リフォーム事例 >  ワンフロアのリフォーム >  住まいのような空間の動物病院リフォーム

住まいのような動物病院のリフォーム。

このエントリーをはてなブックマークに追加
住まいのような空間の動物病院リフォーム

お家のような病院に

渋谷東口駅前に「どうぶつ病院ルル」を開院されることになった、塩谷先生。
ペットや飼い主様に親しんでいただく病院を、とリフォームをご依頼くださいました。

渋谷区 で行った、動物にやさしい床材や壁でアットホームな動物病院のリフォーム事例をご紹介します。

こちらのどうぶつ病院ルル様の塩谷先生は、エコリフォームの社長 塩谷と同じ苗字ですが、偶然なんですよ。
これもご縁なんですね。


リフォーム
アドバイザー
塩谷 理枝

私たちにとって、動物病院は初めてのご依頼でしたので、正直申しましてわからない事もございました。
こちらの事例は、建物の設備などにも、制約がございましたので、先生を中心に業者が一丸となり、打合せを重ねながら造り上げたという感がございます。
動物の生態など、先生には多くの事をアドバイス頂き、私たちなりのご提案をさせて頂きました。
先生のお人柄と、医療技術で、永く愛される動物病院になる事を願っております。

■ 院内の間取りをご紹介します

スケルトンのオフィスビルをこのように間仕切りしました。

リフォーム前は不動産屋さんの事務所として使われていました

■ 各室のリフォーム内容をご紹介します

受付と待合室

【リフォーム前】

●オープンであたたかいイメージの受付

受付には、ペットグッズを扱うショップや、ペットフードなどが販売されています。

ここがポイント!

●機能性を一番に考えて、動物達のためにこだわったフローリング


■ ペット住まいるフロア (リリカラ社製)

床には、わんちゃんや、猫ちゃんの足にもやさしい、「ハード&ソフト」な床材、ペット住まいるフロアを採用しました。

【ペット住まいるフロアの特徴】

  1. 傷がつきにくい床材です。
    活発でよく走りまわるわんちゃんなどに最適。
  2. 滑りにくく、適度なクッション
    床が滑ったり、硬かったりすると、脱臼症状を引き起こしてしまいます。
  3. お掃除が簡単
    汚れがたまりにくく、水分も浸みこみにくいので、液体汚れやアンモニア等に強い床材です。
こちらのウッドシリーズの床材は、木の温もりや暖かさをリアルに表現した床材です。


アドバイザー
塩谷 理枝

いつもなら、ムクの床材をお勧めする私たちですが、メンテナンスやペットへの影響を考え、今回は機能を一番に選ばせて頂きました。


看板犬のピエール君


診療室

【リフォーム前】

ここがポイント!

● 引っかき傷に強い腰壁

「ペット住まいる」の壁紙に加え、わんちゃん達の背丈にあわせて、下の部分には腰壁を貼りました。

この腰壁は、表面の引っ掻き傷に強い特性があり、衝撃物に対しても破損しにくい特性を兼ね備えた腰壁です。

色も豊富にありますので、空間のアクセントにもなる機能的な壁紙です。

ここがポイント!

● 消臭クロス

壁のクロスは、消臭+抗菌作用のある、消臭クロスが貼られています。
良い香りはそのままに、悪臭だけを取り除く、選別消臭機能があるクロスです。
消臭効果は、約5年間持続します。

ここがポイント!

● マグネットクロス

院内の壁には、一部マグネットクロスが貼られています。
院内では、たくさんの資料を壁に張られることが多いとの事。
このマグネット機能が搭載されたクロスは、とても重宝して下さっているようです。


コーディネーター
薄井

最初、資料などを貼るホワイトボードを設けたいとのご要望でしたが、 マグネットクロスをご提案させて頂き、気に入って下さいました。
鉄粉が練りこまれたクロスで、厚さは0.8mmほどです。
壁から出っ張ることもなく、資料を全面に貼れるので、 コンパクトな空間にもぴったりで、機能的です。


トリミングルーム

こちらは、「ドックサロンルル」の、トリミングルームです。
トリミングルームは、オープンなスペースに設けられました。
こちらで、わんちゃんや猫ちゃんがお洒落で可愛いスタイルになっていく事を思い浮かべると、なんだかワクワクしますね!

