フリーダイヤル0120-292-575

リフォーム事例 >  部分リフォーム >  リフォームで2部屋を1部屋に♪ 広々明るいリビング・ダイニングが実現です!

2部屋を1部屋にするリフォーム

このエントリーをはてなブックマークに追加
リフォームで2部屋を1部屋に♪ 広々明るいリビング・ダイニングが実現です!
光あふれる広々リビング

ご夫婦のこれからの生活のために

お子様が独立され、ご夫婦お二人でお暮らしのお客様。役目を終えた「子供部屋」をとなりのキッチンルームと繋げて、ゆったりと明るいリビング・ダイニングに。キッチン、浴室の水廻りも新しくなり、便利にお使いいただけるようになりました。

江東区O様邸 築30年 戸建住宅

お施主様より嬉しいコメントを頂きました

今回、娘がインターネットで調べてくれて、うちがやりたいリフォームに合うんじゃないかということで選んでくれました。

(住みながらのリフォームでしたが、)差し入れをいただいたり、IHコンロを貸していただいたり、気を使っていただきました。
出来上がりは大満足ですよ。キッチンが便利になって、パッパッといろいろな事ができるし、子供部屋と一つにしたので、とても明るくなって良かったです。

インタビューにご協力いただきました

■■リフォームアドバイザー・塩谷理枝より■■

築34年、長年ご家族4人でお住まいだったお宅です。現在、二人のお嬢様は既に独立され、ご夫婦お二人でお暮らしです。

以前は、お子さんのお部屋が必要でしたが、今は使わないスペースになってしまっているので、隣のダイニングキッチンと繋げ、2部屋を1部屋にして、広々したリビングダイニングキッチンにするという計画を建てました。

2部屋を1部屋にする間取りの変更だけでなく、キッチンやお風呂といった設備もずっと使いやすくなります。

全く新しくしてしまうのではなく、ご主人様がご家族のために作られた造り付けの家具や、大切にされてきた内装は出来るだけ残し、もともとの落ち着いた雰囲気はそのまま保たれています。

ハウスデータ
築年数34年
住宅仕様鉄骨+木造 混構造3階建て住宅
内容間取り変更で2部屋を1部屋に
キッチン、浴室、洗面台、給湯器の交換
地域江東区

■ リフォーム内容

旧ダイニングキッチンと隣室を繋げて広々リビング・ダイニングに
キッチンを新しく
浴室と洗面を新しく
リビング・ダイニング リフォームの図面
こちらのお宅は、建物の1階が、会社兼作業場になっており、2階部分を住居スペースとしてお使いです。

おうち全体が明るく日当たり良好、風も心地よく通るお住まいですが、ダイニング・キッチンが少し暗く、十分なスペースが取れていませんでした。

ご結婚されたお子様のご家族が集まられた時も、ダイニングキッチンでは狭いため、遠い和室でお食事をなさっていたので、お料理を運んだり片付け物を運んだりと大変だったそうです。

そこで、旧子供部屋とDKの2部屋を、大きな1部屋にするため、壁を抜き、明るく、広々とした新しいリビング・ダイニング・キッチンをご提案をさせていただきました。

合わせて、お風呂もこの際だから一緒にリフォームされたいとご主人様からご要望の追加をいただき、新しくさせていただきました。

その他、設備機器など細かいご要望はいただきませんでしたので、私共で使いやすく、お手入れのし易いものをご提案させていただきました。

■ご生活されながらのリフォームをさせていただきました
お客様は、生活をなさりながらのリフォームをご希望でしたので、範囲を広げずに、お部屋の雰囲気もあまり変えることのないプランをご提案させていただきました。

なるべく普段通りのご生活をしていただけるように最新の注意を払って施工をさせていただきましたが、キッチンとお風呂をお使えいただけない時期があったり、壁を抜いて2部屋を1部屋にしたり、お風呂のタイル部分を壊すのに、大きな騒音やホコリなどが出てしまうことは避けられず、ご迷惑をお掛けし、ご負担になったかと思います。

そんな中、かえってお客様にたくさんのお気遣いをいただきました。さぞお疲れのことだったと思います。いつも笑顔でご対応くださり、本当に感謝いたします。
ありがとうございました。
リビング ダイニングのリフォーム・完成をご覧ください

