リフォーム事例 >  部分リフォーム >  昭和30年代のお住まいを町屋風リフォーム ~耐震補強の様子~

昭和30年代中古住宅を町屋風にリフォーム

このエントリーをはてなブックマークに追加
昭和30年代のお住まいを町屋風リフォーム ~耐震補強の様子~

このページは、ピンチアウト&インで拡大縮小しながらご覧いただけます。



S様邸は、深川の大工さんがつくった特色のある家でした。

ご購入された際、S様はこの昔ながらの建物をとても気に入られており、 その良さを活かしながら、その時のご予算の中で出来る範囲で、耐震性もアップさせるリフォームを行い、 大変気に入られてお暮らしでした。

そして7年が経過した頃、東日本大震災が起こり、改めて、耐震面をもっと強化をしたいとお考えになり、 再度のお声がけをいただきました。
ありがとうございます。


たぶんこれは塩谷さんではなかったら、見積すら出来ないのではないかなと思いまして、 ということと、全く知らない人に変に手を入れてほしくなかったので、またお願いすることにしました。

(工事を経て)揺れ方が緩やかというか、(建物が)ぐっとこらえるような感じになりました。 効果があったのではないかと感じています。
ハウスデータ
 ■築年数 築52年
 ■住宅仕様2階建 木造住宅
 ■リフォーム内容
  • 屋根の葺き替えと天窓の設置
  • ビルトインガレージ部分の補強
 ■地域 東京都江東区
耐震採光がUP!の屋根の葺き替え工事
屋根を軽量化することで耐震性を上げます
S様邸の屋根は、建築当時の瓦の屋根でした。
瓦の屋根は、日本の風土に合った優れた素材ですが、 重量があるというのがデメリットです。

上の部分に錘が付いた振り子をイメージしていただけるとわかりやすいかと思うのですが、 錘の重量があればあるほど、揺れは大きくなりますよね。それと同じなんです

前回のリフォームでは屋根の葺き替えは見送られましたが、 軽い屋根に葺き替えを行った方が今後を考えると安心であるため、 葺き替えを行うことになりました。
屋根の葺き替えに合わせ、天窓も設置
屋根の葺き替え工事ということで、一旦屋根材を撤去して 下地から作り直しをいたします。せっかくなので、その際に天窓の設置も合わせて行うこととなりました。

S様邸は、左右の隣との間ほとんど隙間が無いという、都心の密集地ならではの 立地のため、左右の壁面には窓が少なく、採光もほとんど望めません。

前回のリフォームでも採光を意識した工夫がされておりますが、 今回の工事では、その効果を更にアップさせる計画です。

天窓を付ける際、気をつけたいのは断熱です。
建物の屋根は日光の影響を大きく受けますので、通常の窓では、夏のギラギラした太陽光によって2階が暑くなってしまいます。

それを防ぐ為に、暑さを遮り、光だけを通してくれるという性能を持つ、断熱性の高いロウイーガラスを使用いたします。
※屋根は雨漏りの恐れが最も高い箇所なので、 もし天窓の設置をお考えの方は十分ご注意下さい。屋根に穴を開ける訳ですから、 いい加減な工事をしてしまうと、雨漏りを招き、引いては住宅の強度を落としかねません。

