TOP > リフォーム事例  > ワンフロアのリフォーム > 集中的な耐震・断熱で、ちょうどいいサイズのリフォーム

集中的な耐震・断熱で、ちょうどいいサイズのリフォーム

集中的な耐震・断熱で、
ちょうどいいサイズのリフォーム

ちょうどいいサイズのリフォームって?

新築同様になるスケルトンリフォームもいいけれど、費用も工期もかかります。そこでご提案したいのが「ちょうどいいサイズのリフォーム」。必要な部分だけを改修して、素材や設備も一般的なものを選べば、費用と工期を抑えて「ちょうどいいサイズ」にできるのです。そんなリフォームをされた事例をご紹介します。

ご両親と一人娘のU様は、墨田区の築50年になる木造2階建て住宅にお住まいでした。 長年、ご両親が1階部分を仕事場として使われていたという建物です。

愛着のあるお住まいですが、築年数も長くなってだいぶ劣化が見られるようになりました。 ご高齢になってきたご両親の今後も考え、U様は「もっと安全で暮らしやすい家にしたい」とリフォームを決意されました。 U様のご両親への気持ちがこもった親孝行リフォームのスタートです。

ハウスデータ

築年数50年
広さ建坪 10坪、床面積 18坪
構造木造2階建て住宅
内容1階の耐震スケルトンリフォーム・2階の部分補強と屋根の補修
地域東京都墨田区

エリア情報「墨田区」

墨田区は隅田川と荒川の間にあり、東京スカイツリーのある押上をはじめ、両国や錦糸町などの賑やかなエリアと、曳舟、向島、八広などの住宅地が混在しています。

U様邸のある南側エリアには、昔の面影が残る街並みや、入り組んだ路地も残されていて、長くお住まいの方も多く見られます。 地域のつながりも強いことから、リフォームの際にもご近隣の皆様に快くご協力いただきました。
墨田区のリフォーム事例一覧

リフォームプランを作成します

リフォームのご相談にいらっしゃったU様は、ご両親と墨田区にある築50年の木造住宅にお住まいです。 ご両親はご自宅の1階でアイロンプレスの仕事をされていましたが、リタイアした今では、1階の半分近くを占める仕事場が、使われていない状態だそうです。

どんなリフォームをすればいいか悩んでいるというU様に、詳しくお話をうかがったところ、こんなご要望をお持ちのことがわかりました。

U様のご要望

高齢のご両親が過ごしやすい家

~予算内で「快適と安心」を~

  • 仕事場スペースを居室にして、1階だけで暮らせるようにしたい

    1階の仕事場スペースは土間になっていて使っていませんでした。ご両親は日中1階の居間で過ごし、夜は2階の寝室でお休みになっていましたが、トイレは1階にしかないため、夜中でも1階まで降りなければなりません。U様はご両親の体を気遣い、1階だけで暮らせるようにしたいとお考えでした。

  • 耐震性・断熱性を高めて、これからも安心して快適に暮らしたい

    築50年が経った家は、あちこち劣化している箇所も見られ、大きな地震が来たら倒壊する危険性もありました。また、冬場はとても寒いことも問題でした。これからも長く住み続けるために、建物の寿命を伸ばして耐震性と断熱性を高め、家の性能をアップさせることをお望みでした。

  • 大事な住まいの趣を大切に残したい

    U様のお宅は、お父様のご友人が建てたもの。飾り窓や化粧柱など、風情のある意匠があり、U様はとても気に入られていました。リフォームしてすべてをピカピカの新しいものにするのではなく、古き良き雰囲気をなるべく残したいとご希望でした。

  • 公共の助成金制度を活用して、予算内でリフォームしたい

    U様は耐震・断熱施工を効果的な箇所へ集中的に行い、素材や設備も一般的なものを選んで、予算内でリフォームしたいとお考えでした。費用を抑えるため、耐震リフォーム、バリアフリーリフォームの助成金制度も積極的に活用する予定です。

こうして出来たリフォームプランがこちら!