【1】 ゆったり明るいL字型のリビング ~間取りの変更~

リビング 工事前の様子 陽のさす明るい部屋ですが、現在はあまり使われていませんでした。 リビング 工事前の様子 一方キッチンは明るさが足りませんでした。
今回のリフォームで壁を撤去し、2部屋を1部屋にして、明るいリビング・ダイニングの空間が出来上がりました

明るいダイニングを見ながらお料理できるよう、対面キッチンにしました

リビング リフォーム イメージパース ご提案の際に用意したイメージパースです。
旧キッチン側と旧子供部屋から見た図を描き、2部屋が1部屋になった際のイメージを掴んでいただきやすいようにしました。
2部屋が1部屋になり、ご夫妻がゆったり寛げる広くて明るい空間が実現しました。

以前は、子供部屋として活躍していた明るいスペースと、隣のダイニングキッチンとの境の壁を撤去することでL字形のLDKになったのです。

対面のキッチンカウンターにすることで、食事の配膳や後片付けも効率よくしていただけます。
もちろん調理や洗い物をしながら、ご主人様と会話もしていただけます。

対面キッチンの良いところは、小さなお子さんがいらっしゃるご家庭では、お子さんに目を配りながらお台所仕事をしていただけますし、ご夫婦でご生活の方は、より会話を持てる場所になります。

対面キッチンは、条件が許す限り、私達がお勧めしているキッチンスタイルです。
リビング・ダイニング
リビング・ダイニング
●素足にやさしいコルクタイルの床
2部屋が1部屋になり、ガラリとイメージチェンジしたL字型の空間は、床の素材も新しくなり、とっても気持ちがいいです。

床にお勧めし、お客様も気に入られて採用したのは、コルクタイルです。

コルクは、水に強く、冬暖かく、夏はベタベタしないでさらっとした感触のよい素材です。
また、弾力性があるので、足にも優しく、誤って転倒してしまったときにも、柔らかな素材が被害を軽減してくれます。

長時間立つことの多いキッチンはもちろん、お嬢さんご家族が集まられるリビングも、柔らかで暖かい素材としてお選びいたしました。
●オリジナル食器棚はそのまま活かして
応接室とダイニングの間には、プロの家具製作職人であるご主人様がお造りになった、オリジナル収納の食器棚です。

間仕切り兼、収納として、両面から使えるこの収納は、奥行きが浅く食器棚としてはとても使いやすいものです。この家具はそのまま残してお使いになられます。

収納はそのままで、キッチンの位置だけ変えることで、家事動線が悪くなってしまわないよう、プランニングさせていただきました。
●洗濯機とキッチンを並べて、使い勝手のいい空間に
リフォーム前までは洗面脱衣室にあった洗濯機は、キッチンと並べて配置いたしました。

扉をつけることで、その中に洗濯機があるとは気がつきません。
お台所でちょっとお鍋をかけながら、洗濯も出来ちゃいます。

【POINT】家事動線をコンパクトにして効率アップ!

家事動線をコンパクトにすることで、家事の効率もアップします!
お台所に立ちながら洗濯機を回される方って多いんですよ。
今の洗濯機は、音も静かになりましたので、リビング、キッチンの中に置いてもさほど気になりません。

【2】 キッチンをIHクッキングヒーターに!

リフォーム前にお使いだったのは、クリナップの無垢の扉のシステムキッチンでした。

奥様がちゃんと手入れをなさっておられたのでしょう、年月を感じさせないほど綺麗で、壊してしまうのが惜しいほどでしたが、木の扉のお手入れが大変なので、お手入れの楽なキッチンをとご要望をいただき、新しいキッチンに交換いたしました。

IHクッキングヒーターのシステムキッチンを採用

コンロはIHを採用しました。

安全性とお手入れのしやすさを考え、IHをお勧めしました。
奥様には、IHクッキングヒーターのお教室に参加していただき、実際に体感していただいたうえで、お決めいただきました。
すでに、近くにお住まいのお嬢様がお使いだったことも、安心してお選びいただけた理由です。

◎素材は、優れものの「ホーロー」です◎
お手入れが楽で、耐久性のあるホーローのキッチンをお選びいたしました。

ホーローは化学物質の発生のない、安心な素材でもあります。
システムキッチンは、食べるものや口に入るものを収納するスペースですので、可能なようでしたら、なるべくホーローをお勧めしています。

>タカラスタンダードのホーローキッチンについて詳しくはこちら
2部屋を1部屋にしたことで、広々としたスペースが取れるようになったので、キッチンのスタイルも自由度がアップし、奥様が使いやすい、明るいキッチンが実現しました。

