リフォーム事例 >  部分リフォーム >  シェルターを造る耐震補強、築60年の木造の家

シェルターとなる部屋を作る耐震補強リフォーム

このエントリーをはてなブックマークに追加
シェルターを造る耐震補強、築60年の木造の家
このページは、ピンチアウト&インで拡大縮小しながらご覧いただけます。 このページは、ピンチアウト&インで拡大縮小しながらご覧いただけます。

築60年の家。もうしばらく頑張ってもらうために!

工事の様子
ハウスデータ
 ■築年数64年以上
 ■住宅仕様2階建 木造住宅
 ■広さ建坪11坪
 ■内容
  • 耐震補強
    内装(床・天井の張替え)
    電気配線の整備
    断熱工事
 ■地域東京都文京区
お客様より

お客様より

■それでも「なんとかします」との力強いお言葉を頂いた時は、どれほど安堵したことかわかりません。

実家の敷地内に建つ築60年超えの小さな空き家。そこは以前、親戚が住んでいた家でした。

そう遠くない将来に両親と二世帯同居を考えていた私たち夫婦は、それまでの仮住まいにできないかと考えました。

かなり古いけれど少し手を入れれば・・・と安易に思っていましたが、そう実際には簡単にはいきませんでした。
シロアリの被害、ひどく傾斜した床・・・最低でもこの問題をクリアしないと住むことはできません。 大幅なリフォームが必要なのは一目瞭然でしたが、仮住まいのための家に、あまり大きな予算はかけられませんでした。

いくつかの工務店等に概算でのリフォームの見積もりをお願いしてみましたが、どの会社もメールで相談した段階でかなりの難色を示しました。基礎の状態もわからない伝統工法の家で、しかも床の傾斜や蟻害まであるのですから、低予算でのリフォームなど無理だと考えたのでしょう。

「もうダメか・・・このまま今の賃貸に住もうか」とあきらめかけていると、見積もり依頼した最後の1社が「一度見せていただけませんか?」とお声をかけてくださったのです。
それがエコリフォームさんです。

希望の予算内でできる限り安全で快適な家にするために真剣に考えてくださり、親身になって色々とご提案してくださいました。
「内装はできるだけ自分たちでやりたい」という希望も尊重してくださり、いろいろとDIYのアドバイスをいただいたことも有り難かったです。

途中、スケルトンにした状態で、床の傾斜の原因がシロアリではなく地盤が原因だったという事実を知った時は愕然としましたが、それでも「なんとかします」との力強いお言葉を頂いた時は、どれほど安堵したことかわかりません。

建築士さんとコーディネーターさんが何度も何度も足を運んでくださり、非常に細やかなお気遣いをしていただいたことが印象的でした。

おかげさまで、古い家でも快適に生活することができそうです。 この度、エコリフォームの皆様には、本当にお世話になりました。 今後とも頼りにしていますので、また何かありましたら、よろしくお願いいたします。

インタビューにご協力いただきました


1、シェルターになる部屋を作る耐震補強

耐震補強 築60年の木造の家ということで、地震に対抗する家の強度は、かなり心配な状態です。
こちらのお住まいと、お暮らしになるご夫妻にとって最適と思われる補強方法をご提案。


2、畳の床を無垢のフローリングにし、床の傾きも解消!痛んでいた天井も張り替えます。

床&天井工事 床の畳も随分と傷んでしまい、更に傾いてしまっていました。これを機に、無垢のフローリングの床に変更し、傾きも水平にいたします。
天井も随分傷んでおり危険でしたので、張替えです。


3、設備の見直し【昔のままだった電気配線の交換・断熱】

電気 断熱 T様邸の電気配線は、昔ながらの「がいし」という配線のままでした。
古い配線は漏電の恐れもあり、火事を引き起こしてしまう原因になりかねません。今回の工事で、新しいものに交換します。

更に、床や天井には新規で断熱材を施工し、暮らしやすい空間に。


塩谷さん 素敵な若いご夫婦のお客様です。
このたび、文京区にある、お父様がご所有の築60年の木造の家に移り住まれることになり、リフォームをされることとなりました。