1階 before

ご両親が仕事場として使われていたスペースは、使われない状態になっていました。

また、小さめのキッチンや和式のトイレなど、設備も年月を感じるものでした。

1階 after

  • キッチン

    廊下にあったキッチンを移動して、仕事場が広々としたダイニングキッチンに!
    今までは寒かった台所仕事が、暖かく楽になりますね。

  • お風呂

    タイル張りのお風呂はユニットバスに。サイズも少し大きくなります。
    手すりをつけて、段差も無くし、安全性もアップしました。

  • 洗面

    脱衣スペースにもなっているお風呂の前に、新しく洗面化粧台を設置。
    身支度を整えるのにも便利だし、ちょっとしたお洗濯もできます。

  • トイレ

    トイレは少し移動してスペースを広げ、ゆったり使えるサイズに。
    和式から洋式になったので、もし将来介護が必要になっても安心です。

  • 断熱

    1階全体の壁、床、天井に、ぐるりと断熱材を施工します。
    断熱材の効果で、冬でも暖かいだけでなく、夏の冷房効率も良くなります。

1階は基礎から柱までしっかり補強して、地震に強く安心な家に。
さらに2階の一部も補強し、傷んだ屋根も補修します。

設備や細かい仕様については、U様とご相談しながら進めていくことになりました。

私どもに問い合わせを下さり、耐震リフォームを希望されていたのは、お嬢様のU様です。 ご要望は、「耐震」「断熱」「今は使われていないお仕事場の有効活用」の3つでした。 何よりもご両親様のためを思ってのご依頼です。

この3つのご要望を、予算内にできる限り取り入れて作成したプランです。 水まわりの位置や間取りを大きく変えずにリフォームすることで、予算を抑えることができました。

また、重点的にリフォームするポイントを絞ったのも特徴的です。 1階はフルスケルトンにして工事を行い、床には無垢の杉フローリングをご提案しました。 2階の内装はそのまま、外壁側からの耐震工事に力を入れました。

U様とご両親様にお暮らしぶりを伺い、今のお住まいを大切にされている思いが伝わってきました。 リフォーム後の新しい暮らしをイメージしながら、U様と一緒に作り上げたプランです。

コーディネーター 梅田裕子

リフォーム工事のスタートです

U様とご両親には、エコリフォームの仮住まいをご利用いただきました。 住みながらのリフォームはご家族にご負担をおかけすることも多いため、仮住まいを利用されるのがおすすめです。
エコリフォームの仮住まいについて

仮住まいへのお引越しが終わったら、早速リフォーム工事開始です! なかなか見られないリフォーム工事の様子を、4つのパートに分けて詳しくご紹介します。

1解体から基礎工事まで

1階部分を骨組みだけのスケルトン状態にするため、解体していきます。

綺麗に解体されました。断熱材が入っていなかったことがわかります。

基礎工事が始まる前に、水道とガスの配管作業を行います。

土台と柱の腐食が進んでいました。

解体後、浴室に腐食している部分が発見されました。傷んだ柱を取り除き、いったんパイプサポートで補強して、後から新しい柱と交換します。腐食した土台も補強が必要です。

このように、解体してみると、追加工事が必要になる場合もあります。費用にも関わるため、その都度お客様に確認しながら進めていきます。

コンクリートを混ぜ合わせ、お風呂とトイレに打設しました。

腐食した部分を新しい土台に交換。これで地震にも強くなりますよ!

柱も新しいものに交換しました。構造は新築のように見えますね。

シロアリ予防の薬剤を土台に塗り、シロアリ対策もバッチリです。

腐食した柱は全て撤去して新しくなったんですね。安心しました。

新しい木材は、美しいですね。

<U様より>

21階の耐震補強工事と断熱工事

建築士の塩谷が、建物のバランスを見て、耐震計画を立てました。

耐力壁の裏側に構造用合板を張ったところです。

表側にも張りました。建物を面で支えることで、強い建物になります。

1階を重点的に補強することで、家全体が地震に強くなるのです。

壁にはパーフェクトバリアを施工。安心・安全で耐久性も高い断熱材です。
パーフェクトバリアとは

断熱材の上にも構造用合板を張ります。これも耐震性アップに役立ちます。

湿気を避けるため、床下には防湿シートを敷きました。

その上に断熱材を施工します。これで冬でも床がヒヤッとしません。

天井にも断熱材をたっぷりと。これで壁・床・天井の3つがしっかり断熱されました。

断熱材が入って暖かくなるというので嬉しいです。信頼のおける大工さんに施工していただいて、ありがたいです。

着々と進んでる様子が見て取れます。どんどん家らしく完成していくのが見ていて楽しいです。ありがとうございます。

<U様より>

32階の部分補強と屋根の補修

2階はベランダの外側から耐震補強を行いました。

斜めに筋交いを入れ、耐震金具で周囲を補強します。

しっかり補強した上から、地震に強いラスカットという合板を張りました。

モルタルを施工し、塗装し直したら完了です。

屋根の補修を行いました。

破損している瓦と同じ列の瓦を取り外し、新しい瓦に交換してから並べ直します。

瓦は一部のみ交換することが可能で耐久性も高く、コストパフォーマンスに優れた屋根材です。

4玄関と内部の工事をして完成!