S様邸のように、全体的な屋根の葺き替えをする際に合わせて、天窓の設置を行うのが最も安全です。
屋根葺き替え工事~完成の様子

50年頑張ってくれた瓦の屋根です。 今まで、ありがとうございました。

工事の際、両隣のお宅にご迷惑がかからないよう、 シートでサイドを覆ってからの工事開始です。

屋根を下ろし、早速、新しい骨組が造られます。

今回の工事では天窓を入れますので窓のサイズに開口部を設けます。

開口部を内側から見たところ。窓の為の外枠が造られています。

天窓が設置され、そして、屋根の下地が出来上がりました。

内側から天窓を見たところです。窓が隙間無く固定されています。

屋根は雨漏りの危険が最も大きな箇所ですから、防水シートも必須です。

アスファルトシングルを葺いて、完成です!
重量は今までの瓦に比べて1/5ほどになりました。

こちらは家の内側。天窓を設置するため、 この部分を吹き抜けにしましたので、新たにボードを貼り、クロス(壁紙)が施工されました。

見づらい画像等は、指で拡大・縮小しながらご覧いただけます。
内部の完成の様子です!天窓が付いた効果で明るさが大幅アップしました。

天窓は、前回のリフォームの際、設置していた半透明の床の真上に設置しましたので、 この半透明の床を通して1階までも明るさが届いています。
ビルトインガレージ部分の耐震補強収納増設

建物の耐震性を考えると、ビルトインガレージ(ピロティ) ではない方が良いのですが都内の場合、土地が限られる上に、駐車場の賃料も高額になる為、 どうしても駐車場を設けなければならないというケースも珍しくはありません。

S様邸もご主人様が車を使われる為、こちらの駐車場は今後も必要です。
その為、今の形を保ったまま、補強を行います。

仕口ダンパー設置

仕口ダンパーとは・・・

本当は壁で塞いでしまうのが良いのですが、それはできませんので、 代わりに開口部の左右に「仕口ダンパー」を設置しました。

仕口ダンパーとは、地震や強風などの際に生じる、建物の揺れを「軽減」してくれる装置で、 柱と梁の交点である「仕口」と呼ばれる箇所に設置することで効力を発揮します。
仕口ダンパーを設置することにより、この場所に壁があるのと同等の強度を得ることが出来ます。

大きな開口部を設けざるを得ない、寺社仏閣の補強でもよく使われています。

★仕口ダンパーについて詳しくはこちらへ

※優秀な装置ではありますが、正しく設置しなければ意味がありませんので、 必ずプロの方に相談してくださいね。

この箇所が、梁と柱の交点である「仕口」です。

この仕口ダンパーを、ガレージの開口部の左右に設置しました。

仕口に正しく設置する為には内装を剥がす必要があったため、 再度内装をやり直して、完成です。

新規の梁を掛けて補強し、収納も!

梁と柱で補強

駐車場の二箇所に、新規で大きな梁を掛け、同じく新規の柱で支えます。
居住スペースとなっている二階の重量を、これまで以上にしっかりと支えます。

更に、ロフト収納を

梁を掛けたことで、今までお使いになっていた壁付けの棚が使用できなくなってしまったため、 ガレージの上部にできた空洞を利用し、収納として使えるようにしました。

車周りで使用するものを、あれこれと仕舞っていただける便利なスペースです。

工前の様子です。 ガレージのため大きな空洞となっている状態を、梁を掛けることで支えます。

早速新しい梁が設置されました。

ボードの裏に隠れてしまっていますが、 梁が壁に接している箇所には柱があります。
柱と梁をしっかりと結合する為に、耐震金物で固定しました。

補強をしながら、上にロフトを造作しました。

ガレージ周りのこまごましたものや、 替えのタイヤなどをこちらに収納できます。

建築当時の風情のある木製窓を残しながらも、過ごしやすさをUPする

S様邸は、建築当時の木製の窓を、そのままお使いです。

当時の窓は、断熱性という面では、今の窓サッシに比べるとかなり心もとないです。

でも、何と言っても雰囲気が良いので、お客様はこの窓を大変気に入られていますが、 冬の寒さだけは何とかならないものか・・とお考えでした。

窓の断熱性を上げるためには、 最近では標準になりつつあるペアガラスの窓サッシに交換するのが最も良い方法です。

お客様ご自身もこの窓を残すかどうかという点は随分迷われたそうですが、 最終的に「金属のサッシにすると、風情がなくなってしまう・・・」とのことで、 あえてこの可愛らしい窓を残すことをお選びになりました。

そこで、断熱性のある「DAN雨戸(トステム製)」を設置するという方法を取ることにしました。

断熱雨戸は、雨戸の内部に断熱材を挟み込んでいるもので、通常の雨戸より断熱性が高く、 窓の交換ができない場合にオススメです。

同時に、内側に網戸も設置しました。

もとの建具の雰囲気を大事にするために、通常の網戸ではなく アコーディオンタイプのものを採用。

使用しない時は端に寄せておけるので、窓辺がスッキリ見えます。

完成です!S様、再度のご依頼ありがとうございました!

