TOP > リフォーム事例  > 水まわりPICKUP > お風呂・洗面・トイレをまとめて、コンパクトに使いやすくリフォーム

水回りスペースをまとめて
コンパクトに使いやすくした事例集

こちらでは、リフォームにあたり、お風呂、洗面脱衣室、トイレをひとまとめにして、省スペースで便利に使いやすい水周りにした事例をピックアップしてご紹介しております。
ひとまとまりとなっていることで、お掃除もラクになりますよ。

お子さんが独立されてご夫妻でのお暮らしをされるという方や、お子さんを持たないディンクスのご夫妻お客様のお暮らしには、とてもマッチしたスタイルです。

注意点としては、トイレを同じスペース内にまとめておりますので、ご家族の人数が多いお宅の場合は、かえって使いにくくなってしまうことも考えられますので、検討が必要です。

文京区 F様/水周りをまとめて使いやすく!



ご夫妻でお暮らしになるためのお住まいです。

50年ほど経過している建物で、お風呂は後から増築されていましたが、それでもかなりの経年による傷みがあり、また、増築でお風呂だけ付けているため、脱衣室が無く、使いにくさも感じられていたそうです。

F様邸は1階全体のスケルトンリフォームでしたが、お客様の一番のご希望はこの水周りの環境改善でした。

そこで、お風呂、洗面室、トイレも大きくリフォームしスタイルチェンジ!
一つのスペースの中に、ユニットバス、洗面脱衣室、トイレが収まり、限られたスペースの全体を有効に活用できるように、造りつけ収納も充実させました。

尚、こちらのお宅は、お風呂の下に深刻なシロアリ被害が見られました。お風呂、特に後から増築されたお風呂は水漏れが起こりやすいのです。
水周りのリフォームの際には、必ず下の状況も業者さんと一緒にチェックされることをおすすめいたします。

>>詳しいリフォーム事例紹介はこちらから

荒川区 K様/ディンクスのお住まいの省スペースで使いやすい水周り


こちらも、共働きのご夫妻がお二人でお暮らしの「ディンクス」のお宅のリフォーム。 お風呂、洗面、トイレを一つにまとめたコンパクトで使いやすいスタイルです。

奥様がお好みのナチュラルな印象で素敵に仕上がりました。

お風呂は、もともとの在来のお風呂を活かしました。浴槽はカラーコーティングで新品のように綺麗になり、タイルを張替え、シャワー設備も最新のものへ交換を行い、真新しいお風呂のようにピカピカに!洗面台もオリジナルの造作です。

>>詳しいリフォーム事例紹介はこちらから

江東区 S様/二世帯住宅の限られた水周りスペースを効率よく!



ご主人が生まれ育った建物を二世帯住宅にされたS様邸。こちら1階は、ご両親様がお二人でお住まいになります。

1階は1/3を駐車場としてお使いなので、限られたスペースですが、その中で、無駄になるスペースを一切造らないよう、お風呂洗面トイレを上手く1箇所にまとめました。

トイレの向こうは階段下の収納スペースとなっており、トイレットペーパーや洗剤のストックや掃除用具なども収納できます。

ご夫妻お二人の暮らしですから、こういった配置はとても省スペースで効率的で、使いやすいですよ。

>>詳しいリフォーム事例紹介はこちらから

文京区 F様/限りあるスペースの中に上手くフィットさせたお風呂事例

お風呂、洗面、トイレ、洗濯機置き場が1箇所にすっきりとまとまりました。
インテリアにもこだわられ、洗面台にはガラス製のオシャレでコンパクトなものを採用されました。

お風呂には、ステンレスの浴槽が入ったユニットバスを選ばれました。
ステンレスは熱伝導率が低い素材なので、お湯が冷めにくいのが利点です。
逆にその熱伝導率の低さゆえに、お湯を張っていない縁のあたりはひんやりしますので、入る前にお湯をサッとかけてやると良いですよ。

リフォーム事例水まわりPICKUP

最新のリフォーム事例

コンパクトで居心地の良い7坪の家

コンパクトで居心地の良い7坪の家

なんと、【7坪】。1階と2階合わせても11坪に満たないお住まいをフルスケルトンリフォームしました。 思い出の詰まった家が、親子2人が居心地よく暮らせる快適空間に大変身する様子をご紹介します。

築52年・今の趣を活かして、安心で心地よい住まいへ

築52年・今の趣を活かして、安心で心地よい住まいへ

「今の住まいはとても気に入っているけれど、地震が心配なのと、夏の暑さ・冬の寒さが気になる」と言うS様。 今の建物の趣を残したまま、地震に強く安心で、一年中ずっと心地よい家を実現することになりました。

リフォームで暮らしやすく快適に!シニア世代の3階建て住宅

リフォームで暮らしやすく快適に!シニア世代の3階建て住宅

生活スタイルの変化に合わせて、築30年の木造3階建て住宅をフルスケルトンリフォーム。 耐震、断熱、バリアフリーも考慮した、ご夫婦2人でずっと快適に暮らせるお住まいの完成です。

築95年の長屋を「もう一つの我が家」にリフォーム

築95年の長屋を「もう一つの我が家」にリフォーム

なんと築95年になる長屋のリフォームです。1階をスケルトンに、2階を内装リフォームして、セカンドハウスを実現! いずれは終の棲家になる「もう一つの我が家」が完成するまでをご紹介します。

このエントリーをはてなブックマークに追加