リフォーム事例 >  ワンフロアのリフォーム >  和風なリフォームの事例!琉球畳を使った和風モダンな空間

琉球畳を使った、和風モダン空間のリフォーム

このエントリーをはてなブックマークに追加
和風なリフォームの事例!琉球畳を使った和風モダンな空間
琉球畳を使った和風なリフォーム事例
琉球畳を使って和風モダンな空間へ

住み慣れた我が家を安全で明るく機能的なスペースに!
鉄骨ビルのオーナー様居住スペースのリフォームをご紹介させていただきます。
シニア世代のご夫婦がお二人で暮らされている、長年住み慣れた空間です。

お二人にとって、長年使い慣れたキッチンやダイニングの位置を大きく変更したり、今までの和風のインテリアを無くしてしまうと、かえって戸惑われてしまわれるのではないかと考え、あえてレイアウトやインテリアイメージは大幅に変更していません。

できるだけ、慣れ親しんできたお住まいの印象を変えないまま、安全性と機能性をアップする事を重視してご提案させて頂きました。

また、ご年配のご夫婦が、ゆったりと落ち着いて頂ける空間にするために、素材の風合いを楽しんで頂こうと、自然素材をたくさんご提案いたしました。

リフォーム中はご不自由をおかけ致しましたのに、快くして頂き本当に感謝致しております。有難うございました。
■ハウスデータ
築年数:築40年(リフォーム当時)
住宅仕様:2階建て・重量鉄骨造
内容:2階内装リフォーム、間取り変更
地域:台東区

お客様のご要望は・・・
【1】LDKを明るくしたい。
【2】キッチンが古くなってしまったので新しく綺麗にし、使い勝手を良くしたい。
【3】お正月やお盆の時期にはお子様やお孫さん達、総勢18人がお集りになるので、皆様が揃っても狭さを感じることなく、くつろげる大空間が欲しい。
【4】奥様の足の負担を考えて、リビングに掘りごたつが欲しい。
【5】キッチンスペースを、安全で機能的な作業スペースにしたい。
【6】造り付けの収納スペースを作り、古くなった家具を処分してすっきりと暮らしたい。
そこで出来上がったプランは!
キッチンの作業動線をコンパクトにし、安全性と効率をあげます。

2つの和室を一部屋の空間に広げる事で、お子様、お孫さんの総勢18名が集まれる大空間を実現!

広くなった和室に、ご希望の掘りごたつを設置!
足を楽に投げ出してくつろいで頂くことができるようになりました。

ご年配のご夫婦が、全てが新しくなる事でなんとなく落ち着かない空間にならないよう、手触りや風合いからほっとして頂ける素材選びをしました。
インテリアイメージは和風です♪

極力、壁を造らず、明るい色使いで、開放的な明るい空間にしました。

リフォーム図面

こちらのお住まいは、以前は、ご夫妻とお子さんがお住まいでしたが、今はお子さん方も独立されていらっしゃいます。
そこで、この広い居住スペースを、ご年配のご夫婦が、
「ゆったりと落ち着いて暮らせる和風空間」で、「安全で機能的な住空間」へとリニューアルです。

では、T様邸和風リフォームの完成の様子をご覧ください!

●大家族が集まれる大空間!
琉球畳で、和と洋が調和した、くつろぎの大空間の完成です。

リフォーム前とは、設備の配置などは大きく変えずに、安全で明るく、機能的な住空間へリニューアル!

鉄骨ビルということで、マンションのように比較的自由に壁を撤去できるため、二つあった和室の間仕切りを思い切って撤去し、広々和室を実現です。

この和室は、リビングと繋がりがあるので、広々とした明るい印象になりました。

T様邸では、四季折々の節目に、お子さん・お孫さん達をあわせ、総勢18人が大集合なさいます。そんな賑やかで楽しいご家族の集まりの際にもゆったりと過ごせます。

畳や掘りごたつ、そして床に使用したナラのフローリングの効果で、新しいけれど、和風で落ち着きのある空間となっております。

普段はお二人でゆったりと落ち着いて暮らして頂き、いざ18人が大集合した時には団らんを楽しんで頂ける空間ですね。


●琉球畳と掘りごたつを採用した、和風の落ち着いたインテリア

【掘りごたつ】

伝統的な日本の和室は、落ち着ける空間ですが、ご年配の方の場合、長時間、畳に座り続けることは、脚への負担になってしまいます。

今回のリフォームでは、お客様ご自身もご心配がおありで、掘りごたつの取り付けがご希望の一つでした。

リクエストにお応えして設置したこちらの掘りごたつは、畳一枚分のゆったりサイズで、ゆっくりとくつろいで頂けます。

色の濃い天然木造りのテーブルが、和風の良いアクセントになっています!

【琉球畳】

こちらの事例ではダイニング・キッチン・和室との一体感を出すために、畳には、縁のない琉球畳を採用しました。琉球畳は通常の畳表とは異なり、琉球イグサを使っているので、非常に丈夫で耐久性に優れています。

琉球畳最近、琉球畳はとても人気があります。
和室であることを強く主張せず、洋の空間とも違和感なくなじんでくれます。

【張替えがいらないワーロンの障子】

リフォーム前の「障子の張替えが大変」とおっしゃるお客様の声にお応えして、丈夫なワーロンを採用しました。

ワーロンは、和風の風合いを持ちつつ丈夫な素材で、気軽に水ぶきもできますで、張替えの必要が無く、長く綺麗を保つことができます。


【造り付け収納も!】

和室の奥には、身の回りのお洋服を収納して頂けるクローゼットと、お仏壇を置いて頂くスペースを造り付けしました。

写真左側がクローゼットで、 写真右側はお仏壇を置いていただくスペースです。
お仏壇の扉は、開けた時に邪魔にならないよう、両脇にスライドさせて収納できる、便利な造りにリフォームされました。