前回行ったリフォームを更に進化させるためのリフォーム、無事竣工いたしました。
お引渡しの日に笑顔でパチリ!S様ご夫妻、愛猫の小次郎くんには、工事の間ご不便をおかけいたしましたが、 快くご協力いただきましてありがとうございました!

【一級建築士・塩谷敏雄より】

S様より最初にリフォームをご依頼いただいたのは2004年でした。

中古でご購入された建物だったこの建物の良さ、S様ご自身もある程度理解している、 わかってらっしゃったこそ、実現したリフォームとなりました。

昔ながらの腕の良い大工が建てた家は、現在でも通用する良さが多くあります。
私自身もこのような先人の技が詰まった建物は、何とか上手く残したいと考えておりますので、 お客様と計画を立てる過程も大変やりがいがあり、非常に良い経験となりました。

それから7年の後、再度の工事のご依頼も頂戴し、感謝いたします。
最初の工事では見送られた工事も実現し、これで本当の完成という気がいたします。

今後もメンテナンス等でお気軽にお声がけいただければ幸いです。 ありがとうございました。

【リフォームアドバイザー・塩谷理枝より】

平成16年に、はじめての工事をご依頼いただいてから早いですね、もう8年もの 月日がたちました。
長くお付き合いをいただき、またこうしてご依頼をいただけたことは、本当に ありがたく、嬉しい限りでございます。

今回のリフォームでは、はじめの工事の際に見送られた箇所と暮らされてみて、新たにも たれたご要望への工事をさせていただきました。

これからもお住まいのことは、何でもご相談いただきたいと思います。
いただいたご縁をこれからも大切にさせていただきます。
この度は、ありがとうございました。

【担当インテリアコーディネーター・千葉容子より】

前回のリフォームの際は私はまだ入社していなかったため、二度目のリフォームを担当させていただきました。
お忙しい中でありながら、ご夫妻と可愛らしい猫ちゃんがいつも温かく迎えてくださいました。ありがとうございました。

S様ご自身がとてもセンスがおありで、昔ながらのこの建物を上手く活かして素敵にお住まいです。
今回の改修に関わらせていただくことで、私自身も勉強させていただいたように思います。

このたびのご縁に感謝いたします。ありがとうございました。

こちらの他にも、東京23区内で行った耐震補強の事例を掲載しております。合わせてご覧ください。

木造の耐震補強に関してはこちらも合わせてご覧ください



フリーダイヤル0120-292-575

メール:info@eco-reform.com

営業時間 9:00~20:00(日曜・祝日定休)
お問い合わせフォーム 東京23区完全対応いたします

株式会社エコリフォーム 東京都江東区富岡1-22-29-2F/TEL 03-3641-4134/FAX 03-3641-4125

メディア掲載情報 フジテレビ「みんなのニュース」耐震特集
フジテレビ「みんなのニュース」耐震特集
テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」
テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」
BSジャパン「暮らしの学校」
BSジャパン「暮らしの学校」
新聞・雑誌・書籍でも紹介されました
新聞・雑誌・書籍

東京23区別のリフォーム事例はこちら>>足立区荒川区板橋区江戸川区大田区葛飾区北区江東区品川区渋谷区新宿区杉並区墨田区
世田谷区台東区千代田区中央区豊島区中野区練馬区文京区港区目黒区

facebooktwitterInstagramHouzz
© 2004 EcoReform inc. マンションリフォームはこちら