リフォーム事例 >  スケルトンリフォーム >  築60年 7坪の長屋住宅をリフォーム

7坪の長屋住宅リフォーム

このエントリーをはてなブックマークに追加
築60年 7坪の長屋住宅をリフォーム
建坪は約7坪!超コンパクトな3階建て住宅のリフォーム・完成までのドキュメントです!


エコリフォームさんとご縁があり、見違えるように 綺麗で、快適で、安心な家にリフォームして頂き、 私達の選択は間違えていなかったと、 本当に感謝しております。

大手のように何件も物件を抱える営業マンとは違い、 エコリフォームの皆様は本当にアットホームで、つい気軽に色々相談してしまい、 その度に迅速に対応して頂き、本当にありがとうございました。

また、ご相談させて頂くこともあると思います。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

見づらい画像等は、指で拡大・縮小しながらご覧いただけます。

文京区で築60年、 ご家族の歴史を見守ってきた住宅の スケルトンリフォーム事例をご紹介致します。

休日は散策の人々でにぎわう歴史ある町に佇む、 建坪が約7坪という超コンパクトな3階建て住宅です。
お問い合わせをいただいてから、完工まで、実に半年 近くという長い期間を経て完成いたしました。

お問い合わせいただいた時のF様のお家は、事情がありとても住める 状況ではありませんでした。
その為、こちらのお家が、綺麗になり、しっかりと耐震補強もされ、 快適にお住まいいただけるようになるまでには、ドラマのような 紆余曲折がございました。

この度の事例紹介では、長丁場に渡ったリフォームをドキュメンタリー 風にご紹介したいと思います。

築60年長屋住宅の再生計画を立てる ~お客様との出会い~
住めない状態になってしまった我が家。何とか蘇らせたい...

ホームページよりお問い合わせをいただいたのは、完成より遡ること半年以上前。
ご家族で東京に戻られるため、文京区にお持ちの住宅をリフォームされたいというお客様「F様」でした。

早速、弊社の施工担当である、一級建築士の塩谷敏雄が現地を拝見しにお伺いしました。

初回の現地拝見の時は、このような状況でした

F様のお宅は、築60年。
老朽化の為、一度は新築をご計画されたそうですが、いざ着工・解体する際 になり、事情があり計画が頓挫してしまったのだそうです。

写真のように、スケルトンになった状態で、住むことも出来なくなってしま い、困り果てていた中、弊社にご相談くださったのです。

まずは、念入りな調査・お客様との確認...最初の大事なプロセスです

その後、設計担当の建築士を伴って、再度の現地調査を行いました。
住宅の状態を一級建築士による専門家の目で一つずつ念入りに点検した結果、 リフォームは充分可能であるという結論が出ました。

調査の結果を元に、お客様には、弊社のこちらの家に対する考え・ どのようなリフォームが出来るか、など、ご説明させて頂くお時間をとって頂きました。

大きなご計画ですので、初めの時点でリフォームに対する考え方、進む方向などを、 お客様と私たちでしっかりと確認し合う事は大切なプロセスです。
お客様も、安心くださったようでした。

こうして、F様とエコリフォーム、 二人三脚の半年に渡るリフォーム計画が始まりました!


御社は、現状をじっくり調査して頂き、事の深刻さを真剣に受け止めて頂き、 けれど決して安易に回答せず、「難しいと思いますが、引き受ける以上は全力で やらせていただきます。」という言葉をいただき、当時の私達には本当に救われる思いでした。

築60年長屋住宅の再生計画を立てる ~プランニング~
7坪の狭小住宅。どう活かすか?
F様の一番のご要望は 「何とか住めるようにして欲しい」というものでした。

しかし、せっかくのリフォーム計画です。 どうせなら、とことんご要望を叶えて頂きたいというのが 私達の願いです。

F様にも、この際ですからと細かいご要望まで洗いざらい お聞かせいただきました。

こちらの住宅は、長屋住宅ならではの細長い形状になって います。この中で、いかにF様のご要望を叶えるような プランを立てるか、という事が、この度のリフォームの 大きな課題となりました。

◎ お客様のご要望は・・・

両隣と近接した住宅で、老朽化も進んでいる為、騒音や耐震面で改善したい

収納を充実させたい

ご高齢のお母様や、まだ小さいお子様が快適に暮らせる間取りを。

ハワイがお好きなので、インテリアのイメージはハワイアン

難しいプランニングでした。
あちらを優先すれば、こちらが上手くいかない・・・ ということが続き、「もう、何かを諦めて頂くしかないのでは?」 という話になって、それでもまたひと晩寝かせて翌日、新鮮な気持ちで考えてみると、 いいアイディアが浮かんできたりと、そんなことを繰り返しながら、 ご希望に近いプランを完成させました!

