TOP > リフォーム事例  > スケルトンリフォーム > 築30年の住まい、奥様の夢だった「家族が集う家」に



屋内導線がスムーズになり 各スペースがゆったり! 家族団らんが楽しく♪

天然の木を贅沢に使った、心癒される空間の完成

これから先20年30年、 ずっと安心して 住まえるようになりました!

エコリフォームさんは不思議な会社です。 まるで家族の家を作るように、お客の家を作ってくれます。こんなに手間かけて合わないのではと、こちらが心配してしまうほど、打合せに時間をかけて丁寧に希望を聞いてくれます。

家は高い買い物ですし、一生に何回も大がかりなリフォームなどしませんから、不安満載です。その一つ一つを、丁寧に時間をかけていっしょに解決していきました。

リフォームの間、大変だったけど楽しかった。家が出来上がって、ほっとしたと同時に、もう千葉さんや塩谷さんと会えなくなるんだと思うとすごく寂しい気持ちになったのを覚えています。それは、我が家の家族みんなの感想です。

いい家を有難うございました。これからも、家族みんなで大事に使っていきます。お近くに来ることがありましたら、ぜひお寄り下さい。お待ちしています。

ハウスデータ

築年数 30年
住宅仕様 2階建て木造住宅
広さ 1、2階合計 約28坪、約96㎡
リフォーム内容 ・1、2階のスケルトンリフォーム
・外壁工事
地域 東京都荒川区

このページでは、O様邸のリフォームのプランの詳細と、プランが出来るまでの流れを詳しくご紹介いたします!是非ご覧ください。

★完成の様子はこちらから

リフォーム前の様子と、O様のご希望、ご家族のライフスタイルは?

O様邸は、もともとは、ご主人のご両親が30年前に建てたお家で、 そこを15年前にO様ご夫妻が譲り受けられ、住まわれています。

この度、築30年を迎え、ここで一度大きくリフォームを、 と、思われるようになったそうです。

そこで、家全体を構造から見直す「スケルトンリフォーム」が得意な業者さんを インターネットでお探しになり、弊社にお声掛けいただきました。


O様邸の間取りは、建物の中央に階段があるのが特徴でしたが、同時にそれが奥様の長年のお悩みでもありました。

「家族が集う場所であるリビングが、階段がある為に分断されてしまっている・・・」という想いを、入居された15年も前からお持ちであったそうです。

■ ということで、O様のご希望は・・・

  • 中央にある階段を端に移動したい
  • 階段の位置を変えることで、リビングダイニングキッチンを拡張し、家族がゆったりと集える空間にしたい。
  • キッチンはなるべく真ん中に配置し、リビングと繋がりのあるスペースに。
  • 玄関が狭くて、大きな家具などが入らなくて困っているので広くしたい。
  • トイレ、お風呂、キッチンの位置をまとめ、使いやすく、お掃除もしやすく。
  • 2階のベランダが後付けのため段差がある。それを解消したい

■ もちろん安全性も上げたい

  • 間取りを変えても家が弱くなってしまわないように、しっかり耐震
  • 防犯対策をしたい。都心の家なので、空き巣が心配
  • 断熱材を入れ隙間風が入らないようにしたい。夏は暑いのでそれも解消したい

■ O様ご家族構成と、現在のライフスタイル

現在、こちらの建物には、基本的にはO様ご夫妻お二人で暮らされていますが、 お近くにお住まいのお母様と、既に独立されている息子さんが、よく泊まりに来られるのだそうです。

そこで、お二人でありながらも、お母様やお子さんも一緒に団欒することを考えたリビング、そしてそれぞれが泊まることができるスペースも確保したいとお考えです。

■ 仕様の決まったリフォームにはしたくない!というご希望も。

様々な会社さんのリフォームの完成例などを調べる中で、新しくなるのはいいけれど、大手さんのパッケージのように、仕様が決まったリフォームではつまらない、と思ったんです。と、奥様。

素材や仕様を、O様の好みに合わせたオリジナルな住まいである、ということも、大きなご希望です。
そして出来上がったO様邸のプランは以下の通り!

1階は思い切って階段を左端に動かすことで、奥様がお考えだった様々なご希望が一気に叶います!


