リフォーム事例 >  部分リフォーム >  断熱リフォームで築45年の住宅を暮らしやすく

暖かいお住まいを実現する断熱リフォーム

このエントリーをはてなブックマークに追加
断熱リフォームで築45年の住宅を暮らしやすく
慣れ親しんだ我が家を今風に使いやすく!

快適で暮らしにやさしい家に

「冬がとても寒い」ということでお悩みだったお客様。無垢材を使い、断熱を施した快適なリビングに生まれ変わりました。キッチン&お風呂にもお客様のこだわりが光っています。リフォーム融資制度ご利用のお手伝いもさせていただきました。

中野区K様邸 築44年 戸建住宅

お施主様より嬉しいコメントを頂きました

お陰様をもちまして、毎日大変快適な生活を送らせていただいております。
水回りという生活の中心となる場所のリフォームだった為、体感としてつくづくその快適さを実感しております。

古い家の為、以前はとても寒く使い勝手も悪く、不快感などのストレスを感じる毎日でしたが、今ではこの家にとても優しくしてもらっている様な心境です。

こうしてここに暮らす私共が少しでも快適に過ごせる事を第一に考えてくださり、プランから施工まで一切妥協無く進めていただきました事に心より感謝しております。
夢を叶えていただきまして、本当にありがとうございました。

インタビューにご協力いただきました

お父様が建てられた、ご家族の思い出の詰まった戸建住宅です。

今回、手を加えさせていただいたスペースは、お家全体からみるとごく一部ですが、日々お使いになるキッチンと浴室、それから、お過ごしになる時間の長いリビング・ダイニングのスペースを新しく、そしてしっかりと断熱の施工をさせて頂いてことで、毎日の生活の快適さは、格段にアップしました。

床はバリアフリー。手すりや人感センサーなど細かい箇所まで気配りのある、生活に優しい安全な空間の完成です。

ハウスデータ
築年数44年
住宅仕様2階建て木造住宅
内容1階リビング・ダイニングの断熱施工
キッチン・浴室等の水廻りの交換
地域中野区

■ この度のリフォームの目的は

築44年の住宅にお住まいのお客様。とても寒かった!という1階のお部屋に断熱を施し、水回りを大幅に改善されました。

建築からある程度時間の経過している住宅であれば、あそこも、ここも、手を入れたいというお気持ちが出てくるのは普通のことだと思います。
そんな中で、こちらのお施主様は毎日の生活に直接関わってくる大切なスペースに、集中して費やされ、『今ではこの家にとても優しくしてもらっている様な心境です。』とまで仰って頂けるような、快適な空間を手に入れられました。
完成の様子をご覧ください

【1】 冬場がとても寒いので暖かい住まいに ~断熱リフォーム~

完成の様子

「とにかく寒いんです」というのが最初のお話でした

最近の住宅は高気密高断熱などが叫ばれていますが、昔に建てられた住宅には、断熱も不十分である建物も多くあります。

こちらのお宅の場合には、特に床下から上がってくる冷気が寒さの大きな原因と思われましたので、床の断熱 を中心に処置を施しました。

また、仕上げ材のフローリングに、蓄熱効果の高い無垢材を使用させて頂くことに致しました。
床暖房をお使いになるという選択肢もありますが、こちらのお客様はなるべく自然な暖かさを、というのがお望みでした。

●無垢のカバ桜フローリング

床の仕上げのフローリングは、カバ桜という種類です。
実物サンプルでご紹介をさせて頂き、お施主様がその明るい雰囲気を、ひと目で気に入って下さいました。

床の断熱 リフォームをする際は、無垢を合わせると効果的です!
無垢の木は、蓄熱の効果が高いので、冬場、お部屋を一度暖めていただくと、暖房を切った後も暖かいのが長続きします。

こちらのお宅では、キッチンも同じ空間にございますので、水や調味料などがこぼれてしまっても、お手入れのし易いウレタンのかかったタイプを使わせて頂きました。
樺桜フローリング

●バリアフリーで安心!