以前のキッチン前の大きな窓は、採光は望めませんでしたので、通風のためだけの開口を残して閉じてしまいました。

閉じた窓の部分に、冷蔵庫や洗濯機置き場などを配置。スッキリした空間になりました!
人気のホーローキッチン

●カウンターに職人技が光ります

キッチンカウンターには、優しい手触りの無垢材を使用しました。
出来たお料理をちょっと置いたり、食べ終わった食器を下げたり、便利にお使いいただけます。
キッチンカウンターは、20cm~25cmの幅があると使い勝手が良いです。

ベテラン大工が、綺麗な丸い角のカウンターに仕上げてくれました。自然なカーブがとても綺麗ですね!

ちょっとした事ですが、角のままだと衣類の裾がひっかかってしまったり、ぶつかったりしてしまう事もあるので、安心ですね。
キッチンカウンター

【こぼれ話】IHクッキングスクールにご案内しました

IHキッチンもだいぶ浸透してきましたが、長年ガスのキッチンをお使いの方には、まだまだIHはよくわからない、どう使えばいいの...?とおっしゃる方も多くいらっしゃいます。

こちらの奥様もIHは初めてとの事でしたので、IHクッキング教室にご参加いただきました。
お嬢様とご一緒にお越し下さり、楽しんでIHキッチンの使い方を体験していただけたようです。

ガスのキッチンと迷われていましたが、クッキングスクール効果でしょうか。最終的にIHのキッチンにお決めになりました。

【3】浴室も新しく、洗面室はゆったりと

はじめのご要望は、2部屋を1部屋にして、ダイニング・キッチンを広く明るく、使いやすくされたいというお話のみでした。

でも、お話しを進めるうちに、「お風呂もこの際だから一緒にリフォームしたい!」とご主人様からご要望の追加をいただきました。
●ゆったりした洗面室になりました
リフォーム前は洗面室の中に洗濯機置き場があり、ちょっぴり窮屈な空間でした。

今回、洗濯機置き場はダイニングキッチンの方へ移動したので、室内がとてもスッキリし、ゆったりとした洗面室となりました。

床には、リビングと同じくコルクタイルです。
コルクタイルは耐水性があるので、水廻りにも最適な素材です。

脱衣室は必ず裸足になる場所です。床には暖かさを感じる素材を選ばせていただきました。
●洗面室には「ローリングドア」を採用
リフォーム前は洗面所の扉が通路側に開く形だったため、開けた扉が通路を塞いでしまい、少し使い勝手が悪いようでした。
そのため、今回のリフォームでは「ローリングドア」を採用しました。

ローリングドアは、開閉スペースが少なく、開けやすいドアです。
開けたときの扉の飛び出しやデッドスペースが少ないため、廊下に面したトイレなどに最適です。
また、片開きドアに比べて、引戸に近い操作感覚で開閉できます。

■■リフォームアドバイザー・塩谷理枝より■■

お打合せ、お荷物の移動など、ご夫婦とお嬢さんには大変お世話になりました。

また、工事中は水廻りが使えず、毎日のご生活を変えていただかなくてはなりませんでした。ご不便をお掛けいたしましたのに、いつも快くご対応くださりありがとうございした。
その上、私共にもたくさんのお心遣いをいただき、本当に感謝いたします。

ずっと大切にしてこられた、お住まいのリフォームをお任せいただき、深く御礼申し上げます。ありがとうございました。
インタビューにご協力いただきました

江東区で行った他の事例


フリーダイヤル0120-292-575

メール:info@eco-reform.com

営業時間 9:00~19:00(日曜・祝日定休)
お問い合わせフォーム 東京23区完全対応いたします

株式会社エコリフォーム 東京都江東区富岡1-22-29-2F/TEL 03-3641-4134/FAX 03-3641-4125

メディア掲載情報 フジテレビ「みんなのニュース」耐震特集
フジテレビ「みんなのニュース」耐震特集
テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」
テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」
BSジャパン「暮らしの学校」
BSジャパン「暮らしの学校」
新聞・雑誌・書籍でも紹介されました
新聞・雑誌・書籍

東京23区別のリフォーム事例はこちら>>足立区荒川区板橋区江戸川区大田区葛飾区北区江東区品川区渋谷区新宿区杉並区墨田区
世田谷区台東区千代田区中央区豊島区中野区練馬区文京区港区目黒区

facebooktwitterInstagramHouzz
© 2004 EcoReform inc. マンションリフォームはこちら