【リフォーム前】


コーディネーター
薄井

ここがポイント!

トリミングルームは、給排水の設備を設けるために床を15cm程度あげるというのが当初の計画でしたが壁部分に管をまわして、少しふかすことで、床をあげずに済み、天井高を確保できました。
ふかした壁の部分には、ムクの木でカウンターを取りつけ、物置の棚に使って頂けるようになっています。


レントゲン・手術室

X線の防護のため、特殊な工事を施します。

1枚30kgの重さのある、鉛が挟んであるベニヤを、放射線対策で、下地に使用させて頂きました。

【リフォーム前】

施工の様子

レントゲン室には放射線対策の扉が設置されています。

お泊り施設

入院、ペットホテルとしてお使いになる予定です。

将来的にこちらのお部屋は、区切って使用されるご予定なので出入り口も2箇所設けてあります。

【リフォーム前】

●ステンレスのゲージ

ステンレスのこちらの頑丈なゲージは、ご支給品です。
金額を伺ってびっくりでした

●インテリアは温かい雰囲気に
院内の建具は、少し遊び心を入れて、ポップなデザインのものをご提案させて頂きました。
医療用具などは、特に冷たい感じがしてしまいますので、インテリアは楽しくて、温かい雰囲気を心がけました。

病院への入り口階段

患者さんが病院に入ってきて一番初めに目に触れる場所です。

明るく、楽しく、清潔な印象をもっていただけるような空間に仕上げました。

【リフォーム前】


コーディネーター
薄井

ここがポイント!

病院への入り口は、テーマカラーの水色を使用しました。
また、エコリフォームが得意とする、ムクの木を何処かに使わせていただこうということで、お客様が入っていらした時に丁度正面に見える階段の壁に、カバ桜のムク材を張りました。
これが良いアクセントとなり、温かみがプラスされています。
塩谷先生の選ばれた、丸い照明器具とも、雰囲気が合ってよかったです。

ここがポイント!

●玄関ドアにはダイノックシート

当初は、木製の扉を考えておられましたが、コスト、メンテナンスを考え合わせ、まだまだ使える扉に一工夫して使って頂くことになりました。

この入り口玄関のドアは、ダイノックシートで装飾してあります。

【ダイノックシートとは...】

ダイノックシートは、3M社製の本物の素材に限りなく近い究極のフィルムです。
玄関ドアには、様々な素材や形状がありますが、ダイノックシートなら、多様な対応が可能な為、リフォームには最適です。
リフォーム 前のガラスのドアも、ダイノックシートを使い、イメージをデザインしてお好みの雰囲気に仕上げることができます。

【リフォーム前】

【リフォーム後】

取っ手も取替え、リフォーム 前の扉とは別物のようです。ドアの幅も広くなったように見えますね。



インテリア
コーディネーター
薄井 歩

【担当コーディネーターより】

開業のご準備がお忙しい中、2日と空けずに現場を見に来て下さっていた塩谷先生と、内装の話のみならず、お仕事のお話や、物事に対する考え方など、色々お聞きしながら大変楽しく関わらせて頂きました。

私たちのご提案も、とても気に入って下さり、塩谷先生の朗らかなお人柄のよく表れた、内装に仕上がったと思います。

たくさんのご協力、本当に有難うございました。



フリーダイヤル0120-292-575

メール:info@eco-reform.com

営業時間 9:00~19:00(日曜・祝日定休)
お問い合わせフォーム 東京23区完全対応いたします

株式会社エコリフォーム 東京都江東区富岡1-22-29-2F/TEL 03-3641-4134/FAX 03-3641-4125

メディア掲載情報 フジテレビ「みんなのニュース」耐震特集
フジテレビ「みんなのニュース」耐震特集
テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」
テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」
BSジャパン「暮らしの学校」
BSジャパン「暮らしの学校」
新聞・雑誌・書籍でも紹介されました
新聞・雑誌・書籍

東京23区別のリフォーム事例はこちら>>足立区荒川区板橋区江戸川区大田区葛飾区北区江東区品川区渋谷区新宿区杉並区墨田区
世田谷区台東区千代田区中央区豊島区中野区練馬区文京区港区目黒区

facebooktwitterInstagramHouzz
© 2004 EcoReform inc. マンションリフォームはこちら