段差の無い、バリアフリーに仕上げました。
引戸の向こうの脱衣室も、同じ床材で段差なく貼りこんでいます。
バリアフリー

床の断熱工事の様子をご紹介します

ダイニングの床を剥がします まず、ダイニングキッチンの床をいったん剥がし、あわせて下地の点検もさせて頂きました。
床を剥がすと写真のようになっています。
状況を確認した結果、下地を新しいものに変更することになりました。
床下の冷気が上がってこないように、断熱材を施工します。
床の断熱に使用したポリスチレンフォームの建材は、ほとんど隙間が出来ず、優れた性能を発揮します。
断熱材の上にベニヤを貼り、仕上げに無垢のカバ桜フローリングを施工して断熱工事の完成です。
冬は暖かく、夏はサラッと快適なお部屋が出来上がりました。

【2】経年で傷んだキッチンの取替え

これまでのキッチンは、大工さんがお作りになったもので、お母様の代から大切に使ってこられた、思い入れのあるものでした。

しかし、経年による傷みが進んでいた為、今回、新しくされることになりました。
●人気のホーローキッチン
新しいキッチンについてのご要望を伺うと、お手入れのしやすいものというのが一番でした。
お手入れしやすいといえば、やはりホーローをお勧めします。

お客様自ら、ショールームに何度も足を運んで下さり、こちらのタカラスタンダード社のキッチンにお決めになりました。

色はピンクをお選びになって、ちょっと可愛らしい雰囲気に。
こちらのピンクは、ホーロー独特の優しい風合いで、私たちのお客様にも大変人気のカラーです。

ピンクと聞くと、もしかしたら少し抵抗をお感じになる方もいらっしゃるかもしれませんが、こちらのホーローのピンクは、実物をご覧になって、とてもお気に召されるお客様が、本当に多くいらっしゃいます。

♪キッチンパネルもお手入れラクラク
正面の壁は、お手入れのしやすいキッチンパネルになっていますが、タカラスタンダードの場合は、こちらのパネルもホーロー製なんです。
マグネットがくっつくので、とても便利だそうです。

>タカラスタンダードのホーローキッチンについて詳しくはこちら

【3】新しく浴室を設ける

キッチンだった部分に、浴室と洗面室、選択のスペースを設置。
キッチンは手前に移動します。
こちらのお宅のある地域では、昔から銭湯も多くあったそうで、自宅のお風呂を使わず、銭湯へ通われる方も多いそうです。

毎晩の銭湯通いは楽しみでもおありだったと思いますが、お父様もご高齢になられ、お家で安心してゆっくりお風呂に浸かりたいとの事で、今回の改修でお風呂を お作りになりました。

もともと、ダイニングキッチンだった部分の一角に新しい浴室と、洗面・脱衣・洗濯のスペースを設けることになりました。
●お手入れが楽で暖かいユニットバスを
ユニットバスは、タカラスタンダード社のものをお勧めして、採用頂く事になりました。

壁面がホーローのパネルで出来ているので、浴室では大敵のカビの根が付かず、お手入れが楽です。

また、今回のリフォームのお客様のご要望の中で、暖かい住まいになさりたい、というものがございました。

こちらのユニットバスは、「浴室をトータルで保温する」という考えのもと、壁面・天井面・浴槽の裏側・洗い場の裏側に、しっかりと保温材が施されており、暖かいのも特長です。
タカラシステムバスは、浴室全体を包み込む発想で保温材を使用したトータル保温。
温まった浴室の熱を逃がさず、冬場の入浴も快適。お湯も冷めにくく経済的です。
浴室暖房乾燥機 また、お施主様たってのご希望で、浴室暖房乾燥機をお取り付けしました。

洗濯物を乾かす以外にも、冬場などは入浴の前に暖房をつけて、洗面のほうまで暖かい空気が行くようにしておけば、脱衣の時も寒さを感じにくくて快適です。
●段差を作らずバリアフリーで安全に
当初、建物の基礎との兼ね合いで、ユニットバスの入口に段差が出来てしまいそうでした。

