TOP > リフォーム事例  > 水まわりPICKUP > 細部までこだわることができる、在来工法のお風呂リフォーム

細部までこだわることができる
在来工法のお風呂リフォーム事例!

近年は、ユニットバスにされる方が多いお風呂のリフォームですが、在来工法にこだわって、好みの空間にしたいとおっしゃる方もおられます。
そんなお客様の、こだわりお風呂の事例をいくつかご紹介致します。

私どもでは、自然素材の天然木を多く扱ったリフォームを行っておりますので、水に強い木材をお風呂に取り入れ、癒しの空間を演出する在来工法のお風呂を施工させていただいております。

家の中に直接作りますので、ユニットバスほどの断熱性が見込めないのがデメリットですが、お好みのオリジナルなお風呂でリフレッシュする時間はかけがえのない物になりますよ。

品川区 T様/ご主人様のこだわり!ヒバ材を使った癒しのお風呂事例



こちらのお客様はお住まい全体のリフォームでしたが、ご主人の一番のご希望はお風呂にこだわりたい、ということでした。

毎日忙しくお仕事をされていらっしゃるので、疲れを癒す空間になるお風呂を、というお望みにお答えし、こちらの、「青森ヒバ」を使った浴室をご提案し、とっても気に入っていただきそのまま採用となりました。

木の香りや、暖かみのある木目は、疲れた心身をリラックスさせてくれます。
木は水周りには適さないのではとお考えの方もいらっしゃるかもしれませんが、ヒバは防虫・防腐効果が高く、お風呂に使用しても安心の素材です。

とはいえ、やはり水気の多いお風呂には乾燥のための装置が必須。浴室乾燥機も完備です。

数年経ってから、使い心地をインタビューさせていただいたところ、カビなどは全くなく、自然素材のパワーを実感しています!とお話くださいました。

>>T様のインタビューはこちら

こちらのお風呂の特徴の一つは、周囲にウッドデッキを設けていることです。 ウッドデッキによく使われる、風雨に強いレッドシダー材を使っています。

浴槽に入ると、このウッドデッキが見渡せて、まるで露天風呂の温泉に入っているような感覚になります。

江東区 S様/和風の雰囲気を活かすため、お風呂も在来にこだわった事例

S様は、50年ほど前の古家を購入され、全体的にリフォームされました。 その際、お風呂も新しくリフォームされましたが、あえてユニットバスを使わず、 家の印象に合わせてこんな風流なものに!

こちらのお風呂に使用したのは、ヒノキです。 ヒノキも、古来から腐りにく、虫がつきにくい木材として、家の土台などでよく使用される木材なので、お風呂に使用するのにも向いている木材です。更に香りが良いのもヒノキの特徴。これはヒノキに含まれる「ヒノキチオール」という成分が、心を癒す良い香りをもたらしてくれるからなんです。

S様邸では、隣接した洗面脱衣室が、お風呂とつながりを持たせた内装になっているのも特徴です。
>>詳しいリフォーム事例紹介はこちらから

練馬区 M様/快適爽快!視覚効果でゆったり広々!のこだわりお風呂事例


こちらのお客様もお風呂にはこだわられ、在来工法でのお風呂リフォームとなりました。

白いタイル張りの清潔感のあるお風呂には、隣接する洗面室との間に大きめの窓、そして透明の出入り口が設けられています。
明るい白、そしてお風呂の外まで見えるという視覚効果でお風呂が広々と感じられます。

窓の先にある洗面室が明るい無垢の木を使ったお部屋であることもポイント。心が癒されます。

シャワーもこだわりました。
ホテルにあるような、オーバーヘッドシャワー+ボディシャワー+ハンドシャワーが一緒になったタイプです。 頭の上から勢い良く降り注ぐシャワーは快適爽快です!
>>詳しいリフォーム事例紹介はこちらから

文京区 F様/限りあるスペースの中に上手くフィットさせたお風呂事例


こちらのお客様、都心の密集地帯にあるお住まいのため、建坪7坪(3階建で述べ床21坪)という限られたスペースとなっており、お風呂の配置も工夫が必要でした。
そのため、既製品のユニットバスで入るサイズが無く、在来工法でのリフォームとなりました。

せっかく在来でお造りするので、浴槽側のタイルを海を思わせるような明るいブルーに変えてアクセントに!

また、ご高齢のお母様がいらっしゃいますので、使いやすいように浴槽と出入口に手摺も設置しております。

>>詳しいリフォーム事例紹介はこちらから

リフォーム事例水まわりPICKUP

最新のリフォーム事例

コンパクトで居心地の良い7坪の家

コンパクトで居心地の良い7坪の家

なんと、【7坪】。1階と2階合わせても11坪に満たないお住まいをフルスケルトンリフォームしました。 思い出の詰まった家が、親子2人が居心地よく暮らせる快適空間に大変身する様子をご紹介します。

築52年・今の趣を活かして、安心で心地よい住まいへ

築52年・今の趣を活かして、安心で心地よい住まいへ

「今の住まいはとても気に入っているけれど、地震が心配なのと、夏の暑さ・冬の寒さが気になる」と言うS様。 今の建物の趣を残したまま、地震に強く安心で、一年中ずっと心地よい家を実現することになりました。

リフォームで暮らしやすく快適に!シニア世代の3階建て住宅

リフォームで暮らしやすく快適に!シニア世代の3階建て住宅

生活スタイルの変化に合わせて、築30年の木造3階建て住宅をフルスケルトンリフォーム。 耐震、断熱、バリアフリーも考慮した、ご夫婦2人でずっと快適に暮らせるお住まいの完成です。

築95年の長屋を「もう一つの我が家」にリフォーム

築95年の長屋を「もう一つの我が家」にリフォーム

なんと築95年になる長屋のリフォームです。1階をスケルトンに、2階を内装リフォームして、セカンドハウスを実現! いずれは終の棲家になる「もう一つの我が家」が完成するまでをご紹介します。

このエントリーをはてなブックマークに追加