リフォーム事例 >  スケルトンリフォーム >  下町情緒あふれる昭和30年代の古家を町屋風リフォーム

昭和30年代中古住宅を町屋風にリフォーム

このエントリーをはてなブックマークに追加
下町情緒あふれる昭和30年代の古家を町屋風リフォーム
このページは、ピンチアウト&インで拡大縮小しながらご覧いただけます。
下町の雰囲気がお好きで、 こちらの昭和30年代建築の古家を中古でご購入されたS様。

当初は建て替えをされるおつもりだったとのことですが、 何度かご覧になり、この古家の雰囲気をそのまま活かせば、 情緒のある個性的な住まいになるのではないか、とお考えになり、 リフォームを決められました。

実際、建て替えになると、家の広さがかなり削られてしまうことになりますので、 リフォームをお選びになったことで、広さはそのまま、 お客様のイメージ通りのお住まいを実現することができました。


何件かのリフォーム屋さんに声をかけましたが、 会社さんによっては、この家自体をちょっと否定してるような 印象のところもありました。

でも、一番相談に乗ってくれて、この家のベースをちゃんと 考えて提案してくださったのが、塩谷さんだったので、お願いすることにしました。

ハウスデータ
 ■築年数築45年(リフォーム当時)
 ■住宅仕様2階建 木造住宅
 ■ リフォーム
  内容
  • 水周り
  • 内装
  • 間取り変更
 ■地域東京都江東区
昔ながらの大工さんの自宅兼作業場だったという、ユニークな建物でした。
見づらい画像等は、指で拡大・縮小しながらご覧いただけます。
S様が中古でご購入されたこちらの古家は、もともとは、 腕の良い深川大工さんが住んでいて、その方がご自分で建てられたものでした。

もともとは2つの家であったようで、それを繋げて細長い1つの建物にしたという経緯がありました。

大きな改築を行った経緯のある建物の場合、そのことが建物の不具合に繋がってしまっている ケースがよくあります。

建築した時とは違う大工さんが改築を手がけると、建築時のことがわからないまま工事をせざるを 得ない上に、人によりクセがあるので、上手くいかないことがあるのです。

でもこちらの建物の場合、ずっと同じ大工さんが手がけられている訳ですから、 不具合は全くありませんでした。

良い材料を使い、しっかりと建築された建物であることが所見から感じられました。 この良さを、古家ならではの雰囲気を活かしたリフォームをされたいというお客様の ご希望を活かすことができたら、とても良い家になると思いました。
お客様のご要望は
昭和30年代の家の雰囲気を活かし「町屋風」に!

昭和30年代の古家のイメージをとても気に入られていたS様。 古家ならではの味わいをそのまま活かして、町屋のようにリフォームしたいとご希望です。

自然の素材を使いたい

古家の雰囲気を活かすには、やはり天然の素材がしっくりと合います。 お客様ご自身も、ビニルクロスのような工業生産品は使いたくない、とお考えでした。

窓が少ない中で、明るさを保てる工夫がしたい

東京都内の、昔ながらの住宅密集地という立地の為、 お隣の建物との隙間がほとんど無く、左右からの採光が望めません。 ただ前後からの採光はとても良いので、その光を家の中に出来るだけ上手く取り入れられるようなお住まいをご希望です。

猫ちゃんの為の工夫もしたい

東京都内の、昔ながらの住宅密集地という立地の為、 猫好きのS様ご夫妻。新しいお住まいには、愛猫の「こじろう君」のための工夫も!

お風呂や洗面台は既製品ではなく、オリジナルにしたい

最近はユニットバスや既製品の洗面台が主流ですが、オリジナルにこだわったものに。

用途に合わせた収納スペースを造りつけたい。

古家の雰囲気は活かしながらも、ご生活自体はもちろん現代のスタイルです。 収納も、今の暮らしに合わせたものを!