コーディネーター 薄井歩

F様だけのプランができあがりました!
見づらい画像等は、指で拡大・縮小しながらご覧いただけます。
間取りは、建築士と私たちで、建坪が約7坪という限られた空間を活かすため、頭を絞って考えました。

お客様が喜んで下さったのはもちろんですが、私たちがしみじみ考えても、 本当にこれ以上の間取りは無いと改めて思います。 特に、収納スペースを多く確保する事に配慮しています。

コーディネーター 薄井歩


細かいところまで提案していただきました。
例えば、コンセントの位置・足の不自由な母の行動を考えて設置した手すり、 狭小住宅の我が家に合わせた無駄のない設計・・小さな事ですが、 毎日の生活をしていくうえで重要なポイントです。
また打ち合わせ時でも、私達の素人目線の提案でも受け流しせずに 細かく調べて頂き、その上で可能か不可能かを答えて頂きました。

プラン内容
一級建築士の目で、しっかり耐震計画。安心のお住まいに
特殊な住宅ですが、出来うる限りの、細かい補強を行います。

【1】必要な箇所に柱を増設し、集成材の梁を架けて補強します。


【2】金物による補強を行います。


【3】構造用合板で壁の補強を行います。


※実際の工事では、更に堅固な補強を施しております。
→工事の様子についてはこちらをご覧下さい
細長い形を活かした間取り
図面だけでは空間のイメージはつかみづらいものです。
そこで、上のようなパースを何枚も作成し、図面と一緒に確認していただきました。

出来上がりのイメージだけではなく、そこに住まわれた際の生活のイメージも沸きやすくなります。

コーディネーター 薄井歩

コンパクトながら、色々な場所にアイディア収納!
断熱性能を上げる

1.窓サッシや玄関扉を機密性の高いものに交換。

室内の窓は全て、ガラスとガラスの間に空気層を持つ『ペアガラス』を使用した サッシに交換します。 これで、機密性、断熱性が格段にアップ!!

2.床・壁・天井へ、断熱材をばっちり施工!

ペットボトルを再利用して作られたエコな断熱材「パーフェクトバリア」を採用。
壁を共有していても音が気にならないよう、防音対策を
長屋住宅は隣家と壁を同じくしている為、
どうしても音が気になってしまいます。

対策として、断熱材と共に遮音材も壁の中に施工します。
自然素材を使い、お子様に優しい空間に
体に優しいのはもちろんのこと、ハワイが好きなお客様にとってもイメージぴったりだったそうです!
ハワイを思わせるようなアクセントを
南国的な雰囲気を演出してくれる 「シーリングファン」を お客様のご希望で取り付けいたします!

また、インテリアのアクセントなるカーテンや玄関の表札なども、 コーディネータがお客様とご一緒に、 こちらの家にぴったりなものを お選びいたします。

何度かのお打ち合わせを経て、ご契約をいただき、
いよいよ、実際にF様のお家をお任せいただくことになりました。
ご家族思い出の住宅。大事に工事いたします!

フリーダイヤル0120-292-575

メール:info@eco-reform.com

営業時間 9:00~19:00(日曜・祝日定休)
お問い合わせフォーム 東京23区完全対応いたします

株式会社エコリフォーム 東京都江東区富岡1-22-29-2F/TEL 03-3641-4134/FAX 03-3641-4125

メディア掲載情報 フジテレビ「みんなのニュース」耐震特集
フジテレビ「みんなのニュース」耐震特集
テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」
テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」
BSジャパン「暮らしの学校」
BSジャパン「暮らしの学校」
新聞・雑誌・書籍でも紹介されました
新聞・雑誌・書籍

東京23区別のリフォーム事例はこちら>>足立区荒川区板橋区江戸川区大田区葛飾区北区江東区品川区渋谷区新宿区杉並区墨田区
世田谷区台東区千代田区中央区豊島区中野区練馬区文京区港区目黒区

facebooktwitterInstagramHouzz
© 2004 EcoReform inc. マンションリフォームはこちら