TOP > リフォーム事例 > 部分リフォーム > シェルターを造る耐震補強リフォーム

シェルターを造る耐震補強リフォーム

シェルターを造る耐震補強リフォーム

T様邸 ハウスデータ

築年数64年以上
構造木造2階建て住宅
内容耐震補強・内装リフォーム、断熱施工
地域東京都文京区

築60年の家。もうしばらく頑張ってもらうために。

T様は、築60年以上になる木造住宅をリフォームして、5年ほど仮住まいとして暮らしたいとご希望でした。 必要な箇所のみリフォームして、自分たちでできるところはDIYでされたいとのこと。

ご要望に合わせ、セルフビルドが難しい耐震補強工事や大工工事、電気工事を中心としたリフォームを計画しました。 耐震補強工事では、一部屋をシェルターのように補強します。大きな地震が来ても「ここにいれば大丈夫」と言えるお部屋が完成しました。

リフォームアドバイザー
塩谷 理枝

T様は素敵な若いご夫婦です。文京区の木造住宅をリフォームして移り住みたいとご相談いただきました。 リフォームするのはお父様ご所有のレトロな趣のお住まいで、築年数は60年以上になります。

ずっと長く暮らすわけではないので、あまり費用をかけず、命を守るための耐震補強をしっかり行います。 T様ご夫妻が安心して暮らせる空間にするため、ご予算の中でできる最善の方法を考え、ご提案しました。

リフォームプラン

1. 耐震補強で、シェルターになる部屋を作ります。

築60年の木造の家のため、耐震性にはかなり不安があります。 T様ご夫妻にとって最適な補強方法として、シェルターになるお部屋をご提案しました。

2. 傷んだ床と天井を新しく。床の傾きも解消します。

畳の床は無垢フローリングに変え、傾きも解消して水平にします。 傷みの激しい天井も張り替え、DIYでは難しい箇所をリフォームします。

3. 古い電気配線を交換。断熱材も施工します。

昔ながらの碍子(がいし)を使った電気配線から、新しいものに交換します。 また、床と天井に断熱材を入れ、暮らしやすい空間にします。

耐震補強プラン

T様のご事情に合わせたシェルター計画

T様邸は昭和22年築。戦後間もない頃だったため、あまり良い材料は使われていませんでした。 さらに経年の傷みとシロアリ被害が加わり、耐震性はかなり低い状態です。

ここから、耐震性能を表す評点の1.0「一応倒壊しない」レベルにするには、大規模な工事が必要で費用もかかります。 しかしT様は、5年ほどしか住まない予定のため、それほど費用をかけられないというご事情がありました。

そこで、家全体を耐震補強するのではなく、一部屋だけを重点的に耐震補強して、シェルターとして使う計画を立てました。 T様ご夫妻が長い時間を過ごす1階の8畳の居間をしっかり耐震補強して、「ここにいれば大丈夫」というシェルターのようなお部屋にします。

現地調査の様子。

このお部屋をシェルターにします。

シェルターの耐震補強方法

シェルターにするお部屋に、新しい土台と柱、梁を設けて組み合わせます。 さらに地震に耐える力を持つ耐力壁でも補強します。

今回、内部のみの耐震補強を行うため、柱を交換することができません。 古い柱はそのまま残して、新しい柱を添わせ、梁と土台で接続する方法を取ります。

こうして新しい土台と柱、梁でしっかり補強された空間を造り出します。 言わば、お部屋の中にもう一つ、頑丈なお部屋を造ったような形です。

お住まいに合わせた耐震補強を

T様邸は2階建てですが、今回シェルターにするのは、2階部分が乗っていないお部屋です。 上に2階部分が乗っているお部屋では、万が一の時に倒壊する可能性が高くなるため、また違った補強方法を取る必要があります。 どんな建物でもシェルターを造る耐震補強ができるわけではありません。

建物の形状や現在の状態によって、様々な耐震補強方法が考えられます。 エコリフォームの一級建築士・塩谷敏雄は、木造住宅の耐震補強について豊富な経験を持つことから、T様邸にベストな方法を選択することができました。 木造住宅の耐震補強をお考えの方は、木造住宅の構造に詳しい建築士に相談した上で、どういう形の耐震補強が良いか検討することをおすすめします。