S様のイメージを実現するリフォーム計画!
木造住宅は、むやみに壁や柱をなくしてしまうと、強度が著しく落ちてしまうことがあります。
リビングを広くしようとして、あるいは窓を増やそうとして、 壁を抜いてしまったことで、その後、地震の際などに激しく揺れるようになってしまった・・・ といったケースは後を絶ちません。

S様邸では、お客様とよく相談を重ねながら、壁や柱を抜くことなく、 S様のご希望のイメージを実現する計画を立てました。
更に1階には耐力壁も追加し、補強も行っています。
見づらい画像等は、指で拡大・縮小しながらご覧いただけます。
完成の様子を詳しくご紹介いたします!
町屋風の外観
昭和30年代建築の古屋のイメージをそのまま活かし、 「京町屋」のようにされたいとご希望だったお客様。

リフォーム前の白い外観から、黒い塗装に変わったことで 古家の情緒のある雰囲気が更に際立ったようです。

少し奥まったところにある無垢の杉板を使った玄関スペースが、黒い外観の良いアクセントになっています。

通りかかる方に小料理屋さんと間違われてしまうこともあるそうですよ。
あえて奥まった所に配置した風情のある玄関

表通りから少し奥まった箇所にある玄関。
お客様は昔ながらのこの町屋風のスタイルを気に入られており、あえて手前に出すことはせず、 壁、天井を杉板張りにして、風情を感じる入り口に。

小窓つきの玄関扉は、既製品ではなく、オーダーでS様邸の為に造作したものです。

オレンジの玄関灯に照らされた木の空間、とても味わい深いですね。
玄関を開けると、こちらも天然の木を多く使った温かみのある空間が出迎えてくれます。

汚れやすいのが気になる玄関なので、壁半分は木の腰壁を設置しました。

広くなった1階のリビングダイニングキッチン

玄関ホールを抜けると、ダイニングキッチン。

リフォーム前は、作業場を兼ねた建物であったこともあり、 玄関から居間の間に広めのスペースが取ってありましたが、S様ご夫妻がお住まいになるにあたり、 この玄関ホールを削り、その分、リビングダイニングを広く取ることとしました。

リビングの床に採用したのは、自然素材のコルクタイルです。

水濡れに強いのでキッチンのあるお部屋にぴったり。肌触りも、冬はほんのり暖かく、夏はサラリとして快適性も高い素材です。

半透明の天井で2階の明るさを共有
こちらのお住まいは、両隣の住宅とスペースがあまりないので、 左右の壁側には小さな窓しかありません。

その中で、できるだけ「外部の自然光を取り入れたい」とのご要望だったので、 明るい二階から明り取りができるように、天井を一部シースルーにしています。

更に、床の強度を保つ為に、鋼材を格子状に組んだグレーチングで蓋ができるように施工しました。

こういった素材は近代的なものですが、こちらの古屋の雰囲気ともかなり相性がよく、和モダンな印象に仕上がっています。
通風を良くしてくれる室内窓
こちらのお住まいは、両隣の住宅とスペースがあまりないので、 今回のリフォームで、ガレージ(旧作業場)と住居スペースとの間にあった出入り口は塞ぐことになりましたが、 完全にふさいでしまうと風通しが悪くなってしまいます。

風の通りを遮らない上に、インテリアとしても可愛らしく、一石二鳥です。
猫ちゃんのためのストリップ階段!
リフォーム前、こちらのお宅には階段は2つありました。

住み込みの職人さんがいたためであると思われますが、 S様ご夫妻がお住まいになるにあたり、階段は1つで十分です。

そこで、片方の階段をなくし、ゆるやかな階段へと架け替えを行いました。

新しい階段は、おしゃれなストリップ階段!

これは、愛猫の「小次郎」ちゃんのための工夫です。 この場所を猫ちゃんのためのトイレスペースにされたいとお考えだったS様ですが、 普通の階段にすると暗くなってしまいます。

ストリップ階段だと、光が通りますし、猫ちゃんが登ったり降りたりする ジャングルジム(ニャングルジム♪)としても最適です。
収納力抜群のキッチン
新しいキッチンは、お掃除のラクラクなステンレスのカウンターのものをお選びになりました。

合わせて、キッチン周りの収納も充実させました。
キッチンのすぐ横には、お客様のお手持ちの炊飯器や電子レンジといった家電製品などに合わせ、棚を造りつけししています。

収納の奥行きも、キッチンの奥行きに合わせていますので、空間がスッキリします。
木の香りでリラックスできる温泉のようなお風呂&洗面台
最近では、ユニットバスにされるお宅が多いのですが、 S様邸ではあえて、古屋の雰囲気に合わせて細部までこだわることができる在来工法のお風呂にされました。
壁の上半分と天井には、水に強い木材として昔から使われてきた桧(ヒノキ)。

