TOP > リフォーム事例 > 東京23区別 > 台東区のリフォーム事例:東京23区別 エコリフォーム

東京都台東区のリフォーム事例

台東区はこんなところ

台東区といえば、やっぱり思い浮かぶのは浅草ではないでしょうか。浅草界隈は、東京でもっとも古い市街地のひとつです。 台東区の中心である上野も忘れることが出来ません。

台東区は全般的に商業地が多く、住宅地はほんの一部です。 一般の住宅、特に戸建て住宅は少なく、ビルやマンションなど土地の高度利用が進んでいます。

その一方で、関東大震災や東京大空襲をくぐり抜けて残った木造の建物も、数は少ないものの、今なお現役で頑張っています。 私たちにリフォームをご依頼いただく方の多くが、こうした築年数の長い木造住宅にお住まいの方です。

浅草は浅草寺を中心とした古くからの街です。

台東区のリフォーム ワンポイントアドバイス

台東区に古くからお住まいの方は「たいとうく」ではなく「だいとうく」と言われる方が多く、代々東京に暮らしている江戸っ子がこう呼んでいるようです。

これまで台東区でリフォームをさせていただいた家の中で一番古いお宅は、築90年以上になるということでした。 建築当時に使われた木や金物、そして職人技に歴史を感じました。

築年数の長い木造住宅でも、今までずっと住み続けられるのは、もともと丁寧にきちんと建てられた建物だからです。 台東区にはこういう「いい建物」が多いように感じます。

また、台東区には下町の風情が残り、人情がまだまだ活きています。 工事現場でも「だいぶ進んだなぁ。完成までもうちょっとだ。頑張れよ」などと、気さくに声をかけてくださる方がいます。

愛着を持って大切に住み続けている方が多い台東区。生まれ育った町で粋に暮らしている皆様のお手伝いができるのは嬉しいことですね。

四季を通じて賑わっている上野の駅前。台東区の中心です。


住まいもお店も、まるごと安心快適な築60年の家

住まいもお店も、まるごと安心快適な築60年の家

台東区の築60年になる店舗付き住宅を耐震リフォームして安心に。 お店にも住居にも自然素材をふんだんに使い、ずっと快適にお暮らしいただける店舗付き住宅になります。

詳しくはこちら

築55年の狭小住宅を「パッシブデザイン」で健康・快適リフォーム

築55年の狭小住宅を「パッシブデザイン」で健康・快適リフォーム

定年退職後の生活を考えて、台東区のご実家をリフォームすることにしたS様。 自然の力を断熱や省エネに利用する「パッシブデザイン」で、1年中、健康で快適に過ごせる家へのリフォームとなりました。

詳しくはこちら

築90年の長屋住宅。設計の妙が光る7坪リフォーム!

築90年の長屋住宅。設計の妙が光る、7坪リフォーム!

大正時代に建築された、下町の情緒を感じさせる「長屋」のリフォームをご依頼いただきました。
お客様は、長屋のリフォームがどこまで可能なのかをお悩みだったそうですが、今回まるで新築のようによみがえらせることが出来ました!

詳しくはこちら

お部屋の形状に合わせて選ぶ、L型キッチンリフォーム

L型キッチンリフォーム

キッチンはI型の方が一般的ですが、キッチンの形によってL型の方が適している場合もあります。
L型キッチンをうまく収めて、使いやすいキッチンにリフォームした事例をご紹介します。

詳しくはこちら

築80年の住宅を再生するリフォーム

築80年の住宅を再生するリフォーム

家の1階部分を占めていた仕事場を、快適に暮らせる居住スペースにリフォームします。
築80年と古い建物のため、構造から見直して安全性も十分に考慮。快適に過ごせる自然素材いっぱいの住空間になりました。

詳しくはこちら

DIYリフォーム。明るいキッチンと機能的な仕事部屋

DIYリフォーム。明るいキッチンと機能的な仕事部屋

住み慣れた土地に築25年の木造住宅を購入されたお客様。
プロの技術が必要なところはエコリフォームが施工。お客様ができることはDIYでリフォームすることとなりました。

詳しくはこちら

お子様に「自由に描ける壁」を造作リフォーム

お子様に「自由に描ける壁」を造作リフォーム

小さなお子様が、壁にいたずら描きをしてしまった!なんてことがよくあります。
それならば自由にどんどん描いてもらおうと、壁に黒板を埋め込みました。

詳しくはこちら

和風なリフォームの事例!琉球畳を使った和風モダンな空間

和風なリフォームの事例!琉球畳を使った和風モダンな空間

ご年配のご夫婦が、住み慣れた我が家の雰囲気はそのままに、安全で安心なスペースにリフォームします。 和と洋を調和させた、明るいくつろぎの空間造りをご覧ください。

詳しくはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加