●使いやすいU型のキッチンスペース

【U字型キッチンの特徴】

コンパクトな作業動線へとリフォームする為に、U型(コの字型)のキッチンを採用しました。

U型のキッチンに立つと、周囲に効率よく設備が配されますので、奥様が無駄な移動をしなくとも、家事も効率よくこなして頂くことができます。

【キッチン収納は・・・】

物の出し入れをする際、高い場所ですと負担になります。
そこで、吊り戸棚は使わずに、置き型タイプの収納を採用しました。

引き出しタイプの収納は、楽な姿勢で物の出し入れができ、奥までたっぷり使えますよ。

日常のものは、全てキッチン周りに収めて頂ける様に、コンパクトながらも収納力があるものを選びました。 このたっぷりした収納があれば、食器棚を置かずとも、日常の食器類を全て収めて頂けます。

【キッチンカウンター】

キッチン前には、朝食をとって頂くためのカウンターを設置しました。 朝は、奥様にとってお給仕、後片付けと忙しい時間ですが、その中でも出来るだけ楽に作業をして頂けるようにリフォームされました。

この見事な木目のカウンターは、紀州和歌山から取り寄せた、国産材の厚さ50mmの無垢板です。

無垢材は、年を経るごとに、味わいのある色合いに変化します。
経年しても、深くなった色合いを楽しんで頂けますよ

和室と繋がったスペースですが、この見事なカウンターがまた、和風の雰囲気にぴったりで、とても良いバランスとなっております。

【和室と隣接する部分にも、サブの食器棚を】

キッチンと隣接している和室部分には、食器棚を造り付けしました。
普段使わないお客様用の食器や季節のものは、こちらの食器棚に収納していただく事で、イザという時にも、すぐに取り出せ安心です。

天井までの食器棚ですが、上部に「耐震ラッチ」を取り付け、突然の地震で扉が開いてしまいそうになると自動でロックがかかります。
和室側への設置なので、模様の入った襖を使い、和風の仕上がりです。

●リビングに採用した無垢フローリングは「楢」です
T様邸のリフォームで採用した床材は、ナラの無垢フローリングです。
ナラ本来の力強い木目と落ち着いた色目を活かし、染色はしていません。
このナラの風合いは、和風の畳のお部屋との相性も良く、ちぐはぐな印象になりません。

お部屋全体を明るく演出する為に、壁と天井は白を基調にコーディネートさせて頂きましたが、ナラの無垢フローリングがお部屋全体を落ち着きのある空間にしてくれています。


●天竜杉の無垢建具

玄関ホールとの間仕切りは、ドアから引き戸に変更。

ドアは開くためのスペースが必要ですが、引き戸はスペースを取りません。扉の開け閉めも軽く、特にご年配の方のお住まいにはおすすめしたいスタイルです。

こちらの事例で採用した建具は、杉の名産地の一つである、静岡、天竜の杉を使った建具です。

杉ならではの香りと、木目の色の美しさに加え、触れた時の柔らかく暖かな感触は、天竜杉ならではの特徴です。

●玄関
リフォーム前は、昼間でも電気をつけなければならなかった玄関ですが、少しでも明るくできるように、リビングの光を取り入れる工夫をいたしました。

【半透明の飾り棚】

リビングとの境の壁に、二つの飾り棚を設置しました。奥を半透明のワーロン仕上げにして、リビングの明かりを取り込めるようにしました。

ワーロンからは柔らかな光が差し込み、ちょっぴりお洒落で明るい玄関になりましたね。 お客様をお迎えする玄関ですから、この飾り棚に小さな小物や一輪挿しを飾って楽しんで頂ければ嬉しいです。

【半透明の建具】

リビングとの境になる天竜杉の建具も、ポリカーボネイトという半透明の素材を嵌めたものです。天竜杉の木目が和風をかもし出し、リビングの明かりも共有できます。

●お部屋をお洒落に演出してくれる照明も、和風でモダンなものを選びました
和風のインテリアを意識したT様邸のリフォーム。
照明も、インテリアコーディネーターが、この空間にピッタリ合うように、和紙を使ったものや、柔らかでやさしい明かりをお選びしました。

広い天井が平たんにならないよう、ゾーンごとに器具を配置し、アクセントとしています。

ほんわかと明るいようで、お部屋の隅々まで照度が確保できるよう、ダウンライトを補助として取り付けました。
その時々で、雰囲気を楽しんで頂ける照明になっています。


フリーダイヤル0120-292-575

メール:info@eco-reform.com

営業時間 9:00~19:00(日曜・祝日定休)
お問い合わせフォーム 東京23区完全対応いたします

株式会社エコリフォーム 東京都江東区富岡1-22-29-2F/TEL 03-3641-4134/FAX 03-3641-4125

メディア掲載情報 フジテレビ「みんなのニュース」耐震特集
フジテレビ「みんなのニュース」耐震特集
テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」
テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」
BSジャパン「暮らしの学校」
BSジャパン「暮らしの学校」
新聞・雑誌・書籍でも紹介されました
新聞・雑誌・書籍

東京23区別のリフォーム事例はこちら>>足立区荒川区板橋区江戸川区大田区葛飾区北区江東区品川区渋谷区新宿区杉並区墨田区
世田谷区台東区千代田区中央区豊島区中野区練馬区文京区港区目黒区

facebooktwitterInstagramHouzz
© 2004 EcoReform inc. マンションリフォームはこちら