弊社一級建築士の塩谷や、メーカーの担当者と現地を拝見しながら相談した結果、マンション用のユニットバスのほうがこちらのお宅に向いているという事になりました。
そこで、マンション用の「広ろ美ろ浴室」というシリーズのユニットバスを、設置させて頂きました。
これにより、洗面脱衣から段差なく、ユニットバスが設置できました。

つまづきなども予防できますので、安心ですね。
●将来的なことも考え、浴室サイズを決定
もともとダイニングキッチンだったスペースの一角に浴室をお作りしましたので、浴室があまり大きいと居住スペースが狭くなってしまいます。
そのため、当初は、少し小さめの1216サイズの浴室を計画させて頂いていました。

★ユニットバスのサイズについて
ユニットバスのサイズは、1216や1616などと表記されますが、浴室内部の広さのことを表しています。
内側の寸法が1200×1600mmが1216サイズ(0.75坪タイプ)、1600×1600mmが1616サイズ(1坪タイプ)になります。
実際の浴槽サイズをご確認いただくため、こちらのお客様には、ショールームにお越し頂きました。
1216サイズの浴室を体験なさって、浴槽の広さは充分とのことでしたが、洗い場のスペースがもう少し広いほうが良いかも知れないとお考えでした。

将来的に、入浴の介助が必要になった場合、1216の洗い場では、身体を洗う介助をなさるのに、少しスペースが足りないとお感じになったそうです。

最終的に、洗い場の奥行きがあと10cm広い、1317サイズにお決めになりました。

【ワンポイントアドバイス】ショールームを大いに活用ください!

サイズの感覚は、図面上でのお話だけでは、なかなか実感していただきにくいものです。

現在お使いの浴室との比較して頂くのも分かりやすいですが、できればショールームに足をお運び頂き、実際に展示のユニットバスに入っていただいたり、浴槽に身体を沈めていただいて、ご自分で体感なさる事をお勧めします。

ご希望であれば、スタッフがショールームへご同行させていただき、ご要望をお伺いしながらお選びいたしますので、お気軽にお声がけくださいね。
タカラシステムバス
●洗面室のインテリアに遊び心をプラス
洗濯・脱衣のスペースも兼ねた洗面室の内装は、お施主様のお好みでブルーを基調としたインテリアに致しました。

壁は白地にブルーとパープルの細いストライプが入ったクロスです。
そして、鮮やかな水色のクロスを、天井にお選びになりました。

洗面所に一歩踏み込むと、青空のように爽やかな天井が目に入ります。
壁紙の色は、サンプルをメーカーから取り寄せ、お客様と悩みに悩んで決定しました。

ポップですが、大人っぽい洗面室になりました。毎日使うのが嬉しくなってしまいそうですね。
洗面室のインテリア
洗面台 メーカー品の既製の洗面台を、下台だけ設置させて頂きました。
お客様がお持ちだったクラシカルな木枠の付いたミラーを正面に取り付けさせて頂きましたが、雰囲気も大きさも、ぴったりです。

窓辺には、さっそくグリーンを飾って下さっていて...。完成を楽しみに、心待ちにしていて下さったお客様のお気持ちを、嬉しく感じました。

お父様のご希望で、床下の点検口にもなる床下収納も、設置させて頂きました。
洗面台

【4】電気幹線の引き直し、その他の工事

●電気幹線の引き直し
分電盤 今回の工事で、電気幹線の引き直しもさせて頂きました。

こちらのお宅の建築された頃には、単相2線という引き込みが一般的でしたが、現代では単相3線という引き込みがほとんどです。

当時と比較して、電気製品も多様化し、電気の使用量は格段に増加しておりますので、工事の際には、引き直しが必要となります。

併せて、お父様がずっと心配だったと仰る、室内の分電盤も新しくしました。

これで、これから先、安心して暮らしていただけますね。
●人感センサー付き照明
夜間にお父様がお手洗いに行かれる際には、こちらのダイニングキッチンを通られることになります。