水に強いだけではなく、ヒノキの持つ自然調湿の威力が発揮され、 湿気対策にもなります。

ヒノキにはリラックス効果のある良い香りがするのも特徴です。
一日の疲れをゆっくり取りながら、リラックスできる、快適空間です。

壁の下半分と床にはご主人様がお選びになった黒い艶消しタイル。
ヒノキの木目との相性もぴったりです。

シャワーはボタンでお湯の出方が自由に変えられるものを採用しました。


洗面台も、インテリアとして充分楽しんで頂けるよう、 既成品は使わず、防水処理がされた無垢板で台を造り、 その上に洗面ボールをのせたシンプルな デザインに仕上げました。

木枠の鏡や、温かみのある丸い照明も、全体のバランスを考えてセレクト。
お風呂に合わせ、上半分はヒノキ、下半分は黒いタイル。
床には、LDKと同じく水濡れに強いコルクタイルを採用しています。

まさに世界で一つのオリジナルな洗面室なんです。
ほりごたつで寛げる和室
のんびりとくつろげる奥まった和室。
リビングはオープンスペースですが、こちらはプライベートなお部屋となります。

以前、この和室は、寝泊りできるように押入れがあり、お風呂や洗面室へ直接入れるようになっていました。 今回、そういった出入り口を塞ぎ、奥まって静かに過ごせるお部屋となりました。

経年で汚れが目立った木部は一度綺麗にアク洗いし、自然塗料の柿渋で塗装。 畳も新しくなり、い草の香りが気持ちが良いです。

中央部畳半畳分のスペースは「掘りごたつ」仕様になっています。畳を外し、テーブルをセットすれば掘りごたつに様変わりします。
風情のある建具を再利用
リビングとの境になるスリガラスの建具は、 リフォーム前からあったものを綺麗に洗浄し、再利用しています。

古家の情緒がでていますよね。
窓の外に見えるお庭も風流に
和室の外の庭は、杉板を黒で塗装した塀にしました。
以前はブロック塀だったのですが、かなり印象が換わりました。
窓から見える風景、随分落ち着いた風流な雰囲気となり、古屋としてはこちらの方がずっと素敵ですね。

目隠しのため、また、猫ちゃんが脱走してしまう心配なくお庭で遊べるようにと、 高めの塀にしています。

柿の木がありますが、これはリフォーム前からここに植えられていたもの。
S様もとても気に入っており、抜いてしまわず、そのまま活かしています。
和モダンに仕上がった2階の様子も拝見いたします!

二階に上がると、味わい深い和モダンな空間が広がります。

床を濃い色で仕上げ壁を白くすることで、コントラストを楽しむと同時に、より一層の空間の広がりが演出されています。

更に、1階に光をとりいれるために設けた「グレーチング」がインテリアとしてアクセントとなり、 半透明の建具は空間に繋がりを感じさせてくれます。

同じようにしても、新しい建物ではこの雰囲気は実現できないでしょう。 古家のリフォームだからこそ出来上がった空間となっています。

窓が少ない中での効果的な明り取りの工夫

S様邸は、お隣のお住まいとの隙間がほとんどありません。
そのため、左右の壁面からの採光を望む事はできません。

建物の正面、そして後ろは日当たりが良い為、その自然光をできるだけ屋内の奥まで届かせることが出来るように、 床や建具にアイディアを絞りました。

半透明の床

S様邸のように、間口が狭く縦に長い古家は、 1階の中央のお部屋が暗くなってしまっているというケースが多いです。

お隣と接近していることで、窓も設けられません。そこで考えられたアイディアがこのシースルーの床です。

お家の中で一番陽がさしこむ2階の窓の光を1階まで届けてくれます。
補強の為のグレーチングの格子柄もインテリアとして楽しんで頂けますし、 半透明であることで、視覚的にも広さを感じることができます。


S様邸のように、間口が狭く縦に長い古家は、 1階の中央のお部屋が暗くなってしまっているというケースが多いです。

お隣と接近していることで、窓も設けられません。そこで考えられたアイディアがこのシースルーの床です。

お家の中で一番陽がさしこむ2階の窓の光を1階まで届けてくれます。


部屋を仕切る建具も半透明&大きく開閉できるタイプを採用
半透明の「ポリカーボネート」を使用した建具。高さも、 天井いっぱいまで広げていますので、光を取り込みやすくなっています。

窓からの自然光をあますことなく部屋の隅々まで行き渡らせるために、 お部屋同士を仕切る建具には、全面が半透明のポリカーボネート素材のものにし、高さも天井いっぱいにしました。