昔ながらのレトロなお住まいです お二人がこちらの家にお住まいになるのは5年ほどとお考えです。
ずっと長くお住まいになるのではありませんので、あまり費用をかけず、必要な箇所のみリフォームをされたいとのご希望でした。

ご自分たちで出来ることは、セルフビルドでされたいとのご希望もございましたので、セルフビルドでは難しい、耐震補強や大工工事を優先したリフォーム計画となりました。

T様ご夫妻が安心してお暮らしいただける空間にするために、ご予算の中でできる最善の方法をご提案させていただきました。

耐震補強

T様邸のご事情、家の形に合わせ計画した耐震補強。
木造住宅の豊富な経験があるからこそ実現したシェルターを造って命を守る耐震補強リフォーム

リフォーム前

塩谷敏雄 こちらのお宅は昭和22年建築の、築60年を超える木造の建物です。

建てられた時代が戦後間もない、物が無かった頃の為、あまり良い材料は使われていません。
そこへ経年の痛みが加わり、更にシロアリの被害も見られました。

この状態から、1階、2階ともに、耐震性能の評点を1.0(ほぼ倒壊しない、とされている数値)まで 持って行くには、大規模な工事が必要となり、費用も掛かってきてしまいます。

そしてT様ご自身も、こちらには5年程お住まいになるご予定とのことで、今回の耐震工事にはそれほど大きな予算をかけることはできない、というご都合がありました。

しかし、このままでは危険ですから、耐震補強をしない訳にはいきません。

家全体を完璧に耐震することは予算的に無理ですが、 1部屋だけ、ここにいれば大丈夫、というシェルターになるようなお部屋を作る、という 方法を取ることになりました。

普段お過ごしになる1階の8畳のお部屋を、重点的に補強することにいたします。

T様邸のご事情を考慮した補強のご提案


補強のご提案

工事の様子 図のような補強をいたします。

ご夫妻が一番長くお過ごしになる8畳のお部屋を重点的に 新しい梁・柱・土台を設け、耐力壁の補強をします。

ただ、今回の工事では、外壁はそのまま、内部だけで補強を掛けるため、 古い柱を撤去し、新しい柱に取り替えることができません。

その為、今回は古い柱はそのまま残しますが、その柱の前にもう一本柱を立て、 新旧二つの柱を新しい梁で接続する方法を取ることにしました。

上は梁で接続し、下は新しい土台で接続します。
これで、新しくて強度のある柱と梁、土台で囲まれた四角い空間が出来ます。

家の中に、新しく小さな家を造った、というような形です。
新しい柱、梁、土台で、この8畳ほどの居間を支え、倒壊することを防ぎます。

「T様邸」ならではの耐震補強です


補強したのは2階の荷重のかからない、この部分のお部屋です。

尚、この補強方法は、T様邸の形状を考慮して行ったものです。

T様邸は一応2階があるのですが、図のような形状になっており、 今回、補強を行った8畳の部屋の上には、2階部分がありません。

上に2階がある場合は、万が一倒壊した場合、1階に2階の重さがかかってきます。 そう考えると、今回のような補強では不安が残る為、 他の方法を取る必要があったでしょう。

このように、住まいの状態によって耐震補強方法は様々です。
必ず、木造の構造に強い建築士に相談し、一緒に補強を考えることをおすすめします。

塩谷敏雄 耐震補強前には、室内にある1本の柱を少し揺らすだけで、ガタガタと音を建てて建物全体が揺れる状態でしたが、工事後は、柱を揺すっても揺れなくなりました。

お引越しの様子 耐震補強を完了して数日後、東日本大震災が発生いたしましたが、大きな揺れにも耐え、 東日本大震災の翌日に無事お引渡をさせて頂く事ができました。
3月11日前に補強が完了していて本当に良かったと思います。

工事の様子

慎重な解体作業&お客様へのご報告


解体した壁

経年したお宅の工事では、解体にはいつも以上に細心の注意が必要です。 経験や知識が無い人が解体してしまうと、倒壊してしまう恐れがあるからです。
建築士の塩谷がひとつひとつよく確認し、職人に指示を出しながら慎重に解体します。

