フリーダイヤル0120-292-575

リフォーム事例 >  スケルトンリフォーム >  築40年、7.5坪の空間を活かす、住宅再生リフォーム

築40年、7.5坪の「親孝行住宅再生」リフォーム

このエントリーをはてなブックマークに追加
築40年、7.5坪の空間を活かす、住宅再生リフォーム
7.5坪の空間を活かす
住宅再生リフォーム
ご家族の思い出の詰まった大切なお住まいをスケルトンリフォームさせていただきました!
ご両親のために、お二人のお嬢さんが取り組んだ「親孝行住宅再生」リフォーム。
エコリフォームと二人三脚で完成した、優しい空間です!
ハウスデータ
築年数40年
住宅仕様2階建て木造住宅
広さ1階+2階:約15坪(50m2)
内容1階・2階全体のフルスケルトンリフォーム
外部全面改修
地域江東区

お客様より

地元で信頼できそうな業者さんを探していてエコリフォームさんに辿りつきました!

うちって東京の狭小の中でも小さい方だと思うんです。
でも3階建てにもできないし、2階建てで何とかしなければいけなかった。そういう、土地の事や家の狭さを、エコリフォームさんは覚悟してくれているのが良かった。

うちみたいな家があるというのを充分わかってくれて、この地域がどんなもんかというのも知っていてもらえたので頼みやすかったです。

>>リフォーム後のインタビューにご協力いただきました!

2棟並んだお住まいを同時に耐震スケルトンリフォームしました!

H様は、横に並んだ、どちらも築40年になる2棟の木造の建物をご所有されています。
1つは、40年前の新築の際にご購入され、ご両親と二人のお嬢さんが長く暮らしていた木造のお住まいです。こちらには現在、ご両親がお二人でお住まいです。

もう1つは27年前ほど前に空家になった際、近いからと購入された建物で、現在は、下のお嬢さんがお住まいです。

立地が素晴らしく、日当たりや風通りも良いお住まいですが、どちらの建物も40年の歳月によって傷みが進んでしまっており、少しのことで揺れるのが気になっていた上に、段差や階段の急勾配でご両親がケガをしてしまうのではないかという心配があったというH様。

しかし、土地の関係上、新築をすると狭くなってしまいます。
そこで、これから長く暮らすには大掛かりなリフォームせざるを得ないとお考えで、2棟同時のリフォームを、弊社にご依頼いただきました。

こちらでは「両親のお住まい」のリフォームについてご紹介させていただきます。

こちらの事例紹介では、主に、ご両親様がお住まいになっている建物のリフォーム計画から完成までの様子をご紹介させていただきます。

お二人のお嬢さんにとっては生まれ育った建物であり、ご両親様がこれからも長くお暮らしになる建物です。
ご両親様の生活が安心で安全になるよう、心のこもった住まい造りの記録です。

業者選びもお二人のお嬢さんが奮闘され、弊社にお声がけいただきました

「一昔前なら、地域に根ざした工務店というのが必ずあって、そういったところにお願いしていたと思うけど、 今はそういう業者さんもいなくなってしまったので、情報収集して探すことにしました」 とおっしゃるお嬢さん方。

自分達のご要望と、予算、業者さんの性質などをよく吟味されたうえで、エコリフォームが合っていると感じてくださり、お声をかけていただきました。

お客様より

両親の年齢を考えると、リフォームするのは今が一番良いタイミングだと思い、家族でよく話し合ってリフォームを実行することに決めました。

そして、私達の要望と予算を伝えて、大手さんや中堅さん、小さな会社さんなど、いくつかの業者さんに相談しました。

他の業者さんは何とかうちの予算に合わせて契約を取ろうとしていたけれど、エコリフォームさんは、できないことは「できない」とはっきり言ってくれるのが、かえって安心できました。
本音で話してくれているのがわかったからです。

H様のご要望は・・・
【ご要望その1】何よりも、安全であること!
H様がお悩みだったことは・・・

H様のご両親がお住まいの住宅は築40年。
新築の時にお父様がご購入され、ご家族の歴史、ご姉妹の成長を見守ってきてくれた大切なお住まいです。

しかしながら、拡張工事を行っていたことによる不具合、そして経年の痛みが進み、安全性に不安を感じていらっしゃいました。
お二人のお嬢さんは、ご両親がこの先もずっと長く、元気にお暮らしになる為に、何よりも「安全な家」にしたい、とお考えでした。

◆建物自体を安全なものにしたい

「安全で、家がつぶれなければ、というのが一番!」 とお考えだったというH様。
実はH様邸は、 過去に拡張工事をされた経緯があり、その拡張部分に、かつて雨漏りしてしまったこともある ということでした。
実際、少しのことで揺れるため、危険を感じていらっしゃいました。