2階は大きな間取りの変更はないものの、導線が非常にスムーズになり、大型家具の出し入れも可能になります。


大掛かりな間取り変更を行ないながら、耐震性は以前よりもUPです!



階段が真ん中に位置していたO様邸。 この階段は、家事導線を考えると障害になってしましたが、その反面、 建物を支えるという点では、重要な部分でした。

O様が暮らしやすいレイアウトにするたけではなく、階段の位置を変えても、強度が落ちないようにしなければなりません。

計画前に耐震診断を行い、現況の構造をよく把握した上で、こちらのような補強を行うこととしました。

バランス良く耐力壁を配し、耐震金物で補強を掛けてゆきます。 また、屋根も軽い素材で葺き替えを行います。

▼今回の補強で、構造評点は以下のように上がる計画です。▼

リフォーム前

1F X方向 0.69 Y方向 0.68
2F X方向 0.55 Y方向 0.77

リフォーム前

1F X方向 1.73 Y方向 2.16
2F X方向 1.17 Y方向 2.10

快適性も大きく向上させます!

せっかくのリフォームですから、実際にお住まいになった時に、空間が気持が良く、快適に過ごせるようにしたいものです。 それには、間取りの改善、耐震性の向上だけではなく、断熱、防犯、厳選した良素材を使用する・・・といったポイントも重要です。

■ 断熱性UP

冬の隙間風や夏の暑さは、O様もお困りであったそうなので、リフォーム後にはそういったものに悩まされない、しっかりした断熱施工をお望みでした。

この度、壁、天井に高性能で人体に害の無い断熱性を入れ、四季を通して快適に住まえるようになりますよ。

■ 屋根の断熱

耐震補強の一環で、屋根を葺き替えますが、今までの瓦の屋根や、断熱性で言うと良い素材なので、 軽い屋根材に変える事で断熱性能が落ちる可能性があります。

そこで、新しくなる屋根は、普通に葺き替えるのではなく、図のような通気構造を持つものにいたします。 こうすることで、夏の時期、屋根の中に篭ってしまった熱気が、上に設けた空気口から外に抜けるようになり、 暑さを防ぎます。

湿気も篭りづらくなりますので、屋根自体の持ちも良くなりますよ。

■ 防犯性UP

人の行き来がとても多い都心の住宅地なので、防犯もとても気にされていました。

窓やシャッターに防犯性の高いものを使用し、毎日安心してお過ごしいただけるように致します。

■ 快適素材を使う

リフォームの業者を探される中で「既製品のようなリフォームはしたいくない」と思われたという奥様。

私どもが良く使う自然素材であれば、既製品のような印象にはなりませんし、自然素材は、調湿性、触った時の心地よさも素晴らしく、非常に快適な空間を実現してくれますので、非常におすすめなんです。

O様にも、多くのサンプルを見ていただき、ご主人と奥様が気に入られた越後杉の無垢フローリングや和紙といった、快適自然素材を多く採用いたします!

リフォームプラン決定までの流れ

オリジナルのリフォームのために、3ヶ月以上をかけてプランしました!

ここまでのプランをお読みいただくとお分かりいただけるかと思いますが、かなり大きな工事になりますよね!
これだけの計画を最終的に纏めるまでには、やはりある程度の時間がかかります。

特にO様ご夫妻は、ともにお仕事をされており、その合間を縫っていただきながらの計画です。5ヶ月ほどの時間をかけ、焦らず、じっくりとプランを固めてゆきました。

計画の流れを以下にまとめてみました!

■ お問い合わせをいただき、初訪問!