工事の様子

解体

経年した建物の解体工事は、いつも以上に細心の注意が必要です。 慎重に解体を行わないと、建物が倒壊する恐れがあります。

一級建築士・塩谷が確認しながら、職人に指示を出して解体していきます。

解体後はT様にお越しいただき、現状の報告と耐震補強方法の説明を行いました。

耐震補強工事

既存の柱の前に、新しい柱を立てました。白く見える方が新しい柱です。

柱を受ける土台や、柱の下に置く沓石(くついし)も新しくします。

梁も新しくします。柱の上に梁をかけ、しっかり結合しました。

柱と梁の接合部分も耐震金物で固定します。地震で柱が抜けてしまうことを防ぎます。

部屋の角には火打ち金物を設置して補強します。

床の工事

T様邸は経年により、建物の南側と北側で、床の高さに差が出ていました。 今回のリフォームで床を張り替えるのに合わせて、高さもフラットにします。

床の下地から造り直して、床の傾きを水平に戻します。

床の高い方に合わせたので、収納が少し小さくなります。 T様に現場をご確認いただき、詳しくご説明しました。

昔のお住まいのため、床には断熱材が入っていませんでした。 床下に断熱材を入れ、足元から冷気が上がってくるのを防ぎます。

無垢フローリングを張って仕上げます。 天然の木材の風合いが、昔ながらの木造住宅にピッタリです。

天井の工事

戦後すぐの建物のため、天井の木材も不足していたようです。 下地から張り直すことになりました。

天井にもしっかり断熱材を入れ、暑い時期も寒い時期も過ごしやすくなります。 電気配線も新しく引き直しました。

和の空間と調和するように、90cm角のラワン材を張ります。 数ミリの隙間を開けて張る「目透かし張り」で仕上げました。

リフォーム完成です!

レトロな雰囲気はそのまま、住宅を再生することができました。 万が一大きな地震が来ても、しっかり耐震補強をして、シェルターになるお部屋を造ってあるので安心です。

昔の家は、断熱性が低かったり、電気配線が古いままだったりして、現代の暮らしに合わない部分が少なくありません。 T様邸は設備を見直して、ずっと暮らしやすくなりました。

完成を記念して、T様と記念撮影! これからDIYで素敵なお部屋に仕上げるそうです。リフォームのご依頼、ありがとうございました。

Before

リフォーム後のご感想

T様より

実家の敷地内に建つ、築60年超えの小さな空き家。遠くない将来に二世帯同居するまで、この家を私たち夫婦の仮住まいにできないかと考えました。かなり古いけれど少し手を入れれば...と安易に考えていましたが、実際にはそう簡単にはいきませんでした。最低でも、シロアリ被害と傾斜した床はクリアしないと住めない状態で、大規模なリフォームが必要なのは一目瞭然でしたが、仮住まいにあまり大きな予算はかけられません。

いくつかの業者にリフォームの見積もりをお願いしてみましたが、メールで連絡した段階で難色を示されました。あきらめかけていた時に、「一度見せていただけませんか?」とお声をかけてくださったのがエコリフォームさんです。希望の予算内で、できる限り安全で快適な家にするために、親身になってご提案してくれました。「内装はできるだけ自分たちで」という希望を尊重して、DIYのアドバイスをくださったことも有り難かったです。

解体後、床の傾斜の原因が地盤だったことがわかって愕然としましたが、それでも「なんとかします」と力強いお言葉をいただいて、どれほど安堵したことかわかりません。

おかげさまで、古い家でも快適に生活することができそうです。エコリフォームの皆様には、本当にお世話になりました。今後とも頼りにしていますので、よろしくお願いいたします。

お客様インタビューはこちら

施工責任者
一級建築士
塩谷 敏雄

耐震補強前には、室内の柱を少し揺らすだけで、ガタガタと音を立てて建物全体が揺れる状態でした。 土台や柱、梁を新しいものにして、しっかり補強したので、工事後は柱を揺すっても揺れなくなりました。

シェルターになる部屋にいればより安心です。大きな地震の際も倒壊することなく、外に逃げる時間の余裕ができると思います。

実は、耐震補強工事が完了した数日後に、東日本大震災が発生しました。 東京でも大きな揺れを感じましたが、建物は揺れに耐え、翌日無事にお引渡しすることができました。 3月11日に耐震補強を終えていて、本当に良かったと思います。


この他にも耐震補強リフォームの事例を多数掲載しています。あわせてご覧ください。

耐震補強リフォーム事例

リフォーム事例部分リフォーム

最新のリフォーム事例

減築で暮らしやすい家に 築60年のリフォーム

減築で暮らしやすい家に 築60年のリフォーム

【東京都江東区】ご家族の変化に合わせ、築60年のご実家の増築部分を減築し、スケルトンリフォームします。 減築と耐震補強で建物の寿命を延ばし、ご家族が安心して暮らせる快適なお住まいになりました。

7坪でもできた!広い土間のある暮らし

7坪でもできた!広い土間のある暮らし

【東京都大田区】地震が心配な木造3階建て住宅をスケルトンリフォームして、安心して暮らせる家に。 建坪7坪の狭小住宅ながら、広い玄関土間のあるシンプルモダンな空間が完成しました。

下町にたたずむ本格フレンチレストラン

下町にたたずむ本格フレンチレストラン

【東京都台東区】代表と長年親交のある長谷川幸太郎シェフが、地元にお店をオープンすることに。 佐竹商店街の店舗をリフォームし、気取らない雰囲気の小さな本格フレンチレストランが完成しました。

築90年でも大丈夫!小さな長屋のスケルトンリフォーム

築90年でも大丈夫!小さな長屋のスケルトンリフォーム

【東京都中央区】建坪「約7坪」という小さな長屋のスケルトンリフォームをご依頼いただきました。 古い家の再生を手がけてきたエコリフォームだからできた、築90年になる長屋のビフォーアフターです。

このエントリーをはてなブックマークに追加