階段下の収納を造作しました。両開きで使い勝手が良さそうですね。

フローリングは杉材です。オイルを塗ると木目がより際立ちます。

玄関も新しくします。古い玄関扉を取り外し、新しい枠を造っているところです。

ビス穴加工の様子です。

玄関の枠を取り付けた際にできたビス穴。これをきれいに加工します。

ぴったり合うように丸く加工した木材を穴に入れ、ギリギリのところでカットすると、この通り、ビス穴が見えなくなりました。

玄関が仕上がったので外壁を塗装します。玄関枠の濃い色とも合いますね。

壁に張った石膏ボードの凸凹を、パテで丁寧に埋めていきます。

クロスを張ったら完成です!パテ作業を丁寧に行ったので、きれいに仕上がりました。

(現地お打ち合わせで)実際に無垢材を見たら、完成がより楽しみになりました。

それにしてもビス穴をふさぐ作業は緻密ですね。素晴らしい!!見違えるように綺麗になって、びっくりです。

<U様より>

こちらの住宅は、地元の大工さんがきちんと建てられた家でした。 しかし経年によって水まわり周辺が傷んでいたり、あるべきところに構造体がないなどの問題がありました。

紆余曲折はありましたが、現場の熟練した大工さんとコーディネーター梅田とのコンビで、しっかりとしたリフォームが出来上がりました。

耐震は家全体のバランスを考え、温熱環境にも十分に配慮しました。 適材適所でU様邸に合わせた方法を考え、強い家にすることが出来たと思います。

施工責任者・一級建築士 塩谷敏雄

リフォームが完成しました!

墨田区の築50年になるU様邸。1階をスケルトンにして、集中的に耐震・断熱工事を行いました。 安心で暖かい家を予算内で実現した「ちょうどいいサイズ」のリフォームを、詳しくご紹介します。

外観はしっとりした佇まいになりました。

アイボリーの外壁に、落ち着いた色の玄関扉が映えます。

玄関にはグレーのタイルを施工しました。職人さんのこだわり仕上げです。

扉を開けると、パッと目に飛び込んでくる飾り窓。もともとあった意匠を残したものです。

建築当時の大工さんの心意気が感じられます。

裏から見るとこんな感じです。

上がり框もすっきりと仕上がっています。お引渡しまで緑の養生テープで保護中です。

この部分、既存の丸い柱に合わせて綺麗に納めるのは、なかなか難しいんだそうです。

杉の無垢フローリングが足にやさしいダイニングキッチン。無垢の杉は柔らかく、素足で歩いても心地良い素材です。

キッチンはタカラスタンダードさんのホーローキッチンです。

ホーローパネルにはマグネットのフックなどを取り付けられます。シンクの下や引き出しの中もホーローなので、お手入れも簡単です。

洋室のクロスは薄いグレーになりました。シックでとても落ち着きますね。

こちらは寝室として使われるそうです。

1階の床はバリアフリーになっています

廊下からダイニングキッチン、洋室まで、1階はすべてフラットな床になっています。 扉も吊り戸になっているので、床にレールなどはありません。

ご両親がご高齢になり、2階へ上がるのが難しくなった時には、1階だけで暮らせるようにという配慮です。

新しく洗面スペースができました。

グリーンと白の爽やかなアクセントクロスで、毎日の洗面タイムが楽しくなりそうです。

お風呂はTOTOさんの省エネタイプ。少し大きなサイズになったので、ゆったりと入れますね。

トイレは和式から洋式にスタイルチェンジ。ユニット式のトイレを採用して、コストを抑えました。

墨田区のリフォーム助成金を活用しました!

U様邸はご高齢のご両親と同居されていることもあり、墨田区のリフォーム助成金制度の対象となりました。様々なリフォーム助成金制度がありますが、条件に合えばすぐに助成金を取得できるというわけではありません。書類をいくつも用意して工事内容を申請し、工事中・工事後には写真を撮影して、予定通りに工事が行われたことを証明する必要があります。時間も手間もかかる作業です。

今回は最終的に、耐震改修やバリアフリー改修など、いくつかの助成金を取得することができ、U様の負担を少し軽くすることができました!