ホームページをご覧になってくださった奥様よりお問い合わせいただき、まずは弊社の資料を送付してご覧いただいた後、約3週間ほど後にお宅へ初訪問させていただきました。

まずは建物を拝見しながら、ご要望とご予算を伺い、その後も、数回の打ち合わせを行いました。

■ 叩き台の計画図面と概算の費用をお伝えする

頂いたご希望と建物の状態を考慮した最初の計画図面と、概算の費用をお伝えしました。

そして、ここまでのご対応と資料を、O様が気に入ってくださいましたので、 そこから先は、詳細なプランを立てるためのプランニング契約(工事費用の3%)を結んでいただきました。

■ O様の為の詳細プランを計画する。構造を把握する為の耐震診断も実施。

頂いた叩き台の図面をご覧いただくと、お客のイメージもグッと広がり「やはりここはこうしてほしい」「ここはどうなるのかな?」等々、より具体的な案や、変更点が出てきます。
そんなお客様のお話を、じっくりヒアリングし、図面に落とし込んでいきます。

更に、建物の状態をよりよく把握する為の耐震診断も行いました。

勿論、建材のサンプルや、各設備も、弊社事務所やショールーム等でよーくご覧いただききます。 実際に見たり、触ったりすることで、本当に「これがいい!」と思えるものをお選びいただけるからです。 このような事が可能な所が、大手さんのパッケージのリフォームと違うところかもしれませんね。

※写真は、素材を見ていただいているところです。奥様「コルクの触り心地って気持がいいのねぇ」

■ 完成したリフォームプランの提出

頂いた詳細なご希望を反映して、

  • 実際に暮らしたらどんな感じになるのか?という事がとっても良くわかる、間取りの計画図
  • 収納の計画
  • 耐震診断に基づく耐震補強工事の説明
  • 提案する素材について
  • 新しい設備について
  • 防犯対策

等々、非常に詳細まで作成した資料と、見積もりも細部まで記載したものを「リフォームプラン」としてお出しいたしました。

大掛かりなリフォームになりますと、プランも厚みのある冊子のような資料になりますが、お客様にとっては一生に1度か二度あるかどうかという大事業です。

詳細な資料とそれに併せた明確な費用の提示で、お客様が今後安心してお任せいただけるように心がけております。

■ そして、最初にO様とお会いしてから約5ヵ月後に、正式なリフォームのご契約となりました。

提出したリフォームプランから、更に調整を行い、最終的なご契約となりました。ありがとうございます。

【奥様より】
打ち合わせでもとてもしっかりしており、話をしていて楽しかったです。安心してまかせられる感じがしました!

工事日程も決まり、お客様は3ヶ月ほど仮住まいへお引越しです

スケルトンリフォームになりますと、住みながらの工事はまず不可能です。 O様ご家族は、工事の間の3ヶ月ほどを、仮のお住まいへ お引越しされることになりました。

江東区内にエコリフォームが所有しているマンションの1室があり、 O様には、そちらをお使いいただくことになりました。

※エコリフォームの仮住まいはご提供を終了しました。
>>詳しくはこちらをご覧ください

いよいよ、O様邸のリフォーム工事が始まります!詳しい施工の様子はこの次のページを是非ご覧ください。

>>こちらから!




荒川区で行った他の事例


リフォーム事例スケルトンリフォーム

最新のリフォーム事例

コンパクトで居心地の良い7坪の家

コンパクトで居心地の良い7坪の家

なんと、【7坪】。1階と2階合わせても11坪に満たないお住まいをフルスケルトンリフォームしました。 思い出の詰まった家が、親子2人が居心地よく暮らせる快適空間に大変身する様子をご紹介します。

築52年・今の趣を活かして、安心で心地よい住まいへ

築52年・今の趣を活かして、安心で心地よい住まいへ

「今の住まいはとても気に入っているけれど、地震が心配なのと、夏の暑さ・冬の寒さが気になる」と言うS様。 今の建物の趣を残したまま、地震に強く安心で、一年中ずっと心地よい家を実現することになりました。

リフォームで暮らしやすく快適に!シニア世代の3階建て住宅

リフォームで暮らしやすく快適に!シニア世代の3階建て住宅

生活スタイルの変化に合わせて、築30年の木造3階建て住宅をフルスケルトンリフォーム。 耐震、断熱、バリアフリーも考慮した、ご夫婦2人でずっと快適に暮らせるお住まいの完成です。

築95年の長屋を「もう一つの我が家」にリフォーム

築95年の長屋を「もう一つの我が家」にリフォーム

なんと築95年になる長屋のリフォームです。1階をスケルトンに、2階を内装リフォームして、セカンドハウスを実現! いずれは終の棲家になる「もう一つの我が家」が完成するまでをご紹介します。

このエントリーをはてなブックマークに追加