リフォーム事例 >  部分リフォーム >  お悩みポイントを抑えた耐震補強&断熱リフォーム

1階が事務所の建物を耐震&断熱リフォーム

このエントリーをはてなブックマークに追加
お悩みポイントを抑えた耐震補強&断熱リフォーム

このページは、ピンチアウト&インで拡大縮小しながらご覧いただけます。 このページは、ピンチアウト&インで拡大縮小しながらご覧いただけます。
お客様より

お客様より おかげさまで良くなりました。
以前は、1階から2階に上がると空気がムッとしていたのですが、リフォーム後はそれが無くなり、効果があったんじゃないかと思っています。耐震をしたことで、安心感もありますよ。

ハウスデータ
 ■築年数30年
 ■住宅仕様2階建て 木造住宅
 ■内容
 ■地域東京都江東区

弊社地元である江東区のお客様よりご依頼いただいた、耐震&断熱リフォームです

1階の耐震 2階の断熱環境改善

一級建築士 塩谷敏雄 弊社の事務所と同じく、江東区にお住まいのお客様、N様です。
こちらのお宅は、築30年。N様はご自宅で自営業をされていらっしゃいます。

1階を事務所にしておられ、大空間になっている(いわゆるピロティ)のため、 震災以来、地震が心配であるとのことでお悩みでした。

また、居住スペースとされている2階は、夏の暑さにお悩みで、毎夏、悩まされているとのこと。

そこで、1階は耐震、2階は断熱環境を改善する為のリフォームをされることとなりました。

1階は、建物をしっかり支えるための耐震補強を行います



N様邸は、1階が、事務所でお使いであるために広い空間になっており、そのため建物を支える為の壁が少ない、というのが最大の弱点です。
しかし、壁を立てて仕切りを設けると、事務所としては、見通しが悪くて使いづらい空間になってしまいます。

そこで、耐震補強装置であるコボット+仕口ダンパーを使った補強で、
壁を立てずとも、壁があるのと同じ状態
にいたします。

>>コボットについて詳しくはこちら
>>仕口ダンパーについて詳しくはこちら


また、建物の出入り口になっている建物の前面にも壁が非常に少なく、こちらも弱点です。
更に、出入り口であるからには、実際に地震のような災害が起こった際、急いで建物内部から避難する為に、そう簡単に崩れたりしないようにしておく必要があります。

この補強により、N様邸の1階の構造評点が
「X軸0.93/Y軸1.36」であったのが、
「X軸1.04/Y軸1.68」に上昇いたします。

実際の工事の様子

基礎配筋

N様邸1階、リフォーム前の様子です。事務所としてお使いのこちらのスペースは、壁があまり設けられていません。

基礎コンクリ

着工です。まずは土台になる部分を取り付けます。

新規の柱&筋交い

更に新しい柱を建て、上には新しい梁を設置し、梁、柱、土台を繋げます。
更に柱と柱を繋ぐように「コボット」を設置。そして、柱と梁の交点には「仕口ダンパー」を設置します。

基礎配筋

壁の代わりになる補強が完成です。コボットや仕口ダンパーを使えば、こちらのように、壁として塞がなくとも十分な耐力を持たせることが出来るのが良いところです。

基礎コンクリ

こちらは出入り口の補強。補強に使用する仕口ダンパーは、柱と梁の「交点」に設置しなければなりません。その為、このように天井の一部に穴を開ける必要があります。

新規の柱&筋交い

ここが天井裏にある柱と梁の交点です。仕口ダンパーが設置されました。

基礎配筋

こちら、階段の壁です。災害時、居住スペースである2階から速やかに避難するため、階段周りが崩れてしまわないように補強を行います。筋交いが入りました。

基礎コンクリ

もちろん、ただ斜めがけに木材を入れただけでは効果は無く、上下を、柱と桁(けた)の交点ち繋げ、耐震金物で固定する必要があります。

新規の柱&筋交い

補強後、改めて内装材で塞がれました。

千葉さん 【ちょっとこぼれ話】 江東区が行っている耐震助成は受けられませんでしたが・・・・

N様邸は、昭和57年のお住まいの為、江東区の助成を受けての耐震診断はできませんでした。
自治体による耐震診断や耐震補強の助成は、基本的に「昭和56年以前」の建物が対象だからです。

助成を受ける場合は、お住まいの各自治体の建築課へ申請し、許可を待つ必要がありますが、 手続きに時間がかかり、お客様がお考えの時期に工事がスタートできない場合が多々あります。

N様は「なるべく早い時期のリフォームを」とお考えでしたので、助成を受けるという制約が無く、助成金のことを考慮に入れず工事に入ることができ、これはN様にとってはむしろメリットだったと言えるでしょう。

2階の断熱リフォームで快適な暮らしに!


