リフォーム事例 >  部分リフォーム >  築35年の木造住宅。魅せる外観にリフォーム!

外観をおしゃれにリフォーム

このエントリーをはてなブックマークに追加
築35年の木造住宅。魅せる外観にリフォーム!

住まいの顔をリフォーム!

前年、耐震補強を含めた中古住宅のリフォームをされたお客様より、2度目の工事として外観のリフォーム工事を承りました。
外壁だけではなく、自動車や自転車を置くスペースもおしゃれに整備。
素敵な「住まいの顔」が出来上がりました。

品川区T様邸 築30年 戸建住宅

お施主様より嬉しいコメントを頂きました

今回の工事で中も外もきれいになり、本当に住みやすくなりました。

よくテレビでも「リフォーム詐欺」なんていう特集をやっていて、どこまで本当かはわかりませんが、依頼する方はかなり不安を持っています。
今回はたくさんあるリフォーム会社の中で、本当に偶然ですがエコリフォームさんという信頼できる業者さんにお願いすることができてよかったと思っています。

当分、快適に過ごせると思いますが、何年かたって、また家のことで相談があったら連絡させていただきます。ありがとうございました。

インタビューにご協力いただきました

■ リフォームの概要

工事を2期に分けたリフォーム事例をご紹介します。
『耐震補強とこだわりの浴室』のリフォームを施工させていただきましたお客様から、2度目のリフォームを承りました。

こちらのお客様は、予め2度に分けたリフォーム計画を立てられておりました。そこで、前回の工事の際は将来的に2期工事として外壁と外構を改修する事を想定した工事をしておりました。

戸建の住宅の場合は特にですが、大規模なリフォーム工事にはやはり大きな費用がかかります。
ご予算の中で全てを行おうとした場合、費用を掛けた場所がばらけてしまうと、あっちもこっちも、ちょっとずついじって、全体で見るとあんまり変わったような気がしない・・・? なんていう恐れもあります。

そんな時には、こちらのお客様のように、一度に全てのリフォームをするのではなく、1期工事・2期工事と分けてリフォームをなさるのも、大変有効な方法です。

■ この度のリフォームの内容は...


インテリア
コーディネーター
薄井 歩

こちらのお宅は、長方形の形をしていて、道路に面した正面と、隣家と隣り合った3面があります。
隣家と隣り合った3面は、ほとんど見えないので、こちらの事例では機能性と価格を重視したウレタン塗装の仕上げとさせて頂き、道路に面した正面は、使い方とお好みをご相談しながら、素材とエレメントにこだわったデザインにさせて頂きました。

▼それでは、完成の様子をご覧ください!

【1】 正面をオシャレに!
1階正面の窓・雨戸の取替え/2階窓柵の撤去・正面のデザイン/玄関扉・庇の取替え

1階の道路に面した正面は、素材とエレメントを一つ一つご相談しながら、 こだわってデザインさせていただきました。

インテリア(今回の場合は、エクステリアですね)を考えるのがとてもお好きな奥様でいらっしゃいますので、外観のスケッチを描いて塗り絵のようにしてお渡しし、玄関ドアやタイルなどのバランスや色のイメージをご相談しながら進めさせていただきました。

タイルや塗り壁のサンプル、カタログを隣に置きながら、 こんな風に色を塗っていただきながら決めていくのも、イメージがつかみやすいですし、考えるのが楽しいですよね。

●珪藻土仕上げの壁

正面の壁の仕上げは、珪藻土です。富士川建材の、レーヴという商品を使用しています。
テクスチャーは、波のような模様のラフな仕上げにしました。
お客様の飾られたグリーンが、珪藻土のナチュラルな壁に、本当によく似合っていますよね。

珪藻土の仕上げは素敵なのですが、自然素材ですので、塗装の仕上げと比較して メンテナンスの必要性が高くなります。
珪藻土の部分をメンテナンスする際に、足場を掛けなくても済むよう、2階の窓より上の部分は、他の3面の壁と同じウレタンの塗装仕上げにさせていただいています。

●玄関ドア&庇

玄関ドアはトステムの製品です。
赤みを帯びたミディアムチェリー色は、他とのバランスにセンスが求められる、難しいカラーですが、 全体の良いアクセントになって、上手くコーディネートできました。

庇の内側は無垢の木をはり、玄関ドアと色を合わせて塗装しております。
赤いポストと、ステンドグラスをあしらった玄関照明、表札はお客様で手配いただきました。

こちらの表札、お名前をお見せできなくて残念ですが、もともとお持ちだった無垢の木の板に、ご主人様がしたためられ、 表札屋さんで透明の板を載せて加工していただいたそうです。
ご主人の書かれた書体は、やさしく味わいのある文字で、本当に素敵です。
ステンドグラスの照明と相まって、とてもシックですね!