東京23区のリフォーム助成金についてはこちらにまとめていますので、お住まいの区の助成金情報をチェックしてみてくださいね。
東京23区のリフォーム助成金情報

この度は本当にお世話になりましてありがとうございました。

無垢の床は、梅田さんがおっしゃっていた通り、足ざわりも良くて気持ちがいいです。 また、リフォーム完成のお祝いに頂いた花が、とても綺麗で嬉しかったです。ありがとうございます。

いつか二階も理想の形にするのが目標です。その時は是非またお願い申し上げます。

<U様より>

お問い合わせをいただいてから、工事完工まで、大変お世話になりました。 ホームページで私どもを見つけていただいてから、実際にお会いして、「何とかエコリフォームでやってほしい」とのうれしいお言葉を頂戴しました。 ご信頼をいただきましたこと、心より御礼申し上げます。 そして大切な建物の大規模リフォームをお任せくださいまして、ありがとうございました。

また、いつもブログにコメントをくださったこと、とても嬉しかったです。 コメントの中で、職人や私たちを気遣ってくださいましたね。

U様とは何度も打ち合わせを行い、設備なども一つ一つ選んでいただきました。 お蔭さまで、大切に暮らされてきた建物の面影を残しつつ、安心で快適な空間を造ることができました。

無垢フローリングの良さを実感されたと聞いて、とても嬉しかったです。 これからもU様とご両親様が、安心して快適にお暮らしいただくことを心より願っております。 今まで大切にされてきたお住まいを、また新たな形で、引き続き守っていってくださいね。

コーディネーター 梅田裕子

私がこの工事で目指したのは、リフォーム前の雰囲気を壊さず、きちんとした大工さんが建てた家を蘇らせることでした。 ピカピカの新築にするのではなく、昔からの雰囲気を保つことを考えました。

それでいながら、最新の耐震方法と断熱方法を採用しているので、ぱっと見は分かりにくいのですが、住んでみるとその効果を実感していただけることと思います。

リフォーム完成後、ご両親がとてもうれしそうな顔でお礼を言ってくださった時は、本当にありがたかったです。 このようなご縁をいただき、感謝いたします。

今後とも、ご家族で仲良くお元気にお暮らしください。ありがとうございました。

施工責任者・一級建築士 塩谷敏雄

U様が初めてご相談にいらした時に、ご両親を想う気持ちや、建物に対する責任感の強さを感じました。 私どもで何かご協力できることがあればと思ったことを覚えています。

若い女性が、この大きなリフォーム計画を進めるにあたって、不安なこともたくさんあったことと思います。 同じ女性という立場で、丁寧にご提案をさせていただきながら、計画を進めるよう努めました。 私どもを信頼してお任せいただけたことを、大変嬉しく思っております。

お打ち合わせの際や工事中に、ご協力とお心遣いをいただきましたことに感謝いたします。 これからもご自宅について、お困りのことやご相談があれば、お気軽にお声がけください。 ありがとうございました。

リフォームアドバイザー 塩谷理枝

家をどのようにメンテナンスするか、今後どうやって維持していくかに頭を悩ませている方も多いことでしょう。 そんな方に、今回のU様の事例が、参考になれば幸いです。

エコリフォームはこれからも"かかりつけ医"として、U様邸を見守っていけたらと願っています。

私たちを信頼してリフォームをおまかせいただき、ありがとうございました!

リフォーム事例ワンフロアのリフォーム

最新のリフォーム事例

コンパクトで居心地の良い7坪の家

コンパクトで居心地の良い7坪の家

なんと、【7坪】。1階と2階合わせても11坪に満たないお住まいをフルスケルトンリフォームしました。 思い出の詰まった家が、親子2人が居心地よく暮らせる快適空間に大変身する様子をご紹介します。

築52年・今の趣を活かして、安心で心地よい住まいへ

築52年・今の趣を活かして、安心で心地よい住まいへ

「今の住まいはとても気に入っているけれど、地震が心配なのと、夏の暑さ・冬の寒さが気になる」と言うS様。 今の建物の趣を残したまま、地震に強く安心で、一年中ずっと心地よい家を実現することになりました。

リフォームで暮らしやすく快適に!シニア世代の3階建て住宅

リフォームで暮らしやすく快適に!シニア世代の3階建て住宅

生活スタイルの変化に合わせて、築30年の木造3階建て住宅をフルスケルトンリフォーム。 耐震、断熱、バリアフリーも考慮した、ご夫婦2人でずっと快適に暮らせるお住まいの完成です。

築95年の長屋を「もう一つの我が家」にリフォーム

築95年の長屋を「もう一つの我が家」にリフォーム

なんと築95年になる長屋のリフォームです。1階をスケルトンに、2階を内装リフォームして、セカンドハウスを実現! いずれは終の棲家になる「もう一つの我が家」が完成するまでをご紹介します。

このエントリーをはてなブックマークに追加