安全で高性能の断熱材 セルローズファイバー 夏の2階の暑さにお悩みであったN様。

夏は猛烈な日光が照りつけます。
建物の場合、その暑さを受けるのは屋根となり、 2階は屋根の暑さの影響を多く受けるのです。

2階が暑い!という場合は、2階天井の断熱状況を見直すと改善する場合が多くあります。
今回のN様邸では、より強力に断熱をするべく、 天井に「セルローズファイバー」を入れることにしました。

こちら、よく見るお布団のような断熱材ではなく、フワフワの綿のような形状で、 それを専用のホースを使って「吹き込んで施工する」断熱材です。 エコロジーで高性能、長持ちという大変優秀な素材です。

>>セルローズファイバーについて詳しくはこちら

基礎配筋

リフォーム前の屋根裏です。暑さに悩まされているとのことでしたが、やはり屋根裏には断熱材が入っていませんでした。

基礎コンクリ

セルローズファイバーを入れます。天井裏まで専用のホースを引っ張り、綿のようなセルローズを吹き入れます。

新規の柱&筋交い

このように隙間無くセルローズを敷き詰めました。

外気の影響を大きく受けてしまう「窓」の性能アップ


一見、変わっていないように見えますが、しっかり補強されているのがポイント!

窓は、夏は外気の暑さを、冬は外気の冷たさの影響を最も大きく受ける箇所です。

近年の住宅では、窓の性能もかなり向上し、ガラスが2枚合わせになっているために断熱性の高い「ペアガラス」が当たり前になってきましたが、N様は30年前のお住まいであるため、1枚ガラスの窓でした。

そこでN様邸では、天井の断熱に加えて、窓も断熱リフォームを行いました。
採用したガラスは「真空ガラス」のスペーシア。2枚のガラスなのですが、その間の隙間が真空になっているタイプのものです。従来のペアガラス技術を更に進化させた最新のエコガラスで、外と中の熱をより伝えづらいようになっています。

>>真空ガラスについて詳しくはこちら

千葉さん 【真空ガラスは、お手軽に交換できるのが嬉しい!】

従来のペアガラスは、厚みがあります。N様邸のように、シングルガラスの窓の場合、ペアガラスよりもかなり薄いので、ガラスだけではなく、窓サッシから交換しなければならず、思わぬ大工事になってしまう場合があります。

でもこちらの真空ガラスなら、ペアガラスのような厚さがありませんので、シングルガラスのお宅でもお手軽に交換ができるのが嬉しいところです。

基礎配筋

真空ガラスなので厚さが無く、もとのシングルガラスと同じ窓サッシを使用できるため、ガラスのみの交換となります。

基礎コンクリ

エコガラスマークが付いています!

ありがとうございました!

ありがとうございました! ありがとうございました!

この度のN様邸の工事は、見た目を新しくする、というリフォームとは違いますが、住み心地や安心感という点で、大きな改善を行うことができました。

もちろん、見た目は大切ではありますが、耐震、断熱といった、住まいの基盤となるところに心配があっては、綺麗にしても本当の満足は得られないものです。

耐震断熱は、普段は目に見えないけれど、最も大事な部分である建物の内部に手を入れるため、皆様、業者選びに悩まれるところですが、N様は弊社をご信頼くださり、大切なお住まいをお任せくださいました。 感謝いたします。

行ったリフォームの効果を、ご実感いただいてるとのご感想もいただき、嬉しく思います。
これからも何かありましたらいつでもご相談いただければ幸いです。 ありがとうございました。

木造の耐震補強に関してはこちらも合わせてご覧ください


こちらの他にも、東京23区内で行った耐震補強の事例を掲載しております。合わせてご覧ください。

ビルトインガレージのある3階建

ポイントを抑えて耐震&断熱

昭和30年代の木造住宅補強

1階が車庫の木造3階建て住宅

築35年の木造住宅を耐震補強

築60年の木造社屋を耐震補強

1階が駐車場の住宅を耐震補強

築50年の木造住宅耐震補強

シェルターを造る耐震補強



フリーダイヤル0120-292-575

メール:info@eco-reform.com

営業時間 9:00~20:00(日曜・祝日定休)
お問い合わせフォーム 東京23区完全対応いたします

株式会社エコリフォーム 東京都江東区富岡1-22-29-2F/TEL 03-3641-4134/FAX 03-3641-4125

メディア掲載情報 フジテレビ「みんなのニュース」耐震特集
フジテレビ「みんなのニュース」耐震特集
テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」
テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」
BSジャパン「暮らしの学校」
BSジャパン「暮らしの学校」
新聞・雑誌・書籍でも紹介されました
新聞・雑誌・書籍

東京23区別のリフォーム事例はこちら>>足立区荒川区板橋区江戸川区大田区葛飾区北区江東区品川区渋谷区新宿区杉並区墨田区
世田谷区台東区千代田区中央区豊島区中野区練馬区文京区港区目黒区

facebooktwitterInstagramHouzz
© 2004 EcoReform inc. マンションリフォームはこちら