●和モダンな風合いのタイル

壁のアクセントに使用したタイルは、INAXの千陶彩(せんとうさい)というシリーズです。
凹凸のがあり繊細な雰囲気の、とても素敵なタイルを、奥様が選ばれました。

モザイクタイル(細かいタイル)の黒っぽいものがいいかな、 というお客様の希望を受け、いくつかのサンプルを取り寄せ、またINAXの銀座のショールームへ奥様が足を運んでくださったりして、こちらのタイルに決定しました。

床のタイルは、同じくINAXの陶墨染(とうぼくせん)というシリーズです。 使い込まれた瓦をイメージしたタイルで、表面の素材感が何とも言えず味わいがあります。 壁のアクセントと、床のタイルと、色のトーンを合わせて玄関まわりが雰囲気良くまとまりました。

ワンポイントアドバイス

タイルは、サンプルを事前に確認されることをオススメします

タイルは、色々な素材の中でも特に写真で見るのと実際の印象が異なる素材と言えます。
施工例などもカタログに載っているのですが、こちらのような、素材感を重視したタイルの場合にはなおさら、実物をご覧いただくのがおすすめです。
カタログで、イマイチかな...?と思っていたものでも、本物を見ると意外に素敵かも、なんていう場合もありますし、その逆もあります。
INAXのタイルでしたら、こちらのお客様もお越し下さったINAX銀座のショールームでたくさんご覧になることができ、サンプルも貰えます。
他のメーカーでも、多くの場合サンプル請求に応じてくれますので、 取り寄せてご覧になるのが良いでしょう。

●窓まわりもスッキリと

2階の窓は、窓サッシは既存のままで手すりを交換し、 雨戸の戸袋はペンキで塗装をいたしました。

1階の窓は、2期工事での改修を視野に入れて、前回は交換しなかったので、今回新しいペアガラスのサッシに交換しました。

●下地には、耐震強度・防水性のある「ラスカットパネル」を使用

窓サッシ周りの外壁下地には、「ラスカットパネル」を使用しております。 ラスカットパネルは、地震や火災に強い、外装下地材です。住まいの強度と防火・防水性、耐久性を同時に高めます。

【2】 玄関前の整備
玄関前の段差の解消/自転車スペースの確保/駐車スペースを作る

玄関前には、大人用とお嬢様たちの自転車と、お父様の車を置くスペースを造りました。

●自転車スペース

以前は、段差をまたぐように置いていらっしゃった自転車を、リフォーム後はタイルの階段を2段上がったところに置いていただけるようになりました。

また、玄関前に塀を造りましたので、自転車を置いていても目隠しとなります。
見た目がとてもスッキリしました。

●駐車スペース

駐車スペースに通る洒落た目地は、奥様のアイディアです。
中には、玉砂利を入れました。
見た目にもお洒落ですし、水はけも良くていいですね。
お客様は「将来的には竜のひげなどの植物を植えようかなぁ」と仰っています。

●みどりのスペース

毎年、可愛い花を咲かせ、実をたくさんつけてくれる梅の木は残されることをご希望でした。(こちらの写真は、剪定してもらった後なのでだいぶさっぱりしていますが)
そこで、梅の木を囲んだ形で、グリーンを植えるスペースをお造りしました。

まわりを囲ったレンガのようなものは、カルチャードブリックと呼ばれる、レンガをタイル状にしたもので、こちらのカラーは奥様のご希望です。
落ち着いた色合いで、カントリー調になりすぎず、すっきりと自然に まわりとなじんでいます。

【木の立水栓】
水やりや、お子様の靴などの洗い物にも便利な、立水栓もスペースの一角に作らせて頂きました。 本物の木でできた立水栓です。

【3】 外壁塗装

隣家と隣り合った3面の工事は、第1期工事と第2期工事をまたがった形で行われました。
第1期工事では、左官仕上げまで終わらせてお引渡しし、この度の第2期工事で仕上げています。

■第1期工事【耐震補強とこだわりの浴室】
事例紹介はこちらからご覧ください

隣家と隣り合った面は、ほとんど見えない部分ですので、機能性と価格を重視したウレタン塗装で仕上げました。

●【第1期工事】アルミサッシ交換に伴い、外壁を一部作り直しました

インテリア
コーディネーター
薄井 歩

1期工事では、1階の居室となる部分と浴室の窓サッシを交換させていただきました。
窓サッシを性能の高いものに替えると、部屋の機密性が高まり、住みやすい室内となります。

木造住宅で窓サッシを交換させていただく場合には、建物の耐震性能が損なわれないように配慮します。
開口部となるサッシ部分は耐震性が低いため、リフォームの場合、ある程度の壁量を確保することが重要です。
コスト的には現状と同じ場所・サイズのサッシに交換することが良いのですが、間取りの変更などに伴い変更させていただくことが多くあります。

