野区練馬区文京区港区目黒区

facebooktwitterInstagramHouzz
© 2004 EcoReform inc. マンションリフォームはこちら