リフォーム前は3つの独立した和室、という印象の二階でしたが、 この半透明の建具の効果で、3部屋につながりも感じられるようになりました。

こちらの古家の独特のレトロな雰囲気と半透明の建具、相性ぴったりです。
黒と白とのコントラストが美しい空間に
木目が味わい深い、ダークブラウンの無垢フローリング
黒く塗装されていながらも、木目の味わいが感じられるこちらの床。

まずは、リボスのカラーオイルで塗装した後、余計な塗料をふき取り、 その上からクリアワックスで仕上げるという丁寧な過程を経て実現したものです。

柱や、巾木も同じ仕上げがされています。

壁には、自然素材壁紙の「珪藻士クロス」
1階と同じく、壁紙でありながら珪藻土の風合いが楽しめる珪藻土クロスを採用。
真っ白ではなく、少し温かみのあるオフホワイトで、 色の濃い床にぴったり馴染みます。
自由に使えるオープンなフリースペース
階段を上がってすぐのこちらのスペースは、 オープンなフリースペースにしました。

奥様がご趣味で書道をされるので、ある時は書道部屋、またある時は、 安らげるソファーをおいて猫ちゃんとお昼寝・・・ など、さまざまなスペースとして活用できるように考えられています。

フリースペースの一角に設けられた収納は、本棚です。 天井いっぱいまでありますので、沢山収めていただけます。

本棚の横には、S様がお持ちのデスクを置くためにの空きスペースを取りました。
実際に収めていただいたところ、ピッタリでした!
収納力抜群の納戸スペース
フリースペースの奥に設けたのは、納戸スペースです。
棚も作りつけ、内部を整理しやすいようになっています。
寝室になるお部屋は天井を高く!

寝室は、お客様のたってのご要望で、他の2部屋より少し天井が高くなっています。

天井が高くなった効果で、収納スペースも沢山取れました!
以前、通常の天井高だった際は、下のクローゼット分のスペース(以前は押入れでした)のみでしたが、 更にその上にも収納を設けることができました。

構造上、抜くことができない柱も、この古屋の雰囲気の中では、 邪魔にならず、かえってアクセントとして空間に溶け込んでいます。

外にはウッドデッキバルコニー

窓の外にはバルコニー。

こちらにも、室内のインテリアと合わせたデッキやベンチを設置し、 気持ちよく日向ぼっこができるように。

ご主人の書斎

こぢんまりして落ち着くこのスペースが、ご主人様の書斎。
木製の窓は、お客様が雰囲気を気に入られ、そのまま残されました。

猫ちゃんが、たまにこんな風に外を眺めています。
絵葉書のような光景ですね。

日本の古家に猫ちゃん、とても絵になる組み合わせです。

S様、ありがとうございました!

S様には、最初のリフォームの数年後、再度のリフォームをご依頼いただきました。

当初、こちらの建物にあと何年住まれるかわからない、とお考えだったS様。

その為、このページで紹介させていただいておりますリフォームでは、予算も限られていたこともあり、 耐力壁を増やす、構造を弱めるような改造は一切しない、といった施工は行いながらも 構造を一から見直すような大掛かりなスケルトンリフォームまでは、なさいませんでした。

そして数年の後、大変気に入っているので今後も暮らしたい、 その為に、耐震補強をしっかり行っておきたい、とのことで再度のリフォームのご依頼をいただきました。 ありがとうございます。

2012年の工事の様子もご紹介させていただいておりますので、合わせてご覧ください!



江東区で行った他の事例



フリーダイヤル0120-292-575

メール:info@eco-reform.com

営業時間 9:00~19:00(日曜・祝日定休)
お問い合わせフォーム 東京23区完全対応いたします

株式会社エコリフォーム 東京都江東区富岡1-22-29-2F/TEL 03-3641-4134/FAX 03-3641-4125

メディア掲載情報 フジテレビ「みんなのニュース」耐震特集
フジテレビ「みんなのニュース」耐震特集
テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」
テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」
BSジャパン「暮らしの学校」
BSジャパン「暮らしの学校」
新聞・雑誌・書籍でも紹介されました
新聞・雑誌・書籍

東京23区別のリフォーム事例はこちら>>足立区荒川区板橋区江戸川区大田区葛飾区北区江東区品川区渋谷区新宿区杉並区墨田区
世田谷区台東区千代田区中央区豊島区中野区練馬区文京区港区目黒区

facebooktwitterInstagramHouzz
© 2004 EcoReform inc. マンションリフォームはこちら