お客様より

うちは解体したら大変なことになっているだろうな、だから、少しづつリフォームするのではなく一気にやってしまわないと無理だろうな~と思っていました。

◆バリアフリーで安全に
屋内事故の危険を無くしたいというのも大きなご希望です。

40年前のお住まいは、段差があったり、階段の勾配も、今の家に比べるとかなり急勾配でした。
それらが全て良くないものではありませんが、お嬢さん方はやはり心配でいらっしゃったそうです。

この度、せっかくスケルトンリフォームをするのですから、今度は、屋内事故の可能性の低い、安全な住まいを、とお考えです。
◆暑さ&寒さを解消し、身体に負担なく暮らせるように
恐らく断熱材は入っていないと思われ、特に冬の寒さにはお悩みでした。
寒い家は「ヒートショック」の危険性が高まり、あまり良い環境とは言えません。

ご両親がこれからも長く、快適な環境で暮らしていただくためにも、断熱材は経年でダメにならないような、良い物を使って差し上げたいとお考えでした。
【ご要望その2】限られた空間をスッキリ住みやすくしたい!
H様がお悩みだったことは・・・

1階2階合わせて49m2というお住まいです。

間取りが使いづらいこともあり、とにかく物があふれてしまって、危険を感じるほどだということを、二人のお嬢さんは心配されていました。

◆ご両親お二人の暮らしに合わせた住まいに
新しくなるお住まいは、「お父様とお母様がお二人で生活する」という事を想定した、体に負担のかからない、ゆったりと楽しく暮らせるような空間にされたいとご希望です。
【そして...】細かいご要望も詳しくヒアリング!

H様の大きなご要望は「安全な家!」ということですが、それだけではなく、実際に暮らす方のライフスタイル、好みのインテリアはどのようなものか、 ということを把握するのはとても大事なことです。

また、このリフォーム計画にあたって、お客様ご自身であらかじめショールームなどに行かれて、いろいろな設備を見てこられていたので、その中で、いいなと思われてたものなど、かなり詳細によくヒアリングさせていただき、リフォームプランの作成に入りました。

  • インテリアは和風が好み
  • 母は裁縫をするので作業スペースがあるといい
  • 空間を広く見せる工夫がほしい
  • お風呂は今までと似た形の方が落ち着く
  • 父の趣味部屋を作ってあげたい
  • 床はやっぱり木を使いたい

...などなど、細かい要望をリストアップ!

H様のご要望を反映した、リフォームプランが出来上がりました!
リフォーム前のお住まいは・・・

長年、お暮らしになってきた愛着のあるお住まいではありますが、 全体的に痛みが目立ち暮らしづらさを感じられていました。

○全体的に暗い・寒い
○設備の老朽化
○収納が足りず部屋が片付かない


などなど様々なお悩みをお持ちでした。
構造を大きく見直し、安心して暮らせる建物に再生します!
そして、限られた空間でありながら暮らしやすい間取りを実現いたします。





H様邸には、コンパクトだからこその【ポイント!】がたくさんちりばめられているんです
  • ゴチャゴチャしないような暮らしやすい間取りです
  • 無駄の無いスムーズな屋内動線です
  • ご夫婦お二人の暮らしなので、必要以上に間仕切りをしません
  • 間仕切りに「開きドア」は使わず、「引き戸」のみを採用
  • 視覚的に広く感じるよう、出窓を設けました
  • 置くものをあらかじめ決めて計画(狭小のお住まいではスペースに限りがあるため、必要なポイント)
  • オープンに使えるよう、廊下は作っていません(来客時は間仕切りの引き戸を閉めます)
  • 収納もたっぷり(2階の1部屋は収納専用)
  • 階段など、毎日の生活で体に負担がかかりがちな箇所はゆったりと
安心して暮らすための「地震に強い家」計画

設計施工責任者の塩谷です。
このたびご相談いただきましたH様のお住まい。ご契約前に壊して内部を確認することはできませんが、可能な範囲での目視により診断、そしてお客様からヒアリングさせていただいたお話から判断しますと、やはり大掛かりな構造リフォームになりそうです。

建てられて既に40年は経過している
28年ほど前に行った拡張工事が、建物に負担をかけていると見受けられる。
その、拡張した部分に雨漏りをしたことがある
シロアリの被害がある
外から見ただけで、かなりの構造的なクラックが見られた

今回のリフォームで地震に対し、粘り強く耐える家にするために、できる限りの構造の見直しを行います。

◆地震に強い家になるように強度を高める設計です

新しいお住まいの設計では、バランスよく耐力壁を配し、建物の強度を高めるような間取りに設計させて頂いております。
更に、耐震金物や構造用合板で補強を掛けていきます。