しかし、元のサッシと全く同じサイズというわけにはいきませんので、室内・外とも、窓まわりの壁の下地を作りなおす必要が出てきます。

こちらのお客様も、サッシ交換に伴い、壁の下地も作り直しをいたしました。
下地は、耐震強度と防水性のあるラスカットパネルを使用しています。

●【第1期工事】左官仕上げ

ラスカットパネルの上から、表面を均すためにモルタルで左官仕上げをします。

通常であれば、左官仕上げの後は、防水性のある下地材のシーラーを塗り、最後は塗装等で仕上げを施していきます。
しかし、こちらのお客様の1期工事では、1階部分のみでさほどの面積も無かった事から、左官仕上げのままでお引渡をさせて頂き、お引渡し後に、ご主人様が防水性のあるシーラーDIY塗装をなさいました。

●【第2期工事】ウレタン塗装で仕上げが完了しました

この度の第2期工事で、ご主人が塗装してくださったシーラーの上からウレタン塗装を施し、清潔感のある色合いの外壁が仕上がりました!

■ 1期・2期と分けてリフォーム工事をするメリットについて


インテリア
コーディネーター
薄井 歩

戸建の住宅の場合は特にですが、大規模なリフォーム工事にはやはり大きな費用がかかります。
ご予算の中で全てを行おうとした場合、費用を掛けた場所がばらけてしまうと、あっちもこっちも、 ちょっとずついじって、全体で見るとあんまり変わったような気がしない・・・? なんていう恐れもあります。

そんな時には、こちらのお客様のように、1度に全てのリフォームをするのではなく、1期工事・2期工事と分けてリフォームをなさるのも、大変有効な方法です。

こちらのお客様の場合、1期工事は耐震補強と1階のリフォーム(間取り変更を含みます)、窓サッシの交換、屋根のかけかえをさせていただきました。
室内には、自然素材を多く使用し、ご主人様のこだわりの温泉旅館のような浴室もお作りになって、ご家族の希望を余すところ無く叶える事ができました。
そして、お引越しを済まされ、生活も落ち着いた1年後、今回の2期工事で、お家の正面のデザインと、駐車スペースをつくること、それから外壁の塗装をさせていただきました。

工事を1期工事・2期工事と分けるポイントは、予めきちんと計画を立てて行う事です。
そうでないと、せっかく作った場所をまた2期工事で一部壊す・・・なんて事にもなりかねません。
リフォーム工事は、屋根のかけかえなどのように、単体でできる工事と、他の場所とどうしても絡みが出てくる工事があります。前もってきちんと相談なさって、それぞれの工事内容をお決めになるのが良いでしょう。

工期を分けるメリットは、他にもあります。例えば現在の住まいの退去期限が決まっていて、 工期が十分に取れない場合など、お住まいになってからでも、他との絡みなくできる工事を2期工事とすれば、お引越しまでの期間を短縮させる事もできる場合があります。

T様には、2度にわたり事例の掲載許可をくださり感謝いたします。
前回に引き続き、ご依頼いただきましてありがとうございました。
工程の中で、私どもの至らなさから、奥様を始めご家族の皆様に ご心配をお掛けするようなこともありましたが、 その都度、信頼してお任せ下さいまして、お客様のお人柄に 助けていただいた事も多く、心より感謝申し上げます。
本当にありがとうございました。
完成を喜んでいただき、本当に住みやすいと仰っていただいて、 私たちにとって何より嬉しい事です。
たくさんのご協力ありがとうございました。 今後とも、どうぞよろしくお願い致します。



フリーダイヤル0120-292-575

メール:info@eco-reform.com

営業時間 9:00~19:00(日曜・祝日定休)
お問い合わせフォーム 東京23区完全対応いたします

株式会社エコリフォーム 東京都江東区富岡1-22-29-2F/TEL 03-3641-4134/FAX 03-3641-4125

メディア掲載情報 フジテレビ「みんなのニュース」耐震特集
フジテレビ「みんなのニュース」耐震特集
テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」
テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」
BSジャパン「暮らしの学校」
BSジャパン「暮らしの学校」
新聞・雑誌・書籍でも紹介されました
新聞・雑誌・書籍

東京23区別のリフォーム事例はこちら>>足立区荒川区板橋区江戸川区大田区葛飾区北区江東区品川区渋谷区新宿区杉並区墨田区
世田谷区台東区千代田区中央区豊島区中野区練馬区文京区港区目黒区

facebooktwitterInstagramHouzz
© 2004 EcoReform inc. マンションリフォームはこちら