解体後、お客様にお越しいただき、現状の報告、T様邸に合わせた耐震補強の方法をご説明させて頂きました。

耐震補強工事の様子

耐震補強工事の様子

既存の柱の前に、新しい柱が立ちました。白い柱が新規の柱です。

ただ、手前に新しく立てるだけでは、効果はありませんので、 その柱を受ける、沓石や土台なども新規で設けます。
※沓石とは 柱の下に据える土台石のこと。

新規の梁

新しい柱と古い柱の上に、新規に梁をかけ、強固に結合します。

金物で固定

クロス接続部分は耐震金物で接続し、抜けを防ぎます。

火打金物

角の部分には火打金物を設置して補強をいたします。

床工事の様子

床の傾きを水平に戻す

T様邸は経年の痛みにより、建物の南側と北側で、床の高さに差が出てしまっていました。
今回の工事で床を張り替えますので、高さもフラットにいたします。

お客様にもよくご確認

今回T様邸では高い方にあわせる方法を選んだ為、押入の高さが10cmほど 低くなってしまいました。
そうした事も、現場でひとつひとつご説明しご納得いただき工事を進めていきました。

無垢フローリングで仕上げ!

仕上げは無垢のフローリングです。
昔ながらの木造のお家には、天然の木材の風合いがピッタリだと思います。

天井工事の様子

解体した天井

天井も、戦後すぐの木造の建物の為、材料の使い方が不足していました。そこで、新しく張りなおすことになりました。下地から綺麗にやり直しです。

新しくした電気配線

断熱材もしっかり。新しくした電気配線も見えます。

ラワン材で仕上げ

他の部屋の和の空間と調和するように、90cm角にカットしたラワン材を 目透かし張りで仕上げました。(※目透かし張りとは、板同士に数ミリの隙間をあけて貼る方法です)

断熱工事の様子

床断熱 天井断熱

昔のお住まいは、断熱材自体が入っていないお宅も少なくありませんが、 こちらもお宅も入っていませんでした。

天井、床に断熱材を入れ、暑い時期、寒い時期に過ごしいやすくいたします、

完成です!

お客様とパチリ!

リフォーム前の様子

レトロなお住まいの雰囲気はそのまま、住宅再生!
万が一、大きな地震が来ても、シェルターになるお部屋を造る耐震補強を行っていますので、安心です。

そして、昔の家の場合、設備が現代の暮らしに合わないことでお悩みの方も多いですが、
断熱や電気の見直しも行い、ずっと暮らしやすくなりましたよ。

完成を記念してお客様とパチリ! ありがとうございました!

インタビューにご協力いただきました

木造の耐震補強に関してはこちらも合わせてご覧ください


こちらの他にも、東京23区内で行った耐震補強の事例を掲載しております。合わせてご覧ください。

ビルトインガレージのある3階建

ポイントを抑えて耐震&断熱

昭和30年代の木造住宅補強

1階が車庫の木造3階建て住宅

築35年の木造住宅を耐震補強

築60年の木造社屋を耐震補強

1階が駐車場の住宅を耐震補強

築50年の木造住宅耐震補強

シェルターを造る耐震補強



フリーダイヤル0120-292-575

メール:info@eco-reform.com

営業時間 9:00~19:00(日曜・祝日定休)
お問い合わせフォーム 東京23区完全対応いたします

株式会社エコリフォーム 東京都江東区富岡1-22-29-2F/TEL 03-3641-4134/FAX 03-3641-4125

メディア掲載情報 フジテレビ「みんなのニュース」耐震特集
フジテレビ「みんなのニュース」耐震特集
テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」
テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」
BSジャパン「暮らしの学校」
BSジャパン「暮らしの学校」
新聞・雑誌・書籍でも紹介されました
新聞・雑誌・書籍

東京23区別のリフォーム事例はこちら>>足立区荒川区板橋区江戸川区大田区葛飾区北区江東区品川区渋谷区新宿区杉並区墨田区
世田谷区台東区千代田区中央区豊島区中野区練馬区文京区港区目黒区

facebooktwitterInstagramHouzz
© 2004 EcoReform inc. マンションリフォームはこちら