お父様がお手洗いに行かれる際、いちいちスイッチで電気を点けなくても良いように、2箇所に人感センサーを取りつけ、ダウンライトとつないで、行きも帰りも人が通ると明かりが点くような工夫をしています。
人感センサー
●階段の手すりの交換も承りました
もともとは、ステンレスの手摺が付いていたのですが、お客様が仰るに、冬場は金属があまりにも冷たくて、手摺を握るのがお辛い、との事でした。

今回、木製の手摺に交換をさせて頂いたことで、握ってもヒヤッとしなくなりました。
ステンレスの手摺は、見た目にシャープでかっこいいのですが、このようなお客様の声もあるのですね。

小さなことではありますが、毎日のご生活の中で、お客様にとってのご不便を、解消して差し上げることが出来ました。
お施主様より嬉しいコメントを頂きました

お陰様をもちまして、毎日大変快適な生活を送らせていただいております。
水回りという生活の中心となる場所のリフォームたった為、体感としてつくづくその快適さを実感しております。

古い家の為、以前はとても寒く使い勝手も悪く、不快感などのストレスを感じる毎日でしたが、今ではこの家にとても優しくしてもらっている様な心境です。

何件かの見積りの中で「もっと暖かく過ごせるお部屋にしませんか?」と水回りを新設するという構想と共に、この家の欠点にも目を向けてくださったお陰で 失敗のない満足度120%のリフォームを実現することができました。

床や巾木などに無垢を使用したことで、その感触や質感、視覚的にもとても癒されている事に驚きました。
1ランク上の高級品というだけの概念だけでしたが、それだけに止まらない大きな価値観を感じています。
また、設備機器に使用したホーローも綺麗で使いやすく、その性能の高さにとても感激しています。
こうした素材等の説明を丁寧にしていただので、ニーズに合った物を選ぶ事ができました。

工事に入ってからも実際の現場状況を見てドアから引き戸への変更をご提案くださいましたが、そのお陰で夏は涼しい風と冬には明るい光を取り込んでくれるなど、予定外の効果をもたらしてくれました。

こうしてここに暮らす私共が少しでも快適に過ごせる事を第一に考えてくださり、プランから施工まで一切妥協無く進めていただきました事に心より感謝しております。
夢を叶えていただきまして、本当にありがとうございました。

インタビューにご協力いただきました

こちらのお客様はリフォーム融資をご利用になられました

こちらのお客様は、住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)のリフォーム融資をご利用になっての、工事を計画されました。

こちらは、手続きにも少し時間がかかりますし、段階を踏んで揃える必要のある書類も多くあります。

お嬢様が中心となって支援機構や銀行のやり取りをなさっていらして、私どもでもできる限りのお手伝いをさせて頂くべく、そばでサポートをさせて頂いておりました。

ちょうど、融資制度の移行の時期と重なり、申し込みに向けて本格的に動き出してからでも、融資の実行まで約5ヶ月という長期戦でしたが、常に前向きに、煩雑な手続きに行って下さり、無事に融資を受ける事ができました。心より感謝申し上げます。


中野区で行った他の事例




フリーダイヤル0120-292-575

メール:info@eco-reform.com

営業時間 9:00~19:00(日曜・祝日定休)
お問い合わせフォーム 東京23区完全対応いたします

株式会社エコリフォーム 東京都江東区富岡1-22-29-2F/TEL 03-3641-4134/FAX 03-3641-4125

メディア掲載情報 フジテレビ「みんなのニュース」耐震特集
フジテレビ「みんなのニュース」耐震特集
テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」
テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」
BSジャパン「暮らしの学校」
BSジャパン「暮らしの学校」
新聞・雑誌・書籍でも紹介されました
新聞・雑誌・書籍

東京23区別のリフォーム事例はこちら>>足立区荒川区板橋区江戸川区大田区葛飾区北区江東区品川区渋谷区新宿区杉並区墨田区
世田谷区台東区千代田区中央区豊島区中野区練馬区文京区港区目黒区

facebooktwitterInstagramHouzz
© 2004 EcoReform inc. マンションリフォームはこちら