既存の筋交いを使用する箇所は劣化に応じて、交換か補強を行います。

◆解体後、下地の点検を行います

これから先、安心してお住まい頂ける家とするために、下地の点検は欠かせません。

計画の段階では壊すことはできませんので、解体後、木部の白蟻被害や腐食などが見つかれば、新しい材に交換致します。

解体後、現場の状況を見て頂きながら補強の方法もご説明させて頂きます。

◆追加の工事が発生する可能性があることをあらかじめお伝えいたします。

非破壊での計画のため、やはり予見できない部分もあります。

劣化の度合いによっては、追加で費用を頂き、補強工事をさせて頂く必要があるケースもありますので、その旨をよくご説明させていただきました。

※実際の解体後、やはり、予測を上回る工事になることがわかりました。
そのあたりの経緯につきまして、詳しくは「工事の様子」へ掲載していますので、合わせてご覧ください。

ずっと快適に暮らすための断熱計画
◆パーフェクトバリアを入れます

弊社の行うリフォームではよく使わせていただいている、ペットボトルの再生で作られた断熱材「パーフェクトバリア」となります。

パーフェクトバリアは少し値が張る断熱材ではありますが、その分、優れた性能を持っています。


【長持ち!】

安価の断熱材は、長い年月が経過して湿気を吸ってしまうと、その影響でへたってしまい、下に落ちてきてしまうことがあります。

そうなりますと、断熱材としての性能を発揮することはできなくなってしまいます。
しかし、パーフェクトバリアは、湿気を吸わない高い透湿性能を持ち、「へたり」がありません。
長く、優れた断熱性能を保ってくれるのです。


【暮らす人に優しい】

ペットボトルの再生ということで環境に優しいだけではなく、接着剤、代替フロンなどの有害物質は一切不使用です。

いよいよ、着工に向けて!
リフォームプラン決定後、正式にご契約となりました。
大切なお住まいをお任せくださり、ありがとうございます!
いよいよ、着工に向けて動き出すこととなりました。

◆ショールームへ
設備を確認し、最終決定するため、H様ご姉妹と、担当の塩谷理枝&薄井でショールームへ。

冊子のパンフレットもありますが、やはり実際に見ていただくのはとても大切です。
その製品のメリットデメリットなど、メーカーのスタッフさんより直接詳しくお話を聞くことが出来ますし、色合いやサイズなども、実際に見るのと、パンフレットだけで確認するのでは全く違います。

住宅の設備はずっと長く使うものです。お二人ともとっても真剣にお選びになっています。

◆ご近隣挨拶
住宅の工事は大きな音が出たり、資材を運ぶ為のトラックが出入りしたりと、何かと気ぜわしくなります。

リフォーム工事が始まること、いつから始まって、いつまでの工事となるのかをご近隣の皆様にお伝えし、よくご挨拶をさせていただきます。

◆お清め
長くお世話になったお住まいです。今まで暮らされてきたことへの感謝を込めて、施工責任者の塩谷が祝詞を読み、ご家族でお清めを行われました。

◆お客様はお引越し
1階2階とも、一部を残して全て新しくしてしまうスケルトンリフォーム。
お客様にはご不便をおかけしてしまいますが、一旦、賃貸等の仮住まいへお引越しいただく必要があります。

実際のリフォーム工事の様子は、次のページで詳しくご紹介します!

次のページでは、実際の工事の様子や、お客様と共に理想の住まいを作り上げてゆく過程、 都心密集地のお住まいのリフォームだからこそ特に気をつけなければならない事柄などなど 様々な角度からH様邸のリフォーム工事についてご紹介させていただきます。

よろしければ是非ご覧ください!

 
 
フリーダイヤル0120-292-575

メール:info@eco-reform.com

営業時間 9:00~19:00(日曜・祝日定休)
お問い合わせフォーム 東京23区完全対応いたします

株式会社エコリフォーム 東京都江東区富岡1-22-29-2F/TEL 03-3641-4134/FAX 03-3641-4125

メディア掲載情報 フジテレビ「みんなのニュース」耐震特集
フジテレビ「みんなのニュース」耐震特集
テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」
テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」
BSジャパン「暮らしの学校」
BSジャパン「暮らしの学校」
新聞・雑誌・書籍でも紹介されました
新聞・雑誌・書籍

東京23区別のリフォーム事例はこちら>>足立区荒川区板橋区江戸川区大田区葛飾区北区江東区品川区渋谷区新宿区杉並区墨田区
世田谷区台東区千代田区中央区豊島区中野区練馬区文京区港区目黒区

facebooktwitterInstagramHouzz
© 2004 EcoReform inc. マンションリフォームはこちら